皆さんは、喪服を着るときのマナーを知っていますか?喪服というのは、故人を偲ぶための正装であり、失礼があってはいけないもの。

しかし大半の人が、通夜や葬儀のマナーを知らずに、恥をかいている可能性があります

通夜や葬儀のマナーというのは、誰かが教えてくれるものではありません。

そのため、葬儀に参列するとなって、慌てて調べたり、準備をすることとなってしまいます。

しかし、大人になると、お通夜や葬儀への参列は必要不可欠となります。

そのため、冠婚葬祭のマナーというのはきちんと身に着けておくべきであるといえるでしょう。

意外とお通夜や葬儀に出る際の作法を知らず、あたふたしてしまったという人も多くいます。

冠婚葬祭時の作法というのは、周囲からも見られています。

よく顔を合わせる間柄であれば、間違えも指摘できるのですが、冠婚葬祭というのは遠い親戚や見知らぬ人も参列するもの。

そのため、お通夜やお葬式であった時の印象が大切となってきます。

今回のテーマは喪服を着るときのマナーについて。

誰かに聞きたくても、なかなか聞きづらいことだからこそ、みずからしっかりと学んでおく必要があります。

是非、参考にしてみてください。

喪服を着るときのマナーを学ぼう

喪服を着るときのマナーというのは、なかなか人から教えてもらえるものではありません。

だからこそ、喪服着るときのマナーを知らなくて、恥をかいてしまう人は多くいます。

また、喪服を着るときのマナーというのは、周囲もなかなか指摘しづらいもの。

知らないうちにマナー違反をして、周囲からの評価が下がっていたなんてこともありえます。

喪服を着るときのマナーやお作法というのは、いざという時のために、身に着けておきたい知識であるといえるでしょう。

喪服というのは着こなし方にもマナーがありますが、アクセサリーやメイクなども気にする必要があります。

喪服の着用だけに気を取られて、身に着けているものがマナー違反になってしまうのは厳禁。

きちんとした配慮をすることが、大人のマナーだといえます。

これから喪服を購入予定という人は、流行で選ぶのではなく、長年使えるものかどうかで選ぶことが大切です。

安いものではなく、多少お金がかかったとしても、長期間使えると考え、きちんとしたものを選びましょう

喪服を着る場面

喪服を着る場面としては、どんな場面があるかご存知ですか?喪服は、お通夜から一周忌までと、長期間着用をします。

そのため、季節をまたぐため、季節に合わせた喪服を準備しておくか、どの季節にも対応できる喪服を準備しておく必要があります。

ほとんどの人が、きちんとした喪服であれば、マナーとして問題ないと思っています。

しかし本来であれば、正喪服は親族のみが着用するものとされており、一般参列者は準喪服の着用を行い、親族よりも軽い喪服を着るのが礼儀とされています。

では、あまり知られていない喪服を着る場面について、またその際にどんな喪服を着るべきなのかも含めて、具体的にお伝えしていきましょう

お通夜

お通夜というのは、亡くなられ方の親族や近親者が、最後のお別れをする日のことを指します。

大概の場合が、夜に行われ、お焼香などをした後に、会食をして終わります。

会食後は、亡くなった人の一番の近親者が、亡くなられた方と一緒に一晩過ごし、線香を灯し続けるのが一般的なお通夜だといえるでしょう。

翌日に葬儀を控えているため、お通夜の時間は、大体3時間程度のことが多く、長時間行われません。

しかし、近親者はそのあとも翌日の葬儀のことや、亡くなられた方との最後の時間を共にするので、お通夜が終わった後も対応に追われます。

葬儀

葬儀というのは亡くなられた方が、成仏できるための一連の儀式です。

臨終から火葬までの一連の儀式を指します。

家族葬ではない限りが、葬儀が一番参列者が多く、大勢の人と顔を合わせる機会となります。

家族葬との明記があった場合は、近親者のみで行われる葬儀となるため、一般の人は参加することができませんので注意が必要です。

生前仲が良かったとしても、親族の意を汲むようにして、参列は控えましょう。

告別式


告別式というのは、故人に別れを告げる儀式とされています。

大概の場合が、葬儀と一緒に行われる場合が多いのですが、故人が著名人であったり、大きな葬儀である場合は、告別式を別で行うケースもあります。

告別式を行う場合は、葬儀よりも幅広い方が参加されます。

特に、友人や知り合いなどの参列者が増え、近親者は挨拶に追われます。

四十九日

四十九日というは、故人が極楽浄土に旅立てるかどうかが決定する日となります。

人の魂は四十九日さまよっているとされており、その供養を行うための日ともされています。

四十九日までは、忌中とされており、結婚式などの参列や神社への参拝、年賀状などをだすことは控えなければいけない日とされており、四十九日経過後、忌中が終わるとされています。

