喧嘩の理由なんて本当に小さなことが多いものです。

すぐにお互いが「ごめんね、言いすぎた」「自分こそ、ごめんね」

謝り反省すれば終わることなのに維持になる。

自分は悪くないと思いからこそ喧嘩は治まることができない。

喧嘩の何が一番難しいと思いますか?

喧嘩をした後の仲直り方法が難しいのです。

怒ってしまった彼氏、怒ってしまった彼女、どちらかが先に折れないと喧嘩は修復することができない。

でも面倒だから謝ることばかりしていれば彼氏の性格や二人の関係性を変える。

喧嘩をしても円満に仲直りすることは意外と頭を使うことです。

喧嘩をしても特にならない、だからこそ喧嘩にならないようにすることが大事なのです。

彼氏との喧嘩、自分の言い分を通すには?

彼氏と喧嘩するときに事を大きくしてしまう理由に自分の意見を通すことです。

もちろん彼女にも言い分はありますよね、彼氏の意見に納得してないときは自分の言い分を通したくなる。

でも彼氏が興奮して怒っているときに彼女は自分の言い分を通しても意味がない。

余計に彼氏はイライラしちゃうはずです。

よく酔っ払いの方に説教しても意味がない、それと同じで怒っている彼氏に持論を通すことは意味がないことです。

まずは自分の言い分を聞いてほしいなら彼氏を冷静にさせることが大事、

そして自分のペースに持ってきたところで彼氏に言い分を伝えることができる。

彼氏と喧嘩しちゃうのはどんな時?

彼氏と喧嘩しちゃうときは自分自身も少し機嫌が悪い時かもしれない。

仕事で行き詰ったり、整理で少し情緒不安定なときに空気を読まないで彼氏がガンガン話しかけてくる。

基本的に男性は女性より精神年齢が低いと言いますよね、

よく言えばピュアなところが可愛いところでもありますが、ピュアだからこそ空気を読めない。

「今、その言葉を言います?」みたないところがあると思いませんか?

ちょっと静かにしててほしいときにヒートアップして話しかけてくる。

それが楽しい話ならマシだけれど運悪く友人の悪口とか、どうでもいい話に一生懸命になっているとイライラきちゃいますよね。

彼氏が友人や親に失礼な態度をとった

彼氏が気分屋さんだと親や友人に合わせることができないですよね。

とくに親に関しては結婚前に失礼な態度をとられると、

その後の二人の展開が最悪になってしまいます。

友人なら失礼な態度をとったとしても多少は「彼、機嫌が悪くてごめんね」と

フォローをすることもできますが、親はフォローができない。

最悪の場合、「あんな最低な彼氏と今すぐ別れろ!常識がない」なんてことに。

もちろん、友人だって「うん、大丈夫だよ」と言いながらも気分悪いに違いない。

友人関係にだってヒビが入ってしまうこともあります。

結婚前に友人や親に失礼な態度をとる彼氏なんて結婚したらどうなるのでしょう?

きっともっと図うずしくなり失礼な態度をとるかもしれませんよね。

そこで彼女も「今の態度は失礼なんじゃないの?」と怒って、

素直に反省してくれる彼氏なら良いですが大半は逆ギレが多い。

だって空気が読めないからこそ友人や親に失礼な態度をとるのですから、

「は?俺なんか悪いこと言った?本当のことじゃん」と開き直ることがオチ。

そんな彼氏に限って自分の親や友人が少しでも悪く言われるとガチギレする。

それってめんどくさい彼氏ですよね。

嫌なクセや趣味を治してくれない

男性は女性よりも趣味に熱中することが多い、とくに困ったことに金のかかる趣味が多いこと。

例えば車やバイクはこだわり出せばカスタマイズしたくなる、そうすると万単位で飛んでいく。

フィギュアもこだわり出したら何百体と集めて、ヘタすれば数百万の金額になることもあります。

その他、あまり他人には言いにくいアイドルマニアとかもありますよね?

