日本中にヘアサロンは何店舗くらいあると思いますか?なんと2015年の統計によると、231,134件あるそうです。

コンビニの数が約5万店あるそうなので、どこにでもあると感じているコンビニの3倍以上の数です。

どうりでよく美容院を見かけるわけですね。

ヘアサロン通りと命名したくなるほど、美容院が何店舗も並んでいたり、一つのビルに複数のヘアサロンが入っていることがあります。

閉店する店もありますが、新しいサロンも続々オープンするので、だいたい今もこれくらいの数はあるだろうと言われています。

この数字からも、あなたの住んでいる街や、職場や学校の近くなどを含め、生活圏内にいくつものヘアサロンがあり、どのサロンに行くか、選択肢が豊富であることがわかります。

ヘアサロン選びは迷う!

単純に店舗数も多いということは、それだけ選択肢があるということにもなりますが、ヘアサロンと言っても様々なタイプがありますし、お店ごとに売りとしていることや得意とすることが違います。

ですから、自分の希望に合わせて、自分にぴったりのサロンを選ぶ必要があるのです。

雑誌に取り上げられるカリスマ美容師が在籍し、最新のヘアカットやカラーリングをしてくれるサロンもあれば、美容学校を卒業したばかりの若者や、引退間近の美容師が、1,000円ほどの安い値段で、早くパパッとカットするクイックサロン、地元の人が子供の時からずっと通っているような、ノスタルジックな雰囲気のある美容院など、本当にバラエティーに富んでいます。

ですから、スタイリストの技術、店舗の雰囲気、料金、ケア内容によって、数あるサロンの中から一店舗に決める必要があるのです。

どんなに有名でも、人が良いと言っても、自分との相性が一番大切ですので、今日は、ヘアサロンを選ぶ際の注意点やポイントをご紹介したいと思います。

オシャレな髪型のために

ほとんどの方がヘアサロンに行く第一の目的は、「おしゃれな髪型にするため」ではないかと思います。

しかし、この「おしゃれ」というのが、感性の話になるので、人によって何をおしゃれとするかが異なります。

ですから、サロン選びが難しくなるのです。

サロン選びで一番大切なことは、自分がなりたい髪型を具体的に描いて、それを可能にしてくれるサロンはどこかという視点で選ぶことです。

表参道や代官山など、おしゃれと言われる街でカットすれば、自動的におしゃれな髪型になるわけではありません。

もちろん、活気があり、ファッションや美容の中心とされている地域には、美意識の高い人や、おしゃれを大事にしている人が集まっていますし、サロン自体も流行に敏感です。

しかし、自分の好みとは違うかもしれませんし、言われるがままにしたヘアスタイルでは自分の良さが出ないかもしれません。

ですから、ヘアサロンを決める前に、長さはこのくらい、色はこんな感じ、ボリュームの加減、パーマのかかり方など、できるだけ具体的にイメージし、わかりやすく説明できるように芸能人の〇〇さんのようにとか、誤解がないように写真を用意するなどした方が良いでしょう。

キレイな髪質を維持するために


美容院に行くのは、髪型を変える時とは限らず、メンテナンス目的で訪れることもあります。

カラーの調整やトリートメント、ヘッドスパをしに行くような場合です。

例えが適切かわかりませんが、歯医者さんに行くのも、虫歯の時など治療目的だけではなく、クリーニングをしたり、お口のケアをするためにも定期的に受診しますよね。

それと同じように、髪質を維持したり、美しい状態をキープするために訪れるというのも、立派な目的になります。

そのようにヘアケアを真剣に考えているなら、サロン選びもますます重要になります。

エステサロンのようにくつろげる空間であることや、サロンで取り扱っている美容品、揃えている機械などによって、自分が望むケアが受けれるかどうかが変わるからです。

ヘアサロンはどれくらいの頻度で行く?

