あなたは今悩んでいることはありますか?家族、友人、恋人、仕事、人間関係等、世の中には悩みの種となるものがたくさんあります。

悩みが何もないという人はいないと言っても過言ではないくらい、誰もが多かれ少なかれ悩みを抱えています。

悩みというのは色々な種類があります。

人間関係が上手くいっていなかったり、仕事でミスして落ち込んでいたり、はたまた友人や恋人を怒らせてしまって落ち込んでいたり、ダイエットが成功していない、自分の見た目が好きではない…等、人によって抱えている悩みも様々。

全ての人が自分の中の悩みと向き合いながら、日々過ごしているのです。

少しでも悩みを緩和する方法は、誰かに「相談」すること。

しかし、悩みを相談するということは、自分の「弱み」を相手にさらけ出す様な気持ちにもなり、躊躇してしまう人もいます。

確かに、悩み相談をするというのは勇気がいること。

自分の中のマイナス面を見せますし、自分の考え方、感じ方を相手にさらけ出す事になるため、信頼する相手でないと話すことができないと考える人もいるでしょう。

とはいえ、悩みを解決するためには、自分の視野を広げることがとても大切です。

そのためには、他人の意見を自分の中に取り入れることがとても重要なのです。

今回のテーマは「悩み相談」について。

世の中には、他人に悩み相談ができず、自分の中で悩みを抱えてしまい、ずっとモヤモヤしたまま、メンタル面に不調をきたしている人が大勢います。

自分が今悩んでいるけれども、他人に話せず悩んでいるという人は、是非参考にしてみてくださいね♪

悩み相談、ちゃんと出来ていますか?


