評論家の仕事で最も大切なことは、社会を良くしていくことに貢献できる見識を発信し、世間の人々から信頼される存在になることです。

評論家とは、物事の価値や善悪、優劣などを批評して、論じる人を指します。

批評とは、物事の是非などを指摘して評価することです。

評論家は単に批判をするのではなく、物事の“最適解”を社会に示す見識を備えていなければなりません。

また、物事の本質を客観的に見抜き、適正な評価をするための深い専門的な知識と人間的な資質が求められます。

評論家は、日本だけにある職業で、海外では見られません。

日本には、世の中の様々な分野に評論家が居て、それぞれ批評する立場から、テレビや新聞などのメディアを通して、色々な見解を放っています。

評論家は、本来は公正中立の立場であるべきです。

しかし、評論家の中には、自己主張を優先するあまり、建設的な考えを述べずに、批判者に終始する人もいます。

世の中の様々な出来事が、より良い方向に進展するために貢献する批評を発信する人が、あるべき姿の評論家と言えます。

評論家自らが得意とする分野の専門知識をもとに、適正な批評ができるように、自己研鑽を続けていくことが求められる職業です。

また、評論家自身の好みや価値観を優先せずに、あくまで公正中立な意見を述べる心掛けが大切です。

評論家の意見は、世の中に大きな影響を与えることが多々ありますので、慎重に吟味して意見を述べる真摯さを備えていなければなりません。

軽はずみに安易な意見を述べることは控えなければなりません。

評論家を目指す人は、評論家のあるべき姿と、テレビや新聞などのメディアで批評を論じている評論家の実像とを比べて観るべきです。

評論家になるのはハードルが高い?


世の中には様々な職業がありますが、評論家という仕事は、ハードルの高い職業の1つと言えます。

評論家になるためには、自分の得意な専門分野の知識や仕事の経験を深めることが必要です。

専門分野に関する知識を、日々レベルアップさせる前向きさが求められます
物事を批評する際には、個人的感情や嗜好を入れずに、公正中立な批評に徹する沈着冷静さが必要です。

また、世の中の発展に貢献できる斬新な先見性を備えていることも大切です。

評論家の職業は、自身が発信した見解が世の中に大きな影響を及ぼすことが多々あります。

一方、自身が発信した批評に対し、反論や批判を受けることもあります。

批判や反論を受けても、相手を説得できるだけの深い知識と論理的な組み立てに裏打ちされた考えをシッカリと持つべきです。

更に、物事の本質を見極める幅広い観察眼も備えていなければなりません。

世間に向かって説得力のある評論家になるためには、自身の専門分野で実際に仕事の経験を積んでおくことです。

頭の中での単なる知識だけではなく、仕事の経験を踏まえた批評であれば、大きな説得力が付加されることになります。

評論で扱う物事が現在だけではなく、将来にわたっても重要であるなら、先を見通した適切な意見を述べるための先見性や深い洞察力を身に付けていなければなりません。

若い評論家が増えてきた

今の社会では、多方面にわたって様々な出来事や事件が日々発生しています。

世間が注目するような事件が発生すると、テレビや新聞などのメディアが挙って、評論家に意見を求めてきます。

閉塞感に包まれた日本の社会の中では、自由に意見を述べることの出来る立場にある職業は限られており、評論家は、その1つと言えます。

今では、評論家の活躍の場がテレビやラジオ、新聞に留まらず、ネット動画などインターネットの情報交換サイトにまで拡がっています。

若者を中心としたインターネットの情報交換サイトで、若者の感性に響く意見を発信することで名前が知れ渡ると、一躍、世間の注目を浴びるようになります。

ケースによっては、テレビなどメディアに引っ張りダコになり、有名タレント的な注目度を持つに至ることもあります。

こうした、インターネット社会を反映して、自らの専門知識を活かした見解を発信する場が広がりを見せています。

こうした状況を反映して、評論家という職業を目指す若い人が増えています。

一方、評論家が発した批評に“責任を持つ”ケースは多くありません。

このことから、評論家の仕事は、他の仕事に比べると、リスクの少ない職業と言えます。

また、評論家の中には、フリーランスの立場で仕事をする人が多いため、他の職業に比べて、職場の人間関係に惑わされることも少なく、若い人にとっては、注目される職業と言えます。

