お子さんがいない方にはピンと来ないかもしれませんが、小中学生のお子さんをお持ちの方や、それ以降のお子さんがいる方でもPTAについて一度は関わったことがあるのではないのでしょうか?

今回は学校で行われているPTAや、PTA活動などについて見ていきましょう。

子を持つ親としてPTAについて学ぼう

お子さんがいる方はもちろんのことですが、これからお子さんを出産される方も、この先に待ち受けているであろうPTAについて色々と学んでおきましょう。

子供の時は気づかない人も多いですが、このPTAの役員のお父さんやお母さんによって、学校生活もスムーズにいっていたところもあります。

今は共働き世代も増え、このPTAについては色々な論争があります。

ではここでPTAについて学んでいきましょう。

昔はよく分からなかったPTA

子供時代は学校生活や友達との関わりなどで忙しく、PTAの活動について注視をすることができなかったところがあるでしょう。

それもそのはずで、PTAで誰々さんや誰々君のお母さんが来ているという話になったとしても聞き流していたことが多いのではないのでしょうか。

それは子供がPTAについて、あれこれと意識をしたり決めるということがないからこそ、あまり印象になかったところがあります。

主に先生や親御さんが色々と協力をしあって、学校生活をスムーズにする手助けをしています。

それは年に2回程度発行される学校の新聞であったりバザーであったりと、PTAの親御さんの活動は様々です。

昔は何気に誰かのお母さんがいるという程度でしたが、このような形で親御さんも学校に関わりを持っているのです。

親がPTA役員だったという思い出も

中には親御さんがPTAの役員だったという方もいるでしょう。

地域性もあるので一概には言えませんが、のどかなところで個人商店をしているということであれば、自分の店の宣伝などで、ずっとPTA活動を行っているということもあります。

さらには立候補ではなく、クジなどで当たるということもあり、偶然クジに当たった親御さんがPTA役員だったという思い出がある方もいるのではないのでしょうか。

PTAとは?PTA役員に選ばれたら?

PTAは小学校入学から、特に入会手続きを踏んだことがないにもかかわらず入っているというところがあり、気が付いたらPTA役員選抜の話し合いに出向き、気がついたらクジで決まっていたというようなこともあるでしょう。

PTAについて聞いたことがあるとはいえ、いきなりクジで当たっては驚くと思います。

ではPTAとは何かについてや、PTA役員に選ばれたらどうしたらよいのかということを色々と見ていきましょう。

PTAとは


PTAとは、どのようなものなのかというのを見ていきましょう。

保護者と教職員の組織

PTAとは、保護者と教職員の組織のことを指します。

公立の学校は特にそうですが、教師だけの仕事だけでもかなりの量はあります。

そのようなことから親御さんの協力も一定数必要となり、大抵のところではPTAという組織はあります。

今は共働きのご家庭が多いことや、中には精神疾患をお持ちの方など、見えない部分での病気を抱えている方も多く、厄介者扱いをされやすいPTAですが、PTAも悪いことばかりではありません。

それは親御さんが学校の手伝いという形で学校の中に入り込むことによって、学校でどのようなことが行われているかや、親御さんの発言権を強くするところがあります。

もちろん学校ですので、そのようなことはあってほしくないですが、昨今は残念ながら教師という立場を利用して体罰のようなことがあったり、ひどく一人の生徒が傷つけられるようなことも起こっています。

ここで親御さんの目が入らないことにより、そのような関係性はこう着しやすい所があります。

しかしこのように第三者の目があることによって、問題点を詳らかにすることができます。

このようなことからPTAは決して悪いことばかりでもありません。

学校単位で形成される

PTAは基本的に、学校単位で形成されます。

PTAがない学校というのはあまりないと思います。

PTAはなんの略?

「Parent‐Teacher Association」の略で親御さんと学校の先生が協力し合う組織です。

Parentは親、Teacherは教師、Associationとは日本語訳で「協会」を指します。

PTAは必ず入るもの?


昨今は共働きの世帯もありますし、病気などでどうしてもPTAの役員が難しいという方もいるでしょう。

そこで気になるのは、PTAは必ず入らないといけないのかということです。

基本的にPTAは申し込んで入会するという形ではありません。

気が付いたらもうすでに、PTAに入っていたという状態になっていることでしょう。

義務ではなく強制力はない

基本的にPTAは義務ではなく、入らなかったからといって何か罰則があるというわけではありません。

ただ実情として子供がお世話になっているということや、一人で入らないということにより、親子共に差別を受けるのではないかと恐れていることから、そこまで乗り気ではなくてもPTAに入会し、抜けることなくそのままでいるケースが多いです。