適度な趣味なら好きにすれば良いですが、お金がかかる趣味は勘弁してほしい。

最初は貯金や給料で購入していたものが、やがて親や知人、彼女、消費者金融から借りることもあります。

男女の問題で一番喧嘩の原因が多いことは「お金」

まさに趣味も悪化するれば周囲が見えなくなってしまう依存症です。

正直、嫌やクセや趣味は喧嘩しても無駄、治してくれることなんて見込めない。

こればっかりは彼自身が趣味を飽きるしかないのです。

独特の嫌なクセも彼自身が治さないといけない!と認識しないかぎり無理。

間違ったことを実行したがる

頭の頑固な彼に多いタイプですよね、自分が一番正しいと思っているタイプ。

何か失敗したとしても「あれは俺が悪いんじゃない、そもそもアイツが・・・」

俺は悪くない!このような彼氏は将来結婚したら苦労しますよ。

彼女や身内がアドバイスしても聞き入れない、だって自分が正しいと思っているから。

まだ彼女や身内に「俺は悪くない・・・」と言い張っているだけなら良いですが、結局は仕事に対しても同じなんです。

上司から怒られてもふてくされて、最終的に「俺は悪くない、わかってくれない会社が悪い」そんな風に言い出すに違いない。

そうなってくると仕事を転々として無職になる可能性も大です。

義理のお母さんに「なんとか言ってください」と頼んでも基本的に無駄。

間違ったことでも実行したがるタイプになったのは親の教育、

大人になっても治らないということは常に甘やかされて育ってきた証拠です。

要するに僕ちゃんのままで大人になれない。

指示や否定をされることが何よりも大嫌いなのです。

何かを押し付けてくる

これもちょっと間違ったことを実行したがるタイプに似ていますよね。

何かにつて恩きせがましく押し付けてくる彼氏は、

自分が正しいと思っているからこそ彼女に同じように押し付けてくるのです。

相手が興味なかろうが、あろうがおかまいなし。

自分(彼氏)の言うことを聞いていれば間違いないと思っている。

例えば彼女が「嫌だ、やらない」「絶対にやりたくない」と拒否した場合には、

「あ、そうですか?バカだよね?やればいいのに、本当にバカだよね」

いつまでもネチネチと言ってくるタイプが多くないですか?

結局は自分のすすめるものに対して拒否されることでプライドが傷つく。

「テンションを下げさせてバカな彼女だ、なんでもチャレンジすればいいのに」と心の中で思っているのです。

そんな彼氏と喧嘩をする場合はネチネチ言われることを覚悟するか、

言いまかすほど強気にでるかのどっちかです。

その他、意見などの対立

彼氏との喧嘩をよくよく考えてみると意外とくだらない理由が多いと思いませんか?

例えばテレビを見ててタレントの好き嫌い、

食事のときに目玉焼きに醤油派?ソース派で意見が対立したりしまう。

最初は笑って話していてもチョットした彼氏の言い方でカチンと来てしまうことがある。

「目玉焼きにソースとか意味わからん、味覚おかしいんじゃない?」とか・・・

そんな風に言われると「そっちこそ目玉焼きに醤油とか意味わかない。しょっぱいじゃん」

と売り言葉に買い言葉になりますよね。

よくよく考えてみるとめちゃくちゃ子供の喧嘩みたいな内容で、そんなことどうでもいいじゃん。

と思いますが喧嘩は突発的に起こる。

彼氏と彼女の年齢差が近い恋人同士に多い喧嘩の理由です。

彼氏との喧嘩は基本的にどちらかが大人になるしかない。

となると、やっぱし精神年齢が上の女性が母性本能で包むしかないのかも。

彼氏の喧嘩に負け続けているとどうなる?

