日本には沢山の言葉があります。

同じ意味を持つ言葉でも使う相手によって、その言い方が変わる事もあります。

その為、日本語は他の国の言葉よりも難しいと言われています。

『ハイ』『いいえ』という言葉でさえも、あえて分かりにくい話し方をして相手の事を思いやるなんて事もあります。

その言葉の使い方も、自分の意見をはっきりと伝える事を当たり前としている海外の方からすればあり得ない事なのかもしれません。

多くの日本語がある中で、私たちは一体どの程度その『日本語』という言葉を理解しているのでしょう。

勿論、話をしたり字を読んだりという意味では当たり前に多くの方が出来ているはずです。

問題なのは、その言葉の意味をしっかりと理解する事が出来ているかどうかという事なのでしょう。

言葉とは難しいものです。

自分ではその使い方が合っていると思っていたとしても、実際は違っている場合もあるのです。

例え全体の1割の人しかその事実を知らなかったとしても間違いは間違いなのです。

その為、一度勘違いして覚えてしまうと、ずっと間違った言葉を覚える事になってしまいます。

だからこそ、常に自分の言葉は正しいのかどうかを知る事が重要です。

自分の使っている言葉は合っていると思い、学ぶ事をしない人は自分の間違いに気付きにくいです。

そうなってしまうと、結果的に自分自身が成長する事を止めてしまう事になるのです。

例え一瞬でも恥ずかしい思いをしたとしてもその先にある未来を見つめるのであれば、間違った言葉遣いをしてしまっているという事実に気が付く事が重要です。

自分の言葉遣いが気になるという人は、改めて自分の言葉の使い方一つ一つを考えなおしてみてはいかがでしょうか。

そうすることによって、自分自身を成長させる事が出来るようになるでしょう。

言葉は常に進化し続けているものです。

だからこそ、いくつになっても学ぶ気持ちを無くしてはいけません。

その気持ちが無くならない限りは、例え100歳になったとしても新しい言葉を学び続ける事が出来るようになるのでしょう。

吟味ってなんだろう?


さて、今回は『吟味』という言葉についてご紹介させていただきます。

吟味という言葉を聞いたことがあると言う人もいる事でしょう。

そんな人たちは、きっと当たり前のように意味を理解する事が出来ていると思っているはずです。

ですが、それはあくまでも自分の頭の中だけで答えをだし、その方法を実践しているのでしょう。

しかしながら、その使い方が合っているかどうかは誰にも分からないポイントです。

例え自分が180度意味を勘違いして覚えていたとしても、余りにも大胆にその言葉を使用していれば周りの人が自分自身が間違っているのではないかと不安に思う事だってあるでしょう。

その結果自分自身が正しいと信じすぎてしま手いると、本当の正しさを学ぶ事が出来ないまま、成長がそこでストップしてし増すのです。

それはあまりにも勿体無い事なのではないでしょか。

吟味という言葉の意味もまた同じです。

あなたが正しいと思っている使い道も実は全く使い道が間違っているのかもしれません。

その事に気が付く事無く自分の思っている方法だけで言葉を使用していては、後からとんでもない間違いをしてしまいそれに気が付く前に恥をかいてしまうなんて事もあるかもしれません。

