人生にはいろいろな事が起こります。

いつどこで人生ががらりと変わるかどうか分かりません。

それはきっと結婚生活にも言える事なのでしょう。

結婚をする時は、きっと一生その人と一緒に居る・運命の人だと思い結婚を決意するのでしょう。

この人が人生の中で最高の相手だと思う事が出来るからこそ、結婚という大きな決断をする事が出来るのです。

ですが、その気持ちもいつか変わる事もあります。

あんなに好きだった相手の顔を見る事すら嫌になる事だってあるのです。

人生は一度きりです。

だからこそ、自分が嫌いだと思う相手と一緒に居る必要は無いのかもしれません。

最近では離婚に対するハードルもだいぶ低くなってきました。

別れたいと思うのであれば、別れてもいいと思います。

別れて新しい人と、新しい生活を過ごすのも良いでしょう。

ですが、そこで忘れてはいけない存在が居ます。

それは子供です。

自分の人生は自分のものなので、嫌いな人と一緒に居る必要はありません。

ですが、それと同じように子供にも子供の人生があるという事を忘れないでください。

どんな人であろうとも、自分の両親が離婚をするという事はとても大きな出来事のはずです。

ショックを受ける子供も少なくないでしょう。

ましてや、更にその先に再婚などの話が出れば更に心は穏やかではいられません。

子供にとって親の再婚は大きな出来事です。

だからこそ、少しでも負担を減らす事が出来るように考えて行動する事が大切です。

再婚で子供がいる場合考えるべきこととは

再婚は誰もが持つ権利です。

日本の法律では結婚の回数を決めている物はありません。

だからこそ、自分がしたいと思うのであれば何度離婚し、何度再婚しうとも自分の自由なのです。

けれど、そんな自由の中でも気にしなければ行けないポイントがあります。

それが子供の存在です。

子供が居ない人からすれば、再婚をする際にも自分の事だけ考えればいいのです。

例え全くお金が無く自分自身が養う事になったとしても、その状況に納得できるのであればそれでいいのです。

けれど、子供がいる場合にはそうはいきません。

そのこの人生も合わせて考えていかなければならないからです。

辛い離婚経験を経て人生のリスタート

しあわせてたまらない人は、離婚などしません。

どんな理由があろうとも、離婚をしている時点で何らかのマイナスなポイントがあるのでしょう。

そんな人と一緒に居る事は出来ないと考えたからこそ炉婚という選択をしたのでしょう。

離婚をしたのであれば、人生のやり直しとして新たな一歩を踏む出すべきです。

離婚をするだけで、既に再出発をしているような気持ちに包まれる事もあります。

けれど、大事な事はきちんと順序立てて考えるべきでしょう。

幸せになるため再婚の決断をしたあなた

不幸になる為に再婚しようとする人などできないでしょう。

だからこそ、みんな幸せになりたくて結婚するのです。

ですが結婚相手は一人しかいません。

子供たちはあくまでも付属となります。

その際、彼らのの事をどうしていくのかはしっかりと考えるべきなのです。

再婚を不幸になる為にする人などいないでそう。

誰もが幸せになる為に行ているはずです。

にも拘わらず、自分のことだけを考えていると、本当に大事な人の意見が見えなくくなってしまう事があるのです。

恋は盲目なんていう言い方をする事もありますが、子供の意見が見えなくなるほど盲目になってしまってはいけません。

全員で幸せになる事が出来る再婚を考えましょう。

子供がいるなら子供の幸せも考えよう

再婚をする際、考えるポイントは沢山あります。

ですが、一番大事にしなければならないのは子供の幸せです。

再婚をする事に対して否定的な意見を言うつもりはありません。

人生を決めるのは自分自身です。

だからこそ、自分が好きな相手ができたのであれば積極的に再婚する事もまたく問題はないでしょう。

けれど、その際必ず子供の事は考えてあげてください。

子供の事を全く考えずにする再婚は、必ず後から大きな問題を引き起こす事となるでしょう。