「逆らえない人」とみなされるようになる

謝ることが当たり前と彼氏が思うことで、彼女より彼氏の自分が強いと思いはじめるのです。

そうなると彼女は彼氏に逆らえないと考え、全てのことに関して彼氏である自分が1番えらいと思うのです。

一緒に外食をしてもメニュー全て彼氏が決める、今までは彼女と相談していた二人で行きたいデート場所も彼氏の独断と偏見。

オレオレ具合が日に日に強くなります。

例えば彼氏が決めたデートコースも彼女が少し口を出すだけで不愉快になる。

キレやすい彼氏になる確立だって高くなります。

オレ様彼氏が世間では好きな人もいますが、彼女を見下す彼氏はオレ様を勘違いしています。

彼女はオレに逆らうことができない、そんな彼氏と結婚でもしようものなら最悪の夫婦生活が待っていますよ。

でも、そんな彼氏に育ててしまったのは彼女の謝り癖が原因かも知れない。

「負け癖」がつくと勝つのが難しくなる

自分が悪いと思っていなくても謝ることで二人の関係が修復されて楽と思っていませんか?

たしかに謝ることで喧嘩中のイヤな空気感はなくなります。

喧嘩の後は甘い仲直りの時間になりラブラブ度も増しますからね!

でも簡単に謝ってばかりいると負け癖がつくことを知っていますか?

本当に頭にきたときも、誤解されていて弁解したいときも弁解する言葉が見つからない。

どうすれば良いか分からなくなるのです。

結局、毎回彼氏が言葉を巻くし立てて彼氏に謝るようになる、

まったく誤解なのに濡れ衣を着せられることになるのです。

小さなことであればよいですが多少の濡れ衣も我慢できると思いますが、取り返しがつかない誤解もあります。

誤解をそのままにしておくと、あなたの人格を否定されているのも同じ。

負けるが勝ちとも言いますが負け癖がつくと、大事なときに言い返すことができなくなりますよ。

謝ることに慣れてしまっていませんか?

簡単に謝ることは空気を読んでいるのではなく、空気を読んでないことにもなるのです。

彼氏はあなたをいいように振り回す

喧嘩をすると彼女は言い返すことができない弱い、だからこそ喧嘩をすると彼氏の立場が強くなり気分がいい。

いつ日か彼氏は喧嘩をすることが好きになってしまいます、ストレス発散のような感覚ですよね。

口も体力でも勝てない彼女にいいまかすことで気分もスッキリ、喧嘩したときに彼女に約束ごとをさせて守らせる。

弱い立場を利用した便乗的なビジネスです。

彼女としては喧嘩しても勝つことができない、また彼氏に怒鳴られる、怒られるから約束ごとは守らないといけない。

いつの日か彼女は彼氏の奴隷のような関係になってしまうかも!

最近、彼氏に振り回されているかも??と感じる場合は要注意ですよ。

結果、不幸な恋愛へと発展

相手が一方的に上になることは、ウィンウィンの関係じゃない。

喧嘩すると空気が悪くなるから謝るけれど、結果的に二人の関係を悪くして行ってるのです。

彼女が謝ることで彼氏は優しくなる、一瞬的に二人の雰囲気が良くなる。

でもそれはあくまで一時的なのでは?

彼女が謝ることが癖になっているのと同じく彼氏はキレることが癖になる。

仲直りをしても、またすぐに喧嘩になってしまう。

そして彼女が謝り、彼氏が許して一時的に仲良くなるの繰り返し。

それは二人が本当に望んでいる関係なのでしょうか?

結果的に彼氏が上で彼女が下になる上下関係ができる、これは昭和初期の夫婦と同じことです。

昭和初期の男女は完全に男性が上の世の中でしたよね、

同じように2017年になった今も昭和初期のような男女差をつくる。

彼女が上でも彼氏が上でも幸せな恋愛関係はありえない。

同等であってこその幸せな恋愛関係です。

うつ、ノイローゼなどになる可能性も

結局我慢していることが続くと人は誰でも精神的に辛くなる、まさに彼氏と喧嘩して言いたいことも言えない。

いつも我慢して自分が謝っている日々にすでに限界なはず!

