好きな人と手をつなぎたい…それはごく自然な願望ですよね。

しかし、実際に相手を目の前にすると緊張してしまったり、タイミングがわからなかったりでなかなか手をつなぐことができませんよね。

そしてヤキモキしているあいだに本日のデート終了……なんて悲しいことよくあります。

「自分はいつになったら恋人と手をつなげるんだろ…」と自己嫌悪するまえに、是非読んでみてください!

あの人と手をつなぎたいあなたへ

好きな人とスキンシップを取りたいという気持ちは誰にでもあると思います。

抱き合ったり、手をつないだり、何からな形でも相手の体に触れたいと思うのは自然なことです。

そこでわりとハードルが低めなのが「手をつなぐこと」。

必要条件は相手がそばにいることだけなのです。

しかしスキンシップしたいという気持ち以外に「手をつなぐ」という行為ですが、具体的にはどんなに意味があるのでしょうか?
ここでは手をつなぐことの意味についてまとめました。

1. 手をつなぐことの意味

手をつなぐ…その行為には色んな意味があります。

それは恋人同士や親子の間の「愛情」や「守りたい」という気持ちであったり、友達やパートナーとの「信頼」の現れだったり、とにかく色んな意味を持っています。

ただ、どれもプラスの感情が働いていることばかりです。

ここでは、手をつなぐことの意味について見ていこうと思います。

1. 愛情の現れ


好きな人に触れたい…この感情はごく自然なものでしょう。

いちばん簡単に好きな相手に触れる方法としては「手をつなぐこと」です。

デート中も家にいてもラブラブなカップルは常にお互いの手を握りあって愛情を伝えて確認しあっています。

カップルだと固く結び付いたきずなのように指をしっかりと絡ませた恋人つなぎ。

また、親子なら一見、普通の手つなぎなんだけど親と子がはぐれない命綱のような意味を持っていたりと手つなぎには「愛情」がこめられていることが多いです。

2. 信頼の現れ

アナタは信頼しているということを相手に伝えるときにどんなことをしますか?
手をつなぐということは信頼の現れでもあります。

「よろしく」「ありがとう」の意味をこめた「握手」がそうであるように、心を開いた相手にしか手は触れさせないものなです。

信頼していない相手に手を握られるというのはなかなか恐怖ですよね。

手つなぎによって手が1つ塞がるということは本来は相手を信用してないとできない行為です。

お互いが強く手をつなぎあって心もつながれる…そんな信頼の現れです。

3. 守りたいという気持ち


車や自転車が来て危ない、何処かに行ってはぐれてしまわないように…という思いから手つなぎをすることもあります。

「そばにいるように」と自分のもとにたぐりよせる男性の姿に、女性はちょっとキュンとしてしまいます。

大好きな男性から守りたいという思われるのは、女性にとっては大きな喜びですよね。

また、小さい子供と親が外で手をつなぐような、子供を守りたいという気持ちから手をつなぐこともあります。

手つなぎは、誰かを守りたいという思いがあふれた優しい行為なのです。

4. 相手の気持ちや好意の確認


手をつなぐということは「親愛」「信頼」「友好」などの現れです。

特に男女間では相手の好意や愛情を確かめたくて手をつなぐこともあるでしょう。

まだ明確に付き合ったているわけではない男女間で、自分の気持ちはハッキリしてるが相手の気持ちがわからない…というときに、ふと思いきって手をつないでみるのもいいでしょう。

その時に相手がイヤがらず手をにぎり返してくれたら、正式に告白する勇気につながりますよね。

また、どちらかが冷めてきているカップルなら「手をつなごう」と言っも「あー、今日はいいかな…」「付き合いたてでもなし、もう手をつなぐとかいらないかな」なんて手繋ぎを拒否されることもあるでしょう。