テレビやネット動画で知名度を上げている

評論家にとって、批評を発信するメディアの場が、従来に比べて大きく広がってきました。

特に、様々な年代の人が観るテレビや若者を中心としたネット動画では、斬新な批評を展開する評論家が知名度を上げています。

自由に意見を述べる著名人が少なくなっている今の日本社会の中では、評論家が発信するコトバに世間は注目します。

若い評論家はメディアを上手く活用して、自身の知名度を上げています。

テレビやネット動画で知名度を上げることで、有名タレント並みの注目を浴びることもあります。

若い評論家はテレビ映りも良いことから、引っ張りダコになるケースもあります。

評論家は自身が発信した批評に“責任を持つ”ケースが少ないため、リスクの少ない職業と言えます。

また、評論家の中には、自己保身を最優先に考えて、自身の立場が不利にならないように批評を変えるケースもあります。

評論家はどういう仕事?


評論家に求められることは、社会で起きた問題を解決に導くための糸口を示す批評を述べることです。

世の中が抱えている問題の解決や、社会の発展に貢献できる建設的な意見を述べることの出来る、深い洞察力と見識を備えた評論家が求められています。

また、評論家の中には、フリーランスの立場で仕事をするケースが少なくありません。

このため、仕事の依頼が沢山くるようにするために、“世間受け”する批評をする評論家がいます。

しかし、このような安易な姿勢を慎むように心掛けるべきです。

評論家は、自ら積み上げてきた知識と経験に裏打ちされた批評を行い、自身が発した意見に責任を持つ真摯な姿勢を貫くことで、社会から信頼される評論家になっていくのです。

評論家の仕事は、物事を観る視点が大切になります。

観る視点によって、批評が全く異なってきます。

例えば、消費税の増税について、政治に携わる立場の視点からは、安定した政治を続けるためには必要とする批評をするでしょう。

しかし一方、主婦の立場の視点からは、家庭生活への圧迫から、増税は控えるべき、という批評をするでしょう。

評論家は、単に知識を蓄えるだけではなく、どの立場で発言するかを見極める適正な判断力が求められます。

評論家の発言は社会への影響力が大きい事を忘れてはなりません。

ですから、公正中立で慎重な考えに基づいた批評ができる姿勢を身に付けなければなりません。

様々な分野にいる

海外には、評論家という仕事がありません。

評論家という職業が存在するのは、日本社会の独特な面を表わしています。

閉塞感に包まれた日本社会の中では、自由に批評が出来るのは、評論家のみと言えます。

しかも、社会の様々な分野に評論家が存在しています。

世の中の出来事1つを捉えても、評論家によって観る視点が全く異なるケースが少なくありません。

このため、批評する発言内容も異なることは日常茶飯事です。

どの評論家の意見を受け入れるか、聞く側の適正な判断力が求められます。

評論家の批評を見聞きする人々は、評論家の意見を“鵜呑み”にせずに、冷静に判断できる情報を身に付ける必要があります。

また、評論家の仕事では、世の中の色々な問題について、解決の糸口となる、“最適解”を示すことのできる、深い見識を備えていなければなりません。

いろいろな別名がある

評論家が得意とする専門分野によって、別名で呼ばれることがあります。

別名を使うことで、評論家が得意とする専門分野を、一般の人に分かり易くしている面があります。

例えば、経済分野であれば、経済評論家を「エコノミスト」と呼ぶことも多々あります。

また、政治の分野であれば、政治評論家を「政治アナリスト」と呼ぶこともあります。

「評論家」という呼び名で、一括りにせずに、専門分野をイメージし易くするために、別名で呼ぶことは便利な面があります。

評論家が批評を求められる場面が多岐に亘るため、テレビなどのメディアに登場する場面によって呼び名が使い分けされます。

報道番組でのワイドショーでは、「コメンテーター」と呼ばれることがあります。

また、世間を騒がす出来事を扱うテレビ番組では、評論を述べる人を「有識者」と呼ぶことも多々あります。

評論家がテレビなどのメディアに登場する機会が多くなっているため、番組の趣旨に合わせて呼び名が使い分けされているのです。

批評家