謝ることで二人の関係が元に戻れる、

彼氏も「もう怒らせるようなことしないでね」とまるで、彼女が怒らせるようなことを言ったかのような言いまわし。

すると彼女も自分が悪いんだ・・・と思うようになるんです。

DV被害で悩んでいる女性の多くは彼氏や旦那さんが悪いのではなく、

怒らせてしまう自分(彼女)が悪いと言います。

彼氏は本当は優しくて良い人なのに怒らせて豹変させてしまう自分に責任がある。

辛い思いをしているのに、怒られて攻められ続けると自分を責めるようになるのです。

もしかしたら自分が悪いなんて思ってませんか?

100%いえることですが、喧嘩に片方だけが100%悪いなんてない。

我慢し続けた結果は精神状態を乱されれて情緒不安定になりウツやノイローゼになる。

自分を責め続けているようなら、すでに精神状態を崩している一歩ですよ。

彼氏の喧嘩で使えるテク:泣き落とし!

彼氏に無意味に謝る彼女なんて絶対にダメですよ、ここは少し頭と女性の武器を使いましょう。

やっぱり男性は女性の涙には弱いもので、政治の政界でも女性に泣かれると男性議員は強くは言えない。

世の中は女性の涙に弱いものなんですよ。

そしてやっぱり基本的には女性は腕力がないぶん、言葉が達者なところがありますよね。

それも考えようによっては武器です。

要は言いまかしてやれば良いんでよ!

いざとなれば泣いて騒ぐことで彼氏も喧嘩したらヤバイと思いはじめます。

こんなところで騒がれたら恥ずかしい。

ある意味、感情的になることも喧嘩のときは手ですね。

「なんで聞いてくれないのよ!」と泣きわめく!


喧嘩のときに騒ぐ女性いますよね、

大きな声で「なんで話しを聞いてくれないのよ!!!」なんて泣きわめくことで間違いなく外では喧嘩できない。

泣きわめく姿は彼氏にインパクトを与えます。

とくに普段は明るく冷静な彼女であれば尚更ですよね?

ある意味、喧嘩をすることで豹変するのです。

感情的にイライラと怒鳴りまくっている人を見るとドン引きしませんか?

それと同じなんですよ。

相手が怒るほど、それを客観的に見るもの。

彼女が泣きわめき騒ぐほど彼氏は冷静になり、落ち着かせるしかないと思います。

たしかに一番最初に演技するときは恥ずかしくて勇気がいるかもしれませんね、

そんなときはストレス発散だと思って泣きわめいて見ませんか?

意外と大人になると泣きわめくことなんてないからスッキリするかも。

周りに人がいれば、いるほど効果的

男性はプライドが高い生き物ですから、外出先で泣かれて、まして騒がれたら恥ずかしいものです。

泣くこと以前に大声で騒がれることも苦手です。

だから外出先で喧嘩になることは少ないと思いませんか?

恋人達が喧嘩になるとすれば基本的に自宅の部屋とかが一般的に多い、

外出先や友達が来ている時や家族の前で喧嘩をふっかけてくる彼氏なんていない。

だからこそ、そんな場所では強気な態度ができるのです。

二人のときは喧嘩になりそうなネタも周囲に人がいるときに話してみてはいかがですか?

