昔は、女性は家に入り家庭を守る事が当たり前とされていました。

『女性に学歴はいらない』と言われた時代もありました。

それだけ日本は男尊女卑が当たり前となっていたのです。

ですが、今では男女平等が当たり前になっています。

時代が変化するなかで、女性が活躍する事が出来る場所も沢山登場してきました。

私たちは自分がより輝く事の出来る仕事を探しているのかもしれません。

ただやみくもにさまざまな事に挑戦する事も悪い事ではありません。

ですが、回り道をしているうちに何か必要で何が必要では無いのかが分からなくなってしまう場合もあるのです。

そうならないようにする為にも、ある程度指針を持って行動する事が必要な事なのかもしれません。

これからご紹介するお仕事は、比較的女性が活躍しやすいと言われているものばかりです。

女性の中で将来自分の力で生活していきたい・男性よりも活躍していきたいと思っている人も沢山いる事でしょう。

そんな人たちが将来の夢を考えた際に、一つの候補として頭のどこかに入れていただければと思います。

女性が仕事で活躍できる時代

今の時代は、男性だからと言って優遇される時代ではありません。

昔はどんなに優秀な女性でも男性の上に立つ事は出来ない事が多々ありました。

ですが、今は違います。

今では男女関係なく、才能や力がある人が居るのであればその人がどんどん上に立つ事の出来る時代になっているのです。

女性はもともと男性より優れた能力を持っていると言われています。

一つの事に熱中しやすい男性に対して、女性は広い視野を持って様々な問題を解決する事が出来るのかもしれません。

だからこそ、その能力を正しく使う事によって、より秀でた才能を発揮する事が出来るのです。

時代は変わっていくものなのでしょう。

だからこそ、昔では考えられなかった女性管理者なども多く登場しているのです。

昔はなりたくても慣れなかった人が沢山いたはずです。

だからこそ、自分の努力次第でいくらでも活躍する事の出来る時代に生きている私たちは、とても幸せな存在なのかもしれません。

今までは、自分が仕事で活躍する事など、全く想像もしていなかった方々も沢山いる事でしょう。

ですが、自分に合った仕事に出会う事によって可能性はいくらでも無限に広がっていくのです。

だからこそ、最初から諦めるような事はしてはいけません。

例え一つがうまくいかなかったとしても、次はうまく行くかもしれないのですから。

だからこそ、焦ることなく自分に合った仕事を探していくよう意識して行動してみてはいかがでしょうか。

女性が稼げる仕事

それではここからは、女性が稼ぐ事の出来る仕事についご紹介させていただきます。

人によっては、お金が全てでは無いと言う人も居るでしょうお金が欲しいわけでは無いからこそ、そこに価値を感じない人だっているのでしょう。

それも一つの考え方であり、否定するつもりはありません。

けれど、仕事の評価は目には見えないものです。

自分では一生懸命やっているつもりでも、それがまわりに評価されない事は沢山あります。

人によって評価が分かれるという事も珍しい事では無いのでしょう。

だからこそ、一つの評価の基準としてお金があるのです。

同じ内容の仕事をしていても、金額に差があればどちらが優秀なのかを考える事が出来るでしょう。

難しい仕事であればあるほど、対価として貰う事の出来る賃金は高くなっています。

それはそれだけあなたの存在に意味があるという事なのでしょう。

だからこそ、女性が稼ぐ事が出来る仕事に就く事によって、より正当な形で評価を受ける事が出来るという考え方もあるのです。

今の時代、女性だからダメだと言われる事も少なくなりました。

ですが、男尊女卑の考え方が完全に消えたわけではありません。

人によってはいまだにそういった考え方をしている人もいるのです。

そんな人と一緒に仕事をしていると、自分自身を正当に評価して貰えないまま日々が過ぎていってしまうのでしょう。

女性が稼げる仕事とは、それだけ女性が評価されているという事です。

つまりはそういった職場ではみんながみんな自分の力を発揮してより前向きに行動する事が出来ていると言われています。

つまり自分自身を認めてくれる場所で仕事をする事が出来ると言う事なのでしょう。

