大人になると、曜日の感覚というものは少なくなっていきます。

それはきっと、自分の中でその曜日がそこまで重要ではないからなのかもしれません。

大事な事は、平日か土日かその一点なのではないでしょうか。

平日の場合は、社会に出るとおおよそ同じ時間を繰り返すこととなります。

ですが土日は自分の思ったままに時間を過ごす事が出来るようになるのです。

だからこそ土日を楽しみにしている人も少なくないはずです。

楽しみにしている分、それが終わってしまう事によってマイナスな気持ちを持つという方も少なくないでしょう。

だからこそ、いかに土日を楽しく過ごす事が出来るかどうかが大事なポイントになるのかもしれません。

今回は土日が長く感じるテクニックについてご紹介させていただきます。

今まであっという間に土日が終わってしまい、平日が来る事に暗い気持ちを持っていた人もこれをきっかけに過ごし方を変えてみてはいかがでしょうか。

そうする事によって、前向きな気持ち平日を迎える事が出来るようになるかもしれません。

あっという間な土日が長く感じる4個のテクニック

それではここからはあっという間に感じてしまう土日を、いかに長く過ごす事が出来るようにするかについて考えていきたいと思います。

土日があっという間に終わってしまうという事は、平日を感じている時間が長いという事です。

それは結果的に自分自身がストレス感じる時間が長いという事なのかもしれません。

少しでもゆったりっとした時間を感じる事が出来るかどうかによて、自分のモチベーションも変わっていく事でしょう。

だからこそ、まずは大事な事として土日を長く感じる事が出来るように行動を意識していく事が大切なのかもしれません。

今まで土日があっと言う間に終わってしまったと感じる人の中には、とても充実している時間を過ごしている人も居るのでしょう。

その場合、充実しているからこそあっという間に過ごす事が出来ているという考え方もあります。

その場合には既に満たされているので不満を感じる事は無いでしょう。

問題なのは、何もしているつもりはないのにも関わらず、土日があっという間に終わってしまうと感じている人です。

その人たちにとっては、満たされない時間が長いからこそ不満も貯まるというもの。

少しでもその時間を軽減する事によって、気持ちを変える事が出来る場合もあるでしょう。

これからご紹介する方法がすべての人に役立つとは限りません。

ですが、少しでも前向きな気持ちになる為にも、行動の参考にしていただければと思います。

土日のスケジュールを立てる


まず、一番勿体無い土日の過ごし方として『何もしない』という事があります。

勿論、自分があえて何もしないと決めて行動している分には問題ありません。

それが楽しい休日の過ごし方だというのであれば、そういう人も世の中にはいるはずです。

問題なのは結果的に何もしないまま終わってしまう事です。

自分で望んだわけでもないのに、結果的に何もしないで一日が終わってしまうという事はとてももったいない時間の使い方かもしれません。

だからこそ、そのせいで何もしていないのに時間だけが過ぎてしまうからこそ、なんだか気持ちが晴れないまま過ぎていってしまうのではないでしょうか。

だからこそ、そうならないようにするにはきちんとスケジュールを立てる事が重要なのです。

ただ何となく時間が過ぎてしまうという方は、スケジュールを立ててみましょう。

そうする事によって、ただ何となく時間が過ぎてしまうという事態を避ける事が出来るはずです。

充実した時間を過ごす事が出来れば、自分の時間を無駄なく過ごす事が出来たという気持ちから、前向きな気持ちで平日を迎えることが出来るようになるかもしれません。

休みの日にしたいことを考えておく

平日はなかなか思うように時間を作る事が出来ない場合もあると思います。

本当ならこんな事がしたいという希望は誰にでもあるものです。

だからこそ、その気持ちを土日の予定として考えておく事をおすすめします。

そうする事によって自分の中で一つの目安を作る事が出来るようになります。

目標にもなり、それがあるからこそ頑張ろうという気持ちになる事が出来るのです。

だからこそ、目標を持って行動する事はとても大事な事だと言えるでしょう。

何もしない土日を過ごすより、自分がしたいと思っている事を率先して行う土日の方が良い時間を過ごしていると感じる事が出来るでしょう。