再婚で子供を苦しめないために知っておくべき2個のこと

再婚は誰にとっても大きな出来事のはずです。

特に子供にとっては大きな問題なのかもしれません。

親としては、子供の将来の事も考えての決断なのかもしれません。

ですが、その気持ちが伝わらない場合には子供をただただ苦しめてしまう可能性もあります。

子供はまだまだ未熟です。

だからこそ、自分の意思ではどうする事も出来ない事も沢山あります。

本当であれば、家族一緒に暮らしたいと思っている場合でも、親の都合によって兄弟t離れたり新しい家族と一緒に住まなければならない場合もあるのです。

それは大人が思っている以上にストレスのたまる行為です。

子供の事を思うのであれば、再婚をする前に子供の気持ちをに対してどうよりそうべきかを考えてみてください。

人によって、子供は親に合わせれば良いと思う人も居るかもしれません。

ですが、そんな傲慢な考えでは、いつか子供の心は離れていってしまいます。

そうならないようにする為にも、自分の考え方を改めてみてはいかがでしょうか。

子供の心はとても繊細で傷つきやすい


子供の心は大人が思っている以上に繊細です。

『これくらい大丈夫だろう』と思っているような事に対しても傷ついたり悩んだりしてしまっているのです。

だからこそ、その心に寄り添う事が重要です。

自分の気持ちを優先するのではなく、あくまでも子供の気持ちを考えて行動するのです。

うちの子は強いから大丈夫は大間違い

人によっては『うちの子は強いから大丈夫』と思っている人も居るかもしれません。

ですが、それは大きな間違いです。

強いと思っているのは、親の勘違いで実際には無理をしているなんて事もあるかもしれません。

子供は親に笑顔でいて欲しいと思っています。

大人が思う以上に無償の愛を与えてくれているのです。

だからこそ、子供の事を考える際無理をしている可能性を忘れずにいてください。

強いと思っている子でも、実際には親を困らせたく無いからこそ、我慢をしているだけだという可能性もあるのです。

ある程度大きくなれば、親の気持ちを考えて行動する事が出来るようになります。

自分のせいで親が再婚を悩んでいると気が付けば、それを我慢して見せようとするものなのです。

その気持ちに気が付かないでいるとずっと我慢をさせる事となります。

それは決していい事だとはいけないでしょう。

精神的にも不安定になりやすくなる

我慢はそう長くは続きません。

いつか爆発する時がやってくるかもしれません。

一度爆発した心はそう簡単に元に戻る事は出来ません。

しっかりとした心のケアが必要になってしまう場合もあるでしょう。

親が自分の事を考えてくれなかったと思えば、そこの信頼関係もまた同じように崩れてしまう可能性もあるのです。

だからこそ、そうならないようにする為にも自分の気持ちだけでは無く子供の気持ち路考える事が重要です。

家庭環境は人格形成に大きく影響する

家庭環境は小さな子供たちにとって世界の全てです。

だからこそ、その環境が良くないと生活そのものに大きなストレスを与える事になります。

もっと言えば人格形成に大きな影響を与える事になってしまうのです。

両親が喧嘩ばかりの家庭が良いとは言えません。

常に怒鳴り声が聞こえているような状況では子供も委縮してしまうでしょう。

だからこそ、そんな状態の際には離婚をする事も悪い事ではありません。

ですが、どんな親だったとしても子供にとってはたった一人の親なのです。

だからこそいきなり違う相手が来て、今日から新しい家族だよと言われても受け入れる事が出来ない場合も多々あるでしょう。

子供が安心して生活する事が出来るようにする為にも、きちんと意見を聞きどう思っているのかを知る事はとても大切な事です。

それをするとしないとでは大きな差が出てくる事でしょう。

再婚相手の子供に対する行動をよく見る

再婚の場合、もしかしたら相手に子供がいる場合もあるでしょう。

そんな時は出来るだけこちらから歩み寄ってあげてください。

