結婚式の招待状が届いた!お呼ばれマナーや招待状の返信はどうすればいいのだろう?当日の振る舞いも気になる!など初めての人には疑問がたくさんあると思います。

結婚式は出席するのが嬉しいと同時に、慣れないと心配になります。

今回は素敵な大人の女性になれるよう、結婚式お呼ばれマナーについて招待状の返信から当日の振る舞いまでご紹介します。

結婚式の招待状が届いた!さてどうする?

結婚式の招待状が届いたら、まず開封して日時や場所を確認してください。

ゲストの席次や食事、引き出物などを決める加減で結婚式の招待状の返信はできるだけ早い方が喜ばれます。

結婚式の招待状が届く前に新郎新婦から打診があるかとは思いますが、もう一度結婚式の招待状を確認しましょう。

そして、何も予定が入っていないかどうかを確認してください。

仕事の急な呼び出しはないか?友達との予定は入れていないか?親戚関係の予定はないか?など確認しておきたいことはたくさんあります。

子供がいる人は、当日子供を預けられる先を確保してから出席の返事をするようにしましょう。

せっかくのおめでたいお誘い、できるだけ参加しましょう

結婚式はせっかくのおめでたいお誘いです。

できるだけ参加するようにしましょう。

結婚式にお呼ばれするということは、それだけ新郎新婦と親交があったということです。

結婚式は席次の都合上、呼びたいゲストを全員呼べるとは限りません。

それでも招待があったのだから、できる限り出席するのが理想的です。

新郎新婦にとってはとても大切な場です。

一緒になって結婚式をお祝いすることができれば、一番理想的だと思います。

どうしても仕事などで都合が付かない場合は、欠席の返信を

どうしても仕事などで都合が付かない場合は、欠席の返信をしてください。

結婚式も大事ですが、仕事で大事なプロジェクトを任されていたり、責任者だったりすると抜けにくい時期があります。

どうしても難しい場合は、お詫びした上で欠席の返信をしましょう。

欠席の返信をそのまま送り返すのではなく、ワンクッションおいて前もって新郎新婦に伝えることで角が立たないようにできます。

一番良いのは新郎新婦に会って欠席することを謝ることですが、難しい場合は電話で欠席することを謝ってから招待状の返信をしてください。

「結婚式おめでとうございます。申し訳ないのですが、どうしても仕事で責任者を任されていて都合がつかないので欠席させていただきます。」といった感じで、お祝いの言葉とどうしても参加できないことを伝えれば大丈夫です。

直接会うときは結婚祝いを渡し、電話で伝えるときは後日早めに結婚祝いを渡すようにしてください。

招待状への返信の仕方のポイント5個


招待状への返信の仕方のポイントを5個紹介します。

招待状の返信のハガキは「自分がどれだけマナーを身に着けることができているか?」を推し量るアイテムでもあります。

ポイントを身に着け、受け取った新郎新婦が嬉しくなるような返信ハガキを目指してください。

結婚式はフォーマルな場です。

友達に書く手紙のノリで返信すると、ちょっとしたミスを起こしてしまいがちです。

タメ口でお祝いメッセージを書いたり、消すべき箇所を消すことができていなかったり、一言もメッセージがなかったりするのはあまりよろしくないです。

きちんとポイントを理解し、自分のイメージをアップさせるように頑張りましょう!

なるべく早く、1週間以内に返信しよう

結婚式の招待状はなるべく早く、1週間以内に返信するようにしましょう。

出席の場合は早めに、欠席のときは1週間後くらいがいいです。

早々に欠席のハガキを返信すると、最初から参加する気がなかったのかなと誤解されかねません。

新郎新婦は結婚式の準備として、席次、コース料理の内容、結婚式当日の流れ、引き出物、お互いの衣装、席次表など紙グッズの作成など様々なことに時間を取られます。

なるべく早く返信することで、新郎新婦の準備をサポートすることができます。

さらに、新郎新婦の門出となる結婚式をお祝いしている気持ちが伝わります。

返信期限のギリギリだと、本当は参加したくなかったのかな?と悲しい気持ちにさせてしまう可能性もあります。

結婚式の招待状を受け取ったら、まずはLINEやメールでお祝いのコメントとお礼を入れるといいです。

そして、後日早めに返信するようにしてください。

LINEやメールを入れる時点で参加がハッキリしないときは、その旨も伝えておくといいと思います。

グレー色のペンで書くのは絶対NG!