喪服の種類

意外と知られていないのが喪服の種類。

大概の人が、喪服に種類があるということを知らず、「黒い服であればよい。」という認識をもっています。

しかし、喪服というのは「正喪服」「準喪服」「略喪服」という種類があり、故人との関係性で、着用する種類というのも変わってきます。

喪服の種類に関してもしっかりとした知識をつけておかないと、着るタイミングを間違えてしまうこともあるので注意が必要です。

20代であれば、準喪服のみでもよいですが、30代以降になってくると身内の葬儀も増えてきます。

そのため、準喪服のほか正喪服も準備しておくと良いでしょう。

状況に合わせて着る喪服も変わってくるということを肝に銘じておく必要があります。

ブラックフォーマルが基本

葬儀やお通夜に参列する際は、ブラックフォーマルが基本です。

また、光沢のないもので、派手な装飾などもない、シンプルなデザインの着用を行いましょう。

肌の露出は厳禁とされているため、夏でも長袖、短くても肘が隠れる程度の喪服を着用する必要があります。

また、スーツなどを着用する場合も色は必ず黒で、柄などが入っていないものを着用しましょう。

たまにストライプなどが入っていたり、黒以外のアクセントカラーが入っている人が見受けられますが、これはNGです。

また、ネクタイは必ず無地の黒色を着用するようにしましょう。

たまに喪服はリクルートスーツでも問題ないと考えている人がいますが、これは誤り。

リクルートスーツは喪服ではないため着用はNGです。

喪服は布地が違うため、より黒に見えるような作りになっています。

靴に関しても、黒以外の着用はNGとされています。

装飾品がない、シンプルなデザインの靴を着用するようにしましょう。

また、冬の葬儀に関しては、コートは必要不可欠かと思います。

コートの色も黒色がベストではありますが、持っていない場合はできる限りシンプルな色合いを選ぶことが大切。

また、室内では必ず脱ぐようにしましょう。

正喪服

正喪服というのは、一般的に遺族が着用する喪服です。

喪服の中でも一番格式が高いとされ、女性においては和装と洋装があります。

和装であれば、光沢があるものは避け、黒紋付を着用しましょう。

和装であれば、葬儀会社などが別途お金を払えば準備してくれることもあります。

注意が必要なのが、一般参列者であるのにもかかわらず、正喪服を着用することは厳禁。

遺族よりも目立たない喪服で参列するのが、お通夜やお葬式のマナーとされています。

一般参列者であれば、準喪服の着用をするようにしましょう。

準喪服

準喪服というのは、親族から知人まで幅広い人が着用することができる喪服です。

正喪服に比べて、シンプルな喪服で、正喪服に比べてカジュアルなものが多いとされています。

最近の葬儀は、家族葬や小規模な葬儀なども増えてきています。

その際は、親族であったとしても準喪服を着るケースが増えてきています。

正喪服は、大規模な葬儀や格式が高い葬儀などに着用するものだと思った方がいいでしょう。

略喪服

着喪服に関しては、法要などで着用する喪服。

地味な装いであれば、着用しても問題ありません。

色も黒でなくても、グレーや紺などの、黒に近い色合いであれば、マナー違反にはなりません。

しかし、あくまで法要などの際に着るもの。

お通夜や葬儀などの参列にはふさわしくないものですので、注意が必要です。

また、タイツも黒色でなくても構いませんが、派手目なものは控えることが大切。

ベージュで柄がないものを選び、派手なデザインが入っているものは控えるようにして、シンプルな装いをしましょう。

年代別おすすめの喪服


喪服というのは年代ごとに似合うものも変わってきます。

