パソコンなどを使っていると、サマリーという言葉について見ることはありませんか?

このサマリーとは、いったいどのような意味があるのでしょうか?

サマリーについて掘り下げてみていきましょう。

知っておきたいサマリーの意味について

「サマリーとはどのような意味なのか」ということを本当に理解しているかどうかは疑わしいところであるという方もいらっしゃるかもしれません。

なんとなく意味を理解しているという人も、実は意味が細かいところで違っていたということもあります。

ですので、なんとなくこのようなことなのではないかと思うのではなく、しっかりと知っておきたいものですね。

では、知っておきたいサマリーの意味について掘り下げていきましょう。

サマリーの意味を詳しく!

サマリーの意味をもっと詳しく見ていきましょう

意味


サマリーとは「まとめ」「概要」「要約」という意味合いの言葉を指します。

つまり色々なことを言ったり、書いたりしてその後のまとめというような感じです。

パソコンなので色々と見るのは納得がいくところがありますね。

概要

サマリーとは、つまり概要のことも指しますが、医療というのは色々書いてあるものの、まとめのことを指します。

読みは「がいよう」です。

ビジネスシーンで対応するのはもちろんのことですが、お勤めではない方でも、まとめ記事について読むことはあるのではないのでしょうか。

この時に初めに、どのようなことが書いてあるのかということをあらかじめ書かれているのを見たことはありませんか?

あれはつまり概要のことを指します。

どのようなことをこれから書いていくのかということを、あらかじめまとめているというものもあります。

このようなことで、あらかじめまとめていくことで、どの話について触れていくのかということのさわりとなるところがあります。

そうすることで、何について話しているのかが分かるということで、そこからさらに知識を深めることができます。

ビジネスシーンにおいても、このような概要について書かれることはよくあります。

会議資料などに、このような概要が書かれていることも多いのではないのでしょうか。

要約

要約とは、つまりいわゆる要点を短くまとめていることを指します。

全くそのようなものを知らない人に説明をしようとすると、色々と言葉を尽くさなければなりません。

しかし、このように言葉でごちゃごちゃすることによって、一体何について話していたのかということが分からなくなってしまうということもあります。

そこで要約が良いと言われています。

最近はネット上の記事などを読んでいても、初めに要約されているようなものもありますね。

こちらは予め何について話すのかを短くまとめていて、そこから話をしています。

色々な説明の後に要約で短くまとめているというのもあります。

いろいろと説明を読んで最後に短くまとめているものを読むことによって、要点をつかむことができるというメリットがあります。

このように我々が普通に読む記事においても、そのような要約が使われていることもあります。

「合計」とも意味する

Excelなどの表計算ソフトを使うのであれば、このサマリーが合計であるということも理解されている方も多いでしょう。

関数の「SUM」関数と言えば分かるのではないのでしょうか。

このように合計を意味することもあります。

さらには統計という意味合いでもサマリーという言葉を使うことがあります。

使い方

ビジネスシーンでよく使われるサマリーですが、もちろんプライベートにおいても使うことができます。

よくブログなどを書かれている方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

最近はそのようなことも、まるでサマリーのような機能があるブログもあります。

かいつまんで説明をしていくということで、何を説明していくかが頭に入りやすいところがあります。

特にインターネットを使って調べ物をする人は、すぐに調べたらわかるという便利さを求めています。

ここであまりにも説明が長過ぎると、だんだんと嫌気がさして、サイトから去ってしまうということもあります。

もしそのようなことがあれば、せっかくのビジネスチャンスや呼んでもらうチャンスを逃してしまうことがあります。

だからこそ、あらかじめはじめに何を語るのかというようなことを、サマリーで表しておいて、そこから説明に入っていくということもあります。

ビジネスシーンで

使い方としては、ビジネスシーンにおいて会議資料でサマリーを使うことがあります。

例えば色々と言葉が長くなりそうな時、会議資料を目で色々と追っていくのは時間がかかるものです。

親切に色々と書いていくことによって、分かりやすくなるであろうと思われるところがありますが、逆に文章を読み進めていく必要があり、それを全て頭に入れられるかどうかというのは個人差があります。

