喧嘩の理由なんて本当に小さなことが多いものです。

すぐにお互いが「ごめんね、言いすぎた」「自分こそ、ごめんね」

謝り反省すれば終わることなのに維持になる。

自分は悪くないと思いからこそ喧嘩は治まることができない。

喧嘩の何が一番難しいと思いますか?

喧嘩をした後の仲直り方法が難しいのです。

怒ってしまった彼氏、怒ってしまった彼女、どちらかが先に折れないと喧嘩は修復することができない。

でも面倒だから謝ることばかりしていれば彼氏の性格や二人の関係性を変える。

喧嘩をしても円満に仲直りすることは意外と頭を使うことです。

喧嘩をしても特にならない、だからこそ喧嘩にならないようにすることが大事なのです。

彼氏との喧嘩、自分の言い分を通すには?

彼氏と喧嘩するときに事を大きくしてしまう理由に自分の意見を通すことです。

もちろん彼女にも言い分はありますよね、彼氏の意見に納得してないときは自分の言い分を通したくなる。

でも彼氏が興奮して怒っているときに彼女は自分の言い分を通しても意味がない。

余計に彼氏はイライラしちゃうはずです。

よく酔っ払いの方に説教しても意味がない、それと同じで怒っている彼氏に持論を通すことは意味がないことです。

まずは自分の言い分を聞いてほしいなら彼氏を冷静にさせることが大事、

そして自分のペースに持ってきたところで彼氏に言い分を伝えることができる。

彼氏と喧嘩しちゃうのはどんな時?

彼氏と喧嘩しちゃうときは自分自身も少し機嫌が悪い時かもしれない。

仕事で行き詰ったり、整理で少し情緒不安定なときに空気を読まないで彼氏がガンガン話しかけてくる。

基本的に男性は女性より精神年齢が低いと言いますよね、

よく言えばピュアなところが可愛いところでもありますが、ピュアだからこそ空気を読めない。

「今、その言葉を言います?」みたないところがあると思いませんか?

ちょっと静かにしててほしいときにヒートアップして話しかけてくる。

それが楽しい話ならマシだけれど運悪く友人の悪口とか、どうでもいい話に一生懸命になっているとイライラきちゃいますよね。

彼氏が友人や親に失礼な態度をとった

彼氏が気分屋さんだと親や友人に合わせることができないですよね。

とくに親に関しては結婚前に失礼な態度をとられると、

その後の二人の展開が最悪になってしまいます。

友人なら失礼な態度をとったとしても多少は「彼、機嫌が悪くてごめんね」と

フォローをすることもできますが、親はフォローができない。

最悪の場合、「あんな最低な彼氏と今すぐ別れろ!常識がない」なんてことに。

もちろん、友人だって「うん、大丈夫だよ」と言いながらも気分悪いに違いない。

友人関係にだってヒビが入ってしまうこともあります。

結婚前に友人や親に失礼な態度をとる彼氏なんて結婚したらどうなるのでしょう?

きっともっと図うずしくなり失礼な態度をとるかもしれませんよね。

そこで彼女も「今の態度は失礼なんじゃないの?」と怒って、

素直に反省してくれる彼氏なら良いですが大半は逆ギレが多い。

だって空気が読めないからこそ友人や親に失礼な態度をとるのですから、

「は?俺なんか悪いこと言った?本当のことじゃん」と開き直ることがオチ。

そんな彼氏に限って自分の親や友人が少しでも悪く言われるとガチギレする。

それってめんどくさい彼氏ですよね。

嫌なクセや趣味を治してくれない

男性は女性よりも趣味に熱中することが多い、とくに困ったことに金のかかる趣味が多いこと。

例えば車やバイクはこだわり出せばカスタマイズしたくなる、そうすると万単位で飛んでいく。

フィギュアもこだわり出したら何百体と集めて、ヘタすれば数百万の金額になることもあります。

その他、あまり他人には言いにくいアイドルマニアとかもありますよね?

