学生のうちであれば勉強というものがあると思います。

部活などもあって忙しい中、勉強もしないといけないとなると厳しいと思う人もいるでしょう。

その時にいざ勉強をしても中々集中できないなんていうことはありませんか?それには必ず原因となるものがあるのです。

現に勉強をしていたり、大学受験などに向けて勉強をしているという高校生、テストが近い学生さんも多いのではないでしょうか?

今回はそんな人のために勉強に集中するためにやるべき19個のことについてお教えしたいと思います!

例えば皆さんは勉強をする際にはどの様な環境でしていますか?図書館で勉強をした方が集中できるという人や、軽く運動をしたりするという人も中にはいるでしょう。

人それぞれに個人差がありますが、自分にあった環境を見つけるというのは中々難しいものですよね。

ですがきっと自分に合う環境というものが必ずあるので、それをまずは見つけることから始めてみるのも大事になるでしょう。

いつまでも集中があまりできない、直ぐに飽きてしまうなんていう人も、是非実践をしてみてはいかがでしょうか?

勉強に集中できる時間が増えれば増えるほどより知識を蓄えることができて、いずれ難関大学などに合格をすることもできるかもしれません!ではどの様なものがあるのか具体的に見てみたいと思います。

皆さんはどの様にして勉強を進めていますか?

勉強に集中して難関大学に合格しよう!

今高校生の人達はいずれ就職をするのか大学に行くのか専門学校に行くのか進路というものを決めなくてはいけません。

その際には勉強をして難関大学に合格をしたいという生徒さんも多いのではないでしょうか?勉強に集中をして難関大学に合格をするようになればとても嬉しいことはありませんよね。

大学ではセンター試験などのマーク式もありますが、他にも筆記などの試験などもあるかと思います。

また面接などをするところもあるでしょう。

勉強に集中して難関大学に行くというのは全てのものが経験として積み上げられていくのでとても大事です。

今でも大学受験に向けて勉強をしているという人、大学受験に向けて勉強をしているけど続かない!という人は是非これからのことを見て、難関大学に合格をするようにしましょう!勉強をすればするほど力というものがついてきます。

その為にもまずはkん今日を整えることから始めてみてはどうでしょう?集中しすぎるのも大変なので適度な休憩を取りながらするのが一番のベストですよ。

勉強に集中できない原因はこれ

では勉強に集中できないということはそれなりの原因というものがあるのではないかと思います。

どの様なものがあると思いますか?例えば勉強をする際には静かな環境が良いのは確かですよね。

ですが周りの声とかが気になってしまいできないということもあるのではないでしょうか?他にもLineやメール、SNSなどを使ってしまったりしてあまり集中できていないという事もあるのではないでしょうか?つい友達と喋ったりやりとりをしたりしてしまいますよね。

でもそうなってしまうといつまでたっても勉強に集中をするということができなくなってしまいます。

では様々な原因があると思いますが皆さんはどの様なことで集中ができていないでしょうか?詳しく見てみたいと思います。

心当たりがあるという項目があればそれを改善するようにしましょう!

友達と一緒にやる


友達と一緒に勉強をするというのもありますよね。

図書館でする時や、友達の家、自分の家で勉強会をするというのがあると思います。

ですがこれも実は集中してできるというものではありません。

基本的に友達とやるということはそれほど気になるものが多いということになります。

例えばつい喋ってしまうと別の話になってしまいずっとその話をしてしまった、遊んでしまったなんていうこともあるのではないでしょうか?折角の勉強会で集まっていても周りに漫画本やゲーム機などがあれば休憩にしようと言って止められなくなんていうこともあるのではないでしょうか?

