カラオケに行くと必ず歌う十八番。

自分が好きな歌手や歌を選ぶという人よりも、自分の声に合い、誰もが知っている歌を選ぶという人が多いのではないでしょうか。

一人カラオケであれば、自分の好みの歌を歌うでしょうが、みんなでカラオケに行ったら、周囲が盛り上がる曲を選ばざるを得ません。

そのため、みんなが「十八番」という歌は、どうしてもかぶってしまうものだといえます。

特に、仕事の付き合いなどでカラオケに行ったときは、老若男女問わず、誰もが知っている歌を選ばざるを得ません。

誰も知らないような歌を歌って、場をしらけさせるわけにもいきません。

そもそも、歌が上手い人であれば、どんな歌を歌っても場を盛り上がらせることができますが、歌に自信がないという人は、周囲の人も一緒に合いの手を入れられるような歌を選ぶのが無難な選択だといえます。

今回のテーマは、カラオケの「十八番」について。

社会人になってカラオケの披露をするとなったときに、自分の十八番は必ず準備しておきたいもの。

そこで、今回はみんなが十八番と言いがちなカラオケ曲のご紹介をさせて頂きます。

自分のカラオケの十八番を何にするか悩んでいるという人は、是非参考にしてみてください♪

十八番と皆が言いがちなカラオケ曲30選


カラオケに行ったときに何を歌うか悩んでしまった。

みんなが盛り上がらない曲を歌ってしまい、場をしらけさせてしまった。

そんな経験をしたことがある人は多いはず。

そんな経験から、カラオケが苦手だという人も多いのではないでしょうか?
自分はあまり歌が上手ないからと悩んでいる人も多いはず。

しかし、歌唱力がなくてもカラオケは盛り上げることができます。

大切なのは、「歌唱力」ではなく、みんなを盛り上げることができる曲を選ぶことです。

また、自分が好きな曲や好きな歌手を歌ってしまうと、場をしらけさせてしまうことに繋がります。

その歌手が好きな人同士でカラオケに行くのであれば、自分達の趣味を優先させても良いかもしれませんが、それ以外の時はみんなが知っている歌手を選ぶことが大切。

知らない曲を歌われても、盛り上がり方が分からず、みんなを困らせてしまいます。

大切なのは、選曲を失敗しないこと。

選んだ曲が外れなければ、場をしらけさせることはありません。

そのため、カラオケの「定番曲」を選ぶことが大切。

では、カラオケの定番曲とは、どんな曲なのか。

十八番とみんなが言いがちな定番カラオケ曲をご紹介していきましょう!