適度な趣味なら好きにすれば良いですが、お金がかかる趣味は勘弁してほしい。

最初は貯金や給料で購入していたものが、やがて親や知人、彼女、消費者金融から借りることもあります。

男女の問題で一番喧嘩の原因が多いことは「お金」

まさに趣味も悪化するれば周囲が見えなくなってしまう依存症です。

正直、嫌やクセや趣味は喧嘩しても無駄、治してくれることなんて見込めない。

こればっかりは彼自身が趣味を飽きるしかないのです。

独特の嫌なクセも彼自身が治さないといけない!と認識しないかぎり無理。

間違ったことを実行したがる

頭の頑固な彼に多いタイプですよね、自分が一番正しいと思っているタイプ。

何か失敗したとしても「あれは俺が悪いんじゃない、そもそもアイツが・・・」

俺は悪くない!このような彼氏は将来結婚したら苦労しますよ。

彼女や身内がアドバイスしても聞き入れない、だって自分が正しいと思っているから。

まだ彼女や身内に「俺は悪くない・・・」と言い張っているだけなら良いですが、結局は仕事に対しても同じなんです。

上司から怒られてもふてくされて、最終的に「俺は悪くない、わかってくれない会社が悪い」そんな風に言い出すに違いない。

そうなってくると仕事を転々として無職になる可能性も大です。

義理のお母さんに「なんとか言ってください」と頼んでも基本的に無駄。

間違ったことでも実行したがるタイプになったのは親の教育、

大人になっても治らないということは常に甘やかされて育ってきた証拠です。

要するに僕ちゃんのままで大人になれない。

指示や否定をされることが何よりも大嫌いなのです。

何かを押し付けてくる

これもちょっと間違ったことを実行したがるタイプに似ていますよね。

何かにつて恩きせがましく押し付けてくる彼氏は、

自分が正しいと思っているからこそ彼女に同じように押し付けてくるのです。

相手が興味なかろうが、あろうがおかまいなし。

自分(彼氏)の言うことを聞いていれば間違いないと思っている。

例えば彼女が「嫌だ、やらない」「絶対にやりたくない」と拒否した場合には、

「あ、そうですか?バカだよね?やればいいのに、本当にバカだよね」

いつまでもネチネチと言ってくるタイプが多くないですか?

結局は自分のすすめるものに対して拒否されることでプライドが傷つく。

「テンションを下げさせてバカな彼女だ、なんでもチャレンジすればいいのに」と心の中で思っているのです。

そんな彼氏と喧嘩をする場合はネチネチ言われることを覚悟するか、

言いまかすほど強気にでるかのどっちかです。

その他、意見などの対立

彼氏との喧嘩をよくよく考えてみると意外とくだらない理由が多いと思いませんか?

例えばテレビを見ててタレントの好き嫌い、

食事のときに目玉焼きに醤油派?ソース派で意見が対立したりしまう。

最初は笑って話していてもチョットした彼氏の言い方でカチンと来てしまうことがある。

「目玉焼きにソースとか意味わからん、味覚おかしいんじゃない?」とか・・・

そんな風に言われると「そっちこそ目玉焼きに醤油とか意味わかない。しょっぱいじゃん」

と売り言葉に買い言葉になりますよね。

よくよく考えてみるとめちゃくちゃ子供の喧嘩みたいな内容で、そんなことどうでもいいじゃん。

と思いますが喧嘩は突発的に起こる。

彼氏と彼女の年齢差が近い恋人同士に多い喧嘩の理由です。

彼氏との喧嘩は基本的にどちらかが大人になるしかない。

となると、やっぱし精神年齢が上の女性が母性本能で包むしかないのかも。

彼氏の喧嘩に負け続けているとどうなる?

「逆らえない人」とみなされるようになる

謝ることが当たり前と彼氏が思うことで、彼女より彼氏の自分が強いと思いはじめるのです。

そうなると彼女は彼氏に逆らえないと考え、全てのことに関して彼氏である自分が1番えらいと思うのです。

一緒に外食をしてもメニュー全て彼氏が決める、今までは彼女と相談していた二人で行きたいデート場所も彼氏の独断と偏見。

オレオレ具合が日に日に強くなります。

例えば彼氏が決めたデートコースも彼女が少し口を出すだけで不愉快になる。

キレやすい彼氏になる確立だって高くなります。

オレ様彼氏が世間では好きな人もいますが、彼女を見下す彼氏はオレ様を勘違いしています。

彼女はオレに逆らうことができない、そんな彼氏と結婚でもしようものなら最悪の夫婦生活が待っていますよ。

でも、そんな彼氏に育ててしまったのは彼女の謝り癖が原因かも知れない。

「負け癖」がつくと勝つのが難しくなる

自分が悪いと思っていなくても謝ることで二人の関係が修復されて楽と思っていませんか?

たしかに謝ることで喧嘩中のイヤな空気感はなくなります。

喧嘩の後は甘い仲直りの時間になりラブラブ度も増しますからね!

でも簡単に謝ってばかりいると負け癖がつくことを知っていますか?

本当に頭にきたときも、誤解されていて弁解したいときも弁解する言葉が見つからない。

どうすれば良いか分からなくなるのです。

結局、毎回彼氏が言葉を巻くし立てて彼氏に謝るようになる、

まったく誤解なのに濡れ衣を着せられることになるのです。

小さなことであればよいですが多少の濡れ衣も我慢できると思いますが、取り返しがつかない誤解もあります。

誤解をそのままにしておくと、あなたの人格を否定されているのも同じ。

負けるが勝ちとも言いますが負け癖がつくと、大事なときに言い返すことができなくなりますよ。

謝ることに慣れてしまっていませんか?

簡単に謝ることは空気を読んでいるのではなく、空気を読んでないことにもなるのです。

彼氏はあなたをいいように振り回す