最近は農業女子と呼ばれる人たちがいます。

この方々は、農家が少なくなってきていると言われている昨今の中で、農業を職業にしようとしている人たちの事を指します。

農業はそう簡単な仕事ではありません。

生計を立てる事が出来るようになる為には、時間が必要となる場合も多く、並大抵の苦労では乗り越える事が出来ないのです。

ですが、そんな状況であったとしても農業女子の場合には、めげずに明るく楽しく取り組む事が出来る傾向があるのです。

どうしても、農業には男性のイメージが強く持たれがちです。

ですが、実際には女性の細やかな気づきが農業にとってとても役立つ場合もあるのです。

農家に興味のある方は『女だし』という理由で諦めるのではなく、自分にでも出来る方法を探すように努力してみてはいかがでしょうか。

それをする事が出来るかどうかによって、自分のあたらしい扉を開く事が出来るかどうかが変わってくると思います。

農業を志す若い女子が増えてきた!

『農業女子』と言う言葉を聞いたことはあるでしょうか。

この言葉は書いて字のごとく、農業をする若い女性の事を指しています。

昔は、若い女性であろうとも農業をする事は当たり前の事だとされてきました。

しかしながら、最近では農業をする人自体が減ってきています。

その中で、力や体力を必要とする農業は、どうしても嫌煙されがちです。

もっと楽して稼ぎたい・体を使いたくない。

そんな思いがある人が多いからこそ、人気はへってきてしまっているのかもしれません。

ですが、そはあくまでも男性の話です。

女性の場合には、わずかではあるもののその数字がアップされてきていると言われています。

今の時代、男性よりも女性の方が強くなる傾向にあります。

だからこそ、体を使う大変な仕事である農家でさえ女性の方がなり手が多いのでしょう。

社会で自分自身の地位を女性が作る事が出来るようになったのは最近の事です。

だからこそ、自分のなかにある無限の可能性を確認してみたいのかもしれません。

そうした心理があるからこそ、結果的に辛そうに見える農業に対しても挑戦したいと思う事が出たのかもしれません。

農業を目指す人は年々減りつつあります。

しかし、女性の中にはそんな農業に対して興味を持ち自分の一生の仕事として考えている人も少なくないのです。

今はまだ物珍しい存在だからこそ、あえて『農業女子』などという言い方をされる場合も多々あります。

しかし、時が過ぎる事によってそれが当たり前になる時代も来るかもしれません。

今の日本は、各国に食料を分けて貰っているのが現状です。

けれど、本当であれば自分の国の食料は自分で賄う事が当たり前なのでしょう。

だからこそ、いつの日か農業女子のパワーによってそんな日が来ると良いなと感じている人も多く居る事でしょう。

後継者不足が叫ばれている農業の世界


今の時代、農家を続けていく事はとても大変です。

農業は365日殆ど休みが無くどんな天気の日でも作業をしなくてはなりません。

にも拘わらず、それに見合うほどの多額の賃金を得る事が出来る人ばかりではありません。

会社務めの人と比べると、時給に換算してしまうととても少ないと感じる事だってあるでしょう。

体力的にも精神的にも辛い部分が多々あるからこそ、段々と後を継ぎたいと思う人が少なくなっているという現実があります。

それこそが後継者不足なのです。

後継者不足とは、その名の通り後を継ぎたいと思う人が少なくなっているという事です。

昔であれば、長男が家業を継ぐことは当たり前の事として考えられてきました。

ですが、最近ではそうとは言い切れない場合も多々あります。

例え子供がいたとしても、農業をやりたくないと言われてしまえば、結果的に誰も継がずに農業を廃業してしまう事もあるのです。

親としても、子供に苦労をかけたくないという気持ちもあるのでしょう。

いくら自分が大大受けついてきた仕事とはいえ、将来の生活のめどが立たないような事があればその苦労を子供に背負わせたくないと思う気持ちも十分に分かります。

国としては農家を続けて欲しいという気持ちもあるでしょうが、親が大事なものは子供です。

だからこそ、子供の幸せの為なのであれば農家を廃業する事も何らおかしな事ではありません。

ハードな仕事というイメージが強い

