皆さんはタピるという言葉を知っていますか?

最近若者の間では、このタピるという言葉が日常的に使われています。

では、「タピる」についていろいろと見ていきましょう。

最近話題の「タピる」とは?

タピるという言葉は、最近話題ですよね。

テレビなどを見ていて聞いたことはありませんか?

最近出来たタピるという言葉について、解説していきたいと思います。

女子たちがこぞって使う「タピる」

そもそも、この「タピる」とはどのようなシチュエーションで使われているのかと言うと、若い女の子たちがこぞって使っています。

後に説明しますが、この「タピる」の「タピ」というのは、タピオカのことなのですが、このタピオカも何度か流行が来ています。

40代ぐらいであれば、第一次ブームの時は、よく覚えているのではないのでしょうか。

また第三次ブームが来ているというような感じで、女の子達に非常に人気です。

タピオカは、何回も流行っているのですが、調べてみると初めて日本にタピオカが上陸して流行ったのが、平成4年のようです。

ただ今のような黒いタピオカではなく「タピオカココナッツミルク」だったのです。

ココナッツミルクに、白い小さなつぶつぶしたタピオカが入っていたのです。

そして2回目のブームは平成20年と10年ぐらい前に、再び流行ったようです。

なぜ流行したのかですが、台湾からQuicklyなどが上陸し、それが日本で流行りだしました。

流行は、このようにめぐりめぐってまた戻ってきたりすることもあるんですよね。

よくあるケースとしては、お母さんが着ていた頃に流行ったものが、娘が学生時代にまた流行るというようなことです。

食べ物にしても服にしても、色々と流行は巡るものなのですね。

SNS上でも流行を見せている

タピオカですが、何でこんなに流行が来たのかと言うとSNSが原因なのではないかと考えられます。

よくインスタ映えというような言葉が聞かれるように、おしゃれな物を発信したいと思う若い人は多いです。

そこでタピオカが非常におしゃれに見えるというところなのでしょう。

何度か流行しているけれど、また流行したのことを考えると、このようなSNSがあるからこそというところもあるかもしれないですね。

しかも結構おいしいですし、女の子たちが夢中になるのも分かる気がします。

2018年のJC・JK流行語大賞にも

なんと2018年にも、JCやJKの流行語大賞になっています。

ちなみにですがJCというのが女子中学生、JKというのが女子高校生のことを指します。

このように流行を作り出していくのは、若い世代の女の子が多いですね。

「タピる」ってどういう意味?