喪服というのは、長期間着られるものを持っておくことが望ましいですが、年代に合ったものを着用していないと、周囲から見た時に違和感を抱かれてしまいます。

また、葬儀やお通夜というのは、案外動きまわることも多いです。

そのため、動きやすい喪服を選ぶことも大切。

特に、身内の葬儀への出席が増える年代であれば、グレードも高く、且つ機能性も高い喪服を選ぶことが大切です。

喪服というのは失礼のないよう、ある程度しっかりとしたものを選ぶことが大切。

また、喪服というのは、頻繁に買い替えるものではありません。

10年間は同じものを使うと考え、安価なのもではなく、高級感の漂うものを選び、長いスパンで使えるものを選ぶようにしましょう。

20代女性に合った喪服

20代であれば、若々しいデザインの喪服の着用も可能です。

まだ、喪服の着用に慣れていない年代でもあるため、動きやすくて、シワになりづらい素材を選ぶことをオススメします。

ジャケットタイプのものであれば、脱ぐこともできるため、オススメです。

20代であれば、喪服を着る頻度としてはそう多くはありません。

そのため、一年中着用できるデザインを選ぶのが良いでしょう。

ワンピースタイプのもので、上にジャケットを羽織るもの。

袖丈は7分丈であれば、一年中着られるのでオススメです。

またタイトスカートよりも、裾が広がったスカートを選ぶことで、若々しい印象となりますし、動きやすいため、オススメです。

リボンなどの装飾品があってもよいですが、取り外しができるものを選び、シンプルな装いが良いと判断した日はつけないようにしましょう。

30代女性に合った喪服

30代になると、既婚の女性も増えてきますし、年齢的にも落ち着いた服装というのが求められるようになってきます。

また、出産なども多くなりますので、体系なども20代と比べて変わってくる年頃ではあります。

落ち着いたデザインのゆとりがある喪服を選ぶ必要が出てきます。

とはいえ、老けて見えるデザインの喪服はNG。

肩パットが入りすぎていないか、ジャケットの丈は長くないかは意識しましょう。

また、ジャケットの丈は短すぎると若作りに見えてしまうため注意が必要です。

40代女性に合った喪服

40代となると、お通夜や葬儀などの参列も増えてくる年代となってきます。

そのため、長い期間着られる、オーソドックスでシンプルなものを選びましょう。

また、体系なども変わりやすい年代となってきますので、多少の体系の変化でも対応できるものを選ぶのが良いでしょう。

ジャストサイズのものよりも、ワンピースタイプなど、ゆとりがあるものを選ぶことをオススメします。

30代と比べて、喪服を着る頻度も増えてきますし、身内の葬儀なども増えてきます。

そのため、きちんとした喪服を準備しておく必要があるでしょう。

20代、30代の頃に着用していたものよりは良いものを選ぶようにしましょう。

50代女性に合った喪服

50代となると、自分の父母を見送るケースも増えてきます。

そのため、喪服に関してもグレードが高いものを選ぶことをオススメします。

喪主や親族代表として前に出る機会も増えてくるため、みんなから見られても、恥ずかしくないグレードの喪服を着用するようにしましょう。

この年代になると、自分の体形にあったデザインの喪服を選ぶことはもちろんですが、自分が参列する立場にあった喪服を選ぶことも大切になってきます。

身内のお通夜や葬儀の参列であればグレードが高い正喪服を着用する必要がありますし、友人や知り合いなどのお通夜や葬儀であれば準喪服を着用する必要があります。

TPOにわきまえた格好ができるように、何種類か喪服を準備しておくことをオススメします。

60代女性に合った喪服