「なんでそんな話いまするの?」と彼氏がカチンときても、

「なんでよ!!なんか悪いこと言いました?」と大きな声で騒いでみるのも手ですね。

思わず彼氏も引いてしまって「わかった、わかったらか・・・」と納得するかも。

泣き落としをうまく使っている方の意見

なんと20代〜40代の女性にインターネットでアンケート調査を実行。

「涙を使って失敗を許してもらったことがあるか」

91.2% は「いいえ」という回答でした。

「いいえ」の理由は、

・泣いても許してもらえない

・人前で泣くのはみっともない。泣いて自分に有利に解決するのは小学生までだと思う

・泣いたら許してくれるなんて考え方はよくない

たしかに泣いて上手くいくほど世の中は男女の仲は簡単ではない気もしますが、

しかしながら逆に「はい」と答えた人は、

・何度も何度もしつこく怒って話が終わらない人だったので早く終わらせたいと思って

・自然と流れた涙だが、それが許してもらった要因の一つではあるとおもう

・ミスを泣いて告白したら、滅多に泣かない為に相手が逆にオロオロした・・・

ここは成功するもしないも演技次第かもしれません。

また普段から強気で冷静な彼女だからこそ上手く行くこともあります。

(引用元URLhttps://yoshi-toku.jp/article/view/959)

ただし、やりすぎると効果が薄い!

そうなんですよ、やりすぎると彼氏も喧嘩をすると「泣く騒ぐ」が分かり、

「またですか。」と呆れてくることがあります。

「どうせ、泣いて騒げば許してもらえる」だからこそ泣いてさわいでも放置、

勝手に泣けばいいと思われてしまいます。

もう、その時点で演技だと思われてしまっているかも知れません。

泣くと許されると思ってしまう一番最悪なパターンです。

アンケートのように自然に涙がでてきて思わず感情を抑えることができかった。

だからこそ彼氏も「ごめん」と許してしまったのかも知れません。

そこで味をしめて「これはイケる」と馴れてしまうと演技も嘘っぽくなるのです。

あんまり頻度をあげて泣きわめくことをすると、

彼氏は彼女を信用できなくなり他の女性に目を向けてしまうこともある。

そんなことになってしまったら身もフタもない話で最悪ですよね。

泣きさわぐことが癖になりつつある彼女は注意してくださいね!

彼氏の喧嘩で使えるテク:冷静な提案

喧嘩は一歩的に言われると余計にイライラとしてしまいます。

やはり喧嘩は片方が100%悪いと言うことはないのです、だからこそ自分も言い分がある。

自分の意見を遮られることは頭にきませんか?

よくカスタマーセンターなどではプロと素人の差が分かります。

同じようにクレームに対して謝っているのにクレームを静めることができるプロと、
余計に怒らせてしまう素人。

同じようにマニュアルを使い淡々と謝っている素人と、相手の言い分をしっかり聞いてから謝っている。

クレームを上手に処理するコツは相手の話をまず徹底的に聞き、相手の言い分を聞いてから謝るなり、言葉を述べる。

怒っているイコールとりあえず謝ろう!話を終わらせよう!は素人なのです。

彼氏との喧嘩も同じですよね、まずは相手の話をきいてみましょう!