ではこの「タピる」についてですが、先ほど少し言いましたが、どういう意味なのかということをもっと掘り下げてみていきましょう。

タピオカを飲む・食べること

「タピる」ということですが、それはタピオカを食べたり飲んだりすることを指します。

今はタピオカミルクティーが流行っています。

ミルクティーを飲みながら、タピオカの感触を楽しむということです。

昨今は外食をしても、流行に乗ってタピオカミルクティーが取り上げられているお店も多くあります。

そのようなタピオカ専門店があるのはもちろんのことですが、最近では専門店以外でも取り扱うお店が増えています。

回転寿司でもあるくらいなので、タピオカの今の人気が凄いということがわかりますね。

もちろんミルクティーを普通に飲むのですが、そのミルクティーに混ざって入ってくるタピオカが見た感じも面白く、美味しいのです。

気をつけるべき点としては、タイミングを誤るとミルクティーがなくなってしまい、タピオカを吸い上げるような状態になってしまうところです。

このような状態を笑いながら飲食を楽しむというのも、タピオカを食べたり飲んだりする楽しみといったところなのでしょう。

「タピる」の使い方

なかなかこのようなタピるというような流行語を使う機会はないので、使い方がわからない人もいるかもしれませんね。

そこでタピるという言葉の実際の使い方について解説していきます。

「今日の放課後タピりに行かない?」

女子中学生や女子高校生の間で主に人気ですので、「今日の放課後、タピりに行かない?」というような誘い方をすると、一緒にタピオカを飲みに行こうという誘いになります。

友達同士で誘うのはもちろんですが、デートコースとして放課後に飲みに行くということもあります。

「いつものあのお店でタピりたい」

「いつものあのお店でタピりたい」と言ったら、いつものお店でタピオカを飲みたいという意味合いになります。

かなり行きつけのカフェがあるといった感じですね。

「これからどうする?タピる?」

みんなでどっかに行こうという時にも「これからどうする?」という時にタピオカを飲みに行こうという時に、「タピる?」と聞いたりすることがあります。

もちろん友達二人とか恋人同士でデートをするという時にも、一緒にタピりに行くということはあるのでしょう。

「時間あるし、タピってこうよ」

このように時間を潰す時に、ちょっとタピりに行くときにも使うことがあります。

お店の混雑具合にもよるので一概には言えませんが、タピオカを飲むぐらいでしたら、実はそんなに時間がかからないと思います。

さらには席につかずにテイクアウトで、その辺で飲むということになると、行列に並ぶというようなことがあれば時間がかかりますが、そうでなければタピオカは注文して作ってもらい、そこから飲みながら時間を潰すということができるようになります。

このようにタピオカを飲むというのは、ちょっとした時間つぶしにもなるのですね。

「今度みんなでタピタピしよう」

そしてこれは「タピる」という言い回しだけではなく「タピタピ」という言い方もあるのです。

「みんなでタピタピしよう」という言い方であれば、タピオカを飲みに行こうということです。

みんなでタピオカを飲みに行こうと誘っているのですね。

タピるはSNSや会話の中でも使える

タピるということは、会話の中でも使うことができますので、便利なところがありますが、このように略す事によって発音もしやすくなりますし、理解もしてもらえますので、このような略語を使うというのは大変便利です。

SNSでも特に、Twitterであれば文字数に限りがありますので、このように「タピオカを飲みに行く」というよりかは、「タピりと行った」のほうが短く済みます。

このように文字数を短くすることによって、他に表現することができるようになるので、Twitterでも使いやすいです。

「タピ活」を楽しむポイント

タピるという言葉がわかったところで、次に学ぶべく、タピ活という言葉です。

タピ活タピオカ活動のことをタピ活と言います。

なんとなくタピオカ愛好会的な感じがする言葉ですね。

ちょっと調べてみると、若い子達が主にこのようなタピ活をしている模様ですが、意外にも幅広い年齢でタピ活をしているようです。

ここではタピ活のポイントを見ていきましょう。

タピ活ポイント1:写真を撮って楽しもう


タピ活でやるべきことは、写真を撮って楽しむことです。

ミルクティーの中に黒いタピオカが入っていて見た目も楽しめます。

だからこそ、それを写真に撮って楽しむということがタピ活の第1関門です。

SNSなどを見ていると、この写真を撮って楽しむという活動をしている人が非常に多いです。

タピオカの写真は背景にもこだわろう

SNSで楽しむというのは、ズバリ写真が主です。

インスタ映えという言葉があるように、綺麗な景色というのはSNSには外せません。

せっかくタピ活をしているのであれば、背景にもこだわって素敵な写真にしましょう!

色々なインスタをチェックしたりすると、きれいなお店でタピオカの写真を載せていたりするところが、非常にインスタ映えをして綺麗でした。

Twitterなどでも、色々とタピオカを飲んでいるところなどを撮っている人が多いです。

もし綺麗な背景でタピオカの写真を撮ろうと思ったら、Instagramの方が参考になるかもしれません。

みんなでタピオカを持って自撮りしよう

みんなでタピっているということであれば、せっかくですので、みんなでタピっているところを自撮りをしましょう!