既にある程度大きいこの場合には、そう簡単に心を開いてくれる事は無いかもしれません。

もしかしたら、拒絶されてしまう事もあるでしょう。

ですが、それでもこちらが行動する事が大切です。

相手の行動をよく見る事によって、何を考えどうしたいのかが分かってくる場合もあります。

だからこそ、相手の気持ちを知ると言う意味でも行動を観察する事はとても意味のある事なのでしょう。

再婚で子供を苦しめないためにやるべきこと

再婚をするのは親自身の問題です。

だからこそ、つい浮かれて子供の事を考えずに行動してしまう場合もあります。

親も一人の人間です。

新しい人生を歩む事は悪い事ではありません。

ですが、そのせいで子供が苦しんでしまう事は大きな問題でしょう。

そうならないようにする為にも考えて行動しなければなりません。

子供との密なコミュニケーション


まず大切な事は子供が何を考え、どうしたいと思っているかを知るという事です。

人はつい自分の都合の良いように話をすり替えてしまうものです。

特に自分の意見をしっかりという事が出来ない子供だからこそ、大人が自分の都合の良いように話を進めてしまう事も出来てしまいます。

それでは子供に大きなストレスがかかります。

そうならないようにする為には、改めて自分の行動を見つめなおし、しっかりと子供と向き合う事が大切です。

一緒にご飯を食べたり、休日一緒にでかけたり。

当たり前の行動の中に、子供の本当の心が隠されているのです。

だからこそ、その気持ちにゆっくり寄り添う事が重要です。

目を見てしっかりと話をする事によって、隠された心理に気が付く事が出来るようになるでしょう。

決して無理をさせない

無理は必ず後から大きな問題となって表れてくるでしょう。

だからこそ、無理をさせてはいけません。

親の心理としては、新しい家族に早く慣れて欲しい・懐いて欲しという気持ちがあるかもしれません。

ですが、それはあくまでも親の都合です。

子供には関係の無い事です。

新しい親に慣れるのは、そう簡単な事では無いはずです。

大きくなればなるほど、それは難しくなっていきます。

だからこそ、そこを焦らせてはいけないのです。

自分の気持ちにあった行動を取らせてあげてください。

呼び方や接し方も同じ事です。

すぐに『親』として認める事が出来ない場合もあるかもしれません。

前の両親を忘れる事が出来ないなんて事だって十分に考えられるでしょう。

そんな時に、その行動を否定するような事をしてしまえば相手は必ず反発心を持ってしまいます。

それが大きくなればなるほど、結果的に相手とうまくやっていく事が出来ないという状況になってしまうのかもしれません。

最初に無理をせず、ゆっくりと慣れていく事が結果的に良い効果を与えてくれるのかもしれません。

最初に時間をかけて関係をゆっくり作っていく事が出来れば、自然と新しい家族の形が見えてくるものなのです。

再婚は子供の気持ちをしっかり考えて行動しよう

いかがだったでしょうか。

再婚の際に気を付けるべきポイントを理解して貰う事は出来たでしょうか。

離婚した女性が再婚する事は悪い事ではありません。

むしろ、そうすることによって前向きな人生を過ごす事が出来るのであれば、それはとても良い事だと言えるでしょう。

ですが、自分の事を考えると同じように子供の事も考えてあげてください。

子供の人生は、まだまだ親によって左右されてしまいます。

だからこそ、再婚する事によってマイナスな方向に動いて行ってしまう場合もあるのです。

そうなってしまってはその後の人生を立て直す事が難しくなる場合もあります。

再婚する際は、自分の気持ちを考えると同じように子供の人生についてもしっかりと考えてあげてください。

そうする事が出来ないのであれば、再婚する事自体考え直さなければならないのではないでしょうか。

最近では、自分の事ばかり考えて子供の事を考えていない人も沢山います。

けれどそれは無責任というもの。

自分の子供の人生を狂わせることの無いように、しっかりと考えて行動していきましょう。