それから自分なりの言葉を交わします。

ゆずらぬ彼氏に「これならどうなの?」と代案を出す

感情的な彼氏に多いですが自分の意見を徹底的に押し付けてくる。

そんな彼氏が話してる途中で「だからさ!」「でもね!」はNGですね、

話を途中で止められることで彼氏も「だからさ!まだ話してる途中じゃん、黙れ」と挑発的になります。

最初は感情的に興奮している彼氏も彼女が口を出さないで聞いている姿に、少し落ち着いてきます。

そこで否定ではなく、彼女は自分の意見を言ってみる。

そのときに意見を押し付けることではなく、あくまで代案をだすことが重要。

意見は時に上から目線になってしまう。

代案をだすことは少し折れているところがあります、

お互いの良い方法を考えていることになるから彼氏も聞く耳を持ってくれるはず。

「彼氏がどうしたいか」はっきり意見を引き出させる

言葉を上手く伝えることができない彼氏は自分の意見を伝えることができずに、

話をシャットダウンされてしまうことも多い。

そのような彼氏は逆に危険ですよ、急に爆発してしまうことがあります。

いきなり壁をドンとパンチして穴を開けてしまったり、

いきなり彼女に口では勝てないから暴力を振るったりすることがあります。

無言でふてくされる彼氏はよくいますよね、何か話しかけても無視して喧嘩を長引かせるタイプです。

それでも無言で喧嘩も収まっているし、放置しておこう・・・

でもね、やっぱり彼氏もストレスをめちゃくちゃ溜め込んでいるのです。

爆発しないように彼氏にも意見を言わせることが大事ですよ、

思わず黙ってしまう彼氏に「私の意見は行ったけど、〇〇はどう考えているの?」

「ちゃんと話そうよ、そうじゃないと分かりあえないままだよ」

と冷静に聞いてあげてください。

「早く言ってよ!無言でいるの、やめてくれる?イライラする」と

彼氏をあおるような言い方は彼氏もカチンときて彼女と話したくないと思います。

代案は自分にメリットがなければ意味がない

代案をだすことはとっても良いことですが、

でもその代案って結局は彼氏が我慢して彼女が一方的に得しているよね?

