最近「映える」という言葉をよく聞く事でしょう。

『映える』という言葉は、本来『はえる』と読みます。

ですが『〇〇映え』という言葉からきている言葉という事もあり、『ばえる』というような言い方になっていると考えられています。

これもまた今の時代独自の考え方なのでしょう。

時代によって新しい言葉が出てくる所も日本語の面白い所なのかもしれません。

映えるという言葉が最も多く使用されているのは、写真の世界です。

最近はインスタグラムなどが流行している事もあり、不特定多数の人に自分が撮影した写真を見せる機会があります。

だからこそ、その中でより美しくセンスのある写真を見せる事が出来る人に憧れを抱く人が多く居るという事なのかもしれません。

そこで今回は映える写真について詳しくご紹介させていただきます。

最近の流行に乗り、映える写真を撮影したいと思っていた方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

今までどうしてもしっくりこなかった写真が、いつの間にかおしゃれ写真に変化しているかもしれません。

️映える写真の特徴4個

映える写真と聞いて、あなたは一体どんな写真をイメージするでしょうか。

感性は人によって違うものです。

だからこそ、自分が良いと思ったものが他の人に評価されるとは限りません。

自分では映える写真だと思っていても、周りの人からはそれが理解されない事だってあります。

だからこそ、そのせいで自分の思いが伝わらず不満を感じてしまう事もあるでしょう。

それを回避する方法は、多くの人と共通する特徴を学ぶ事なのかもしれません。

特徴を知る事によって、それに合わせた写真を撮影する事が出来るようになるのです。

それが結果的に自分の写真をより良いものに変化させてくれるのかもしれません。

映える写真の特徴は、大きく分けて4つのパターンがあります。

そのパターンを知る事によって、自分自身の写真を見直す事が出来るようになると思います。

そうする事によって、その写真に何が足りないのかを知る事が出来るようになるはずです。

今まで自分なりに映える写真を撮影してきた人も、どこかで自己満足で終わってしまっている事は無いでしょうか。

そのままではいくら撮影したとしても周りの人が感動するよう写真を撮影する事は難しいのではないでしょうか。

だからこそ、まずは基準を知る事が何よりも重要です。

いろどりが綺麗


映える写真の特徴として、多くの人がイメージする事があります。

それは色彩の豊かさです。

豊かな色遣いの写真を見る事によって、多くの人がその写真を美しいと感じる事が出来ます。

自分の感覚だけで撮影していると、自己満足で終わってしまう可能性が多々あります。

そうならないようにする為にも、基準となるものを知る事が大切です。

最近では『映える』という事を強くして、あえて色彩を豊かにしたスポットや食べ物などが販売されています。

そういった場合には、それを撮影するだけで美しい写真を作り出す事が出来るのです。

元々ブームになった際には、自らその美しい景色や食べ物を探していたのでしょう。

意識して行動して作り出している人など最初は居なかったはずです。

けれど、今のブームになるきっかけとなるような写真がいくつかあり、それが色彩豊かな美しい写真だったからこそ、多くの人がそれを真似しようと行動したのです。

それが結果的に今の色彩豊かな写真のブームに繋がっているのでしょう。

色とりどりの写真は美しいものです。

誰が見ていても、その美しさに関心すると思います。

しかしながら、だからといって美しい色彩をあえて作り出してまで撮影をしようとは思わないはずです。

にも拘わらずそうしてしまうという事は、それだけ多くの人が映える写真の魅力にハマっているという事が言えるのではないでしょうか。

カラフルで鮮やかな色づかい

映える写真として紹介されている写真の多くは、カラフルで鮮やかな写真が多いとされています。

いわゆるパステルカラーのような淡い色では無く、原色をイメージさせるような色を使用しているとされています。

一度見る事によって、パッと明るい印象を与える事が出来るからこそ、多くの人の視線を集めるような写真を撮影する事が出来るのです。

同じ題材を撮影する場合でも、周りの景色や置物などのカラーによってその写真の印象は大きく変わる事でしょう。