結婚式の返信ハガキをグレー色のペンで書くのは絶対NGです。

グレー色は不祝儀を思わせるので、絶対に使わないようにしましょう。

同じ理由で、エンピツやシャープペンシルで書くのも絶対NGです。

結婚式の返信ハガキを書くときに使う筆記用具、一番フォーマルなものは毛筆(筆ペンも含む)もしくは万年筆です。

新郎新婦は結婚式の返信ハガキが黒字で書かれていれば、仮にボールペンで書いていたとしてもほとんどの人が気にしません。

送る側の気持ちとして、知っておいたほうがいいと思います。

結婚式の返信ハガキ、書く前に筆記用具の確認を忘れないようにしましょう。

「、」や「。」を使わない

結婚式の返信ハガキは「、」や「。」は使いません。

おめでたいことには区切りとなる終止符は使わないとされています。

「、」を使いたいときは、ほんの少しスペースを入れると見栄えがよくなります。

結婚式の返信ハガキに書くメッセージ、ついつい長くなりますが「、」や「。」を使わないように気を付けてください。

あらかじめ書きたいメッセージだけ下書きしておくと、書き間違いを予防できて安心できるかと思います。

結婚式の返信ハガキに「、」や「。」を使わないことは、知っている人もいればそうでない人も多いと思います。

大切なポイントですので、いつもより念入りに書くようにしてください。

「行」は「様」に、「御」や「御芳」は消す

結婚式の返信ハガキは「行」は「様」に、「御」や「御芳」は消してください。

新郎新婦の宛名の下に書かれた「行」、「御」や「御芳」はすべて自分へあてられた敬称の言葉です。

返信ハガキを書くときに二重線で消してください。

結婚式の返信ハガキを早く返そう!筆記用具や書き方を気を付けよう!と思っていると、ついつい忘れてしまいがちです。

受け取ったら一番先に、二重線で消しておくと安心できるかと思います。

お祝いのメッセージを添える

結婚式の返信ハガキはお祝いのメッセージを添えるようにしてください。

新郎新婦へのお祝いのメッセージは、結婚をお祝いする気持ちとゲストとしてお招きされたことへの喜びの気持ちを書くようにしてください。

メッセージスペースがない場合は、ハガキの空いているところに書いてください。

一言お祝いのメッセージがあると、新郎新婦も嬉しいと思います。

「ご結婚おめでとうございます 喜んで出席させていただきます」

「ご結婚おめでとうございます 二人の晴れやかな門出を心待ちにしています」

といった感じで、一言添えるととても温かいものとなります。

結婚式当日の振る舞いにもポイントあり!マナー16個

結婚式当日の振る舞いにもポイントがあります。

結婚式当日、服装、ご祝儀の渡し方、ご祝儀の金額、食事マナー、荷物、食事に関するマナー、ゲストとの関り、新郎新婦とのやり取りなど細かく分けるとたくさんあります。

結婚式ゲストには新郎新婦の友人のほか、親族、職場の上司や先輩後輩も招待されていることが多いです。

様々な世代の人たちが集まる場ですので、きちんとマナーを守って好印象を持たれるようにしましょう。

結婚式当日に目立つマナー違反をしてしまうと、招待してくれた新郎新婦にも迷惑がかかってしまいます。

結婚式当日の振る舞いやマナーを16個紹介します。

当日の参考としてください。

服装に関して


結婚式の服装は着物(和装)とドレスやワンピース(洋装)があります。

まず、和装のマナーから紹介します。

未婚女性は振袖を選ぶことが多いです。

花嫁の衣装の柄と被らないように、そして花嫁の衣装よりも目立たないように配慮してください。

既婚女性は訪問着を選ぶことが多いです。

柄が目立ちすぎないように配慮して、当日の場を華やかにしてください。

訪問着は未婚女性も着ることもできます。

親族なら、新郎新婦の親と既婚女性は黒留袖という選択肢もあります。

和装は着付けや着慣れない動きにくさがあるかもしれませんが、結婚式を華やげるのでとても喜ばれます。

結婚式場で着付けを希望すると、着付け料金が発生します。

あらかじめ、新郎新婦に相談しておいてください。

次に、洋装のマナーを紹介します。

ファー&革素材は動物保護のため、また殺生をイメージするため避けてください。

全身黒の服装や露出が多めの服装は避けてください。

黒のワンピースを選ぶ場合は、羽織物やバッグに華やかな色を添えてください。

つま先やかかとの出る靴はNGとされているので避けましょう。

紙袋をサブバッグとするのはよくありません。

小さめバッグと大きめバッグに分け、貴重品以外はクロークに預けてください。

服装のマナーだけでもたくさんあり、結婚式お呼ばれって大変だなと思われるかもしれません。

新郎新婦の大切な場であり、お祝いの席です。

ちょっと背伸びして頑張りましょう。

では、特に気を付けて欲しい服装のマナーを紹介します。