愛情が冷めてきていることを実感してしまいますよね。

仲のいいカップルはいつまでたっても手をつないでいるものです。

てをつなぐ事によって相手の気持ちや好意を確認することができるのです。

5. 男らしさをアピールしたい


「守りたい」という気持ちと似通うところがある「男らしいアピール」。

「ほら、危ないからこっち来いよ」「混んでるからオレから離れるなよ」のパッと手をつながれると、彼女は思わずドキッとしてしまうはずです。

女性から手をつなぐことももちろん問題ないのですが、男性から積極的に手をつないでほしいと女性なら思うものですよね。

 
しかし、男らしさをアピールしたいからと言ってあまり強引に手をつなぐのはよくありません。

場所や状況的に手をつなぐに適していないときに、意を決して男らしく手をつなごうとすると「え!?今!?」「ここで手をつなぐのはイヤだな…」なんて彼女を困らせてしまいますよ。

「強引」と「男らしさ」は違うので注意しましょう。

優しく「君が好き」という気持ちがわかるように優しく包みこんであげると「包容感があって頼れる」という男らしさのアピールにつながりますよ。

2. 相手の性格をよく見極めてから手をつなごう

「恋人なら手をつないで当然」、そんな固定概念はありませんか?当然なんだから「手をつないでいい?」と相手に聞くことでもないかなと手をつなぐ人もいるでしょうが、人の性格によっては手をつなぐことがキライな人もいます。

ベタベタするのがイヤな恋人や、恥ずかしがり屋さんの恋人だったら、突然手をつなぐと「ちょっと、やめてよ!」となってしまうこともありますよ。

アナタのことがいくら好きでも「イヤなものイヤだ」ということもあります。

その辺をしっかりと見極めて、相手の性格を尊重しないと今後の関係にも響いてしまいます。

「それでもオレは彼女と手をつなぎたい!!」という人は、ちょっと作戦を変えてみましょう。

人前で手をつなぐのが恥ずかしいという女性なら、部屋で2人きりになったときにまったりとしながら手をつないだり、ベタベタとするのがキライだという女性には「なんで手をつなぐの(ベタベタするの)がイヤなの?」と雑談がてらちょっと聞いてみて解決策を考えてみてもいいかもしれませんね。

3. タイミングはとても重要


何事にもタイミングがあるように、手をつなぐにも適したタイミングというものがあります。

2人で何をするわけでもないくても楽しいデートでも、手をつなぐことによって更に楽しく、2人の距離は縮まるものです。

タイミングを制してぜひ手をつないでみましょう!

手のつなぐタイミング8選

うまくムードに乗せて手をつないだり、とっさの瞬間に手をつないだり、二人のタイミングとフィーリングさえ合えばどんどんつないでいきましょう。

特にタイミングは大切で、状況をよく見極める必要があります。

しかし、手をつなぐタイミングがよくわからない…もっと具体的に知っておきたいという人もいるでしょう。

ここでは、手をつなぐタイミングについて詳しくみていきます。

1. 会ってすぐ自然な感じにつなぐ

何事も最初が肝心…ということで、デートの最初に「おはよう!じゃあ行こうか!」と、自然に相手の手をとってそのまま手をつなぐという方法もナイスです。

また「あ、手つなご!」とサラッと言って手を出すのもいいでしょう。

ほかにも「今日のデートは結構歩くよ~?」など手を引いてあげような所作をさりげなく手をつなぎましょう。

ここで重要なのは「会ってすぐ」「自然に」ということです。

最初から手をつないでおくと、その後に手をつなぐタイミングを見つけることができずに「つなぎたい!つなげない!」とダラダラとヤキモキすることもありませんよ。

序盤を制する人はデートを制するので、会ってすぐの勢いで手をつないじゃいましょう!!

2. エスコートする・してもらう流れで

女性が階段を降りるときや、お店に入るときに男性が手を差し伸べて女性を優しくエスコートすることってありますよね。

そんなエスコート時にときに手を握ったら、ニコニコしながらそのまま手を握っておきましょう。

相手も「あ、このままつないでいていいんだ」と思うことでしょう。

手つなぎで難しいのは「手に触れるということ」です。

エスコートの場合はごく自然な流れで手に触れることができるので、握ったあとはそのまま離さない感じで手つなぎしちゃいましょう!
エスコートされる側も同じで、エスコートされるときに手を握られたら強く握りかえしてみてください。