それが結果的に自分の気持ちを大きく前進させることにつながるのです。

普段出来ない事を思い切りする事が出来るのが、土日の良いところです。

それなのにも関わらず、何もしないで過ごすというのは何とも勿体無い事なのでしょう。

そんな時間の過ごし方をしているからこそ、結果的に自分自身の納得のいかない時間を過ごす事になってしまうのかもしれません。

ダラダラ過ごすとあっという間

日々を忙しく過ごしている人にとって、時にはダラダラする事も必要なのかもしれません。

何も考えずのんびりとした時間を過ごす事によって気持ちをリセットする事ができる場合もあるでしょう。

ですが、それが頻発すればそれは単なる時間の無駄遣いになりかねません。

ダラダラ過ごす時間が多ければ多いほど、自分の中での虚無感も増えていく事もあるかもしれません。

最初はのんびり過ごす事が出来て幸せだと思っていた時間もいつの間にか無駄な時間に思えてきてしまうのです。

自分自身が無駄だと感じながら過ごす時間ほど虚しいものは無いはずです。

だからこそ結果的にあっという間に終わっているように感じてしまうのでしょう。

何も予定を立てていないと、ダラダラしてしまうという人は出来るだけ予定を立てるようにしてみましょう。

そうする事によって自然と自分の中でルールが生まれ、それに合わせて行動する事が出来るようになるかもしれません。

一つのサイクルをこなすようにルーティーンを作る事によって、土日の時間を無駄にする事なく行動する事ができるようになるかもしれません。

活動的に過ごす

家に居てただぼんやりとする時間も必要です。

それがあるからこそ、また1から頑張る事ができるという事もあるでしょう。

ですが、そればかりではいけません。

人間メリハリが重要なのです。

その為に必要なのは行動する事です。

いつも家にいるという人も、行動を起こすことによって新たな一面を発見する事が出来るかもしれません。

自分自身の行動を自分で見つめ直す事によって、新たな時間の過ごし方を見つける事ができるでしょう。

活動的に過ごすといきなり言われても、それに慣れていない人はなかなか何をしたらいいのか分からなくなってしまう事もあるかもしれません。

ですが、それでいいのです。

正解は自分自身の中にしかありません。

自分が良いと思う土日の過ごし方を考える事は自分にしか出来ません。

活動的に過ごすと言ってもいろいろな方法があるはずです。

友人同士と遊びに行く事が好きな人も居れば、好きな場所に一人でふらりと行ってみるのも良いかもしれません。

他人に決められた事では無く、自分が良いと思う事を選択し行動させていく事が重要なのかもしれません。

『活動的に』と言われ今まで尻込みをしてきた人も、難しく考える必要はありません。

自分がしていて楽しいこと、やってみたかった事などを考え実践してみるのです。

それが結果的に自分を守ってくれる力にだってなる事もあるでしょう。

だからこそ、他人の意見に振り回されるのではなく、自分に没頭してから考えを決めてみてはいかがでしょうか。

複数の予定を入れる

活動的な方法を取る際、最も簡単な方法は複数の予定を一度に沢山入れる事です。

それを分刻みにこなしていく事によって、充実した土日を演出する事ができるようになります。

それが結果的に自分自身を救う事になるのです。

複数の予定を入れる場合には気を付けなければならないポイントがあります。

それは予定が被らない事です。

いくら沢山の予定があり大忙しだったとしても、家でダラダラ寝ているよりは確実に意味のある時間を過ごす事ができるでしょう。

忙しいときは、ただ気持ちも高揚し楽し時間を過ごす事ができるようになるでしょう。

それが結果的に気持ちを前向きにする事につながるかもしれません。

満足する土日を過ごす事ができたからこそ、平日を頑張って過ごす事ができる事もあるものです。

だからこそ、複数の予定を組む事をお勧め致します。

複数の予定も、なんでもかんでも入れれば良いというものではありません。

自分が楽しいと感じる事ができる予定を入れる事が重要なのです。

それをする事によって気持ちが満たされる事でしょう。

むやみやたらに予定を入れのではなく、吟味をして入れるようにしましょう。

でも疲れているなら家でリフレッシュもOK