それでは彼氏も納得する訳がないのです。

彼氏も納得するような代案をだすことが大事ですよ、

もちろん彼氏の怒りを静めるために彼氏有利な代案も自分自身を追い詰めるだけで、何の意味もない。

必ず彼氏と彼女が双方で納得するような代案が大事です。

例えば、

彼氏が待ち合わせ時間に必ず遅れることで謝らないことで喧嘩になった場合。

待ち合わせ時間に遅れた場合はお茶代だけゴチする。

もちろん私も遅れた場合はゴチする・・・と同じ立場であることが大事。

そして負担にならないような甘い代案がおすすめです。

上から目線で代案をだしても「偉そうに!」と思われてしまいます。

「この程度ならOK」と妥協できる代案を考えましょう。

何を言われても、あくまで冷静に

例えば口が達者な彼氏だったりすると彼女が少し折れた代案をバカにすることもあり、

せっかく修復するように考えた彼女の考えを否定することもあります。

そこで「なんだ、コイツ」と挑発にのってしまうことはダメです。

相手が挑発するような言葉をいってきても一呼吸をしましょう。

イライラするときは深呼吸をすることで少し落ち着きますよ、

どうしてもイライラが収まらない場合は、その場から一旦離れることも手ですね。

頭を切り替えることや時間が過ぎることで自然と冷静になるものです、

逆に時間と共にドンドンと興奮するような彼氏や彼女なんていないですよね。

とりあえずデート中に喧嘩をおきてイライラが止まらない、

彼氏も文句をグチグチ言ってくる場合は一呼吸してから

「ごめん!ちょっと今日のところは、お互いにイライラしてるし帰るわ」

と先に帰ることで話を終わらせます。

時間が過ぎて夜になり、次の日になったとしてもお互い反省はしているはず。

そこで彼女自身も悪いと思えばメールや電話をしてみれば良いと思います。

彼氏の喧嘩で使えるテク:怒った姿をほめる

結局、男性は女性に甘えてきたら怒っていてもトーンダウンしていきます。

とくに彼女であれば「仕方ないな、自分も悪かった」と思うもの。

その証拠に喧嘩が終わった直後は彼氏がめちゃくちゃ優しかったりしますよね、

怒っている彼氏の興奮を抑えるためにも彼氏を思わず褒めてしまう。

ちょっと甘えて言ったことで彼氏も「急に何だよ・・・」と思いつつも、悪い気は絶対にしない。

思わず顔が緩んでしまうかもしれませんね、そこまできたら彼女は自分ペースを掴んだも同然ですよ。

喧嘩は最終的にどっちがペースを握れるか?なんですよ。

しばらく黙った後「怒った〇〇」も好きだよ


喧嘩真っ最中はさすがに彼氏のことを褒めるような言葉は言えないもの。

それでも怒って静まってムッとしつつも自分の側から離れない彼氏を見ると、

彼氏も修復するキッカケを探しているのかも知れませんね。

そんなときにさりげなく「怒った〇〇も好きだよ」なんて彼女から甘えると、

彼氏は「急に何言ってるんだよ、そんなこと言っても無駄だからね」

とドキドキしてしまってるはず。

そうですよね、1時間前は喧嘩してたのに急に甘えてくるんだもの。

でも絶対に彼氏はイヤな気持ちにはならないはずですよ。

「怒った〇〇も好き」と言ったことで遠まわしに謝っていることと同じ、

彼女の方からさりげなく折れているのです。

それは彼氏にも充分に伝わり、思わず「コーヒーでも入れるけど飲む?」と言ってくるかもしれません。

素直に「ごめんなさい」と謝ることは勇気がいることですが、

遠まわしに少し甘えることで二人の関係は一気に修復に動きだしますよ。

特に自分から謝ることができないヘソ曲がりな彼氏にピッタリです。

男はたじろいで、こちらの要望を認めてしまうことも

彼女から甘い言葉を言われたら怒っていた彼氏も拍子抜けして、思わずたじろいでしまいますよね。

なんだか一人で怒っていることがバカらしくなってきて彼氏も折れてきます。

「お腹すいたね、ゴハンでも食いに行くか」と言ってきたら、彼氏も彼女のペースにハマっていることになります。

そこでさりげなく自分の要望を伝えると彼氏は「しょうがないな・・・」と認める。

彼女が甘えてきた時点で怒ってる過去なんて忘れて、

喧嘩後の恒例あるあるのイチャイチャムードを彼氏は楽しみたいのです。

せっかく彼女が甘えてきて喧嘩のイヤな空気から変わりつつあるのに、

数時間前の二人には戻りたくないはずです。

きっと彼女の要望もお願いいも「しょうがないな・・・」の一言で認めます。

彼氏の喧嘩で使えるテク:手紙


なかなか喧嘩の後は時間がすぎても甘えるような言葉をいえない、

そんな頑固な彼女さんにおすすめな喧嘩の仲直りと言えば手紙です。

手紙は何が良いかと言えば見直すことができます。

もちろんメールやLINEも同じように送信する前に読み直しできますが、何年過ぎても証拠として残るのです。

相手が捨てないかぎりは手紙は何年でも見直すことができます。

それが手紙の温かみを感じるアナログポイントです。

メールやLINEの文字では分からない直筆の文字は味がありますよね、

何でもない日に手紙を読み直して思わず笑みになる。

メールやLINEは文字が同じだからこそスタンプで個性を出す、でもそれはやっぱり味がないことに変わりない。

直筆に敵うものはないのです。

喧嘩後、家のポストに直接

手紙を書いたら彼の家のポストに直接に入れておくといいですよ、

例えば彼氏の家まで行ったけれどドアポストに少し封筒の角を出しておく。

ドアに挟んでおく、ドアノブに小さな御菓子と一緒に袋に入れて掛けて置く。

彼氏は仕事で帰ってきてから、彼女からの手紙に届き部屋で一人で読むことでしょう。

家まで届けにきてくれたんだ・・・と嬉しいことは間違いない。

また部屋にいるのに会わずにポストに入れることでも、余計に彼女のシャイなところに嬉しいと感じるものです。

彼女からの手紙を読んだ彼氏はきっと電話をしてくるはずですよ?

言葉にしないからこそ、間接的に伝わる。

言葉にすると余計なことを言って素直になれない、でも手紙に書くことで自分の反省もかけるはずです。

素直になるなら手紙がおすすめですよ。

あまり使われなくなったからこそ、効果は高い

手紙なんて面倒じゃない?メールやLINEでいいじゃない?