結局同じものを撮影していると言ってもそうした変化を意識して行動する事によって、結果的により美しい写真を撮影する事が出来るようになるのです。

カラフルなカラーの物を撮影する事によって、まるで加工をしたような美しい写真を撮影する事が出来るようになります。

今の技術ですから、例えプロの人では無かったとしても簡単に写真のカラーの加工をする事は可能なはずです。

しかしながら、そこをあえて本当の撮影したもので実現しているからこそ意味があるのです。

まるで撮影したかのように美しい写真を撮影する事が出来ると、ついつい周りの人にも見せたくなる。

そんな気持ちが結果的にインスタグラムなどのSNSを流行させているきっかけなのではないでしょうか。

モノトーンでかっこよく締める

映える写真を撮影する際、多くの人が出来るだけカラフルな写真を撮影しようとするものです。

色彩を豊かにする事によって、映える写真を撮影する事が出来ていると勘違いしてしまうのでしょう。

ですが、カラフルな写真だけが映える写真とは限りません。

例えモノトーンだったとしても映えの写真を撮影する事は可能です。

モノトーンとは、白黒な写真の事を指します。

普通に撮影した写真でも、それをモノトーンにする事によって美しさを引き立たせる事が出来るようになる場合もあります。

そればかりか、写真の技術が無い人でも簡単に撮影する事が出来るという技術的なメリットも多く含まれているのでしょう。

だからこそ、モノトーンを使用すれば誰もが簡単に映える写真を撮影する事が出来るのでしょう。

一度見ればモノトーンのカッコ良さにすぐに多くの人が気が付く事でしょう。

映える写真=カラフルな写真と思い込んでいる人は、今一度モノトーンの良さを振り返ってみてはいかがでしょうか。

それをする事によって、自然と映える写真を上手に撮影する事が出来るようになるかもしれません。

構図が上手

写真の良さを決めるのは構図です。

それはSNSなど関係なく、写真を撮影する上での基本中の基本です。

だからこそ、映える写真を撮影したいという思いがあるのであれば、まず構図の取り方を意識する必要があるのでしょう。

構図の取り方がうまくなるかどうかは、練習する以外に方法がありません。

自分としては上手く出来ていると思っても、結果が伴っていない場合は多々ある事でしょう。

だからこそ、そうならないようにする為には自分自身が学ぶ姿勢を持たなければなりません。

例えば、自分が良いと思う写真の構図があるのであれば、それを真似してみるのも一つの方法です。

真似を繰り返すうちに自然と自分の中で構図を作る事が出来るようになってくれる事でしょう。

自然と美しい構図を作る事が出来るようになるまでは練習あるのみです。

だからこそ、映える写真の撮影は難しく、誰もが簡単にできるものでは無いのです。

誰もが簡単にできるものでは無いからこそ、多くの人が少しでも上達するようにと行動をしてるのかもしれません。

楽しそうな雰囲気

昔から美しい写真というものはありました。

ですが、その美しさにはどこか近寄りがたい部分もあったものです。

その近寄りがたい雰囲気があるからこそ、写真に興味がある反面どうして身近なものにする事は出来なかったのかもしれません。

ですが、今の時代は違います。

『映える』という写真には、楽しそうな雰囲気が詰められているのです。

楽しそうな雰囲気を感じる事によって、見ている人はその写真の良さを感じる事が出来るのです。

スポットであれば行きたくなり、食べ物であれば食べたくなるのです。

それが多くの人の心を引き付けるポイントとなっているのかもしれません。

どんなものでも暗く見えるくらいならば、明るく見えた方が良いものです。

明るい雰囲気のある写真が流行するという事は、それだけ多くの人が楽しい事を望んでいるのかもしれません。

それが無いからこそ、つい写真というどこか別の世界に見えるそれを使って自分の心を満たしているのかもしれません。

流行するものには、必ず時代背景があるものです。

他人とのコミュニケーションを苦手とし、個人的に発信する事が出来るSNSを利用して出来るだけ楽しそうな雰囲気の写真をアップするという事は、それだけ自分の現実が満たされているという事も周りの人にアピールしたいだけなのかもしれません。