ですので誰にでもわかりやすくするように、初めにこのサマリーを持ってくると理解できる方が増えます。

やはり短いセンテンスで頭に入れることができるというのは、非常に多くの人にとって親切に感じられるものです。

だからこそ、長くなりそうな文章においては、サマリーを頭に持ってくると良いでしょう。

どのようなことを書いて行くのかや、どのようなことを会議で説明していくのかというのを始めに短いセンテンスで書いておき、そこから細かく説明をしていくということで、要点を得ながら頭に入れていくことができます。

サマリーの類義語も理解しておこう


ではサマリーの類義語にはどのようなものがあるのでしょうか。

サマリーの類義語なども詳しく見ていきましょう。

要説

こちらは「ようせつ」と読みます。

こちらは要点を絞って解説するというものです。

色々と説明をしようと思うと、やはり文章は長くなりがちですが、多い文章というのは時に人を混乱に陥れます。

そこでおすすめなのは、このように要点を絞って解説をするということです。

つまりどのようなことが言いたいのかということを、あらかじめ解説してあることによって非常に読みやすくなります。

大概

こちらは「たいがい」と読み、多くの方が使うのではないのでしょうか。

色々な意味合いで使われることがあります。

サマリーの類義語としてよく使われる意味合いとして、おおよそのあらすじのことを指すところがあります。

その他にも色々な意味があり、意味としては大部分という言葉があります。

このように大部分のことを指す時に、「たいがい」ということを言ったりもします。

さらには「ありふれている」とか「良い加減に」という意味合いがあるところがあります。

このように、海外と言うと色々な意味合いがありますが、サマリーの類義語としては大体のあらすじというような意味合いで使われることが多いでしょう。

要覧

「ようらん」と読みますが、資料などのまとめで大要を説明する文書を指します。こちらもサマリーの意味合いとして大変近いものがありますね

略述

こちらは「りゃくじゅつ」と読み、口頭で要点を説明することを指します。

要説などは主に書類について色々ということがありましたが、こちらの場合は口頭で説明することを指します。

会議においても色々と口頭で説明することがありますが、こちらは略術なのです。

あらすじ

こちらはビジネスマンはもちろんのことですが、一般の方においても色々と聞き覚えのある言葉でしょう。

それは物語のあらすじというものについて、よく聞くことがあるからとも言えます。

やはり映画においても小説においても、何について書いているのかわからなかったら読みたいという気持ちはあまりないかもしれません。

そこで簡単にあらすじについて書いてあったら、興味のあることだったら読んでみたいと思いますよね。

例えばラブコメ系が好きな人であれば、ラブコメのような話の要素は、あらすじでわかれば読んでみたいと思うものです。

サスペンスものが好きな人であれば、サスペンス系のあらすじてあるということが分かれば映画を見てみたいと思ったり、小説を読んでみたいと思ったりするでしょう。

このように、いろいろとあらかじめわかった方が読んでみようとか、見てみようというアクションを起こすことができる一面があります。

どちらかと言うと、あらすじと言うと物語において使うことが多いでしょう。

要綱

こちらは「ようこう」と読み、基本的に大事なことの根っこ部分のことを指します。

こちらは何が大事なのかという事を短く書いてあるということで、サマリーと似ているところがあるでしょう。

色々な会議などについての話においても、何についてが一番大事なのかということはよく分かるようにしておくことで、話がずれることがありません。

やはり色々と人間は話していると、どうしても話がずれてきてしまうこともあります。

色々な方がいますので、ついつい話を脱線させてしまうという人もいます。

このような時に、要綱がしっかりとしていることによって、ちょっとずれてしまった話でもすぐに元に戻すことができます。

ですので話し合いについて、何が大事な部分なのかという根源の部分をしっかりと認識していくことで、より実りのある話し合いになる可能性が高くなります。

大略

「たいりゃく」と読み、おおよそというような意味合いで使われることがあります。

こちらは普段聞き慣れない方も多いかもしれませんね。

ただ大略については芥川龍之介の小説でも登場しますので、芥川龍之介が好きな方をご存知の方も多いでしょう。

その他にも太宰治や福沢諭吉など、名だたる著名人も小説や著書にこの大略という言葉を登場させています。

レジュメ

レジュメとは「要約」や「概要」のことを指します。

レジュメという言葉については聞いたことがあるけれど、あまり詳しく意味を考えたことがあまりないということもあるかもしれません。

このレジュメとは一体何だろうと思いつつも、なんとなく理解したつもりでいるということもあるかもしれませんが、このレジュメでもサマリーと同じく、要約などのことを指します。