60代であれば、グレードの高い喪服を選ぶことのほか、足腰が弱ってきているころでもあるため、動きやすい喪服を着用することをオススメします。

ワンピースタイプのものを着用してしまうと、お手洗い時に手間となってしまうため、セパレートタイプのものを選ぶことや、ズボンタイプのものを選ぶことをオススメします。

ジャケットのボタンが大きいと、取り外しがしやすく、脱いだり着たりする際も困らないので良いでしょう。

この年代になると、おしゃれをすることよりも、滞りなく動けることが大切。

自分が好みのデザインであったとしても、動きづらくては意味がありません。

また、靴も動きやすいものを選ぶことが大切。

お通夜や葬儀というのは、お焼香やお辞儀など、立ち上がる機会がたくさんあります。

動きづらい靴を選んでしまうと、長時間参列することが苦痛となってしまうので注意が必要です。

喪服を着るときの注意点あれこれ

喪服を着るときに注意しなくてはいけないのは、アクセサリーやバッグなど身に着けるものやメイクなどもあります。

喪服を着用していても、身に着けているものやメイクが派手であると非常識な人だと思われてしまうので、要注意です。

喪服を着用するときは、派手なものは控えることが大切。

当たり前ですが、お通夜や葬儀への参列は、周囲に不快感を与えないことが何よりも重要です。

自分に似合うか否かよりも、その場にふさわしい恰好かどうかを意識して、喪服を選ぶようにしましょう。

また案外見落としがちなのが、傘やハンカチなどの小物類です。

基本的には黒色ものを選ぶのがよいですが、ない場合はできる限りシンプルなものを選ぶようにしましょう。

小物類というのは案外人に見られているので、注意しましょう。

アクセサリー

アクセサリーというのは、目を引くものです。

お通夜や葬儀への参加の際は、派手目なものは避ける必要があります。

喪服を着用している時に身に着けるべきアクセサリーは真珠となります。

また、真珠であれば何でも良いわけではありません。

形状は一連のもので、派手ではないものを選ぶ必要があります。

二連や三連のネックレスは「不幸が重なってしまう。」という意味に繋がっていることもあり、着用はNGです。

ピアスなども付けている方がいますが、ネックレスとピアスを付けると派手な印象に見えてしまうので、ネックレスだけにする方がベターでしょう。

そもそもピアスはNGと考える人もいるので、控えるようにしましょう。

どうしてもつけたいのであれば、イヤリングをつける方が賢明だといえるでしょう。

余談ではありますが、和装をしている場合は、アクセサリーを身に着けることは厳禁です。

アクセサリーの着用は控えるようにしましょう。

スカート丈

理想的なスカート丈の長さはひざ下5㎝と言われています。

避けなくてはいけないのは、ひざ上のスカート丈。

正座やお辞儀をしたときに、ひざ上が見えてしまうのは厳禁です。

喪服の着用時は、なるべく肌が見えないように心がけることが大切になります。

そのため、スカート丈には配慮が必要です。

また、スカート丈が長すぎてしまうと、正座などをした際に躓く原因にもなります。

購入をする際に、動きづらくはないか、座った際にきつくないかなどは、きちんと試着して確認するようにしましょう。

靴に関しては黒の光沢がないデザインを選びましょう。

ヒールの高さは高くないものを選ぶことが大切です。

ヒールの高さは5㎝以内のものを選ぶようにしましょう。

高いヒールを選んで、歩くときにコツコツ音を立てるのはNGです。

また、デザインはシンプルなものにしましょう。

柄が入っていたり、飾り物がついている靴の着用はマナー違反となります。
たまに、黒い靴でもヒール部分にデザインが入っているものを履いている人がいますが、これもNGです。