それはとても幸せな事なのです。

1.医師


女性が稼げる仕事として一番最初にイメージされるのは、医師ではないでしょうか。

医師は男女関係なく、高い知識を必要とする仕事です。

その為、誰でも簡単になる事が出来るものではありません。

だからこそ、その分高い賃金を貰う事が出来るのでしょう。

医師になるには、物凄く沢山勉強をする必要があります。

大学受験も浪人する人が出たとしてもおかしくはないのでしょう。

それだけ医師になる事は簡単な事では無く誰もがなる事が出来るものでは無いのです。

お金が欲しいからこそ、医師になろうと思う事も悪い事ではありません。

ですが、なりたいと思ったからと言ってなる事が出来るものでは無いという事を覚えておいてください。

誰でもなれないからこそ、そこに価値があるのですから。

それでもどうしてもなりたいと思う方は勉強をするしかありません。

それは並大抵の努力では叶う事は無いのでしょう。

それでもなりたいという強い気持ちがあれば、今よりは医師になる可能性は増えていくのかもしれません。

女性の割合

医師は男性の仕事というイメージが強くありました。

もし女性で医療に関わりたいのであれば看護師になるのが当然の流れだと思っていた人も多い事でしょう。

そう考える気持ちも分からないではありません。

それだけ現場では立場がしっかりと区切られているからです。

ですが、その形も段々と変わってきつつあります。

近年では、女性の割合は増加傾向にあり30パーセント近くが女性になってきていると言われています。

男性に比べればまだまだ少ない割合ではあるものの、一時よりは多くの女性が医師として働いているという事が分かる結果となっているでしょう。

平均年収

医師と言っても、勤務形態によって賃金は全く変わってきます。

だからこそ、必ずしも医師になれば高い賃金を貰う事が出来ると言うわけでは無いのでしょう。

それを踏まえたうえでご紹介させていただきます。

医師の年収は年代によって大きく変わってきます。

つまり経験を積めば積むほど高い賃金を貰う事が出来るようになると言うわけです。

平均でいうと、、20代後半ですと600万から1300万程度ですが、40代後半になれば1500万から5500万と大きく差が出てくるのです。

いずれにしても、普通の事務などをしているOLさんと比べればその賃金の差は明らかです。

人の命を扱う仕事をしている人だからこそ、これだけ高い賃金を貰うのも当然の事なのかもしれません。

2.歯科医師


医師の中にも歯科医は含まれています。

ですが、やはり歯科医は他の意思とはどこか違った資格として考える方が多いようです。

命を救うわけでは無いものの、医療を行うからこそ、他の医者よりはリスクが少なく仕事を行う事が出来るという事もポイントの一つなのかもしれません。

最近では、医大生の中にも歯科医になりたいという人が多く出てきていると言われています。

それはそれだけ人の命に係わる事なく、高い賃金を得たいという気持ちの表れなのかもしれません。

女性の割合

歯科医師の中での女性の割合は、20パーセント程度と言われています。

だからこそ、その他の医師に比べると割りあい的には少ないのかもしれません。

けれど、この数字も増加傾向にあるので今後その数はどんどん増えていく事でしょう。

最近では、子供向けに特化した仕事も増加してきています。

その際、男性よりも女性の方が好まれるという話もあり女性の方々はそうした場所に自分の居場所を見出している可能性もあります。

平均年収

歯科医師の平均年収は400万から1000万程度と言われています。

そこには勤務医なのか開業医なのかによっては年収に差が出てくのでしょう。

家族そろって歯医者を受けついていると言う方はそれだけ恵まれた環境にあるという事になり、年収が高い傾向にあるという事が言える事でしょう。

3.大学教授

大学教授というと、おじいさんの先生のような姿をイメージする人も少なくないでしょう。

確かに、多くの知識を持っているからこそ、他の人に話を教える事が出来るのです。

だからこその知識を集める為にも多くの時間が必要となり、結果的に年齢が高齢になる事も容易に想像できるはずです。