そんな裏に隠された真実を知る事によって、考え方もまた変わっていくのではないでしょうか。

見ていて幸せな気分になる写真

SNSなどで話題になっている写真の多くは、見ている人が幸せになる事が出来るものが多いとされてます。

つまりは見ていて幸せな気持ちになる事が出来る写真が多く使用されているのです。

その為、その写真を見ることによって幸せな気持ちを疑似体験する事が出来るのかもしれません。

今の時代はストレス社会と言われています。

その為、自分の思うようにいかない日々が続く事もあるでしょう。

何とか改善していきたいと思っていても、そう簡単にできるものではありません。

それがいつの間にか段々と大きなストレスとなり、自分の心を蝕んでしまう場合もあるのです。

だからこ、そんな時にどこかで心のオアシスとなる存在が重要なのです。

その為にも映える写真は必要なのかもしれません。

映える写真を見る事によって、心が穏やかな気持ちになったり満たされる瞬間があるものなのです。

だからこそ、映える写真を撮影する事が出来るようになれば、結果的に自分の心は勿論、周りの人の気持ちも守ってあげる事が出来るようになるかもしれません。

目を引くネタ

題材が良ければ、多少写真の出来が良くなかったとしても、人の興味を引きつけることは出来るでしょう。

だからこそ、もし映えの写真を撮影したいのであれば人の興味を引くような写真を撮影するようにしていきましょう。

どんなに写真の技術がアップしたとしても、題材が良くなければそれが魅力的だと思う人は居ないでしょう。

そうならないようにする為にも、写真の題材となるネタ選びは重要です。

インスタ映えが流行したこともあり、一つの流行が始まると多くの人がこぞって同じものを取り上げるようになります。

インスタ映えするスポットや食べ物があると言われると、人は当たり前のように食いついて行きます。

だからこそ、同じネタが渋滞してしまうのです。

一つであればインパクトのある素敵なものだったとしても、それを多くの人が撮影するようになれば、その写真の素晴らしさやインパクトが伝わらなくなってしまう可能性もあります。

だからこそ、出来るだけ早めに流行に乗る事が重要なのかもしれません。

️オシャレで映える写真が撮れる3個の簡単テクニック


それではここからは、オシャレに写真が撮れる3個の簡単なテクニックについてご紹介させていただきたいと思います。

映える写真に興味がある方も、いざ写真を撮影してみようと思うと、どうやって撮影したらいいか分からない事もあるでしょう。

試行錯誤する事が楽しいと感じる人も居るかもしれませんが、人によってはそれ自体が面倒になり行動しなくなってしまう人も居るでしょう。

今回ご紹介するテクニックはとても簡単なものであり、誰でも簡単に実践する事が出来るものばかりです。

だからこそ、少しでも興味のある方は是非試してみてください。

カメラアプリを使う

最近では映えの写真を撮影する事が出来るようなアプリが多く開発されています。

その為、自分自身が全く何もしなくともカメラアプリを使用するだけで素晴らしい写真を撮影する事が出来るようになっているのです。

カメラアプリには沢山の種類がありどれが良いか分かりません。

そんな時はいくつか使用してみるのもおすすめです。

そうする事によって、自分に合ったものを探し出す事が出来るようになるでしょう。

本当の写真を学ぼうとすると時間がかかるものです。

一つ一つ学ぶ事は悪い事では無いものの、時と場合によってはそれらを省略し、簡単にする事も重要な部分ではあります。

普段機械に苦手意識を感じていたり、カメラに詳しくなりたいという希望が無いのであれば、難しい事は考えずにアプリを使用してしまう事も一つの解決方法です。

背景にこだわる

映える写真を撮影する為のポイントを一つ。それは背景にこだわる事です。

どんなに題材が良かったとしても、周りに移ってる背景が残念なものであればその写真が注目を浴びる事はありません。

反対に、背景にこだわる事によってその写真の中には物語が生まれるのです。

だからこそ、その物語に沿って写真が自然と展開していくようなものを撮影する事が出来れば、美しい写真を撮影する事も可能なのかもしれません。

背景にこだわる事によって、街中を切り取る素敵な写真になる場合も多々あります。

例え特別な場所に行かなくても、見方を変えればインスタ映えするスポットは身近に沢山あるかもしれません。

だからこそ、背景にこだわる場合にも出来るだけ身近な部分から参考にしていく事が重要なのではないでしょうか。