お通夜や葬儀で履く靴というのは、ヒール部分も黒色のものを選ぶ必要があります。

特にヒール部分は、お焼香の時によく見える場所。

「正面から見れば黒だから良いだろう。」と軽い気持ちで履いている人もいますが、参列者からは良く見えるので注意が必要です。

また、お通夜や葬儀は、靴を脱いだり履いたりということが多くあります。

そのため、脱ぎやすい靴を選ぶようにしましょう。

お通夜や葬儀は所作がスマートであることも肝心です。

そのためには、動きやすいものを選ぶ必要がありそうです。

ストッキング

ストッキングは、黒の無地のものを着用しましょう。

柄が入っていたり、透明なストッキングはNGとなります。

また、お通夜や葬儀は、立ったり座ったりがとても多いため、ストッキングが伝線してしまうこともあります。

伝線をしたときのために、必ず替えのストッキングを準備しておくようにしましょう。

また、厚さはうっすら肌の色が見えるものを着用すること。

30デニール以下が望ましいですが、色合いが薄すぎてしまうのも禁物です。

実際履いたときの色合いが違うケースもありますので、購入をしたら一度試し履きをしておく方が賢明です。

もう1点気を付けておきたいこととしては、足のネイル。

派手なのものですとストッキングから透けて見えてしまうので、きちんとネイルオフをしておくことをオススメします。

お通夜や葬儀は、靴を脱ぐ機会が多いです。

そのため、足のネイルが見えやすいため、注意が必要といえるでしょう。

バッグ

バッグは布製の黒いものを選ぶことが大切です。

革製品に関しては、殺生をイメージさせることから、お通夜や葬儀では避けるべきだと言われています。

鞄の中身は、袱紗や黒のハンカチなどが必需品となり、あまり入れすぎないようにしましょう。

バックは大きすぎるものを選ぶのは厳禁。

お通夜や葬儀への参列は、荷物は必要最低限にするか、参列時に不要なものは、荷物を預けるなどして、身軽な恰好参列をするようにしましょう。

また、ショルダーバッグは基本的にはNGですが、会社帰りの参列の場合などやむを得ないケースもあると思います。

ショルダーバックとなってしまった場合は、きちんと手で持つようにしたりして、失礼のないように配慮することが大切です。

メイク

派手目なメイクは控えるようにして、シンプルなメイクでの参列を心がけましょう。

アイライナーを濃く引いたり、つけまつげを付けていくことは厳禁です。

とはいえ、ノーメイクは失礼にあたります。

ナチュラルメイクを心がけましょう。

ナチュラルメイクのコツとしては、チークやアイシャドウは薄めのものにするかつけないほうがよいでしょう。

ファンデーション、眉毛、アイライナーくらいで仕上げるとナチュラルメイクとなります。

また、アイライナーに関しても分かりやすいものではなく、ぼかしておくと、ナチュラルに仕上がります。

ファンデーションの塗りすぎにも注意が必要です。

パウダーファンデーションだけで仕上げるなどをオススメします。

口紅も薄い色のものを付けるようにしましょう。

また、喪服は黒色ですのでメイクがついてしまうと目立ちます。

そのため、落ちやすいメイクは控える方が無難です。

喪服についてもすぐとれるように、シミ取りなどを持っておくとよいかもしれません。

たまに香水をつけている方がいますが、お通夜は葬儀に香水をつけるのはマナー違反ですので、注意しましょう。

制汗剤やハンドクリームなども、香りがするものはNGです。

無香料のものを塗るようにしましょう。

また、ネイルなども派手目のものは避けること。

お通夜や葬儀に参列することが決まったら、ネイルはオフをすることが賢明です。

オフする時間がないという場合は、ベージュのネイルを上から被せ、目立たないようにしましょう。

髪型

髪型に関しては、髪が短い人はセットアップをしなくて大丈夫です。

紙が長い人に関しては、ご焼香やお辞儀をするときに、邪魔にならないように、一本にまとめておきましょう。

くれぐれも派手な髪型にしないこと。

髪型をアップにするのはもってのほか、ポニーテールなども避けるべきです。

髪は耳よりも低い位置で結ぶようにしましょう。

また、整髪剤などは無香料のものを選ぶことが大切。

香りがきついものを付けるのは、お通夜や葬儀はNGです。

まとめ髪をするのであれば、香りがしない整髪剤を選ぶこと。

また、つけすぎには注意してナチュラルな髪型を目指しましょう。

喪服時にNGなアイテム