なかなか実情ががつかめないところがあると思いますが、掲示板などでPTAのことに関する書き込みを見ていると、そのような傾向が多いようです。

PTAを抜けたいという相談をすると、PTAの行事に参加するなということを言われたり、卒業の時に記念品がある学校も多いようですが、その記念品を受け取るなということを言われることもあります。

さらには子供がお世話になっているのに還元することなく、お世話になりっぱなしで図々しいというような書き込みを目にすることもあります。

このようなことから、義務ではなく強制力もないのですが、周囲と上手くやっていくにはPTAを抜けるというような動きを見せることができず、渋々でもそのままPTAに所属し、役員も引き受けるという形になっていることが多いです。

ボランティア団体に近い

PTA活動は基本的にボランティアの要素が強いところがありますが、実情としてはあまり嬉々としてボランティアをしているというような感じでもありません。

ともすれば小さなお子さんがいるのにも関わらず免除をしてもらえず、小さなお子さんを抱えて無理やりにもボランティア活動のようなPTA活動をしているということもあります。

昨今は共働き家庭も多く働いていることを理由に、PTA活動の役員を免除するという動きもなくなってきました。

だからこそボランティア団体に近いにもかかわらず、皆がイライラしながら役員を押し付け合っているということが実情というところもあるようです。

ただその一方でお住まいの地域によっては、専業主婦の方が多いとか、教育熱心な親御さんが多いとかで、すぐに立候補で決まるような学校もあると言われています。

ですのでボランティア団体に近いのですが、ほとんどボランティアの体をなさないような学校があるということも事実です。

PTAの役員の決め方

PTA役員の決め方というのも、色々なものがあります。

PTA役員の決め方について見ていきましょう。

立候補

まずは立候補者を募るということがほとんどでしょう。

こちらは学校によりけりですので色々ですが、高学年になると重役を引き受けないといけなくなる可能性が高いということで、低学年や中学年ぐらいだと立候補の形が多いと言われています。

さらに言うと、何部に入るかというのも楽ができるかどうかという事も立候補が増える原因です。

具体例を挙げると新聞を作る広報部は人気だったりもします。

色々な学校があるので一概には言えませんが、広報部で写真を撮る時に運動会の時はトラックに入っても良いということから意外な人気があることもあります。

このように立候補を募りやすいようなところもある様子です。

推薦

推薦という方法で役員を決めるということもあります。

適任な方がいればその方が引き受けるというのが、スムーズです。

しかし推薦された側が喜んでいるかどうかというのもありますので、推薦されて喜んでいる様子がないということであれば、他の方法で決めたほうがいいのかもしれません。

くじ引き

立候補がなかったらくじ引きで決めるということもあります。

特に不人気な部であったり高学年くらいになると、必然的にくじ引きが増えるところがあります。

このくじ引きは広くPTA役員を決めるときに採用されているところがあります。

それはなぜかと言うと、公平だからと言えるでしょう。

ずるしにくいということであったり、仮にクジで決まってしまったとしても、不平不満が出にくいというところもあります。

クジで決まってしまったというのはもう運の問題ですので、自分のクジ運を呪うしかありません。

このように公平な決め方であるということで、くじ引きで決めるということが多いです。

PTA役員になったら?役員の仕事内容

ではPTA役員になったら、どのような仕事はあるのでしょうか。

色々な仕事があるので一概には言えませんが、PTA役員になった時の主な役員の仕事内容について解説していきます。

会長の仕事

一番責任のある仕事ですので、なかなか引き受けたい人がいないというところもありますが、中にはこのように物事を仕切るのが好きな親御さんも一定数います。

ですので引き受けたい人にとっては、とても魅力的な仕事なのですが、その一方でくじ引きなどでどうしても決めなくてはならないというような不人気な仕事でもあります。

会長の仕事は主に取りまとめの役ですので、中にはわがままを言う親御さんに苦しめられることもあると言われています。

ただ強制力があったり、そのようなわがままを封じるような気の強さがあるような親御さんだったら、生き生きとして会長の仕事をしていることもあります。

またどちらかと言うとPTAの会長はお父さんが勤めているケースも多いです。

副会長の仕事

副会長ですので、会長の補佐かと思われるところがありますが、いろいろなケースがありますが、色々と小学校のPTAのつながりなどの付き合いをすることがあり、何かと大変だと言われています。

その一方で中には、PTAの役員の中で副会長の仕事が一番楽だというような口コミもあるくらいですので、学校によりけりであったり、その人の適正であったりと、色々な要素があるのでしょう。