相手も「エスコートのために手をとったけど、何だかこのまま手を話したくないなぁ」と思うことでしょう。

3. 転びそうになったタイミングでつなぐ

女性はデートになるとオシャレにも力が入りますよね。

可愛い靴を買って「デートのときに履くきたい!!」となることもあるでしょう。

しかし履きなれない新品の靴は思わぬタイミングでよろめいてしまうことも…自分とのデートにそこまで気合いを入れてくれているのは男性にとっては嬉しいことですよね。

よろけるのは危ないですが、このアクシデントもナイスタイミングです。

転びそうになったときにとっさに手をつかんで「危ないから手をつないでおこうよ」と相手を気遣いづつ、そのまま手をつないでしまいましょう。

相手の女性は「優しい人だな」と思うし、手もつなげるのでいいことばかりです。

4. 信号が変わったタイミングでつなぐ

横断歩道で信号が青になるのを待っているときに、実は手つなぎチャンスがひそんでいます。

信号が青になったら「じゃ、行こうか」と誘導をかねて手をつなぐことができるです。

序盤の「会ってすぐ自然な感じで」の手つなぎチャンスを逃した人はここでもまだチャンスはあります。

また、ドラマや漫画で信号が変わりそうなタイミングで「急ぐよ!!」と言って手をつなぐシーンがよくありますよね。

音楽が流れてスローモーションになり、とてもロマンチックな演出がされます。

あのシーンに心をときめかせた女性はたくさんいるはずです。

そんな女性の憧れる心理を利用して、信号が変わりそうなときに「あっ、信号もうすぐ赤になる!急ごう!」と手を差しのべたり、その横断歩道のタイミングでちょっと強引に手をつないでもいいかもしれませんね。

タイミングも大切ですが、勢いも同じくらい大切ですよ。

5. 人が多い場所で離れないためにつなぐ

街中やデートスポットなどはとにかく人で溢れていますよね。

特にお祭りやイベントでは人が多すぎて、恋人と一緒に行ってもはぐれてしまうことも。

それを未然に防ぐためにも…と言う口実を使って、「人が多くてはぐれてしまいそうだから、手をつながない?」といっちゃいましょう。

そうすると相手も「あ、そうだね」とフツーに手を出してくるはずです。

最近はスマホや携帯電話があってはぐれてもすぐに再会できるようになりましたが、こうして原始的に手をつないではぐれ防止するのっていいですよね。

愛を感じます。

人が多くて混雑すると自然に密着して寄りそう感じになるので、手をつなぐだけでなく体をピッタリもさせられて2人の距離もグッと近かくなりますね!

6. 手をつなぎたいアピールをしてからつなぐ

手をつなぐのは嬉しくても、突然前触れもなく手をつなぐのは抵抗がある、または驚いてしまうという人もいるでしょう。

突然すぎるとイヤな感情なんて微塵もなく、むしろ手をつながれるのはうれしいはずなのに思わず反射的に手を振り払ってしまうことだってあります。

振り払ったことに故意があったわけじゃないのを相手がわかっていてと何だか気まずくて変な空気になるし「もしかしたら心の底では…」なんて変な思い込みをされてもイヤですよね。

そんないらぬ誤解を防ぐためにも事前に「手をつなぎたいアピール」をしておくことも場合によっては大切です。

直接言葉にして伝えるわけではありませんので、恥ずかしがりやの人にもおすすめです。

ここでは、手をつなぐアピールの仕方についてご紹介していきたいと思います。

7. 暗いのが怖いからつなぐ

定番は、ホラーアトラクションなど暗くて怖い場所に一緒に入って、勢いで手をつなぐことです。

暗くて怖いと、お互いの体を自然と密着させますし、腕を組んだり手をつないだりしてもそれは普通の流れです。

普段手をつながない女友達同士でもホラーアトラクションの際は暗くて怖いを理由に体を寄せ合い、手をつないだりしますよね?そのようにホラーアトラクションでは体を寄せ合うことに違和感はありません。