吟味と言う言葉は、それほど珍しい言葉でもないのでしょう。

だからこ、安易に使用している人も沢山いるでしょう。

自分のイメージだけで言葉を使用する事は危険です。

だからこそまず正しい意味を改めて知る事が大切なのでしょう。

今まで間違って使用していたという人は、この機会にぜひ改めて考えていただければと思います。

吟味の意味


それではまず、ここからは吟味の意味についてご紹介したいと思います。

吟味の意味を知ってると言う方も、実際には間違えて覚えている事もあるでしょう。

そもそも吟味という言葉の意味事態全く興味が無かったなんて人も居る事でしょう。

いずれにしても、言葉の意味を知る事は大切な事です。

言葉の意味を知る事によって、自分の知識を広めていく事が出来るでしょう。

そればかりか、言葉を一つ学ぶ事にっよって、それに追随して新しい言葉の意味を知る事もまた出来るようになるでしょう。

言葉はそれぞれが独立しているものではなく、全体がつながって出来ているものなのです。

だからこそ、一つの言葉を知る事によって、言葉の学び方は勿論その言葉を学ぶ姿勢を持つ事が大切です。

これから紹介する吟味の意味は、はじめて聞く人もいれば全く分からない人だっているでしょう。

言葉の意味は、いくつになっても学んでいく事が出来るものです。

だからこそ、自分の言葉の解釈が間違っているのではないか。

本当はもっと正しい意味の言葉があるのではないか。

そんな風に少しづつ客観的に自分自身を見つめる事も大切です。

吟味という言葉の意味をしり、ぜひ会話の中で正しい言葉として使用してみてはいかがでしょうか。

本当は伝えたい言葉も、意味が曖昧だったからこそ伝える事が出来なかったなんんて事もあるかもしれません。

ですが、正しい言葉を改めて知る事によって、何の躊躇も無く言葉を使用する事が出来るようになるのです。

そうした言葉の一つ一つを学ぶ姿勢こそが、大事なポイントとなっていくのではないでしょうか。

物事を念入りに調べること

吟味という言葉の意味はいくつかの解釈をする事があります。

それは意味合いが変わると言うよりは、使用するタイミングによってニュアンスが変わると言った方が分かりやすいでしょうか。

実際の言葉の意味はそれほど大きくは変わらないものの、その使うタイミングによって細かい意味が変わってくるのです。

例えば、物事に対して使用する際には念入りに調べるという意味が込められています。

物事を念入りに調べる事によって、そこには本当に意味があるのか。

それをするほどの意味があるのかどうかなどを改めて考え直す事が出来るようになるのです。

人間には感情があります。

その細かい感情は、他の動物ではあまりないものとされています。

その感情があるからこそ、時に自分の気持ちのままに物事を遂行してしまう場合があります。

つまり、良くも悪くも自分が思ったらその通りに行動してしまうのです。

ですが、一時の感情で行動してしまうとそのせいでかえって物事を悪化させてしまう場合もあります。

だからこそ、そうならないようにする為にも冷静に考え行動する事が大事となります。

物事を念入りに調べることによって、本当に必要な事はなんなのかという基本的な問題に向き合う事が出来るようになる事でしょう。

一時の感情で行動してしまっていては気が付かないような事も一旦冷静になる事によってその問題点に気が付く事が出来る用意なるかもしれないのです。

だからこそ、吟味する事はとても大切な事なのです。

例えば、もしあなたが仕事の中で『良く吟味してね』と言われた場合には、その出来事を冷静に考え自分のしようとしている事が本当に正しい事なのかどうかを考えて行動しなければなりません。

