パソコンなどを使っていると、サマリーという言葉について見ることはありませんか?

このサマリーとは、いったいどのような意味があるのでしょうか?

サマリーについて掘り下げてみていきましょう。

知っておきたいサマリーの意味について

「サマリーとはどのような意味なのか」ということを本当に理解しているかどうかは疑わしいところであるという方もいらっしゃるかもしれません。

なんとなく意味を理解しているという人も、実は意味が細かいところで違っていたということもあります。

ですので、なんとなくこのようなことなのではないかと思うのではなく、しっかりと知っておきたいものですね。

では、知っておきたいサマリーの意味について掘り下げていきましょう。

サマリーの意味を詳しく!

サマリーの意味をもっと詳しく見ていきましょう

意味


サマリーとは「まとめ」「概要」「要約」という意味合いの言葉を指します。

つまり色々なことを言ったり、書いたりしてその後のまとめというような感じです。

パソコンなので色々と見るのは納得がいくところがありますね。

概要

サマリーとは、つまり概要のことも指しますが、医療というのは色々書いてあるものの、まとめのことを指します。

読みは「がいよう」です。

ビジネスシーンで対応するのはもちろんのことですが、お勤めではない方でも、まとめ記事について読むことはあるのではないのでしょうか。

この時に初めに、どのようなことが書いてあるのかということをあらかじめ書かれているのを見たことはありませんか?

あれはつまり概要のことを指します。

どのようなことをこれから書いていくのかということを、あらかじめまとめているというものもあります。

このようなことで、あらかじめまとめていくことで、どの話について触れていくのかということのさわりとなるところがあります。

そうすることで、何について話しているのかが分かるということで、そこからさらに知識を深めることができます。

ビジネスシーンにおいても、このような概要について書かれることはよくあります。

会議資料などに、このような概要が書かれていることも多いのではないのでしょうか。

要約

要約とは、つまりいわゆる要点を短くまとめていることを指します。

全くそのようなものを知らない人に説明をしようとすると、色々と言葉を尽くさなければなりません。

しかし、このように言葉でごちゃごちゃすることによって、一体何について話していたのかということが分からなくなってしまうということもあります。

そこで要約が良いと言われています。

最近はネット上の記事などを読んでいても、初めに要約されているようなものもありますね。

こちらは予め何について話すのかを短くまとめていて、そこから話をしています。

色々な説明の後に要約で短くまとめているというのもあります。

いろいろと説明を読んで最後に短くまとめているものを読むことによって、要点をつかむことができるというメリットがあります。

このように我々が普通に読む記事においても、そのような要約が使われていることもあります。

「合計」とも意味する

Excelなどの表計算ソフトを使うのであれば、このサマリーが合計であるということも理解されている方も多いでしょう。

関数の「SUM」関数と言えば分かるのではないのでしょうか。

このように合計を意味することもあります。

さらには統計という意味合いでもサマリーという言葉を使うことがあります。

使い方

ビジネスシーンでよく使われるサマリーですが、もちろんプライベートにおいても使うことができます。

よくブログなどを書かれている方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

最近はそのようなことも、まるでサマリーのような機能があるブログもあります。

かいつまんで説明をしていくということで、何を説明していくかが頭に入りやすいところがあります。

特にインターネットを使って調べ物をする人は、すぐに調べたらわかるという便利さを求めています。

ここであまりにも説明が長過ぎると、だんだんと嫌気がさして、サイトから去ってしまうということもあります。

もしそのようなことがあれば、せっかくのビジネスチャンスや呼んでもらうチャンスを逃してしまうことがあります。

だからこそ、あらかじめはじめに何を語るのかというようなことを、サマリーで表しておいて、そこから説明に入っていくということもあります。

ビジネスシーンで

使い方としては、ビジネスシーンにおいて会議資料でサマリーを使うことがあります。

例えば色々と言葉が長くなりそうな時、会議資料を目で色々と追っていくのは時間がかかるものです。

親切に色々と書いていくことによって、分かりやすくなるであろうと思われるところがありますが、逆に文章を読み進めていく必要があり、それを全て頭に入れられるかどうかというのは個人差があります。

ですので誰にでもわかりやすくするように、初めにこのサマリーを持ってくると理解できる方が増えます。

やはり短いセンテンスで頭に入れることができるというのは、非常に多くの人にとって親切に感じられるものです。

だからこそ、長くなりそうな文章においては、サマリーを頭に持ってくると良いでしょう。

どのようなことを書いて行くのかや、どのようなことを会議で説明していくのかというのを始めに短いセンテンスで書いておき、そこから細かく説明をしていくということで、要点を得ながら頭に入れていくことができます。