好意のある女性や彼女から「怖いよ」と寄り添ってこられて邪険にする男性もそういないでしょう。

また、男性サイドがこの方法を女性に仕掛けることも可能です。

好きな女性を怖がらせて手をつなぐのは罪悪感があるかもしれませんが、手をつなぐためです!付き合いたての初々しいカップルの場合は、手をつなぐためにそれぐらいやってもバチはあたりませんよ。

このほかにも、夜の帰り道に「怖いからちょっと手を握ってくれると助かるかも…」なんて言うと「子供みたいだな、なんか可愛いヤツ」って思われますよ!夜道を送ってもらえることになって一緒にいられる時間もちょっとだけ長くなるし、手もつなげるので一石二鳥ですね☆

8. とても寒いからつなぐ

寒い時期限定で有効なのが「寒いから手をつながない?」と言って手をつなぐことです。

「私(オレ)、冷え性だからめちゃくちゃ手が冷たいんだ…」と言うと「そうなの?どれどれ?」と言って相手がアナタの手に触れるきっかけになりますよね。

手が冷えてきたら、あえて言葉に出して相手に伝えてみましょう。

寒い季節にしか使えないネタですが、結構高い確率で相手の手に触れてそのまま手をつなぐことができます。

そして「アナタの手って暖かいね!そのまま握っててほしいなぁ」「天然のカイロみたい(笑)こんなカイロほんとにあったらほしいなぁ」なんていうと、「そう??じゃあ温めといてあげるね!」なんて言ってくれて、そのままつなぎっぱなしになれますよ!

つなぎ方4選

1. 恋人つなぎ

「恋人つなぎ」「カップルつなぎ」と呼ばれる手のつなぎ方は、名前のとおりカップルには常識で定番の手のつなぎ方です。

お互いの手を指を絡ませながらつないで、友達とも親子ともちがう雰囲気の手つなぎです。

手の密着度が高く、多少のことでは引き離せないようなガッチリ感かあるので「私たち、ボクたちは簡単には離れません!」という気持ちを体現している感じですよね。

また、2人の左手と右手の手のひらを合わせるようにつなぐので「2人で1つ感」もあり、より2人の中が親密になりそうな手のつなぎ方です。

ただ、夏場は暑いので手のひらや絡めた指の間に汗をかいてしまうのが難点です(笑)さりげなくふと手を離したときに手汗をマメに拭くようにしましょう!

2. 小指と小指をからませる

ちょっと恥ずかしくってお互いに遠慮したように小指と小指をからませる…そんな可愛らしい手のつなぎ方とあります。

何となく密着してしまうことに恥ずかしさを感じて「まずは小指から…」といった感じで小指同士を軽くからませます。

幼い頃によくやった約束をするときの「指切りげんまん」のような感じでつなぐので2人のあいだで何か秘めた約束ごとがあるような感じの手のつなぎ方ですね。

このつなぎ方は、人混みでやるとアッサリとれてはぐれてしまう可能性があります。

しかし手汗をかきにくい手のつなぎ方なので「手をつないで手汗をかくのだけは恥ずかしすぎるので避けたい!」と思っている人に最適な手のつなぎ方でしょう。

3. 腕も組んで手もつなぐ

手もつなぎつつ、ガッチリも腕も組む…この密着度はかなりラブラブなカップルじゃないとできないですよね!両手が彼の体に触れるという究極の形なのでそれは濃密なときを過ごすことができます。

この手のつなぎ方は真冬の寒いときによく見かけます。

「寒い~!」「ひっついちゃえ~!」なんて軽いノリで手をつないでいる姿勢から腕組まで持っていく女性が多いようです。

表面上は軽いノリでやっているように見えますが内心はドキドキしている人も…冬の寒さを利用して、思い切ってアナタも手をつなぎながら彼の腕に抱きついちゃいましょう!

4. どうしても恥ずかしいならこれ!女性が男性の袖をつまむ

手をつなぎたいけど…自分から手をつなぐことなんて到底できないし、手をつなぎたいアピールもできない…そんな女性は、男性の袖をそっとつまんでみてはどうでしょうか?袖をつままれるとキュンとする男性は結構います。

手に近いところの服をつかむことによって「手をつなぎたいのかな?」と思わせることもできます。

可愛らしくて男性の心をくすぐる動作で、ぜひ手をつないでもらえるといいですね!