皆さんは、どれくらいのペースでヘアサロンに行かれますか?髪の長さやスタイル、またお手入れにどれほど情熱をかけているかによって変わると思います。

さらには、仕事のシフト、小さい子がいるなど自分の都合ではどうにもならないような、今置かれている生活環境によっても変わってきます。

みんなはどうなのか気になりますね。

人によってバラバラ

髪が伸びてきて、うっとおしく感じた時にヘアサロンに行く人、常に綺麗でいるために二ヶ月に一回は必ず行く人、カラーリングをしているので、一ヶ月に一回は行かないとダメな人、人によってサロン行く頻度はバラバラです。

そこで今回は、どれくらいの間隔でヘアサロンに行くのかの平均を、髪の長さ別で調べてみましょう。

1ヶ月に1回

月に一回のペースは、「ショートカット」の人達です。

長い人に比べて、伸びてきたのが目立つことや、少しでも伸びると、中途半端な感じで野暮ったくなると、スタイリングの変化が気になることもショートならではの理由かもしれません。

日頃さっぱりしているだけあって、少しでも伸びるとうっとおしく感じる人が多いようです。

二ヶ月も空けてしまうと、癖が出たり、もさもさしてまとまりにくくなるため、そんなに我慢できないという意見もありました。

3ヶ月に1回

統計によると、「ミディアム」の人がこのペースで通われることが多いようです。

ミディアム丈の人は、ちょうど肩につくかつかないかというところでスタイリングしているので、肩について跳ねるようになったりすると、カットしたくなるそうです。

また、三ヶ月くらい経つと、シャンプーの時に洗うのが大変になったり、重さを感じるようになるので、サロンでお手入れしようと思うそうです。

しかし、ミディアム丈の方でも、カラーリングをされている方などは、根元が伸びてくると目立つので、一ヶ月半くらいのペースで、カラーのリタッチにサロンに行かれる方もいます。

半年に1回

「ロング」の方は、髪が伸びたことに気づきにくいことや、少し伸びたくらいでは、フォルムが変わらないなどの理由から、半年と、ゆったりとしたペースでヘアサロンに行かれる方が多いようです。

しかし、さすがに半年経つと、枝毛が目立つようになったり、頭が重たくなるのでカットしないとと思うそうです。

おすすめは1〜2ヶ月に1回

このように長さによって、ヘアサロンに行く頻度はかなり違いますが、どの長さであったとしても、理想的なペースは、一ヶ月〜二ヶ月に一度はカットすることです。

特に、パーマをかけていたりカラーリングしている人は、髪に負担をかけているので、間に髪を整えるようにカットすることをお勧めします。

例えば、最初にカットとパーマをしたなら、次はカットだけで来店し、そして3回目にまたカットとパーマをするという感じです。

そうすることによって、パーマの持ちも良くなりますし、ボサボサになることもなく、美しいスタイルを維持することもできるでしょう。

ナチュラルな髪の方も、髪の毛を健康な状態に保つためにも、一ヶ月〜二ヶ月に一度はヘアサロンでお手入れをしましょう。

ヘアサロンを選ぶときの17個の注意

一ヶ月〜二ヶ月に一度のペースでヘアサロンに行くとなると、ますますどのサロンに行くか慎重に決めたいと思いますね。

行くだけで癒されたり、非日常のゴージャスな時間を味わえるような楽しみな場所にしたいですし、通いやすいというのも大切なポイントになります。

行くまでの交通手段や予約の取りやすさなどが関係してくるでしょう。

また、料金的にも負担がないようにしないと、このペースでのサロンが良いが続かなくなってしまいますし、美しくなることの満足度が低くなってしまいます。

ではこれから、サロンに行く前にチェックすべきことと、実際にお店でサービスを体験した後に確認すべきことを見ていきましょう。

ヘアサロンを予約する前の注意点

いつも決めているお馴染みのヘアサロンで、いつもの担当の方にお願いしている方も多いと思いますが、そのお気に入りを見つけるには、必ず”初めまして”を通ってきているわけです。

また、せっかく見つけたお気に入りでも、自分の引越しや、担当さんの移転などによって、新たに探さなくてはならなくなることもありますね。

そんな時に、皆さんは何を基準に美容院選びをされますか?また、ネット、雑誌、友達の紹介、口コミなど、どの情報を元にヘアサロンを選ばれるでしょうか?