友達と一緒にやるというのは解らないことを聞くことができるので効果的にも見えるのですが、デメリットとなるものはこの様なことがあるのです。

でも友達と一緒に勉強をするというのはとても楽しいですよね。

集中してできるかどうかは本人たち次第になってしまいますが、集中できないという原因の1つにもなってしまうのです。

周りの声

周りの声というのもあるでしょうこれはいわゆる騒音にも近いような形です。

例えばテスト中などは皆静かにしていますよね。

あの環境で勉強をしたいのか、それとも授業の時のように静まり返るのではなく、少しざわついている環境で勉強をしたいのかということにもよると思います。

周りの声が耳に入ってしまうとそちらに集中してしまうのが人というものです。

例えば目の前で集中して物事をしていても、その周りで誰か喋っているのであればそちらに耳がいってしまい、よくその事を覚えているなんていうことはありませんか?こういう時に限って記憶が良いなんていうこともあるのではないでしょうか?

周りの声を気にしてしまうとずっとそちらの方を聞いてしまいがちになりますよね。

兄弟がいるという人はよくあるのではないでしょうか?集中しているのに隣の部屋で笑い声や話し声が聞こえるとよくそちらの声が聞こえるということもあるのでは?

視界に入るもの

視界に入るものに目移りをしてしまい集中できないということもあります。

勉強をするにはある程度周りの環境も整えなくてはいけません。

例えば勉強をする横にゲーム機があるとそちらに目移りしてしまいますよね。

漫画本などもあるとつい読みたくなってしまうなんていうこともあるのではないでしょうか?勉強をする時に大事なのはその事について今から学ぶということなので、他のものをあまり見ないようにすることが大事です。

基本的に勉強中は片付ける、机の上には教材だけという風にするとより集中できるのではないかと思います。

よく勉強が上手くいかないから周りを掃除するというようなものもありますよね?あれは実は効果があって、環境を整えて集中してできるということがあるので、是非試してみてください。

LINEやメール、SNS

最近の学生のほとんどが持っているのがスマートフォンですが、その中でもSNSやメール、Lineなどをよくしているという人がほとんどなのではないかと思います。

例えば授業終わりや友達と別れた後にもLineで会話をする、Lineの場合はWifiに繋げていれば無料で通話などをすることもできるので、それを利用して長電話をするなど様々あると思います。

勉強をいざしようとしてもついTwitterなどのSNSを見たり、Facebookで更新をしたりするなんていう人もいるのではないでしょうか?勉強に集中するためにはその様な情報も一切見ないようにすることが大事です。

いつも毎日見てしまう人にはついスマートフォンが近くにあると手にとって見てしまうのではないでしょうか?勉強をする時はスマートフォンを近くに置かないということをすると改善されるかもしれませんね。

勉強に集中できない原因の代表的な1つにもなっています。

LineやSNSなどは便利であるからこそ、そこから抜け出せないという傾向もあるので、他の事の妨げにもなってしまうでしょう。

なので例えば勉強をする際には「何時間したら見ても良い」というような事を決めて実行をする人が多いはずです。

それほど今の環境というのは勉強にあまり適していないものがあるということでもあります。

食べ物


食べ物も実は勉強に集中できない原因の1つです。

例えば食事を抜いていたり、偏った栄養などを取っていると脳が働かなくなり、直ぐに切り替えたりすることができなくなるのです。

食べ物を食べるというのは脳を活性化させることで機能します。

なので朝、昼、夕とご飯を3食食べることが大事になるのです。

ですがそれだけではありません。

食べながら勉強をするという人もいますよね。

お菓子を食べながら、デザートを食べながら勉強をするというのは食べるのと勉強をするという2つのことを同時に行っています。

ですがその時に頭に入ることは食べ物のことしかないのです。

なので食べ終わってしまう頃には、もう勉強はいいかなという気分にもなってしまいます。

勉強をする時にはお腹いっぱいに満たすのではなく、腹八分目にすることが大事なのです。

お腹いっぱいになると今度は眠くなってしまいますよね。

この様なことが原因で集中できないという人も中にはいるのではないでしょうか?