もしそこで適当な行動を取れば、その後の信用にかかわってくる事だって十分考えられるのです。

仕事で失った信用はそう簡単に取り戻す事は出来ません。

そうした意味でも、相手がどういった意図でその言葉を使用しているのかという事をしっかりと受け取る事は大事な事なのではないでしょうか。

もしそこに大きな違いがあると、悪気はないとしても結果的に相手を怒らせたり失望させてしまう事に繋がってしまう事も多々ある事でしょう。

よく調べてから選ぶこと

何かものを購入する際、あなたは一体どんな風に購入するのでしょうか。

きっとそこには性格の差が大きく出てくる事でしょう。

一気に衝動買いをしてしまう人も居れば、何度もお店に足を運んで考えに考えて購入する人も居ます。

この、何度も何度も考えて物事を選ぶ行為の事を『吟味する』と言うのです。

自分の気持ちに正直になり、勢いに任せて購入する事も悪い事ではありません。

人気の商品などは、勢いが無ければ購入する事が出来ない事だって多々ある事でしょう。

だからこそ勢いに任せて購入する事が悪い事だとは言いません。

けれどそこにはリスクがある事も忘れてはいけません。

例えば、勢いで購入してしまうという事はそれを詳しく見ていないという事になります。

それはもしかしたら失敗する可能性があるという事をしめしてします。

自分が思っているサイズと違った。

思ったよりも用途がすくなかった。

もっと違う物の方がより見欲的だった。

その後悔の仕方はそれぞれ違う事でしょう。

しかし、吟味をしないからこそ、後悔するという意味では同じ事です。

物事を決める際・購入する際は、様々な可能性を予想して行動しなければなりません。

更に言えば、その先の事を考えて一番自分に合った方法を導き出す事が需要です。

そう言った意味でも、一つ一つ丁寧に考える事はとても重要な事なのでしょう。

この物事を決める際に吟味すると言う行為は、正確により違いが大きく出るものです。

つまりは、吟味する事が当たり前になっている人の場合はあえて吟味しようと意識しなくても自然と吟味していろいろな事を決める事が出来ているのです。

そうした行動を取る事によって、自然と自分自身にとってリスクの少ない方をチョイスする事が出来ているのです。

つい自分尾感情jによって物事を決めてしまうと言う方は、自分のその性格をしっかりと受け入れる必要があるでしょう。

そのうえで、自分の行動を客観的に見て出来るだけリスクの少ない決断をする事が出来るように考えて行動していく癖を付けてください。

最初は難しいかもしれませんが、それがいまにか当たり前に出来る時がやってくるのでしょう。

罪状を調べただすこと

吟味をするという言葉は、時として厳しい場面で使用される事もあるのです。

その一つが司法の 場です。

たとえば、罪人の余罪などを考え刑期を決める際には、その罪状を調べそれが正しい事なのかどうかをより真剣に考える事が重要となります。

それによって、人の運命が変わってしまうのですから、そこは慎重にならざるを得ないでしょう。

人には様々な面があります。

自分の前では素直で優しい人だったとしても、他の人に前では全く違った態度を取っている場合もあります。

その優しさの裏には違った顔が隠されている場合もあるのです。

その違う顔に気が付く事が出来ないと、本当の悪人を正しく裁く事が出来なくなってしまいます。

それは大きな司法の問題だと言えるでしょう。

罪状を調べる事はそう簡単な事では無いはずです。

ですが、だからと言って片手間でやっていいものでもないのでしょう。

一つ一つの事案に向き合い、ゆっくりと考え意味を知るこによって、やっと本当に必要な事に対して身を持って教える事が出来るはずです。

相手の人生を尊重する為にも、罪状を調べる事がとても重要な作業です。

この人は本当に悪い人なのか。

実際は仕方なく犯罪に手を染めてしまったのかどうか。

そうした細かい意味などを冷静に考え直す事によって、罪状というもっとも重要な部分について客観的な立場を持ちつつ正しい判断をする事が出来るようになる事でしょう。

詩歌を吟じて趣を味わうこと

この言葉は、江戸前期の歌学書に記載されている言葉です。

今言葉は、吟味という言葉のルーツとも言われている言葉であり、吟味という言葉はもともとは歌の内容をしっかりと振り返るという意味で使用されている言葉なのでしょう。

昔の日本では、歌を詠みあうような機会が幾度となくありました。

特にくらいの高い人たちにとっては、それが楽しみの一つでもあったのです。

だからこそ、その時間を楽しみながら過ごすという意味もあり、そうした考え方があるからこそ『吟味する』という言葉が出来ているのでしょう。

吟味という言葉の意味を知らないと『詩歌を吟じて趣を味わうこと』と言われても、全く意味が分からないと思います。

ですが、きちんと言葉の意味を知っておく事によって後から昔の言葉を振り返っても意味を考察する事が出来るようになる事でしょう。

多くの言葉が、必ず他の言葉にもつながっているものなのです。

だからこそ、一つの言葉を知る事によって、他の言葉もいもずる式に学んでいく事が出来るようになります。

このように、言葉を知る気持ちを持って行動する事はとても意味のある事なのでしょう。

吟味の読み方

ここまで『吟味』という言葉について説明してきました。

ところで、この吟味という言葉の読み方につてしっかりと理解されている方はどの程度いるのでしょうか。