このように意味がわかると「レジュメとは、このようなことなのだな」ということがわかりますね。

要言

こちらは「ようげん」と読み、こちらも要点を捉えた言葉ということを指します。

こちらもサマリーと大変よく似ていますね。

略書

こちらは「りゃくしょ」と読み、省略して描く事を指します。

こちらも省略して書くという意味合いから、少々サマリーとは似ていないような気もしますが、やはり短く言葉を求めてという意味合いからして、やはりこちらもサマリーと近い言葉と言えるでしょう。

色々と言葉を尽くしても理解するかどうかというのは、うまく理解出来る人と逆に混乱する人がいますので、このように略書のように短く書かれているということで頭に入りやすいという人もいます。

色々な人がいますので、このように百姓などで省略して書きながらも、その後に詳しく説明をしていくことで理解を深めていく可能性が非常に高いです。

あらまし

あらましについては、いろいろと見たことがある人も多いのではないのでしょうか。

本に書かれているということもありますし、歴史の本などについても、そのようにあらましについてまとめられているということもあります。

こちらもおおよそというような意味合いで使われることもあります。

特に歴史の教科書などについては、色々と歴史というのは長い年月を積み重ねて作られているものですので、言葉を尽くすと非常に長くなります。

そのようになると読むのに疲れてしまったりするなどで、理解力の低下につながってしまう可能性も否定できません。

しかしこのように、予めあらましが書いていることによって、要点をつかむことができ、さらには細かい説明を見ることで、より理解を深めることができます。

このようなことから非常に説明が長くなりそうなものについては、あらましについて書かれていることも多くあります。

サマリーと同じビジネス用語

ビジネス用語には、様々な言葉があります。

それはサマリーだけではありません。

色々な言葉がありますので、ビジネスマンであれば、そのような意味合いをしっかりと押さえておきたいものです。

特に新人の方であれば、このようなことを聞いたら「こんなことも知らないのか」と馬鹿にされてしまうのではないかと思われているところもあるでしょう。

特に怖い先輩や上司がいるということであれば、なかなか聞きにくいところがありますね。

聞けば「こんなことも知らないのか」と言われ、逆に聞かずに自分で調べて実行したら違ったら違ったで「何で聞かないのか」と怒られたりということで、新人期は色々なジレンマがあります。

しかしできれば、このように意味合いをあらかじめ抑えておくということで正解していれば、先輩や上司に色々と聞いた上で色々と怒られることも減ります。

「何で聞かないのか」ということも怒られることはあるかもしれませんけれど、この怒られるということは新人期は基本的に避けられないと言ってもいいでしょう。

やはり知らないことを知らないですし、このように怒られることで色々と覚えていくことがあります。

サマリーと同じようなビジネス用語などについても、あらかじめ調べて知識を習得しておきましょう。

これでもし何か違うと言われたら、正しい意味を覚えていったら良いのです。

ではサマリーと同じ日ようなビジネス用語について見ていきましょう。

プライオリティ

「priority」とは優先順位などを指します。

仕事などにおいては、この優先順位は大変重要です。

いわゆる仕事ができないと言われている人は、この優先順位をつけるのが苦手な人がいます。

例えばですが、明日提出なものを後回しにして、一週間後に提出するものを先にしているというようなことで締め切りに間に合わないということが多くあります。

それはなぜかと言うと、優先順位がうまく付けられていないからです。

当然先に手をつけるべきものは、明日提出のものです。

しかし中にはこだわりが強い方などで、どうしても手をつけた方を早く終わらせないと気が済まないというような人もいます。

このようなことで優先順位がうまくつけられないというところがあるのです、

プライオリティということを言われたら、優先順位ということを覚えておきましょう。

そうすることで、仕事優先順位のことについて言われているのだということが分かればうまく対処することも出来るようになるでしょう。

具体的な使い方としては「プライオリティ高めです」と言われたら、先にこの仕事を優先してほしいということです。

フィックス

fix(フィックス)とは修理、修正、固定など様々な意味を持ちます。

ビジネス用語として、どのような場面で使われるのかと言うと、会議などで最終的な結果がまとまった時にフィックスしたというような言い方をします。

このように会議でフィックスしたということを言ったとしたら、それは会議の話し合いの内容が決定したというような意味合いのことを指します。

このように「固定」とか「固まった」というような意味合いで使われることも多いですが、同時に「修正」という意味合いがありますので、スケジュールをフィックスするということになると、ひょっとしたら日程の再調整というような意味合いで使われる可能性も高いです。