充実した土日を過ごす為には、多くの予定を入れる事が重要です。

そうする事によって、自分の気持ちを満足感で満たす事ができるようになるでしょう。

そうする事によって、平日を乗り越える為に必要なパワーをチャージする事ができるようになるものなのです。

予定が沢山ある事によって、楽しい時間を沢山感じる事も出来るでしょう。

ですが、それをこなす為には自分の中でそれをこなすだけの力が無ければいけません。

やる気や気力が無いときに、沢山の予定をこなすことは大変な事です。

もし、本当に疲れてしまったのであれば時には家でのんびりする事もおすすめです。

いつもいつも忙しくしてる人は、かえってゆっくりとした時間を過ごす事によって気持ちをリセットする事ができるようになるでしょう。

それが結果的に自分を支えてくれるものになるかもしれません。

外で沢山出かけたり、沢山の予定を組む事はとても楽しい事です。

それをする事によって気持ちが満たされる事もあるでしょう。

ですが、それらは無理にするものではありません。

だからこそ、もし自分が疲れていると感じるのであれば時には休むという選択肢を持つ事も重要です。

その選択をする事によって、自分自身の気持ちを軽くする事が出来るようになるかもしれません。

家事を少しおサボりしてみる

土日があっという間に過ぎてしまうという人の中には、やる事が多すぎるという場合もあります。

楽しい予定なのであれば、いくらあったとしても楽しみながら過ごす事ができるでしょう。

ですが、そうでは無く家事や育児などやらなければならないようなものの場合には、それらに時間を終われて行動する事に疲れあっという間に時間が過ぎてしまうと感じるようになるでしょう。

だからこそ、そんな時はそれらを休んでしまう事も一つの方法です。

家事は一日だけすればいいというものではありません。

毎日毎日やる事であり、終わりがあるものでもありません。

継続的に行動する事が重要とされているのです。

それは、やっている人にしか分からない苦労があるはずです。

仕事であれば、休みの日数が確保されているものです。

働き続ける事も無いでしょう。

しかし、家事は違います。

それをする事によって報酬を貰えるわけでもないのにも関わらず、毎日行わなければいけません。

それが結果的に大きなストレスとなる事もあると思います。

だからこそ、そうならないようにする為にも時には休む事も大切です。

家事をおサボりする事によって、物理的に時間を確保する事ができるようになります。

それが自分の気持ちに余裕を与えてくれるかもしれません。

余裕を持って行動する事ができれば、土日があっという間に過ぎ去ってしまうという事も無いでしょう。

家族にお願いして甘える

もし家事を休む事に抵抗がある場合には、家族に家事を分担してみてはいかがでしょうか。

例え専業主婦だったとしても、家事を必ずあなたがしなければならないという事は無いはずです。

自分がやらないと決めた場合でも、家族に分担すればいいのです。

自分自身も働いている人の場合には、家事も当たり前に分担しているはずです。

ですが専業主婦の人の場合には分担する事も無く、毎日自分自身で家事をするしかないと思っている事も多いと思います。

そのせいで自分自身にストレスをかけてしまっている場合もあるのです。

家族に甘える事は悪い事ではありません。

協力する事こそが、家族の本来の力です。

だからこそ、それを当たり前と考えて行動する事によって見てくるものもあるはずです。

実際の作業は減らなくても、他にも手伝ってくれる人が居てくれる事によって一人一人の負担を確実に減らす事ができます。

そうする事によって、自分の時間を確保して満たされた時間をより多く作る事が重要なのです。

それが結果的に自分を支えてくれるパワーとなってくれるでしょう。

自分がしたくもない事に時間を使い、そのせいで土日の休みがつぶれてしまうような状況が続けばそれだけで自分の気持ちには不満がたまっていくはずです。

もっと違った時間の使い方がしたかったという気持ちが大きくなり、結果的に平日のモチベーションにも大きな影響を与えてしまうのでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも、家族にお願いして甘えてみる事も重要なのではないでしょうか。