1.Butterfly/倖田來未

少しセクシーな曲で盛り上げるのであれば、倖田來未さんのButterflyがおすすめ。

キーが少し高いのと、テンポも速く、独特な歌でもあるため、歌が得意な人が歌うのがおすすめ。

歌唱力とセクシーさで場を盛り上げることができる曲だといえるでしょう。

とはいえ、セクシーさをアピールしすぎてしまうと、周囲からドン引きされる可能性もあるため、やりすぎは禁物。

年配の男性は喜ぶかもしれませんが、同性から反感を買うこともあるので、注意が必要です。

また、倖田來未さんは30代の人達には非常に人気があった歌手。

Butterfly以外にも、人気曲がたくさんありますし、誰もが知っている曲が多いため、カラオケの十八番として使うには非常に良いといえます。

テンポが良い曲から、バラードまで幅広くあるため、自分の声の特徴に合わせた曲をチョイスすることをオススメします。

2.SEASONS/浜崎あゆみ

王道のバラード曲といえは、浜崎あゆみさんの「SEASONS」。

特に30代、40代の人達が多い場であれば、浜崎あゆみさんの曲を知らない人はいないといっても過言ではないくらい、一世を風靡した人だといえるでしょう。

キーは高いですが、ゆったりとしたテンポですので歌いやすく、またしっとりと感動させることができる曲であるといえるでしょう。

過去の恋愛を思わず思い出してしまうような曲調で、みんなが「懐かしいな。」と感じてくれる1曲であるため、オススメだといえるでしょう。

また、浜崎あゆみさんの歌は切ないラブソングが多く、男性からの支持が高い曲が多いといえます。

特に、30代40代の人達にとっては、浜崎あゆみさんが人気絶頂期だった時代。

青春時代に、彼女とカラオケに行ったときに、彼女が良く歌っていた曲でもあると思います。

そのため、昔を思い出してしみじみできる曲であるといえるでしょう。

3.轍/コブクロ

コブクロといえば、老若男女好かれる曲を歌っています。

コブクロを嫌いという人はいないくらい人気があるグループだといえるでしょう。

そのなかでもカラオケ曲の十八番として歌いたいのが轍。

曲調がアップテンポで盛り上がりやすいですし、有名曲であるため、みんなで一緒に歌える歌だといえます。

サビをみんなで歌うと一体感が出て、盛り上がること間違えなしです。

轍はコブクロの歌の中でも人気がある曲の一つ。

幅広い人達に知られている曲であるといえます。

また、品がある曲でもあるため、上司がいる席や接待などの場で、カラオケを披露しなくてはいけないシチュエーションでも、非常に歌いやすい曲であるといえるのではないでしょうか。

4.カブトムシ/aiko

カラオケの定番といえば、aikoさんのカブトムシ。

誰もが知っている曲であり、男性受けも良く、比較的難易度が高くない曲であるため、歌に自信がない人でも上手に歌うことができる曲となります。

大好きな彼のことを思う恋愛の曲でもあるため、男性が聞くと「キュン」ときてしまう曲であるといえるでしょう。

また、aikoさんは、同性からも人気がある歌手であるため、カラオケの選曲としては最適であるといえるのではないでしょうか。

5.HOT LIMIT/T.M.Revolution

盛り上がる曲の夏の代表曲といえば、T.M.RevolutionのHOT LIMIT!振り付けと一緒に歌うことによって、場を盛り上げることができる曲であるといえるでしょう。

また、みんなで歌って踊ることができる曲なので、一気に雰囲気を明るくすることができる曲であるといえます。

本人映像のPVを映すと、ツッコミどころ満載の衣装と踊りを披露しています。

そのおかげで、曲を流しただけで盛り上がる要素が満載となっておりますので、カラオケの十八番としては最適な曲だといえるのではないでしょうか?
また、ドン・キホーテなどでこのPVの衣装が販売していたりします。

