好きな人と手をつなぎたい…それはごく自然な願望ですよね。

しかし、実際に相手を目の前にすると緊張してしまったり、タイミングがわからなかったりでなかなか手をつなぐことができませんよね。

そしてヤキモキしているあいだに本日のデート終了……なんて悲しいことよくあります。

「自分はいつになったら恋人と手をつなげるんだろ…」と自己嫌悪するまえに、是非読んでみてください!

あの人と手をつなぎたいあなたへ

好きな人とスキンシップを取りたいという気持ちは誰にでもあると思います。

抱き合ったり、手をつないだり、何からな形でも相手の体に触れたいと思うのは自然なことです。

そこでわりとハードルが低めなのが「手をつなぐこと」。

必要条件は相手がそばにいることだけなのです。

しかしスキンシップしたいという気持ち以外に「手をつなぐ」という行為ですが、具体的にはどんなに意味があるのでしょうか?
ここでは手をつなぐことの意味についてまとめました。

1. 手をつなぐことの意味

手をつなぐ…その行為には色んな意味があります。

それは恋人同士や親子の間の「愛情」や「守りたい」という気持ちであったり、友達やパートナーとの「信頼」の現れだったり、とにかく色んな意味を持っています。

ただ、どれもプラスの感情が働いていることばかりです。

ここでは、手をつなぐことの意味について見ていこうと思います。

1. 愛情の現れ


好きな人に触れたい…この感情はごく自然なものでしょう。

いちばん簡単に好きな相手に触れる方法としては「手をつなぐこと」です。

デート中も家にいてもラブラブなカップルは常にお互いの手を握りあって愛情を伝えて確認しあっています。

カップルだと固く結び付いたきずなのように指をしっかりと絡ませた恋人つなぎ。

また、親子なら一見、普通の手つなぎなんだけど親と子がはぐれない命綱のような意味を持っていたりと手つなぎには「愛情」がこめられていることが多いです。

2. 信頼の現れ

アナタは信頼しているということを相手に伝えるときにどんなことをしますか?
手をつなぐということは信頼の現れでもあります。

「よろしく」「ありがとう」の意味をこめた「握手」がそうであるように、心を開いた相手にしか手は触れさせないものなです。

信頼していない相手に手を握られるというのはなかなか恐怖ですよね。

手つなぎによって手が1つ塞がるということは本来は相手を信用してないとできない行為です。

お互いが強く手をつなぎあって心もつながれる…そんな信頼の現れです。

3. 守りたいという気持ち


車や自転車が来て危ない、何処かに行ってはぐれてしまわないように…という思いから手つなぎをすることもあります。