結婚式二次会をするか、しないでおくかは迷うポイントです。

結婚式の準備そのものが大変なので、二次会までするとなるともっと大変になりそうです。

しかし、その反面二次会を開くことで、結婚式に呼べなかった友人ゲストを招待することができます。

前準備は大変そうですが、二次会を開くことで残せる思い出はたくさんありそうです。

今回は結婚式二次会をするかどうか、そして二次会のメリットとデメリットを紹介します。

結婚式二次会って何をするの?

結婚式2次回は新郎新婦の友人ゲストが中心となり、食事、ゲーム、余興などを楽しみます。

食事は結婚式よりもラフなスタイルとなり、立食形式だったり、テーブルでコース料理を楽しむ形式だったり色々です。

結婚式は新郎新婦の職場関係や親族もゲストとして出席しますので、どことなく緊張感のあるフォーマルな場となります。

その反面、結婚式二次会は新郎新婦、ゲストともにラフな気持ちでお祝いすることができます。

新郎新婦は二次会の場所決め、食事決め、ゲームや余興の準備、友人への受付や余興の依頼などを中心に準備します。

中には友人に二次会の幹事をお願いし、友人がメインとなって準備するパターンもあります。

たくさんの友人と楽しい時間を過ごせる反面、その準備にはわりと時間がかかりそうです。

披露宴後に行うパーティー


結婚式二次会は披露宴後に行うパーティです。

披露宴を行った会場で二次会まで行うこともあれば、披露宴と二次会の会場を分けることもあります。

移動の負担を考えると、同じ場所の方が便利です。

披露宴よりもラフなスタイルが多く、コース料理よりもブッフェスタイル、テーブルごとの大皿料理などが多いです。

参加するゲストは新郎新婦の友人メイン、参加費は5,000~10,000円前後です。

別でご祝儀や結婚祝いはするかもしれませんが、披露宴のように相場の30,000円を包むことはあまりありません。

披露宴に呼べなかったゲストを呼べる、新郎新婦の友人を紹介できるといった意味では結婚式の二次会はあったほうがいいと思います。

結婚式よりフランクな雰囲気

結婚式二次会は結婚式よりフランクな雰囲気で行われます。

結婚式披露宴に呼ばれるゲストは新郎新婦の友人、そして親族、職場の上司や先輩、同僚も含まれます。

目上の人が多いため、カッチリとした雰囲気になります。

結婚式二次会に呼ばれるゲストは新郎新婦の友人がほとんどです。

結婚式のような落ち着いた雰囲気とはガラリと変わり、にぎやかにお祝いをします。

呼ばれるゲストに目上の人たちがいないというのはとても大きく、新郎新婦と一緒になって普段と同じ感覚で楽しみます。

ゲームや余興としてはビンゴゲーム、ゲストの余興などが多いです。

ゲストの余興は結婚式披露宴よりもラフなスタイルで行われることが多く、少しお笑いの要素を入れることもあります。

ビンゴゲームの景品も面白く、遊園地のチケットや最新の家電製品といった豪華なものから、日用品まで幅広いです。

新郎新婦は用意することが多くて大変ですが、なかなか会えない友人とも話せるといった意味ではやっていいのかなと思います。

楽しくお祝いをする賑やかさ

結婚式二次会は楽しくお祝いをする賑やかさがあります。

結婚式披露宴は古くから大切にされているマナーを守り、落ち着いて新郎新婦をお祝いします。

同じく新郎新婦もゲストに配慮し、招待状からお見送りまで色々な配慮をします。

結婚式二次会は最低限のマナーを守ることが大切ですが、それよりもその場を盛り上げて楽しくお祝いをすることに意味があります。

新郎新婦、新郎新婦の友人の中には学校を卒業後、就職や結婚をきっかけになかなか会えなくなった人同士もいます。

結婚式二次会をきっかけに再会し、同窓会のような感覚で楽しむ人もいます。

結婚式二次会をきっかけに、また遊ぶようになるゲスト同士がいれば、その場の出会いをきっかけにお付き合いをスタートするカップルもいます。

新郎新婦を楽しくお祝いをする賑やかさの中には、色々な出会いを楽しむゲストの様子も垣間見ることができます。

新郎新婦のスピーチ

結婚式二次会では、新郎新婦のスピーチを行うことがあります。

いちばん多いのは、来てくれたゲストに始まりの挨拶、もしくはシメの挨拶としてお礼を伝えることが多いです。

結婚式二次会に幹事をお願いしたゲストがいれば、その人へのお礼のコメントも添えられます。