このようなことから、話の筋からして修正の方なのか固定の方なのかということをしっかりと確認する必要があります。

注意点としてはこのフィックスという言葉が、必ずしも皆に通用するということはなく、どちらかというと若い世代の方しか知らないことも多いです。

ただこのような言葉遣いをするような企業であれば、このフィックスの意味は是非とも押さえておきたいものです。

フィードバック

こちらはビジネスではもちろんのことですが、Webライティングなどをしていても、このようなフィールドバッグという言葉について聞かれることはあります。

ではこのフィールドバックとは何かと言うと、結果を伝え返すという意味合いがあります。

例えばWebライティングなどで、このフィールドバッグがあるとしたら、それはWebライターの方が書いた文章について「この言い回しについては、次からはこのように気をつけてほしい」というような言い方をするようなことも指します。

こうすることによって、今後どのようにライティングをしていたらいいのかということがわかります。

色々なWebライティングの依頼をするところがありますが、その依頼先によってその内容はいろいろです。

ですので基本的に、ウェブライターの人達は色々なことをフィールドバックすることによって、その依頼主の方が何を求めているのかということを理解し、今後の記事作成に役立てていくというところがあります。

このようにフィールドバックというのは、ビジネスマンにもそのようなことが言えます。

例えば何かを失敗してしまった時、どのようにしたらよいのかということを対策を立て考える必要があります。

その考える段階のことを、フィールドバッグと言います。

こうすることによって、次にどうしたらいいのかということがわかりますので、それを実行すれば、そのようなミスは二度と起こらないということになります。

基本的に、このようなミスはビジネスの信頼問題となっていくところがありますので、どのように気をつけていくべきかということを、しっかりとフィールドバッグするというのは、どのような企業においても大切なことです。

ファクト

ファクトリーというのは、実際にあったこととか事実ということを指します。

先ほどのフィールドバックのところで触れたように、ビジネスマンにおいては何が起きたのかということをしっかりと把握した上で、フィールドバッグをしていきます。

例えば何かミスがあった時、具体例を挙げると、重要な書類を誤って他の企業に送ってしまったということにしましょう。

そうした時に、なぜこのような重要な種類が他の企業にも語ってしまったのかという事実を掘り下げて考えていくことになります。

この事実という部分が、ファクトです。

そこで今後そのようなことが起きないようにどのようにしたらいいのかと考えていくのがフィールドバッグです。

例えば封書送る時に上司のチェックをするなどにチェックをするというようなこともフィールドバッグとしてあげられることでしょう。

このように実際に起きてしまったことのことをファクトと言います。

ニーズ

基本的に、利益が上がるものにはニーズがあります。

求める人がいるからこそ提供したら利益が得られるのです。

ニーズとは、このような求められていることということを指します。

最近はいろいろなものがありすぎて、もうニーズは全て埋め尽くしてしまったのではないかと思われるところがありますが、思いがけないところにニーズはある可能性もあります。