そういったノリの盛り上げが必要な時であれば、衣装を着て登場するのも盛り上がる秘訣かもしれません。

とはいえ、露出が激しい服装でもあるため、女性に引かれる可能性もあるので注意が必要です。

6.アゲハ蝶/ポルノグラフィティ

テンポが良い曲で、盛り上げることができるのが、ポルノグラフィティの「アゲハ蝶」。

手拍子などもしやすく、場を盛り上げることができる1曲だといえるでしょう。

頭に残るリズムで、思わず口ずさみたくなる曲です。

また、ポルノグラフィティの曲というのは、リズム感も取りやすく、みんなが知っている曲でもあるため、カラオケ曲の十八番としてオススメです。

アゲハ蝶以外であれば、ノリが良くて、夏っぽいイメージのサウダージなどもオススメ曲としてあげられるでしょう。

また、ポルノグラフィティは、歌い方が特徴的ともいえます。

歌唱力に自信があるのであれば、モノマネをすることで、更に場を盛り上げることができるので、練習することをオススメします。

7.K/BUMPOFCHICKEN

根強ファンが多いBUMPOFCHICKEN。

その中でもKという曲は、ファンの中で人気がある曲だといえます。

有名な天体観測と比べ、キーが低いため、低い音を出すのが得意な人にはオススメをしたい曲だといえます。

逆に、キーが高い人にとっては少し歌いづらい曲であるといえるでしょう。

8.青いベンチ/サスケ

誰しもが聞いたことがある曲といえば、サスケの青いベンチ。

サスケのことは知らなくてもこの曲は知っているという人が多いくらい、ヒットした曲であるといえます。

青いベンチは歌詞もリズムもよく、思わず口ずさんでしまうのが特徴である曲であるといえるでしょう。

テンポが良く、かといって激しくもない音調で、非常に歌いやすいため、カラオケ初心者の人にとってもオススメな歌であるといえます。

またこの曲は、誰からも好まれる曲調であるため、人を不快にさせることがありません。

カラオケで盛り上がるのが苦手な人でも、好む曲調であるため、誰かを置いてけぼりで盛り上がるということはないでしょう。

9.千の風になって/秋川雅史

誰もが知っている歌といえば、秋川雅史さんの千の風になってでしょう。

そのまま歌うのも良いですが、替え歌やモノマネをして、場を盛り上げることも多い曲です。

また、広い世代に知られている曲であるからこそ、場に馴染みやすい曲であるといえるでしょう。

この歌は、明るい曲調ではないですが、みんなが合唱できる曲。

そのため、カラオケの終盤にみんなで歌う曲として選択すると、盛り上げることができます。

酔っぱらっていても歌うことができる簡単な曲なので、オススメですよ。

10.天体観測/BUMPOFCHICKEN

カラオケで男性が歌えば、絶対に盛り上がる曲と言えば、BUMPOFCHICKENの天体観測だといえます。

当時はかなりのヒットソングでしたが、時代を超えても盛り上がる曲として、現在でも親しまれています。

天体観測は、音程はとりやすいのですが、音域の幅が広いです。

そのため、歌いこなすには難易度が高い歌だといえます。

とはいえ、上手に歌いこなすことができたら、「歌が上手い」と思ってもらえる曲ですし、女性を「キュン」とさせることができる曲だといえます。

そのため、カラオケで披露するときは、必ず歌いこんでいくことをオススメします。

11.Home/木山裕策

会社員で歌手の木山裕策さん。

最近では紅白の出場も果たしたくらい人気がある歌手です。

そのなかでも有名な曲がHome。

木山裕策さんを知らなくても、この曲は知っているという人が多いくらいヒットした曲であるといえます。

サビが高くて難しい曲ではありますが、みんなが聞いたことがある曲で、カラオケで歌うと盛り上がること間違えなしの曲であるといえるでしょう。

12.全力少年/スキマスイッチ

スキマスイッチといえば、ポップな歌から、しんみりくる歌まで、幅広く歌っています。

そのなかでも有名なのが全力性根。

スキマスイッチの代名詞ともいえる曲ではないでしょうか。

明るくてポップな歌なのですが、ぐっと音程が上がる曲であります。

ずっと高い音なのであれば、まだ音程が取りやすいのですが、急に一音だけ音程があがるので、なかなか歌いこなすには難しい曲。

音程を外しやすい曲であるともいえるでしょう。

とはいえ、歌いこなせばかなり盛り上がる曲なので、十八番としてはオススメです。

また、新入社員が歌いあげることによって、仕事を全力で頑張るということのアピールにも
繋がる曲であるといえます。

上司に対して、「頑張ります!」という宣言につかってもよい曲ではないでしょうか。

13.女々しくて/ゴールデンボンバー

場を盛り上げる曲として良いのが、ゴールデンボンバーの「女々しくて」。

誰しもが知っている歌であり、踊りも簡単なので、みんなで踊ることができます。

また曲調も難しくなく、リズムも取りやすいので、カラオケの定番曲といってもいいのではないでしょうか。

多少恩地であっても、元気よく歌い上げることによって、場を盛り上げることができる曲であるため、歌唱力が必要な曲ではないのも良い点だといえます。

「女々しくて」を十八番にするのであれば、振り付けもきちんと覚えておくことが大切。

振り付けを一緒にすることで、盛り上がりが増し、一体感が生まれるはずですよ♪みんなを巻き込んで、一緒に振り付けをして踊りまくることをオススメします。

14.HANABI/Mr.Children

Mr.ChildrenのHANABIは誰しもが好きな青春の曲。

幅広い世代人気があるMr.Childrenの曲は、カラオケの十八番としてはどれもオススメ曲ですが、そのなかでもHANABIは知っている人が多い曲であり、またサビの盛り上がりもみんなで歌うことができるため、オススメな曲であるといえるでしょう。

Mr.Childrenは、ファン層の幅が広いため、年代を超えてのコミュニケーションが可能です。

上司が、Mr.Childrenのファンであるなら、なおさらチョイスすべき曲であるといえます。

好きな歌手の歌を歌ってくれる部下に対しては、上司も愛着を感じるはずですよ。

15.栄光の架け橋/ゆず

ゆずの栄光の架け橋は、男女問わず人気がある曲。

爽やな曲調、そして2004年のアテネ五輪のテーマ曲でもあったため、その時の感動が蘇る曲であり、誰しもが知っている曲であるといえます。

注意点としては、栄光の架橋は、サビになるとキーが高くなります。

ここで音程を外してしまうと、せっかくの盛り上がりも台無し。

そのため、みんなの前で披露する前にしっかりと練習しておくことをオススメします。