サマリーの類義語も理解しておこう


ではサマリーの類義語にはどのようなものがあるのでしょうか。

サマリーの類義語なども詳しく見ていきましょう。

要説

こちらは「ようせつ」と読みます。

こちらは要点を絞って解説するというものです。

色々と説明をしようと思うと、やはり文章は長くなりがちですが、多い文章というのは時に人を混乱に陥れます。

そこでおすすめなのは、このように要点を絞って解説をするということです。

つまりどのようなことが言いたいのかということを、あらかじめ解説してあることによって非常に読みやすくなります。

大概

こちらは「たいがい」と読み、多くの方が使うのではないのでしょうか。

色々な意味合いで使われることがあります。

サマリーの類義語としてよく使われる意味合いとして、おおよそのあらすじのことを指すところがあります。

その他にも色々な意味があり、意味としては大部分という言葉があります。

このように大部分のことを指す時に、「たいがい」ということを言ったりもします。

さらには「ありふれている」とか「良い加減に」という意味合いがあるところがあります。

このように、海外と言うと色々な意味合いがありますが、サマリーの類義語としては大体のあらすじというような意味合いで使われることが多いでしょう。

要覧

「ようらん」と読みますが、資料などのまとめで大要を説明する文書を指します。こちらもサマリーの意味合いとして大変近いものがありますね

略述

こちらは「りゃくじゅつ」と読み、口頭で要点を説明することを指します。

要説などは主に書類について色々ということがありましたが、こちらの場合は口頭で説明することを指します。

会議においても色々と口頭で説明することがありますが、こちらは略術なのです。

あらすじ

こちらはビジネスマンはもちろんのことですが、一般の方においても色々と聞き覚えのある言葉でしょう。

それは物語のあらすじというものについて、よく聞くことがあるからとも言えます。

やはり映画においても小説においても、何について書いているのかわからなかったら読みたいという気持ちはあまりないかもしれません。

そこで簡単にあらすじについて書いてあったら、興味のあることだったら読んでみたいと思いますよね。

例えばラブコメ系が好きな人であれば、ラブコメのような話の要素は、あらすじでわかれば読んでみたいと思うものです。

サスペンスものが好きな人であれば、サスペンス系のあらすじてあるということが分かれば映画を見てみたいと思ったり、小説を読んでみたいと思ったりするでしょう。

このように、いろいろとあらかじめわかった方が読んでみようとか、見てみようというアクションを起こすことができる一面があります。

どちらかと言うと、あらすじと言うと物語において使うことが多いでしょう。

要綱

こちらは「ようこう」と読み、基本的に大事なことの根っこ部分のことを指します。

こちらは何が大事なのかという事を短く書いてあるということで、サマリーと似ているところがあるでしょう。

色々な会議などについての話においても、何についてが一番大事なのかということはよく分かるようにしておくことで、話がずれることがありません。

やはり色々と人間は話していると、どうしても話がずれてきてしまうこともあります。

色々な方がいますので、ついつい話を脱線させてしまうという人もいます。

このような時に、要綱がしっかりとしていることによって、ちょっとずれてしまった話でもすぐに元に戻すことができます。

ですので話し合いについて、何が大事な部分なのかという根源の部分をしっかりと認識していくことで、より実りのある話し合いになる可能性が高くなります。

大略

「たいりゃく」と読み、おおよそというような意味合いで使われることがあります。

こちらは普段聞き慣れない方も多いかもしれませんね。

ただ大略については芥川龍之介の小説でも登場しますので、芥川龍之介が好きな方をご存知の方も多いでしょう。

その他にも太宰治や福沢諭吉など、名だたる著名人も小説や著書にこの大略という言葉を登場させています。

レジュメ

レジュメとは「要約」や「概要」のことを指します。

レジュメという言葉については聞いたことがあるけれど、あまり詳しく意味を考えたことがあまりないということもあるかもしれません。

このレジュメとは一体何だろうと思いつつも、なんとなく理解したつもりでいるということもあるかもしれませんが、このレジュメでもサマリーと同じく、要約などのことを指します。

このように意味がわかると「レジュメとは、このようなことなのだな」ということがわかりますね。

要言

こちらは「ようげん」と読み、こちらも要点を捉えた言葉ということを指します。

こちらもサマリーと大変よく似ていますね。

略書

こちらは「りゃくしょ」と読み、省略して描く事を指します。

こちらも省略して書くという意味合いから、少々サマリーとは似ていないような気もしますが、やはり短く言葉を求めてという意味合いからして、やはりこちらもサマリーと近い言葉と言えるでしょう。

色々と言葉を尽くしても理解するかどうかというのは、うまく理解出来る人と逆に混乱する人がいますので、このように略書のように短く書かれているということで頭に入りやすいという人もいます。

色々な人がいますので、このように百姓などで省略して書きながらも、その後に詳しく説明をしていくことで理解を深めていく可能性が非常に高いです。

あらまし

あらましについては、いろいろと見たことがある人も多いのではないのでしょうか。

本に書かれているということもありますし、歴史の本などについても、そのようにあらましについてまとめられているということもあります。

こちらもおおよそというような意味合いで使われることもあります。

特に歴史の教科書などについては、色々と歴史というのは長い年月を積み重ねて作られているものですので、言葉を尽くすと非常に長くなります。

そのようになると読むのに疲れてしまったりするなどで、理解力の低下につながってしまう可能性も否定できません。

しかしこのように、予めあらましが書いていることによって、要点をつかむことができ、さらには細かい説明を見ることで、より理解を深めることができます。

このようなことから非常に説明が長くなりそうなものについては、あらましについて書かれていることも多くあります。