くじで当たってしまったということであれば仕方がないけれど、もし立候補を考えていたりするということであれば、その学校の副会長の仕事内容についての確認は必要です。

会計の仕事

会計のお仕事は、基本的にお金の管理をする仕事です。

基本的に会計の仕事は常に何かをするというわけではありませんので、その意味では楽な面もあるのですが、その一方でお金の管理がありますので、ある意味責任重大です。

学校にもよりますが、会計の仕事は何かとパソコンを使えた方が便利であったり、中にはパソコンの使用が必須であるケースもあります。

このようなことから会計のお仕事については、パソコンが使えた方が良いかもしれません。

書記の仕事

書記の仕事も、基本的なパソコンスキルが必要になることがあります。

また会議の議事録などを作ることもあると言われています。

もちろん手書きでも何とかなるところはありますが、基本的にパソコンがあった方が楽だと思います。

仮に立候補を考えているということであれば、書記の仕事がどのようなものか確認しておいた方が良いでしょう。

中にはPTAの書記の仕事はそんなに難しくなく、ただ役職がついているだけというような学校もあるようです。

このようなところだったら、仮にPTAの役員をさっさと済ませたいとか、重役を引き受けたくないということであれば、書記の仕事を立候補にしてPTAの役員選抜から解放されるということも一つの手です。

会計監査の仕事

会計監査の仕事は、不正を見破ることを期待しての役員であるところがあります。

大抵の場合は一人ではなく、二人以上を任命されるケースが多いです。

ただ大抵の場合はいきなり会計監査に任命されることは少なく、多くの場合はPTA役員経験者から選ばれます。

だからこそPTA役員をさっさと済ませて、あとはお役御免になりたいと思っている方には向いていないところがあります。

会計監査ですので、そんなにPTA役員としてたくさんの活動をするということはないケースも多いですが、基本的に責任は重大です。

PTAに入るデメリット

共働き時代の方や、病気の方などにとって悩みの種になりやすいところですので、PTAに入るデメリットについて色々と知っておく必要があります。

最近は共働きの世帯の方も多いですし、中にはあまり公には言いたくないけれどPTA活動に辛く感じる方もいると思います。

そこでPTAに入るデメリットについて見ていきましょう。

生活の中の負担が増える

たとえ専業主婦世帯の方であっても、生活の中で負担が増えることは事実です。

特に専業主婦の方であれば、小さなお子さんがいるご家庭も多いのではないのでしょうか。

最近は共働きの方が増えてきたことから、昼の集まりというのが少なくなってきつつあります。

どちらかと言うと平日の夜であったり、土日の昼間であるというケースも多いです。

平日の夜は特にご主人が帰ってこれるということであれば、ご主人とバトンタッチをして集まりに行くということもありますし、ご主人の帰りが遅いということになれば夜の会合にも子供を連れていくという形になります。

特に未就学児のようなお子さんであれば、夜の集まりというのは負担になりやすいです。

このようにどんな世代であっても、基本的に生活の負担が増えるということは否めません。

会議などの拘束時間がある

PTA活動により苦しめられることというのは、会議などの拘束時間についてです。

共働き世代の方については、このような拘束時間があるということで、時間の確保が難しく役員を引き受けたくないというところがあります。

病気の方であればこの拘束時間というのが、心身ともに辛く感じられるということがあるのです。

このようなことからPTAの活動について、しんどく感じるという方は多くいます。

さらには女性はどちらかと言うと、話好きな方が多く、なかなか帰れないこともよくあると言われています。

ですので会議の時間の拘束時間もデメリットなのですが、その一方でその後の話などに付き合わないといけないということで、さらに拘束時間が延びるということもあるようです。

人間関係などのトラブル

PTA活動はボランティア団体ということで、穏やかな人間関係が結べたらそれが一番いいのですが、人間関係のトラブルは避けられません。

基本的にPTA活動はボランティア団体にも関わらず、かなり強制力を感じさせるような一面があります。

どちらかと言うと、私たちも活動しているのに、あの人は全くやらないというのはずるいという心理が働くというところもあり、子供がお世話になっていることや子供が仲間外れになることを恐れて、本当は嫌だけどやっているということもあるのです。

だからこそ強制的ではないとはいえ、強制的な感じがすることから、精神的な歪みが生まれ、人間関係にトラブルが生まれることがあります。

さらにはどうしても親御さんと相性が合わないということもあるでしょう。

そのようなことでトラブルになるということは非常によくあることなのです。

面倒ごとを押し付けられる

基本的に役員仕事というのは、色々な仕事がありますが面倒なことも多いです。

そのような面倒な仕事を押し付けられるということで、しんどく感じている人もいます。

利益を生む企業ではないので、どうしても効率化が難しいところがあります。

中には効率化をしようと動くと、従来のままでなぜいけないのかというような反対勢力が動くこともあります。

基本的にPTAや子供会などは親御さん同士の集まりということもありますし、地域の集まりであるということから、穏やかに穏便に済ませたいという思いがあり、面倒くさくても荒波を立てないように仕事をこなしていくというところがあるようです。