こんなことに気をつけると、失敗しないヘアサロン選びができるいくつかの点をこれからご紹介いたします。

通いやすい立地か

ヘアサロンは、駅前や繁華街など人通りが多いところに多く出店されていますが、立地が良いというのは、それだけで高ポイントになります。

仕事の帰りや、お使いのついでに寄ることができるからです。

電車通勤をされている方にとって、最寄り駅ほど通いやすいことはないでしょう。

また、休日など仕事ではない日にサロンに行くとしても、駅前にはショッピングモールやレストラン、レジャー施設などがあるので、ヘアサロンとセットで有意義な休日を送ることができるかもしれません。

また、車生活の方なら、駐車場が停めやすいとか、割引があるというのが通いやすい条件になりますね。

普段車で用事を済ませている方にとって、公共の乗り物での移動はかなりのストレスになりますし、車で行きにくいというだけで億劫になってしまうこともあります。

ですから、二ヶ月に一回のペースで通うことになった時に、無理なく通えるかということは大事なポイントです。

営業時間に無理なく行けるか

自分の生活のペースと、いきたいお店の営業時間がマッチしていないと、仕事を早く切り上げたり、子供を誰かに預けたりという余分な労力が必要になるかもしれません。

現代人の生活は、ますます多様化してきて、職種やシフトによって、空き時間や休日が異なります。

ヘアサロンもそうです。

定休日や、営業時間はお店によってバラバラなので、必ず自分の希望の日時と照らし合わせるようにしましょう。

特に、パーマやカラーの場合は、受付終了時間が早くなっていたりするので、注意して見るようにしてください。

口コミは高評価か


実際にお店に行かれた方の意見ほど参考になるものはありません。

感じ方は人それぞれですから、100%コメントを信用することはできませんが、ネガティブなコメントの理由が的確だったり、数が多い場合は、メニューなど魅力的に見えたとしても考え直した方がいいかもしれません。

一方、満足度が高く、具体的な褒め言葉が書いてあるような口コミが多いなら、きっと自分も同じように感じることができる可能性が高いです。

口コミの数が多ければそれだけお客さんが多く、参考になる意見を聞けるので助かりますが、投稿された日付も確認するようにしましょう。

それによって、最近の評判はどうなのかを判断することができます。

また、口コミに対するサロン側の対応もチェックすることができます。

きちんとコメントを返していたり、質問などに答えている場合は、お客様を大事に考えている誠実なサロンと言えるでしょう。

予約は取りやすいか

予約が取れないと始まりません。

人気サロンではすでに既存のお客様を多数抱えていて、数ヶ月先でないと予約が取れないこともあります。

そんなサロンやスタイリストのカットを堪能してみたいとは思いますが、現実的にそこに入り込むのは難しいことでしょう。

ヘアサロンを決めるにあたり、今後も通いやすいかというのも大きなポイントになるので、最初から予約が取りにくいなら他を探した方がいいかもしれません。

HPのスタイリスト一覧をチェック

多くのヘアサロンでは、スタイリストの紹介ページがあります。

そこには、スタイルイメージや得意な技術、趣味、お客様に対しての思いなどのコメントが乗せられていたり、スタイリストたちの写真が載っていることがあります。

それらを読むことによって、自分の好みのスタイリストか、なりたい髪型を得意としているかを判断することができます。

また、お店のブログなどで、イベントの様子や、スタッフ同士の仲の良さ、雰囲気というものを知ることもできるでしょう。

その時に、自分好みの服装や髪型をしているスタイリストが多いなら、自分に合っているお店になる可能性は高いでしょう。