休日が楽しみな人が多くても、「楽しみがない!」と言うこともありますよね。

また、普段は仕事人間で生きているために、どう楽しんで良いか分からないということもあるのではないでしょうか。

人生は一度きりです。

楽しみがないようでは、生きている意味がない取っても良いのではないでしょうか。

どうせなら楽しんでいきたいものですよね。

ですが、そうは言っても、と思われる方もいるでしょう。

人生は楽しむべきものだと思っていても、楽しく感じられないこともあるのです。

楽しく生きる方法が分からない方もたくさんいるでしょう。

「楽しく生きる」ことは意外と難しいと思っている方さえもいるかもしれません。

楽しく生きるというのは、「楽しく生きよう」と思って楽しく感じることができるものではないからです。

それでは、人生に楽しみがないと考えている方はどうすれば良いのでしょうか。

人生に楽しみがないのはどうしようもないのでしょうか。

楽しいがない人が試すべき方法や楽しみがない人の特徴についてまとめてみました。

️楽しみがないなら試すべき18個の方法

 世の中には、「楽しんで生きる」ことがなかなかできない人もいます。

楽しむというのは決意して行うことではありませんし、何をしても楽しくないと思ってしまったのなら、なかなかそこから抜け出すことはできないでしょう。

ですが、だからと言って、楽しんで生きることが嫌な人間はいます。

楽しくないよりは楽しく生きる方が良いと思う人の方が多いからです。

それでは、楽しみがない時にはどのようなことをすれば良いのでしょうか。

楽しみがない時に試す価値のある18の方法や考え方について見てみることにしましょう。

少しでも自分にできそうなことがあったら、試してみてくださいね。

1.深く考え過ぎない


 人生を楽しみたい方は、あまり深く考えすぎないということが大切です。

あまり物事を深く考えすぎると、絶望的な気分になってしまうこともあるでしょう。

確かに生きて行く上では色々なことを考えることは必要です。

あまり呑気に生きているようでは、人生の中で成功することはできないかもしれません。

ですが、深く考えすぎてしまうというのも問題がありますよね。

楽しい物事を前にして純粋な気持ちで楽しむことができずに「これは本当に楽しんで良いものなのだろうか」などと考えていると、それを本心で楽しむことはできなくなってしまいます。

物事について深く考察することは必要ですが、それが時には人生を楽しむ枷になってしまうこともあります。

状況を良く見て、純粋に楽しまなければいけないような場面では、あまり深く物事を考えないようにしましょう。

オンとオフの切り替えをしっかりして、オフの時には頭を休ませてあげることも必要ですよ。

2.ポジティブになる

 人生を楽しむコツは、とにかくポジティブになることです。

ネガティブシンキングの方は、人生を暗い方向にばかり考えてしまうので、楽しみを見つけることができないでしょう。

一方で、ポジティブシンキングの方なら、あまり落ち込んだりすることがありません。

人生の暗い面ばかりを見てしまうようなことがないので、常に明るい気持ちでいられることができます。

常に明るい気持ちでいるというのはとても重要です。

明るくてオープンな気持ちになっているときには、楽しいものを見つけやすいのです。

気持ちが元々明るいので、テンションが上がりやすくもなるでしょう。

ネガティブに考えてしまっているとこには、元々の気持ちが暗くなっているので、「楽しい」と思えるほどにテンションが上がるまでにはエネルギーが必要となってしまいます。

常に明るい気持ちでいられるようなポジティブな人になることで、人生を楽しいと思えるようになりますよ。

3.飲み会に参加する


 面倒くさいからと言って飲み会に参加しないことに決めている方もいるでしょう。

飲み会は難しいもので、心から楽しむことができる人もいれば、それを苦痛に感じてしまう人もいますよね。

ですが、全ての飲み会を断ってしまうのは人生を損しているでしょう。

飲み会では、人の普段は見ないような面を見ます。

そうした人の新しい面を見ることで、人間関係が楽しくなってくることもあるでしょう。

人との関係が楽しいと思えるようになると、人生の楽しみも増えます。

なぜなら、人間は、他の人間と関わっている時間が圧倒的に多い社会的な動物だからです。

自分の人生の彩を決める一つの要因が人間関係なのですから、時には飲み会に参加して、人間関係を楽しくする要素を見つけるようにするのも良いですよ。

4.自分から誘ってみる

 時には自分から人を誘ってみても良いですね。

いつも人からの誘われ待ちの状態では、そ触れなかったときに落ち込んでしまいますし、本当に自分がしたいことをできないでしょう。

時には勇気を出して自分から他の人を誘ってみることで、ホントにしたいと思っていることを、本当に好きだと思える人と一緒にすることができるのではないでしょうか。

人生の楽しみは自分で獲得しなければいけません。

本当の楽しみを得ようとするのなら、自分からそ去ってみることも必要だと言えそうですね。

5.やりたいことをやる

 楽しいと思えるようになりたいのなら、やりたいことを思い切りするのが一番です。

普段は周囲に合わせて、本当にしたいことをできない状況にあるかもしれません。

ですが、それではストレスが溜まってしまい、「楽しいと周りが思っていること」を無理やり楽しいと思い込んでいるにすぎません。

本当に自分がしたいことは何なのだろう?と思ったときに、一番に思い浮かんだものを実行してみれば、おのずと人生の楽しさに着いても分かるのではないでしょうか。

例えそれが、「散らかった部屋をぴかぴかに磨くこと」のような仕事に近いようなことだったとしても、自分が本当に望んでいることをできたというだけで、楽しいという感情が湧き上がってくるはずですよ。