白は花嫁の色!女性は白を避けましょう

白は花嫁の色です。

女性は白を避けてください。

ウェディングドレス、白無垢ともに白を基調とする花嫁だけの色です。

女性ゲストは白を避けるようにしてください。

ベージュ、クリーム色といった城に近いカラーも光の当たり具合によっては白色に見えてしまいます。

避けた方がいいかもしれません。

ネット購入だと色味が分かりづらい場合もあります。

できるだけショップでサイズ感や色味をチェックするようにしましょう。

ミニスカートや肩出しはNG

女性ゲストのミニスカートや肩出しはNGです。

女性ゲストは露出が激しすぎる服装はNGとされています。

そのため、ミニスカートや肩出しは避けてください。

胸の谷間にも気を付けてください。

ノースリーブのワンピースを選んだときは、ボレロやカーディガンといった羽織物があると安心です。

男性は黒の無地フォーマルスーツで

男性は黒の無地フォーマルスーツでの参列となります。

ダークブルーのフォーマルスーツを選ぶ男性ゲストもいます。

胸元には白いハンカチを入れるのも忘れないようにしてください。

スーツのインナーは白ネクタイと白シャツです。

黒ネクタイを選んでもいいですが、全体的に暗い印象にならないように気をつけてください。

カジュアルに決めたいときは、淡い柄のネクタイくらいなら大丈夫です。

靴下は黒が基本、靴はシンプルな革靴がベストです。

靴は足先に派手なデザインがないものを選んだほうがいいです。

御祝儀について

御祝儀についてのマナーを紹介します。

ご祝儀を入れるご祝儀袋、ご祝儀袋の書き方、お札の入れ方、ご祝儀を渡すタイミングや渡し方と細やかな気を付けたいマナーがあります。

ご祝儀を渡す流れに沿って紹介しますので参考にしてください。

まずご祝儀袋、結婚式は何度もあってはいけないので「一度きり」という意味で結び切りを選んでください。

文具店や100均だと結婚祝い専用のご祝儀袋があるので、分かりやすいと思います。

ご祝儀袋の書き方、使うのは必ず黒の毛筆か筆ペンです。

ご祝儀袋の表には「御結婚御祝 名前」と書くのがスタンダードです。

ご祝儀袋は実際にお金を入れる袋(中袋)が別になっています。

中袋の表には金参萬円といった感じで金額を漢数字で書き、裏には住所と氏名を書いてください。

お札は顔を表にし、さらに顔が上にくるように入れてください。

そして、最後ご祝儀袋を閉じるときは下が上にくるように折ってください。

ご祝儀を渡すタイミングは親族であれば結婚式招待状を受け取ってから「大安」など日取りのいい日を選んで、結婚式当日までに新郎新婦の自宅又は両親の自宅に持参するスタイルとなります。

友人や職場関係は結婚式当日です。

ご祝儀を渡すときはご祝儀袋をそのまま渡すのではなく、オレンジやピンクといった温かい色味の袱紗に包んでおき、出してから両手で受付に渡してください。

「本日はおめでとうございます 新郎新婦友人の〇〇です」と受付の人に言ってから渡すのがベストです。

結婚式の受付の友人がゲスト全員を把握しているわけではありません。

少し細かくなってしまいましたが、ご祝儀に関するマナーです。

さらに特に気を付けたいご祝儀に関するマナーを紹介します。

「4」や「9」は避けよう

御祝儀は「4」や「9」は避けてください。

縁起の悪い数字とされているので、御祝儀で「4」と「9」の金額はNGです。

御祝儀の金額は友人や職場関係なら「3万円」親族なら「5万円」が基本です。

少し迷ったときは、一緒に参列する友人に相談してみてもいいと思います。

すごく負担に思う金額ですが、結婚式のコース料理や引き出物を考えると妥当な金額ではないかと思います。

新郎新婦との関係性で金額を決めよう

御祝儀の金額は新郎新婦との関係性で金額を決めてください。

友人や職場関係なら「3万円」親族なら「5万円」が基本とはなっていますが、過去に頂いた御祝儀や親しい間柄に応じて金額が変動することはあり得ます。

何らかの事情で結婚式の御祝儀を「2万円」とする場合は、1万円と5千円札2枚とするようにしてください。

あとあと新郎新婦との関係に角が立たないよう、経済的に厳しいこと、そして落ち着いてから改めてお祝いしたいことを伝えたほうがいいです。

ふくさやハンカチに包んで受付で出す

御祝儀はふくさやハンカチに包んで受付で渡すようにしてください。

御祝儀は御祝儀袋のまま鞄から出して渡すのではなく、ふくさやハンカチに包んでおき、受付で出してから両手で渡すのがスタンダードです。

ふくさやハンカチはブルーや青色といったカラーは不祝儀のときのものですので、温かい色味のものを選んだほうがいいです。

ふくさはきちんとしたものを購入してもいいですが、急遽ないときは100均でも購入できます。

ぜひ参考にしてください。