農家と聞くと、多くの人がハードなイメージを持つ事でしょう。

何をするにしても、農業は体を使います。

だからこそ、体力勝負になってしまうのです。

力が無い人や、体が弱い人などは農業にはあまり向いていないという事がいえるでしょう。

また、農業にはやすみが少ない事でも有名です。

通常の会社であれば、週に2回程度休みがあるはずです。

少なくても1回はあるのではないでしょうか。

しかし、農家の場合には基本的に365日休みはありません。

生き物を相手にしているからこそ、毎日常にケアしなければならないのです。

その為、きちんとした労働環境で働きたいと願ってる人にとってはあまりいい職場とは言えないのではないでしょうか。

農業はハードです。

けれど、ハードだからこそ、多くの人を引き付ける事の出来る素晴らしい野菜を見事作り出す事が出来るのでしょう。

作るのが大変であればあるほど、より野菜を食した後においしさを感じる事でしょう。

農業は確かに大変なお仕事です。

ですが、そこには他の物には変える事が出来ないやりがいを感じる事が出来るはずです。

今の社会の中で、やりがいを感じて仕事をする事が意外と難しい事なのでは無いでしょうか。

ついつい社会の歯車の一つとして自分の目の前にある仕事をただただこなすだけになってしまう事も多々あるでしょう。

そんな人生に対して嫌気がさしている事だってあるはずです。

農業をする事によってそんな自分の気持ちを変える事が出来るようになる場合もあるかもしれません。

今の人生に疑問を感じている人などは、この機会にぜひ農業に興味を持って行動してみてはいかがでしょうか。

昔から男性の仕事というイメージがある

農業は、昔の日本では多くの人が当たり前にしていた職業の一つでありました。

もともと、外で働くのは男性・家庭を守るのが女性という考え方もあったことから結果的に農業もまた男性がやる事が当たり前だと思われてきました。

勿論、女性も農業を手伝う事は多々ありました。

しかしながら、メインで作業を行っていたのは男性だったのです。

男尊女卑の考えが根本にあった事もそうですが、農業が男性の仕事として認識されていたのは他にも原因があります。

それは農業はとても力が居る作業だからです。

力仕事を女性がする事はとても大変な事です。

体のつくりが違うからこそ、出来ない事もあるのです。

そんな違いもあり、昔から農業は男性の仕事と言われてきており、今でもそのイメージが消えないのでしょう。

しかし、今は農業にも多くの変化が訪れています。

昔は全て人力で行わなければならなかっら事も、今では機械などを利用する事によってそこまで力を使わずに済む事多々出てきました。

だからこそ、女性でも男性と同じように農業をする事が出来るようになってきたのです。

農業=男性の仕事というのは昔のイメージです。

今の時代ではそんな事は時代錯誤と言われても仕方がないのではないでしょうか。

もし、力仕事などのイメージによって農業を諦めている女性がいるのであればそれは間違いです。

今の時代だからこそ、女性が出来る事が沢山あるのです。

是非改めて検討してみてはいかがでしょうか。

頑張っても経済的に報われないイメージがある

農家のイメージの中には『忙しい』と言うのがあるでしょう。

このイメージは決して間違いではありません。

生き物を相手にしているからこそ、365日休み無く作業をしなければならないとされています。

例え一日中仕事をする事は無かったとしても丸一日休みという事はそれほど多い事ではありません。

だからこそ、週休二日などきちんと契約として休みが確保されている人からすれば、その働き方はとても大変そうに見える事でしょう。

それだけ働いているのですから、一般的な考えでいけば多くのお給料を貰う事が出来ると考える事でしょう。

それが当たり前の考え方なのかもしれません。

しかしながら、そうはいかないからこそ農家のなり手が減っているのです。

農家の場合、どんなに沢山仕事をしても時給でお給料がもらえるわけではありません。

だからこそ、働いた時間とお給料は比例しないのです。

だからこそ、他の仕事に比べると経済的に報われないイメージを持っている人も少なくありません。

お金だけが全てでは無いはずです。