結婚式披露宴ほど堅苦しいものではなく、普段通りのラフなものであることが多いです。

日常の延長のような感じなので、ゲストも見ていて安心感があります。

新郎は結婚式披露宴で謝辞を行います。

新婦は花嫁の手紙を読む人もいれば、演出上なしにする人もいます。

結婚式二次会では、貴重な花嫁からのコメントを聞ける可能性があります。

そして、花嫁もゲストへのお礼を言える機会を作ることができます。

友人へのお礼を伝えるといった意味でも、結婚式二次会はやる意味があると思います。

ビンゴなどのゲーム


結婚式二次会では、ビンゴなどのゲームも盛り上がります。

ビンゴゲームでは、新郎新婦がゲストと一体となって盛り上がれます。

豪華賞品は誰の手に渡るのか、皆ドキドキワクワクしながら見守ります。

ビンゴゲームの景品としては、東京ディズニーシー&ランドのチケット、USJのチケット、宿泊券など豪華なものから、新郎新婦の趣味の品など幅広いです。

ビンゴゲームの景品が誰に当たるのか、また、その内容がどういったものかも面白いので全体が一緒になって盛り上がることができます。

他にも新郎新婦へのお祝いコメントをくじ引きで当たった人が行ったり、新郎新婦への寄せ書きをその場で作ったり、色々なゲームが行われます。

時々悪ふざけしすぎて暴走する新郎の友人がいますが、誰かがセーブしつつ楽しく盛り上がることができれば一番ではないかと思います。

友人たちによる余興

結婚式二次会では、友人たちによる余興も行われます。

結婚式披露宴で行われる余興はゲストのことも考慮し、内容もその場にふさわしいものをセレクトします。

結婚式二次会のゲストは友人のみですので、少しハッチャけた余興が飛び出すこともあって楽しまれます。

新郎新婦が友人たちによる余興にゲストとして呼ばれたり、ドッキリ作戦で新郎や新婦にプレゼント的な余興をしたりといった楽しみ方もあります。

結婚式二次会で友人に余興をお願いするしないも自由ですが、その場の雰囲気はとても盛り上がります。

お願いできる友人がいれば、あったほうがいいと思います。

結婚式二次会って必ず行うの?

結婚式二次会って必ず行わないといけないのかな?と思われるかもしれませんが、それは新郎新婦が自由に決めていいです。

結婚式披露宴の準備だけでもとても大変ですので、結婚式二次会がそこにプラスされるとさらに忙しくなります。

二人の新生活の準備もあります。

結婚式披露宴のみでも新郎新婦の呼びたいゲストをほとんど招待できるのであれば、そこまで頑張らなくてもいいかもしれません。

新郎新婦で価値観が違うかもしれませんので、二人でじっくり話し合ってどうするかを決めるのがベストです。

新郎と新婦で意見が分かれた場合は、後日二次会に呼びたかった友人を自宅にお招きしたり、別で食事会を開いたり、色々とやり方はあります。

やってもやらなくてもOK

結婚式二次会はやってもやらなくても大丈夫です。

結婚式披露宴は親族に結婚の報告をする、両親にお礼の言葉を伝えるといった意味でやったほうがいいかもしれません。

結婚式二次会は結婚式披露宴に呼びきれなかった友人ゲストを招く場ですので、やってもやらなくても自由です。

結婚式二次会をやることにこだわなくても、後日友人と会える機会はたくさんあります。

新郎新婦どちらも納得している結論なら、それが一番ではないかと思います。

結婚式二次会を行う意味

結婚式二次会を行う意味は色々あります。

一番は結婚式披露宴に呼べなかった友人ゲストを呼べることにあります。

結婚式披露宴は新郎新婦の親族、職場上司などもゲストとして招待されます。

会場の席次の都合上、どうしても呼びたくても呼べないゲストも出てきます。

自分が結婚することを電話やラインで伝える以外に、きちんと形として伝えたいと特に女性の人は思うかもしれません。

そんなとき、結婚式二次会を開く意味は大きいです。

さらに、今までなかなか会う機会がなかった友人同士の再会や新しい出会いが広がる場でもあります。

結婚式二次会では親しい友人と気兼ねなく話すことができますし、気になる人がいれば新郎新婦を通じて紹介して貰うこともできるかもしれません。

時間的にも体力的にも余裕があるなら、結婚式二次会は行ってもいいと思います。

形以上の思い出がたくさん残ります。

結婚式二次会はどうする?7個のメリット・デメリット

結婚式二次会はどうするのか?