女性が好きな手のつなぎ方

女性は手をつなぐのがとても好きです。

彼との一体感を感じるので、手をつなぐだけでもとても満たされるのです。

街中をデートしているとき、部屋で2人だけでまったりしているとき、お泊りで夜一緒に眠るときなど、どんな時でも手をつないで彼とつながっていたいと思う女性も多いはずです。

そんな手つなぎ大好きな女性の「好きな手のつなぎ方」についてご紹介していきたいと思います。

1. そっと優しく手をつないでくれる

女性は彼氏から優しくされるのが大好きです。

大切なものを扱うようにそっと優しく手をつながれると「大切にされてるんだなぁ」と彼の自分への気持ちが伝わってきて嬉しくなってしまいます。

2人で部屋でゆっくりしているときなどに、自分への気持ちを伝えられながらそっと優しく手を包み込んでくれたりすると嬉しいですよね。

また、自分が仕事で失敗したりイヤなことがあってへこんでいるときに何も言わずに優しく手をつないでくれると、その思いやりや優しさが嬉しくて思わず涙がこぼれてしまう女性もいるでしょう。

手をつなぐということは心を優しく抱擁する効果もあるのです。

2. 彼が車道側を歩いて守るように手を握ってくれる

女性は包容力があって頼りになる男性に弱いです。

大好きな彼から守られたい願望ってどの女性にも少なからずともありますよね。

そして、たかが手つなぎですが場合によっては相手を守ることもできます。

無意識に自分が車道側を歩いていたら、彼が「そっち車通るから。」と言ってさりげなく手を引いて彼が車道側に行ってくれたりすると胸がキュンキュンはしますよね。

その自分を守ってくれるようとする愛情と優しい手つなぎに愛情パロメーターはまだまだ上がり続ける女性も多いでしょう。

3. 人ごみの中ではぐれないように強く握ってくれる

女性は男性よりも身長が低い人が多いので、人ごみに入るとあっという間に埋もれてしまいます。

そんな中、彼がはぐれないようにとしっかり手をつないでくれると「私がはぐれないように頑張ってくれてる。愛されているなぁ」と思うものです。

どんなに周りに人がいても、そうやって強く手をにぎりあえばもうそこは2人の世界です。

誰もその世界を壊すことはできません。

愛情を感じる手つなぎシーンですよね。

男性が喜ぶ手のつなぎ方

男性はとてもスキンシップを重視します。

好きな人には触れていたいという思いが強いのです。

可能ならばなるべく長い時間彼女を触れ合っていたいと思うのは恋愛をしていればごく普通の感情でしょう。

また、そのつなぎ方によっては喜びも倍増します。

ここでは、男性が喜ぶ手のつなぎ方についてご紹介します!

1. 手だけでなく腕にもしがみついてくれる

手をつなぐだけでなく、そのまま腕にもしがみつく…これはかなり密着度高いですよね!男性はこうやって女性に密着されて甘えられるように寄り添われるのが好きだという人が多いです。

人混みでどうしてもはぐれてしまいそうな場所を歩くときなどに「はぐれないようにしっかりつかまっておけよ!」なんて女性にうながしてみてましょう。

手はもちろんカップルつなぎをして、手をつないでいない方の腕で、つないでいる方の包み込むように組んじゃいましょう。

何気に胸が彼の腕にしっかりと当たってしまうので恥ずかしいかもしれませんが、実は男性の狙いはそのにあるのかもしれません(笑)胸はもちろんですが、好きな女性の体が自分の体に当たることは男性にとっては嬉しいものです。

大好きな男性にはちょっとサービスしてあげたてもいいかもしれませんね!
夏場には暑くて汗だらけになりそうな手のつなぎ方ですが、冬の寒い時期に愛される「手つなぎ腕くみ」です!