喪服着用時に身に着けてはいけないNGなアイテムをご存知ですか?喪服時にNGなアイテムを知らず知らずのうちに身に着けている人も多くいると思います。

NGなアイテムを身に着けてしまうことによって、喪服着用のマナーを知っている人にとっては、「マナーを知らない人」という認定されてしまうこともあります。

大人の常識として、喪服を着ている時に身に着けてはいけないものを知っておく必要があるでしょう。

また、喪服時にNGなアイテムを身に着けてしまうと、親族に対して失礼にもあたります。

お通夜やお葬式は故人のためのものです。

革製品

あまり知られていないのですが、革製品はお葬式ではNGとされています。

革製品というのは、動物の皮からつくられており、言い換えれば「動物の命」を引換えに作られたものです。

そのため、「殺生」をイメージさせてしまうため、革製品の着用はNGとされているのです。

お通夜や葬儀というのは、死を憐れむもです。

そのため、「死」を連想されるものの着用は避けましょう。

革製品であったとしても、光沢がないものであれば持っていくことはできます。

但し、金具や装飾品が目立たないもので、シンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。

派手目なデザインは厳禁です。

アニマル柄

革製品と同様、アニマル柄に関しても殺生を想像させてしまうので、フェイクであったとしてもNGとされています。

そもそも、シンプルな黒のものを身に着けることが望ましいとされているお通夜や葬儀で、アニマル柄を身に着けるのは、常識がないといえるでしょう。

基本的には、お通夜や葬儀で身に着けるものはシンプルなものです。

主張が激しいアニマル柄に関しては、お通夜や葬儀に身に着けるのは避けましょう。

バックやアクセサリーなどの小物であっても、NGです。

ファー

ファーに関しても、毛皮や革製品と同様です。

そもそも派手な装いを避ける場所ですので、主張が激しいファーを身に着けるのは避けたいところ。

寒さ対策なのであれば、シンプルなコートやマフラーなどの着用にとどめるようにしましょう。

基本的に、お通夜や葬儀というのは黒色のものを着用します。

ファーに関していえば、色合い厳禁です。

参列時に外すからいいやと考えてつけてくる人もいますが、どこで誰が見ているか分かりませんので、控える方が無難です。

派手な飾り

葬儀においては派手な飾りは避けるべきだと言われています。

お葬式につけられるアクセサリーはパールのものか、結婚指輪となります。

であっても、シンプルなものでない場合は、装飾品が見えないように内側に回すようにしましょう。

また、髪をまとめる際のゴムは、黒色にし、飾りなどがついていないものを選ぶことが大切です。

黒色の飾りであるからと、身に着けている人がいますが、お通夜や葬儀に参加する際は、避けるべきです。

お通夜や葬儀時というのは、アクセサリーというのは1点だけにしておきましょう。

ピアスとネックレスを両方つけるのではなく、どちらか片方にすることで、シンプルな装いとなるはずです。

正しいマナーで喪服を選びましょう

大人になるにつれて、冠婚葬祭は増えてきます。

結婚式であれば、派手に着飾るのは良いですが、お通夜やお葬式となるとそういうわけにはいきません。

結婚式は、友人の参加が一番多いので、さほどマナーは気にならないですが、お通夜やお葬式となると幅広い年代の人が集まってきますので、マナーを知らないことで恥をかくケースというのは多く出てきます。

冠婚葬祭の基本的なマナーというのは、きちんと勉強しておくことが、大人のエチケットとしては大事です。

誰も教えてくれないことだからこそ、自ら学んで教養をつけることが大切になります。

冠婚葬祭のマナーがなっていなくて、身内を怒らせてしまったり、親戚から怪訝な目で見られたという人も少なくありません。

恥をかく前に、教養を身に着けておくことが、大切だといえるでしょう。

大切なのは、喪服は自分の体形がきれいに見えるか、自分の好きなデザインか否かを意識するのではなく、自分の「立場」を意識したものを選ぶことです。

自分がどう思うのかではなく、周囲の人にどう思われるのかを意識して、喪服を選ぶよう心掛けましょう。

不幸なお知らせというのは予期することができず、突然訪れるものです。

急な対応に備えて、日頃から大人の常識として、喪服を着るときのマナーは意識するように心がけましょう。