ですが、だからと言ってみんながみんな高齢と言うわけではありません。

人によっては若くても多く知識を持っている人は居るのですから。

若い人の中には、女性が居る事だってあるでしょう。

女子大などの場合には、あえて女性の人の数を多くしているという場合もあります。

女性が活躍する事の出来る出来る世界を今から作っているという事が言えるでしょう。

女性の割合

大学教授の女性の割合は、学校やそれぞれの分野によって大きく異なります。

女性が多く居る場所もあれば全くいない所もあるでしょう。

あくまでも平均的な割合で行くと、女性職員の割合は
20パーセント程度と言われています。

ですが、ここには事務員なども含まれているので、教授というと更に低くなっているはずです。

けれど、博士号を取得している割合を見ると近年では女性の方が圧倒的に数が増えてきているという事が言えるでしょう。

だからこそ、今後はどんど女性の割合が増えていく事も考えていく事が出来るのではないでしょうか。

平均年収

大学教授の平均年収は1000万程度と言われています。

講師だったとしても650万程度は貰う事が出来るので、教授にならない限り食べていく事が出来ないと言うほどの事では無いのでしょう。

また、その金額には男女の差はあまりないと言われています。

だからこそ、男女平等に評価をされたいのであれば、大学教授はいい仕事と言えるでしょう。

ですが、給料が同じだったとしても待遇が同じとは限りません。

比較的閉鎖的な場所だからこそ、男女における待遇の差があったとしてもおかしくはないのかもしれません。

4.弁護士

弁護士は、昔から稼げる仕事として注目されてきました。

国家資格という事もあり、誰もがなりたいからと言ってなる事が出来る仕事と言うわけでもありません。

しかしながら、その誰もがなる事が出来る仕事では無いという所が賃金を多く稼ぐという事に置いては大事なポイントなのでしょう。

最近では離婚問題を扱う弁護士も多くなってきていると言われています。

その為、女性が依頼者の場合には同じ女性の方が話をしやすいというメリットも隠されているのです。

男性にはなかなか理解されにくい繊細な部分も女性だからこそ分かって貰う事が出来るという事もあるのでしょう。

弁護士は人の気持ちを考えて動くと同時に多くの事を一度に遂行する事が必要な仕事でもあります。

だからこそ、多くの事を一度に見る事が出来る女性の方が男性よりも弁護士に向いていると言われる場合もあります。

弁護士は簡単になる事が出来るものではありませんが、一度なってしまえばいくつになっ手も続ける事が出来るお仕事です。

だからこそ、長い時間をかけて仕事をしたいと言う方にはぴったりの仕事なのではないでしょうか。

女性の割合

近年、TVなどの多くが女性弁護士を紹介しているのを見たことがあるでしょう。

だからこそ、多くの方が女性弁護士が沢山いるように感じているはずです。

けれど、実際には弁護士の中での女性の割合は15パーセント程度と言われています。

だからこそ、女性の割合がとても少ない職種なのです。

女性の割合が少ないという事はそれだけ閉ざされた空間という事なのでしょう。

男性が主の業種であり、まだまだ女性が参加するには狭き門なのかもしれません。

ですが、どんな業種であれ時代は変わっていくものなのです。

だからこそ、今はまだまだ居にくいと感じる事もあるかもしれませんが、いずれそれも少なくなっていく事でしょう。

女性の割合が低いからといって、諦める必要はありません。

いつかその割合が増える日が来る為にも自分自身が先頭を切って前を向くくらいの気持ちを持って行動する事が大事なのではないでしょうか。

平均年収

弁護士の方の平均月収は、600万程度と言われています。

しかし、これは女性の結果であり男性の場合では1000万円は超えると言われています。

つまり、弁護士の場合には男女の差が大きく出る職種という事が言えるでしょう。

そのせいで割合も低いままなのかもしれません。

弁護士というと、どうしても賃金の高さが目立てしまうものです。

けれど、本来は困っている人を助ける事こそが仕事だと言われている職種です。

だからこそ、賃金以外にもやりがいを持つことによってその差に目をつぶる事が出来る場合もあるかもしれません。