批評家は、批評することを職業とする人です。

「批評」の意味には、物事の是非や善悪などを指摘して、評価を述べるとあります。

「批」には、是非や良否を決めるという意味があります。

また、「評」には、物事の是非や善悪を論じることとあります。

批評家という呼び名が使われることは多くありません。

“批評”というコトバのイメージからは、“批判をする人”という印象を与えることがあり、批評家自身にとっても、好ましいことではありません。

テレビの報道番組などでも、批評家が登場するケースは少ないと言えます。

批評家と評論家の違いは、色々な見方があります。

批評家は、物事の状況を批判的な視点で捉えて論じる傾向があります。

一方、評論家は、物事の状況を多面的に捉えて、肯定的な視点と同時に否定的な視点で論じる傾向があります。

コメンテーター

コメンテーターとは、テレビのニュースやワイドショーなどに出演する解説者を指します。

コメンテーターは、番組で取り上げられる出来事について是非の見解を、視聴者が理解し易い言葉で解説する役割を担います。

評論家がコメンテーターとして評論を述べる際には、色々な配慮をします。

つまり、ワイドショーの番組はスポンサーのお蔭で成り立っています。

ですから、評論家がコメンテーターの立場で意見を述べる際には、スポンサーの意向と番組が目指す“落としどころ”を考慮しなければなりません。

つまり、コメンテーターとして見解を述べる際には、評論家自身の考えを、そのままコトバにせずに、“落としどころ”に沿った見解に配慮する必要があります。

コメンテーターは、番組の趣旨に沿った解説をする心掛けを求められます。

アナリスト

アナリストは直訳すると、分析家です。

専門分野に特化し、精通した知識をもつ評論家を指します。

政治や経済の専門分野で、アナリストという呼び名が多く使われています。

政治、経済に関する評論の意見は、社会に与える影響が大きいため、専門分野に精通した幅広く深い見識が求められます。

ですから、アナリストという呼び名が使われるのは、特に精通した知識を基にした評論家を指すときに使われる傾向があります。

資格試験があるわけではない

評論家になるための国家試験がある訳ではありません。

自ら“評論家”と名乗り、世間に知ってもらうことが必要です。

一般的には、大学の教授や研究員が、自らの高い専門知識を活かして、評論家として世間に名前を知ってもらうことから始めるケースがあります。

つまり、評論家に求められる知識は専門分野ごとに多様化していますので、資格試験という一律的なレベルの線引きが出来ません。

自称で名乗って良い

評論家には、大学の教授や研究者が本業であるケースが少なくありません。

大学教授が“二足のワラジ”として、“評論家”を自称し名乗ることもあります。

テレビなどのメディアに登場する頻度が増えるに従い、“評論家”としての知名度が上がってきます。

世間における認知度が次第に高まるに従い、自他ともに認められる評論家としての立場が確立されていきます。

フリーランスの人が多い

評論家として、物事の是非を評価して見解を述べていくためには、“縛りの無い”自由な立場であるフリーランスを堅持することが賢明と言えます。

何らかの組織に属すと、組織の方針による“縛り”が生じます。

縛りがあると、評論家自身の考えに基づく意見を自由に述べることが難しくなります。

ですから、フリーランスの立場で自身の意見を自由に述べる評論家が多いと言えます。

評論家になるためにはどうする?

評論家になるためには、世間の人々が納得するだけの専門分野の深い知識や経験を積み重ねることが必要です。

自分が興味を抱いている分野について、大学で専門知識を身に付ける方法が一般的です。

大学で身に付けた専門知識に仕事の経験を通して、実践で培ったノウハウを加えることで、奥深い知識となっていきます。

実践に裏打ちされた知識を基にすることで、物事の是非を見極める判断力の的確さが一層増してきます。

的確な判断力により見極めることで、説得力をもった見解を述べることが出来るようになります。

評論家の意見は、社会に大きな影響を及ぼすことが多々あります。

ですから、評論家になるためには、人一倍の努力の積み重ねにより、知識を深める取り組みと、多くの経験を積んでいく真摯な姿勢が必要です。