6.行きたい場所に行く

 行きたい場所に行ってみるのも良いですね。

行きたい!とずっと熱望していたところに行くと、その光景に感動して自分の気持ちが熱くなっていることを感じるはずです。

また、熱望していた場所ではなくても、ふらっと足を伸ばしてみるような気儘な旅であっても、思いがけない良いものに出会うことができるかもしれません。

旅行と言う大掛かりなものでなくても良いのです。

ふらっと散歩の延長のような形で日帰りで、言ってみたかった場所に行ってみると自分の心が満たされているのを感じるでしょう。

もちろん、時間とお金に余裕があるのなら旅行に行ってみても良いですね。

7.気になるものに触れる

 気になるものに触れるというのも人生を楽しむためには必要ですね。

この「触れる」と言うのは挑戦してみるということでもありますし、少しその世界に入って見るということでもあります。

何かに挑戦したり、その世界を垣間見てみるというのは勇気のいることですよね。

「どうせ自分には理解できない」「自分にはできない」と思ってしまうのは自然なことで。

ですが、気になっているのなら、その世界に触れてみると楽しいと思えることが増えるでしょう。

意外とその世界に触れてみたら、そこが自分の生きるべき世界であったということもあるかもしれません。

8.積極的に行動する

 本当に人生を楽しみたいのなら、積極的に行動しましょう。

消極的に動いているようでは、自分の生きている世界から抜け出すことはできません。

自分の世界を出て、新しい世界に触れるのは怖いと同時に楽しいものです。

心がワクワクするでしょう。

消極的だという自覚がある方は、まずは勇気を持って一歩踏み出してみてください。

9.自分から話しかける

 人間関係で楽しいことを見つけるためには、自分から声を掛けてみることも必要です。

誰だって人間関係を築くのは難しいと感じているものなのです。

初対面の人と話すときに緊張するのも同じでしょう。

人生を楽しみたいと思っている方は、他の人ができてくれるのを待つのではなく、自分から話しかけに行ってみることも大切です。

10.趣味を見つける

 人生を楽しむというと、一番に趣味が浮かびますよね。

趣味があれば人生は楽しくなります。

一方で、趣味を見つけるのは難しいと思っている方もいるでしょう。

趣味はそう簡単に見つけられるものではありませんからね。

ですが、趣味が生きがいだと言う人もいますし、趣味があるからこそ仕事を頑張ることができると言う人もいるのです。

まずは自分の興味がある分野を覗いてみることから始めましょう。

趣味を見つけて、そこの世界に浸ることができれば、楽しみがないという気持ちなど消えてしまうはずです。

 

11.体力・筋力をつける

 楽しむというのはエネルギーを必要とすることでもあります。

基礎的な体力や筋力がなければ、自分の思っているように楽しむことはできないでしょう。

しっかりと楽しいことを心行くまで楽しめるように、ある程度の体力と筋力を付けてから、楽しいと思えることに望むようにしましょう。

体力ができると、自然と自分ができることも増えていきます。

体力がついたことで、本当に楽しいと思えることに出会えるようになるかもしれません。

12.周りの目を気にし過ぎない

 日本人は特に「和」の世界で生きていますから、周囲の目を気にしてしまうことが多くあります。

それは、ある程度社会生活を生きる中では必要なことではあります。

ですが、その一方で、人に縛られ過ぎて自分のしたいことができないということもあるのではないでしょうか。

周りの目を気にすることが必要でないとは言いませんが、それで自分の行動を制限してしまっては、楽しいと思える世界に行くこともできないでしょう。

13.反省や後悔はほどほどにする

 人生の中では反省や後悔をすることはもちろん大切です。

しっかりと反省をしていなければ失敗を活かすこともできませんし、周囲の人からも迷惑な人扱いされてしまうでしょう。

ですが、反省や後悔は、いわば過去を見るような行為です。

そして、それを悔いているのですから、自然と気持ちは落ち込む方向に進んでしまうでしょう。

確かに反省は必要ではあっても、ずっと反省している必要はありません。

ある程度反省をしたら、すぐに前を向くようにしましょう。

人生を楽しむためには、あまり過去を見ないことも必要です。

特に、過去の失敗にとらわれてしまっているような状態では、今の自分を楽しむことなどできないでしょう。

反省や後悔はほどほどに、今や未来に目を向けることも覚えましょう。

14.交友関係を広げる

 交友関係を広げてみるというのも良いアイデアです。

交友関係は広ければ広いほど、自分の世界が広がって、知らなかった世界を知ることになりますよね。

世界が広がるというのは楽しい経験です。

今まで自分が知らなかった楽しみを知ることができるようになりますし、親友と呼べるような人間に出会うこともできるかもしれません。

初めての人と話すのは緊張することもありますが、交友関係を広げることで得られる人生の楽しみは、なかなか他のもので代用することはできません。

また、得難い友人を一人増やすことができるというのも貴重な経験ですね。

15.忙しくても自分の時間を作る意識を持つ

 忙しい時には自分の時間を作ることができないでしょう。

自分のことよりも仕事や勉強で忙しくて、楽しむという意識もなくなってしまうかもしれませんね。

ですが、これでは、自分の頭の中がパニックになり息苦しくなるだけです。

忙しい時にこそ、少し自分の時間を作る意識を持ちましょう。

忙しい時には一分も自分のためには裂けないと思われるかもしれません。

ですが、例えば5分だけでも好きな曲を聞いてみるなど、自分自身のために時間を使うことができれば、忙しい中でも楽しみを持つことができるのではないでしょうか。