勿論、当たり前のように正しい読み方をしている人も居るでしょう。

ですが、中には無意識のうちに読み方を間違えてしまっているという事もあるかもしれません。

本などの活字の場合には、あえて読み方を口に出す事はありません。

自分の心の中だけでその言葉の意味を考える事になるのでしょう。

その場合、もし間違った言葉の使い方をしていたとしても、自分の間違いに気が付く事が出来ない場合もあります。

そのせいでその勘違いに気が付く事無く、その間違った読み方を当たり前の物として使用してしまうようになるのです。

子供のころは、読み方まできちんと教えて貰う事が出来たはずです。

ですが、大人になればなるほど、誰もそこまで丁寧に教えてくれる事は無くなってしまいます。

誰かに教えて貰うのは、子供の時代だけなのです。

その時代が終わった後は自分自身で学んでいかなければなりません。

そうする事によって、正しい言葉を学ぶ姿勢を身に付ける事が出来るようになるのです。

一度身に付けた言葉の学び方は、そう簡単に無くなるものではありません。

だからこそ、一つの音場を学ぶ姿勢が、結果的に全体の言葉を学ぶ姿勢に繋がっていくのです。

その為、いつでも雰囲気で言葉の意味や読み方を身に付けている人はただしい言葉を身に付ける事が出来ずに過ごしてしまっているのかもしれません。

人に読み方を聞く事を恥ずかしいと感じているひともいる事でしょう。

ですが、一時恥ずかしい思いをしたとしてもそれが続くと思わなければ、一時の恥などそう気にするものではないのでしょう。

大事な事はその恥ずかしい思いを継続させない事です。

間違い続けるほうが、よほど恥ずかしい思いをする事でしょう。

吟味=ぎんみ

吟味は『ぎんみ』と読みます。

吟味の類語

言葉には、意味が似ている言葉があります。

その言葉の事を類語と言います。

類語の『類』という言葉は、類義という言葉と同じ言葉です。

だからこそ、似ている言葉という意味があるのでしょう。

類義語を知る事によって言葉の意味をより深く知る事が出来るようになります。

なんとなく言葉を覚えている時には、その差に気が付く事が出来ないかもしれません。

ですが一つ一つ言葉の意味を正しく学ぶ事によってどんな時にどの言葉を使うべきなんかという事を学ぶ事が出来るようになるでしょう。

やみくもに言葉を使っていてもなかなか自分の知識にはなりません。

性格に正しく使用する事を意識して行動する事が重要なのでしょう。

ここからは、吟味に対する類義語についてご紹介させていただきます。

吟味に対する言葉の意味の理解が曖昧な場合には、類義語を知る事によってよりわけが分からなくなってしまう事もあるかもしれません。

だからこそ、一つ一つの言葉を正しく知ろうとおもう気持ちが大事なのです。

まだ曖昧な方はよりはっきりと言葉の意味を知り、既に吟味と言う言葉を正しく知る事が出来ている場合にはその類義語を同じように正しく知るように心がけてみてください。

それが結果的に大きな知識となってくれる事でしょう。

鑑定

何か古いものがあった場合、それに価値があるかどうかを考えて行動する事は鑑定すると言う言い方をされる場合もあります。

人間に対して使用されると言うよりは、物に対して使用される言葉です。

このように使用されるものによって言葉が変わる事も忘れてはいけません。

追求

物事をよくよく考える・その先を見て考えるなどという意味があるのがこの言葉で。

『真実を追求する』などの場合でも使用されている言葉であり、物事の正しさを導き出すという意味でも使われています。

チェック

吟味してと若い人に言ってもなかなか真意が伝わらない場合もあるでしょう。

本来であれば、それはこちらの問題では無く、相手の問題です。

相手が知る気がないからこそ、伝わらないのです。

ですが、そんな事を言っていても状況は変わりません。

だからこそ、そんな時はこちらの伝え方を考え事も必要です。

たとえばその一つがチェックすると言う言葉になります。

吟味してと言われても意味が分からないと言う方も、チェックしてと言われれば、なんとなくのイメージは伝わるはずです。

相手に対して使う言葉を変える事も重要でしょう。

吟味の使い方

さて、吟味の意味などをしっかりとしった所で次は使い方についてご紹介させていただきます。

言葉の意味を知る事によって、より正しく言葉を理解する事が出来るでしょう。

その中で使い方を学ぶ事によって、正しい言葉を生きた使い方をする事が出来るようになるのです。

いくら言葉の意味を知っていたとしても、それを使いこなす事ができなければ意味がありません。

言葉は理解する事も重要ですが、つかう事もまた重要なのです。

だからこそ、正しい言葉を使う事が出来るように例文などを通じて自分自身が正しい言葉を自然と発揮できるように学んでいきましょう。

一個一個吟味して選ぶ

これは何か物事をチョイスする際に使用する言葉の使い方でしょう。

一つ一つ考えながら選ぶことに対して吟味するという言葉を使っています。

相手に真意を伝える際も、『選んだ』という言葉を使用するよりも『吟味した』と言う言葉を使用した方がよりしっかりと考えたという事が伝わるでしょう。

もしプレゼントを購入する際も、その悩んだ時間や選んだ気持ちをただしく表現する為にはこの吟味すると言う言葉がより正しく機能するという事があるのです。

だからこそ、自分がどんな状況で、どんな気持ちを相手に伝えたいのかという事をしっかりと考えて言葉を選ぶ事が重要となるのでしょう。