新郎新婦で考えが違うことも多く、なかなか決まらないこともあります。

結婚式二次会に呼べるゲストの人数、二次会の場所や時間帯、準備を行うのは新郎新婦なのかなど色々あります。

それが理由で喧嘩になることもあるかもしれません。

迷った時は、結婚式二次会のメリットとデメリットを知ることから始めてみてください。

デメリットも知った上で準備が出来ると、喧嘩の回数も減ると思います。

結婚式二次会をするメリット

結婚式二次会をするメリットは色々あります。

何よりも良いことは、お金では買うことのできないかけがえのない思い出を作ることができることです。

自分たちの友人からお祝いしてもらい、思い切り盛り上がることができます。

さらに周りの人にお礼を言える機会でもあり、結婚の報告をできる機会でもあります。

結婚の報告はラインや電話でもできますが、なんとなく味気なく感じる人もいます。

結婚式二次会の場を開くことで、そういったことは予防できます。

結婚式披露宴、新婚旅行、お互いの両親とのやり取り、2人の新生活の準備などやることは山のようにあります。

それでも結婚式二次会を開くことで残る思い出は大きいです。

花嫁に負担がいかないよう、2人で協力して準備をすることが大切です。

仲間との一生ものの思い出がつくれる

結婚式二次会は仲間との一生ものの思い出がつくれます。

独身時代はよく遊んでいた友人も卒業、就職、結婚をきっかけに住まいや生活環境が変わるとしょっちゅうは会えなくなります。

結婚式二次会はなかなか会えなくなった友人と再会できる場であり、他の人も友人と再会できる場でもあります。

そして、結婚式二次会でない限り大人数で集まる機会も少ないので、本当に大切な時間です。

まず、大勢のメンバーで集まるとなると日程調節に時間が必要です。

出てこれる人もいれば、出てこれない人もいます。

結婚式二次会はスケジュール調節をして出てくるので、大勢のメンバーがいっきに集まります。

結婚式二次会のゲームや余興を通じて、一生ものの思い出がつくれます。

後日、二次会の写真や受付ボードを新居に飾る夫婦も多いです。

目に見えるものとしてもたくさんの思い出が残ります。

披露宴に呼べない人たちを招待できる

結婚式二次会では、披露宴に呼べない人たちを招待できます。

披露宴に呼ぶゲストは親族、職場関係、そして友人です。

披露宴会場のスペースや新郎新婦のゲストの人数の都合上、披露宴に呼べない友人も出てきます。

結婚式二次会を開くことで、披露宴の幸せな雰囲気のまま友人たちからもお祝いしてもらうことができます。

結婚式二次会に呼ぶゲスト、既婚で小さい子供のいる女性なら少し時間帯に配慮してあげたほうがいいかもしれません。

遅い時間帯になると参加できないゲストもいます。

披露宴二次会の時間や場所、できるだけ多くのゲストに参加してもらい、全員が楽しく過ごせるように色々と配慮したいですね。

新郎新婦の友人同士を紹介できる

結婚式二次会を開くことで、新郎新婦の友人同士を紹介することができます。

新郎新婦の友人の話をお互いに聞く機会はあっても、直接会うことはなかなかありません。

結婚式二次会には新郎新婦の友人がたくさんきていますので、紹介したい友人同士を一緒にすることができます。

新郎新婦の友人同士から新しい恋愛がスタートするかもしれませんし、新郎新婦の友人同士からできた繋がりから新しい恋愛がスタートするかもしれません。

普段なかなか会えない人に出会える結婚式二次会、色々な要素が詰まっています。

新郎新婦ともに紹介したい友人がいるなら、前もって打ち合わせしておくとスムーズかもしれません。

そして、友人にも声を掛けておくとなお良いです。