SNSに載せるのが抵抗があるのでしたら、アップすることなくみんなで楽しく写真を撮るというだけでも良いのです。

そのようにすることで、みんなでの楽しい一コマが思い出に残るようになるでしょう。

どのような感じ方をするのかは人それぞれですので一概には言えませんが、このような思い出というのは後で非常に懐かしい良い感情を呼び起こすような思い出になるようです。

このように写真が残っている時に「あー、あの時タピるの流行ったよね」という思い出と共に懐かしい感情が起こってくるのではないかと思います。

指先のオシャレを写り込ませよう

タピオカの写真を撮るときに、忘れてはいけないのは指先のオシャレです。

女子中学生や女子高校生の方であれば、普段は難しいかもしれませんが、休日だけちょっとマニキュアしたりして指先のおしゃれをして、写り込ませるのもいいですね。

ただ学校にその状態で行くと生徒指導が入るかもしれませんので、休日タピるのを楽しんだ後は、くれぐれもマニキュアを落としたりすることを忘れないようにしましょう。

特に高校だと義務教育ではないですので処分もシビアですし、中学生だと内申点のことが心配になってくるところがありますので、そこは抜かりなく行いましょう。

かわいい写真加工アプリを駆使しよう

今はたくさんの可愛い写真加工アプリがあり、みんないろいろと駆使しています。

写真を盛ることもできるので、タピる時に是非使ってみましょう。

タピ活ポイント2:SNSにアップしよう

せっかくタピ活をするのであれば、SNSにアップしてみましょう!

この時、できればタピオカや風景だけにしておく方がお勧めです。

色々な人がいて顔出しをしている人もいるにはいますが、顔出しをすることによって危険な人の目に留まることもありますので気をつけましょう。

特に女子中学生や女子高校生の方はSNSの使い方に気をつけましょう。

気を付けないと変なおじさんに目をつけられてしまう可能性もあります。

顔出しはなければ、色々な加工して楽しんでみるのもいいですね。

この時もできれば、看板があるところは避けるようにしましょう。

意外にもそのような看板などから、住所を割り出してどの辺に住んでいる人かということを特定されてしまうこともあります。

確かに色々な人に見られるSNSですので、気をつけないといけないところはありますが、やり方さえ気をつければとても楽しいものになるでしょう。

フィルターやスタンプを使おう

タピ活でタピオカのことをいろいろと写真にアップしたら、フィルターやスタンプなどを使って色々と可愛くしましょう。

このようなことは女子中学生や女子高校生の人は、得意な人が多いのではないのでしょうか。

もちろん女子中学生や女子高校生ばかりではなく、若い女性の社会人の方であっても、そのような加工を楽しんでいるという人も多いです。

#(ハッシュタグ)を活用してみよう

せっかくですので、ハッシュタグを使ってタピ活のことをアピールしてみましょう。

このハッシュタグの何が良いのかと言うと、TwitterいやInstagramその情報について調べてみようと思った時に、検索ワードを入れるので、その時にハッシュタグと入れておくことによって、タピ活について興味がある人が色々と検索をしたりして探し当てることができます。

このハッシュタグに引っかかって行くことによって、それに興味がある人の目を引くところがあるのです。

このようなことからハッシュタグを活用することによって、よりそれに興味のある人に見てもらうことができます。

タピ活の事について興味を持ってもらうという意味では、そのような活用方法をしてみてはいかがでしょうか。

一言添えて楽しいを共有しよう

思い出は蘇って懐かしいなと思うところはありますが、そこに一言を添えていることによって、その当時の気持ちを呼び起こすことはできるかもしれません。

ですので一言を添えて楽しい思い出を共有してみましょう。

もちろん自分がこのように思い出すというのはもちろんのことですが、一緒にタピ活をした子たちと楽しい気持ちを共有したということも一言添えることで、共有する事ができます。

もし中学校や高校卒業しても、同窓会で会った時に、その写真を見て懐かしいという気持ちになることもあります。

みんなの投稿を参考にしてみよう

特にタピ活は初めてということであれば、どのように投稿したらいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

検索をしてみるとタピ活の投稿をしている人がたくさん出てきますので参考にしてみましょう。

みんなの投稿を参考するにすることによって、どんな風に投稿したらいいかが分かってくると思います。