相手もすぐに読めるし返信もすぐにできるはず。

たしかに今の時代にメールやLINEの方が画期的で楽です。

すぐに答えや結果を確認することができるし時間が無駄じゃない。

だかこそ今の時代に手紙のアナログ感が引き立つのです。

彼氏も思っているはずです、「メールで送ればいいのに、わざわざ手紙を書くなんて」

そうですよ、わざわざ書くことで彼氏はありがたみを感じます。

喧嘩の理由と同じで当たり前すぎると人間は感謝しなくなる、

メールやLINEで喧嘩して、メールやLINEで喧嘩も仲直りできる時代です。

だからこそ何故に手紙と考えますよね。

手紙の直筆、可愛い便箋と封筒を見つめると彼氏も色々と思いだすもの。

最近はラジカケやCD、カセットが若い10代20代に特に人気ですよね、

アナログの良さを知らない時代だからこそアナログの温かみを求める。

アナログ時代を知っているからこそアナログ時代に戻りたくもなる。

手紙文化が終わらないのは、アナログだからこそ伝わる温かみです。

「自分が彼氏にどうしてほしいか」はっきりと書く

手紙なら素直になることができますよね、

言葉にしちゃうと彼氏の態度に思わずムカッとして強く言ってしまう。

でも手紙なら自分の気持ちを伝えることもでき反省もできる。

冷静にあることで言葉は上手く伝えることができるのです。

「自分も悪かったけれど彼氏にも〇〇してほしかった、その為に私も〇〇しないといけないと分かった。ごめんなさい」

彼女のしっかりと反省をしつつも彼に意見は伝えている。

彼氏も一方的でない文章に冷静に読むことができますし、

結果的に「そうか、自分も〇〇すれば良かったんだな・・・」と彼女が伝えたいことも再認識してくれます。

手紙を書いても相手に伝えないと意味ないですよね、ちゃんと彼氏に伝えたいことは伝えることでウィンウィンになれますよ。

彼氏との喧嘩は、テクニックを駆使しろ!

彼氏と喧嘩しても学習能力がないと同じところで躓く。

毎回同じことで喧嘩しては意味がない、

彼氏と喧嘩したことで学んだことはテクニックとなり今後も駆使しましょう。

また喧嘩してしまったけれど、そんなときは冷静になり彼氏の意見も聞く。

そして時間と共に甘えてみたり、手紙を書く方法をとる。

けして彼氏に意味なく面倒だから謝ることはしない、喧嘩した理由はお互いが納得できないからですよね?

お互い言い分というものがあるはずです。

だからこそ、お互いの言い分をちゃんと伝えないと本当の仲直りはできない。

一時的に仲直りしても彼氏または彼女が我慢しているだけです。

そんなことが続けばストレスとなり爆発してしまいますよね。

女性だからこそできるテクニックがあります、それは多少の涙や甘えることです。

喧嘩で学んだことをテクニックに代えて彼女ペースに持っていきましょう。

彼氏は大切に!仲直りも忘れないように!

彼氏と喧嘩した理由は意外と小さなことですよね、

そこでいつまでも維持を張ることは彼氏にとっても彼女にとっても得がない。

喧嘩は長引くことで仲直りする方法が難しくなる、

だからこそ、喧嘩は出来れば1日で完結することがおすすめです。

でも一番大事なことは喧嘩をしないことですね?

喧嘩になりそうな場合は一呼吸して冷静になりましょう、

彼氏が自分勝手な持論を述べていても、「それも分かるけどね、私も〇〇だと思うよ」「ただ〇〇という考えもあるかもしれない」

彼氏の言っていることを否定せずに共感してあげることで、彼氏は喧嘩になるまで怒ることはない。

根本的に大好きな彼氏と喧嘩してイヤな空気になるなんて、それこそ時間がもったいないことですよね。

もし、自分が悪いと感じたときは素直に謝ることも忘れずに!

【彼氏と仲直りする方法については、こちらの記事もチェック!】