ビジネスチャンスはこの思いがけないところのニーズにスポットを当てていくところにあるのです。

最近著者が思いがけないニーズを発見したなと感心しているところとしては、最近はレンタルなんもしない人さんがそうだなと思いますね。

一見、何もしない人の貸し出しなんて何の意味もないと思ってしまうところがあります。

例えば家事のサービスをして欲しいとか、便利屋さんになってほしいとか、そのように何かして欲しいと思うところにニーズがあると思う一面があります。

しかし人は必ずしも、そうではなく、何もしなくてもいいので、とりあえずいてほしいというようなニーズもあるというのです。

具体例を挙げると一人では入りにくいお店にただいるだけでいいから一緒にいて欲しいというようなことも意外なニーズとしてあるのです。

このようなことから、レンタルなんもしない人さんは収入や食事などを得ているところがあります。

以前は無料で交通費だけというところだったんですが、最近は1万円を取るようですね。

このように思いがけぬところにビジネスチャンスがある事を、レンタルなんもしない人さんから学びました。

このように意外なニーズというのは、現代においてもまだまだあるのです。

なるはや

なんとなく想像がつくという方もいらっしゃると思いますが、「なるはや」とは「なるべく早く」という言葉の略です。

早くしてほしいと言う気持ちの中に、なるべくという言葉を入れることで、気遣いを感じさせるところがありますね。

実際に、そのように配慮の気持ちからなるべく早くと言っているところもある人もいますが、その一方であまり深く考えずに気楽に使っているというような人もいます。

色々な世代の人もいますので何とも言えませんが、基本的に20代から30代の方が多く使っている方が多いようですね。

しかしこの「なるはや」という言葉も気遣いの言葉というところがありますが、とにかく略語が嫌いという方もいますので何とも言えないところがあります。

気心が知れてるような人であればまだしも、そうではなくお客様が相手だったりする場合はあまり使わない方が良いのかもしれません。

ドラフト

ドラフトとは基本的に野球などにおいて使われることが多いですね。

この野球で球団が選び取るという意味合いがあることから、よくドラフトと言われています。

ビジネスにおいても選抜とか選び取るというような場面はよくあります。

このようなことから、野球とは全く関係なくてもドラフトという言葉が使われるところがあります。

ただこのドラフトというのは、人を選び取るというような意味合いだけではありません。

下書きというような意味合いなどもありますし、人を選び取るという意味合いで使っていないとすれば下書きである可能性もあります。

さらにはデザイン系のお仕事ということであれば、輪郭を書いた下図ということもあります。

トラックバック

ブログなどでよく見る「トラックバック」ですが、他の方のブログを自分のブログにリンクさせる機能の事を指します。

これがサマリーとどのように関係があるのかと言うと、内容の概要等様々な事が相手先に送られるところにあります。

トップダウン

トップダウンとは、いわゆる女房のことを指します。

トップダウンとは、いわゆる上から下へという意味合いがあり、経営者が主に色々としきって従業員の方はその指示に従って働いていくというスタイルのことを指します。

上層部の指示を上司の方が聞いて、更に上司の方が更に部下に指示をしていくというように段々と、上から下に指示をされるところが、このようなトップダウンと言われるような方法です。

このトップダウン方式がうまくいくのは、そのトップにカリスマ力があったり、正しく導く力があるということであれば、この方式が大変うまくいくところがあります。

その一方でいわゆるワンマン経営になりやすい一面があります。

ですので、ひとたびうまくいかなくなると従業員の我慢を強いられるということがあり、必ずこの方法が良いということは言えません。

だからこそ、「うちはトップダウン」というような言い方をするのは、あまり良いとは言えません。

ただ、このように上の方が、しっかりとしている場合であれば、この方法でうまくいくケースが多いです。

さらに言うと、サービス業などすぐに迅速に動いてほしいというようなことが求められる場合は、あらかじめマニュアルをしたためておき、上から下にということで伝えていくことでさらにスムーズに動かすことができます。

特に以前のマクドナルドなどが、そのようなことが言えるのではないのでしょうか。

その反対としてボトムアップという言葉もあります。

デフォルト

デフォルトとは「債務不履行」や「初期設定値」の事を指します。

お金の話をしていて、デフォルトという言葉が出ると、債務不履行という可能性が出てきます。

こちらはギリシャなどにおいて、デフォルトの危機っていうことが言われていたことがあります。

こちらは債務不履行ということを指します。

それに対しもう一つの初期設定値という意味合いでは、よくスマホなどにおいても来たばっかりの時というのは初期設定になっています。

このようなことから転じて、普通とか定番というような意味合いもあります。

このデフォルトという言葉が出たら、何について話しているのかということをしっかりと把握しておくということが必要です。

サマリーは基本的なビジネス用語なので覚えておくように!

このようにビジネス用語は色々な言葉があります。

そして言葉は生き物ですので、基本的にだんだんと変わっていくという意味合いがあることもあります。

実際に、全く意味合いが変わってくるという言葉もありましたね。

さらには略語なども出てくるところがありますので、特に年齢を重ねた方であれば是非とも押さえておきたいものです。

具体例を挙げると「なるはや」という言葉は、若者が使いそうな言葉ではありますよね。

この「なるはや」と言われたら「なるべく早く」というような意味合いであるということは、著者のように40台のようなわれわれ世代でも押さえておきたいものです。

色々な略語がありますが、サマリーについても基本的にビジネス用語です。

最近の若い者の言葉をよく分からないというようなことを言ってしまうところもありますが。

普通にビジネス用語として使われているので押さえておきたいところです。

さらには新社会人の方であれば、サマリーと言うて一体何なんだろうと思ってしまうかもしれませんが、これも要約やまとめという意味合いであるということを理解しておくと仕事がスムーズに行きますよ。