その案は吟味に値する

吟味とは、しっかりと考える・熟考するなどのいみがあります。

つまり、新しい案に対して吟味するに値するという事はそれだけ考えるだけの意味がある案だったという事を示しています。

つまりは、いい案だという事になります。

ビジネスの場面では、時に立場によって言葉の言い方をかえる場合もあるのでしょう。

友人同士であれば、『いい案だね!』で済むような内容の事も、あえて『吟味に値する』などという言い方をして重みをもたせる場合もあるのです。

その場の雰囲気や状態に合わせて、使用する言葉を変えるのは日本独特の考え方かもしれません。

海外ではなぜそんな事をしなければならなのかと疑問に思われる事もあるでしょう。

けれどそれもまた日本の文化であり良いところなのではないでしょうか。

そうした言葉を正しく使用できるようにする為にも言葉の意味を正しく学んで行きましょう。

よく吟味する必要がある

これは良く考えて行動・選ぶ必要があると言う意味で使用されている言葉です。

だからこそ、もし、会社で上司などに言われた場合には注意が必要です。

それだけ注意した方が良いと釘を刺されている事と同じことなのですから。

大人になればなるほど、手厚くケアしてもらえる状況は無くなっていきます。

だからこそ、会社などでも失敗しそうなシーンだったとしてもあえて何も言われずに物事が過ぎていってしまう場合もあるのです。

その際に『良く吟味しなさい』と言われているのであれば、それだけ気をつけて行動しなさいといういうアドバイスなのでしょう。

だからこそ、そのアドバイスをないがしろにせずに自分の中にしっかりと受け入れるようにしていきましょう。

それを実践する事が出来るようになれば、自分自身を成長させていく事にもつながっていく事でしょう。

内容をしっかりと吟味する

時には自分の気持ちのままに行動してしまいたくなってしまうような事もあるでしょう。

ですが、それをするにはそれなりのリスクを知る事も重要です。

雰囲気で行動してしまうと、結果的には失敗する可能性もあるのです。

だからこそ内容をしっかりと吟味して考える事が重要です。

内容をしっかりと考える事が出来れば、今自分に必要な事がなんなのかという事に気が付く事が出来るようになる事でしょう。

それをする事によって、より自分に必要な判断をする事が出来るようになります。

プライベートなどの場合には、自分の気持ちで行動するのもまた良いかもしれません。

ですが、仕事など他の人にも影響する場合にはそうもいきません。

だからこそ、正しい判断をすると言う意味でもきちんと考える事はとても大切な事なのでしょう。

再吟味したいと思う

人間はいつでも正しい事を選ぶ事が出来るとは限りません。

時には間違ってしまう場合もあるでしょう。

その際一度間違えてしまったからといって、全てがダメになってしまうというわけはありません。

時にはやり直す事だって出来るはずです。

その状況を示す言葉が、この言葉難なのではないでしょか。

一度吟味した事を、改めて考え直す事によってより正しい選択をする事が出来るようになる場合もあります。

最初はA案の方が良いと思ったとしても、その先の状況を知る事によって結果的にC案の方が良かったなどとい事だってある事でしょう。

その検討をする事自体が再吟味と言う言葉に繋がっているのでしょう。

再吟味する事によって、失敗を未然に防ぐ事が出来るようになる場合もあるでしょう。

だからこそ、いつでも自分の中で疑問が出てきた場合には再吟味をしていきましょう。

それが結果的に自分を守る事となるはずです。

ビジネスシーンでも使える吟味

いかがだったでしょうか。

ここまで吟味という言葉について意味から使い方まで、とても詳しく説明してきました。

その為、多くの人がより自然な形で言葉の意味をしっかりと理解する事が出来たのではないでしょうか。

言葉は、知る気持ちが無いと一向に自分の中に蓄積されていく事はありません。

いくら年齢を重ねたからといって、言葉を知る気持ちが無ければ子供の語彙力のまま大人になってしまう事だって多々あるのです。

それはとても恥ずかしい事ではあるものの、意外と自分では気が付く事が出来ない部分でもあります。

自分の語彙力が足りない事を他人にし的されるほど恥ずかしい事はありません。

だからこそ、そうならない為にも、言葉の意味をきちんと知る事が重要となります。

既に大人になってしまっている人の中には、今さら言葉を学んでも意味がないと思う人も居るかもしれません。

けれど、言葉はいくつになっても学ぶ事が出来ます。

既に言葉を間違えて覚えてしまっていると言う人も、ここから頑張って修正していけばいいのです。

それが結果的に自分の語彙力を上げていく事に繋がります。

一つの言葉を覚えたからといって、そう簡単に語彙力が上がるとも思えないでしょう。

ですが、大切な事は、言葉を学ぼうという姿勢です。

その姿勢を持つ事が出来れば、今後どんな言葉であったとしても一つずつ自分の言葉にしていく事が出来るのです。

それこそが、言葉を学ぶ為には重要な気持ちであり、それさえあればいつでも挽回する事は可能です。

吟味という言葉は、日常生活以外にもビジネスシーンなどさまざまなタイミングで使用する事が出来るようになります。

それを使いこなす事によって、周りからの見る目も変わってくるかもしれません。

だからこそ、まずは言葉を知る所から初めてみてください。

それが結果的に自分に大きな力を与えてくれる事でしょう。