そこに自分のやりがいがあるのであれば、それだけでも働く意味はあると言えるでしょう。

しかしながら、仕事の場合にはお金を第一の目的としているひとも少なくありません。

だからこそ、時間と給料が見合わない事に対してやる気を出す事が出来ないという人も居ます。

何を優先するかどうかは、その人の考え方次第です。

だからこそ、自分の価値観にあわせて仕事を選べばいいのでしょう。

農業に対してやるだけの価値が無いと思う人も居ればお金以外のやりがいを感じて楽しみながら作業をしているひともいるはずです。

それぞれの価値観の中で作業を進めていく事が大切なのです。

農業女子の6個の特徴


ここからは、農業女子の特徴を6個ご紹介させていただきます。

『農業女子』と言われてもあまりイメージを抱く事が出来ないという人も居るでしょう。

ましてや、大変な農業をあえてやりたいと思う人に対して疑問を持つ人だっているかもしれません。

人はイメージする事が出来ない事に対して、警戒したり受け入れる事が出来ないと敬遠してしまう事も多々あります。

だかこそ、そうならないようにする為にも自分の価値観だけにとらわれず、正しい判断をする事が出来るような柔軟な考え方を自分の中に取り入れていく事が重要です。

その為にも、まずは農業女子の特徴をフラットな気持ちで受け入れてみてはいかがでしょうか。

自分の中にあったなんとなくのイメージも、あえて文章にする事によってイメージをより確実なものとする事が出来るようになる事でしょう。

それこそが、私たちの視野を広げる為にも大切な事なのかもしれません。

明るく健康的で体力がある

農業は、体力勝負です。

いくら最近の農業はIT化が進んでいると言っても全く動かずに仕事をする事は出来ません。

だからこそ、力が弱かったり体が弱い人は農業をする事はとても大変なのです。

だからこそ、農業女子と言われている人の場合にはそれだけ明るく健康的で体力がある人を指しています。

明るく健康的な人は、それだけ元気に活動する事が出来るという事を指しているのでしょう。

どんなに元気な女性も、男性と全く同じように作業する事は出来ないかもしれません。

どうしても力の部分で負けてしまう事はあるでしょう。

しかしながら、そうだとしても健康的で体力さえあれば今の技術があれば農家をする事は可能なのです。

職業によっては、体を使わずに過ごす事が出来るものもあるものです。

けれど、農業の場合にはそれは出来ません。

だからこそ、農業をしたいという女性の場合にはそれだけ健康的な体を持っているという事なのかもしれません。

それだけでも、農家を志すには十二分な才能を持っているという事が言えるのかもしれません。

自然と触れ合うのが大好き

農業は、当然の事ながら自然相手の職業です。

意思疎通が図れるものでは無いからこそ、大変な部分もあるはずです。

天候により影響も大きく、せっかく育てた野菜も雨のせいでダメになってしまうなんて事も多々あります。

そんな状態でも落ち込まず前を向いて行動していく必要があるのです。

また、自然相手の職業の場合には単純に自然と触れ合う事が好きだといういう事が大事なポイントとなります。

女性と言わず、最近では男性も同じように虫を苦手としている人が居る事でしょう。

どんなに小さな虫だったとしても、その姿を見るだけで『キャーキャー』と声を出して騒いでるようでは農業をする事はとても無理でしょう。

良い土であればあるほど、多くの虫が住んでいると言われています。

虫も寄り付かないような土では良い野菜など出来るはずがないのです。

だからこそ、虫がいる事は自然な事であり。

むしろいい事だと言えるでしょう。

そんな自然と触れ合う事に抵抗が無く積極的に行う事が出来るような人が農業女子になる事が出来るのかもしれません。

今では自然に触れる事が出来る機会もずっと少なくなりました。

そのせいで、全く虫を触った事が無いと言う人もそれほど珍しい事ではなくなってきているのです。

だからこそ、余計に農業に対して苦手意識を持っているという人も一定数いるはずです。

ですが、虫や自然環境は私たちがここで生活するよりまえから存在していたものです。

だからこそ、それらを毛嫌いするのではなく共存できる形はどこにあるのかを考えながら行動していく事が重要なのではないでしょうか。