仕事との両立が大変

専業主婦の方やシフト制で変更しやすいようなパートの方を除くと、仕事との両立が大変になります。

特に正社員であったり、フルタイムの仕事をされている方であれば、そのような両立は難しいかもしれません。

中には仕事の関係でどうしても来られないという方もいますが、冷たい目で見られてしまうこともあります。

このようなことを見ると、仕事との両立を何とかしなくてはいけないことから大変になるところはあります。

PTAに入るメリット

ではPTAに入るメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

ついついデメリットの方にばかり目が向いてしまいますが、もちろんPTAに入っていることによって良いこともあります。

ではPTAに入るメリットについて見ていきましょう。

学校事情に詳しくなる

未就園児のお子さんがいる方にはピンと来ないかもしれませんが、だんだんと親の目が届かないところで子供は行動をしていくようになります。

幼稚園や保育園がその始まりですが、小学校などにおいては人間関係のトラブルなども徐々に出てくるけれど、親御さん自身が目にしていないことから、どのように対処したら良いのかが分からないところもあります。

またよくあるケースとしては、話を聞くだけでは「何でこうなんだろう?」と思うこともあるけれど、実際に目にすると納得をするということもあります。

実際に目にするのと、誰かからお子さんから話を聞くというのは印象が違うことも多いです。

実際にPTA役員になると学校に行って作業をするということもあることから、学校の様子を実際に目にすることもあります。

中には実際にお子さんが、体育の授業を受けているところを見ることができたり、移動する瞬間を見ることができるということもあります。

そして他の親御さんから話を聞いたりすることもできますので、学校の事情に詳しくなります。

知り合いや友達が増える

PTA役員をすることにより、一番のメリットはやはり知り合いや友達が増えることです。

知り合いや友達がいるというのは、いざという時に非常に心強いものがあります。

もし付き合いが苦手で友達を作るのが苦手ということであれば、少なくとも知り合いを作るためにも、このような役員などの集まりに参加してみるのは一つの手です。

さらには持ち家をお持ちだということであれば、町内会などもあるでしょう。

そのようなオフィシャルなところに属するすることによって、いざという時のネットワークもつくることができます。

PTA役員もそのような一役買ってくれるところがあるのです。

子どもとの接点が増える

また学校に出向いたりすることもありますし、子供が参加する行事に参加するということもありますので、子供との接触が増えます。

親御さんが見ているところは、基本的に家でのお子さんの様子だったりしますが、学校でのお子さんを見るというのも新鮮です。

家だとダラダラしていてこの子は大丈夫なんだろうかと思っていても、学校だとしっかりしているというケースも多いようです。

中には勉強ができたりと学校で頑張っているタイプのお子さんだと、逆に家だとダラダラして息抜きをしているというケースも多いようです。

ですので「うちの子大丈夫かな?」と思っていたら、学校では頑張っていたというような話を聞くことができたり実際に目にすることができます。

学校行事などに意見できる

学校行事に意見することができるというのも、PTAの大きな魅力です。

学校行事も色々とありますが、中にはちょっと意見をしたいと思うこともあるでしょう。

そんな時にPTAの役員として活躍していたり、実際に学校に出向くことが多かったりすることで、意見をしやすいというところがあります。

やはりPTAの良いところは、このような発言権の強さにあります。

PTAというと面倒くさいというようなことが思われるところもありましたが、とある掲示板で、PTA活動をなくすことによって結果的に思うことがあっても意見をしにくくなったり、親御さんの発言権が弱くなったりしたというようなことを目にしたことがあります。

やはり学校に実際に行って、学校の様子を目にする親御さんがいたりするのは重要なことなのでしょう。

さらには実際に活動することから、発言権が生まれるというところもあり、そのようなことからPTAは親御さんの発言権を強くするために一役買っているところがあると言われています。

先生たちと仲良くなれる

確かに先生だから生徒には平等に接しないといけないというところもあるでしょうし、どのようなお子さんに対しても、先生方は日々平等に接するように頑張っているところもあるでしょう。

しかしやはり先生も人間です。

親御さんが学校に出向いたりPTA役員の仕事を手伝ったりしていることによって、一目置くということはやはりあるでしょう。

そこからだんだんと先生と仲良くなったりするということもあります。

基本的に平等に接するようにはしていると思いますが、このように仲良くなるということで、ちょっとお子さんに多く目をかけてもらうようにお願いすることもできます。

PTAについて理解は深まりましたか?

色々家のメリットデメリットがあるPTAですが、知識は深まりましたでしょうか?

基本的にもし共働きをしていたりということであれば、低学年のうちにできそうなものを早く済ませておくというのがおすすめです。