リラックスできる環境を作りすぎ

リラックスできる環境を作りすぎているというのもあるのではないでしょうか?例えば机の上は綺麗にした、だけど直ぐに眠たくなる環境というのがありますよね。

日が当たったりしてとても気持ちの良い天気の時は眠くなったりするでしょう。

自分の部屋はベットがあるから直ぐにいつでも寝れる環境にあるというのもあるのではないでしょうか?休憩と思って少し横になったら寝てしまったなんていうこともあると思います。

リラックスできる環境というのはとても大事なのですが、その環境を作りすぎてしまうと勉強が進まない!なんていうこともあるので覚えておくようにしましょう。

聴いてる音楽

聴いてる音楽で集中できないというのもあります。

これには個人差があると思いますが音楽を聴いて勉強に集中できる人とできない人がいると思います。

基本的に聴いて集中できないという人はその音楽の方に集中して聴いてしまう傾向があるからです。

特にどのジャンルのものを聴いているのかで集中できなくなったりします。

例えばJ-POPの様な普通の曲を聴いているのか、歌などが入っていない曲を聴いているのか、洋楽を聴いているのか、様々な曲にはジャンルというものがあり、聴いてる音楽によっては集中の妨げになってしまうようなものもあります。

音楽を常に聴かないとできないという人もいるでしょう。

ですがその人にとってはそれで集中ができるということなのでメリットに感じますが、そうでない人達にとってはデメリットに感じることもあるのではないかと思います。

休憩のとり方

休憩のとり方はどの様にしていますか?例えば疲れたら休憩をするのか、時間を決めてから休憩をするのか、様々な休憩の仕方というのがあると思います。

寝て起きてまた勉強をして仮眠をしてまた勉強というような事になっていませんか?休憩のとり方も勉強を集中を妨げてしまうことがあります。

先ほど言った友達と一緒にする際の休憩中にゲームや話をしてしまうというのにも近いですが、休憩中にSNSを見たり、ゲームをしたりすると止まらなくなりますよね。

寝るというのもありますが、寝てしまうと一気に時間が経ってしまったなんていうこともあるのではないでしょうか?休憩のとり方でも勉強の集中に妨げが出てしまいます。

注意をするようにしましょう。

勉強に集中するためにやるべき19個の事

では勉強に集中するためにやるべき事は何でしょうか?例えば目標を決めるというのはそうですが、集中できる音楽というのもあります。

他にも静かなところでも適度な雑音の中でやるというのもあるでしょう。

人により集中できる事は違ってきますが、今回はその例となる19個についてお教えしたいと思います。

特に最近の学生で多いのがSNSで時間を取られることなのでスマホの電源を切るということも1つの方法になるのではないかと思います。

とにかく勉強に集中するためには様々な一工夫を加えるだけで集中をすることができるのです。

あまり長続きしないという人は、この19個のことについて試してみてはいかがでしょうか?あまり効果が現れなくてももしかすると自分にあった集中方法が途中で見つかるかもしれませんよ?勉強に集中できる環境というものをまずは見つけてみてください!では詳しく見てみたいと思います。

目標を決める

まずは目標を決めるようにしましょう。

目標を決めるというのはまず「難関大学に合格する!」というような大きな目標をまず1つ立てます。

こうする事で自分はどうしたいというのを決めて行動を起こすようになるのです。

そしてその次には小さな目標をいくつか順序だてるというのがコツになります。

目標というのは1つですが、それまでの道のりの目標を作ることが大事になります。

例えば先ほどの難関大学に合格するという目標にいくまでにまずは「苦手な英語のリスニングに力をつける」というような具体的な小さな内容をいくつも書き出すのです。

そしてその小さな目標を次々と達成すると自分も成長できるという実感がついてより一層集中して勉強に取り組むことができるようになります。

この様にして目標というのは1つで決めるのではなく、小さなこともコツコツと入れることでより集中力を高めてくれるようになるでしょう。

勉強以外でも通用するやり方だと思うので是非実践をしてみてはいかがでしょうか?