2. 恥ずかしがりながらも女性のほうからつないでくる

「手をつなぎたいと女子から積極的にいうとはしたないと思われるかなぁ」「恥ずかしくて言えない!でもこのままだったら彼からつないでくれることはないかも…」と女性も手がつなぎたくて色々悩んでいます。

体に触れるという行為は、女性からやっていいのかためらってしまいますよね。

しかし!世の男性はそんな風に思ってはいません。

むしろ女性から手をつなぎたいと言ってくれるのが言いそうです。

「ねぇ、手をつなぎたいんだけど…いいかな?」「ちょっと人も多くなってきたし、はぐれたらイヤだなと思うんだけど…」なんて恥ずかしそうに言うと、その健気さや照れた感じにグッときて「かわいいやつ!」と思うものです。

いっそ手をつなぎたいことを正直に言葉にしてみるのも

デートに緊張して手をつなぐタイミングを読む余裕がなかったり、駆け引きが苦手で手をつなぎたいアピールをするのが苦手だったりと、どうしてもうまく手をつなぐまでに至れない人も中にはいるでしょう。

毎回デートのたびに「今日こそは手をつなぐぞ!」と決心しても、いざ本人を目の前にすると緊張したりタイミングを探しすぎたりでうまいこと行きませんよね…そんな人はいっそ、手をつなぎたいという正直な気持ちを相手に伝えてみてはいかがでしょうか?「そんなことを聞くのは恥ずかしい!」と思うかもしれませんが、これが1番相手に伝わりやすい方法なのです。

デート中の会話が途切れたタイミングを見計らって「手をつないでもいい?」と言ってみたり、メールなどで「今度のデートは手をつないでみたいな」なんてシンプルにサラッというのもいいでしょう。

相手に自分が手をつなぎたいと思っていることもを伝えておくだけで事が運びやすくなることもあります。

さりげなく手をつなげるのが1番スマートなのですが、直球で「手をつなぎたい」と言われるのも悪い気はしないものですよ。

こんな手のつなぎ方には要注意!

手をつなぐということは親愛や好意の現れ…なのですが、残念ながらそんなことを思って手をつなぐ人ばかりではありません。

下心が丸見えで、何だかイヤな気分になる手つなぎというものもあります。

ここでは、こんな手のつなぎ方をされたら要注意!ということをご紹介します。

知り合ったばかりなのに恋人つなぎをしてくる

知り合ったばかりの男性で今回のデートが初めてなのに、いきなり手を濃厚な恋人つなぎで手をつないでくる人は要注意です。

なんのためらいもなく恋人でもない人とシレッと手をつなげる人は、たくさんの色んな女性と遊びなれているフシがあります。

されるがまま恋人つなぎで手をつないだままでいると相手は「おっ、イヤがってない!これは色々OKということですね」と、手をつなぐ以上のスキンシップができると思われてしまいますよ。

手をにぎることによって相手の反応を見ているのです。

また、遊び人以外なら「もう付き合っている」と勘違いして恋人つなぎしているおそれもあります。

もし相手からそんな言動見られた上で恋人つなぎされたら「ごめん、手は付き合ってる人としかつながないんだ。ホントにごめんね」と相手を刺激しないようにそっと手を振りほどいてみましょう。

手を離してもらうこともできますし、「今はアナタとは付き合ってない」「恋人としかスキンシップはない」というアピールもできます。

ずっと手をつなぎっぱなし

好きな女性と手をつなげて嬉しい気持ちはよくわかります。

しかし、状況を考えず、食事中や買い物のお会計中などデート中ずっと手をつなぎっぱなしの男性には要注意です。

たまに知り合いがそうであったり、街中でもそんなカップルを見かけることがありますが、依存性が強そうな男性がその傾向にあるように見えます。

デート中にずっと手をつないでいるというのは不自然だし動きづらいです。

そんな相手に都合など考えずに「自分がつなぎたいからつないでおく」、「この女性はオレの彼女だアピール」をし続けるのは結構危険な男性です。

それに加えて相手の女性が「こんなにも私を必要としているなんて…」というタイプなら共依存関係になる可能性が高いのでさらに要注意です。

【手のつなぎ方については、こちらの記事もチェック!】