あなたは悩み相談をちゃんと出来ていますか?誰にも話せずに、自分の中で抱えたままになっていないでしょうか。

悩みは自己解決ができるのが一番ですが、大概の場合が解決ができず、モヤモヤが大きくなってしまっているはずです。

悩み相談をするということは、自分のマイナス面を他人にさらけ出すという事。

「嫌われたらどうしよう。」「こんな自分を知られたくない。」そんな気持ちになってしまうからこそ、悩み相談をすることに躊躇をする人が大勢いるのです。

とはいえ、ほとんどの悩みが自己解決ができるものではありません。

特に悩んでいる時は、メンタル面もマイナスに陥りがち。

そのため、自分の中で悩みが解決できるような気力がなくなっている場合がほとんどだといえるでしょう。

だからこそ悩み相談をして、他人の力を借りることが重要です。

人は一人では生きられません。

他の人の力を上手く借りるということが、居心地よく生きていくためには大切。

スマートに生きていくためには、他人の力を借りることが大切なのです。

悩みを抱え続けると、メンタルバランスが崩れる

悩みを抱え続けるとメンタルバランスが崩れていきます。

自分では大丈夫と思っていたとしても、メンタル面は気付かないうちにボロボロに…。

悩みを自分の中で抱え込んで、悶々としていたとしても、マイナスな考えしか出てきません。

マイナスな考えに陥ってしまうと、自分自身を責めてしまう結果に繋がってしまいます。

「仕事が上手くいかないのは、自分の能力が低いからだ。」「恋人と上手くいかないのは、自分が悪いからだ。」等、自分を責めてしまいがちとなります。

人間関係や仕事などに不調が生じ悩んでいるとすれば、それはあなた一人だけが原因でないことがほとんどです。

上司や同僚、部下、恋人、友人、家族等、その「悩み」に関連する人にも必ず原因があります。

自分だけが悪いと思わないことが大切。

悩みを解決するためには、まず「自分が悪い」と思わないことが大切であるといえるでしょう。

知らず知らず自分を追い詰める結果に

悩みを抱え続けていると、自分では大丈夫だと思っていたとしても、知らず知らずに自分を追い詰める結果に繋がっていることもあります。

悩みというのは、メンタル面に良い影響を及ぼすことはありません。

そのため、悩みが自分の中にずっとあるということは、気付かないうちに、自分自身を追い詰める結果へとつながっていくのです。

自分自身を追い詰めるとは、「メンタル面」に悪影響を及ぼすということ。

何をしていても頭の中に悩んでいることがチラついたり、うまく笑えなくなったり、コミュニケーションがとれなくなったり…。

結果、「楽しい」という気持ちが薄れてしまい、人生に対してやりがいが感じられなくなってしまうことになります。

悩みを自分の中で抱え込むことは、絶対に良い事ではありません。

悩みにぶち当たったときは、悩みを解決する方法を探すために、誰かに相談をすることを考えることが大切。

自分の中で悶々と考えても、良い解決に結びつく事はないということを肝に銘じておきましょう。

ひとりで悩むとどんどん視野が狭くなる

ひとりで悩むと、自分の中での考えでしか物事を考えることができず、どんどん視野が狭くなっていきます。

悩みが解決するときの多くは、自分の中にない価値観や考え方に触れ合ったときです。

そして、価値観や考え方を広げるためには、他人の意見を聞くということが必要不可欠。

状況を打破するためには、他人の意見や考えを聞いて、解決策のヒントを見つけることが大切なのです。

視野が狭くなると、どうしても自分を責めてしまいがちになります。

物事が上手くいかない時というのは、1つの原因だけでなく、必ず複数の原因が絡み合ってできています。

そのため、悩みの原因はあなただけであるということは絶対にないのです。

悩みにぶち当たったときに一番大切なのは、「自分が悪いんだ。」と自分を責めないこと。

自分を責めても、状況は何も解決しません。

もちろん、反省することは大切ですし、周囲に迷惑をかけて悩んでいるのであれば、きちんと反省した態度を見せることも大切です。

しかし、自分を強く責めることは、状況を悪化させるだけなので、避けましょう。

過去は無かったことにはできない

よく「あの時にあんなことをしなければよかった。」と過去を悔やんでいる人がいます。

しかし、過去は無かったことにはできず、過去のことをいくら悔やんでも、悩みの解決には結びつきません。

万が一、自分のミスで引き起こした失敗で悩んでいるのであれば、なぜ失敗したのかを知るために過去を顧みて反省することは大切です。

しかし、クヨクヨしているだけでは何の意味もありません。

悩みが解決するのは、未来に向けて動きだそうと思えたとき。

過去を悔やんでいる状態では、悩みが解決に向かうことはできません。

ある程度反省をした後は、未来に向けて動き出していきましょう。

出来るだけ早期に状況を改善して精神的安定を得よう

悩みを抱えていて、クヨクヨしている状態ですと、精神に良い影響を与えません。

精神的安定を得るためには、悩みを解決することに全力を注ぐことが大切です。

他人に悩み相談をし、悩みを解決する方法を見つけ出し、悩みが自分の中でなくなるように働きかけていきましょう。

悩んでいる事ばかりを考えていても、解決することはできません。

それであれば半強制的に自分をプラス思考にすることも大切です。

お酒の力を借りたり、自分の趣味に時間を費やしたり、はたまたストレス発散のためにマッサージやエステにいったり…。

悩んでいる時だからこそ、自分を甘やかすことも大切です。

出来るだけ早期に状況を改善するためには、自分を責めるのではなく、自分を慰めてあげるということも大切であるという事を肝に銘じておきましょう。

悩み相談を誰にもできない時の4個の解決策

悩みを自分の中で抱え込んでしまう人の多くが、「誰に相談をしたらいいか分からない。」という考えに陥っています。

周囲に、信頼して悩みを打ち明けることができるのであれば良いですが、利害関係があったり、はたまた悩んでいる原因が共通の知り合いだったりすると話すのも躊躇してしまうという人も多いはず。

悩み相談を誰にもできなかったとしても、自分の中で抱え込んでしまうのは良い事ではありません。

悩みを口に出すことで、プラスに動くことはたくさんあります。

利害関係があるため悩み相談ができないと感じるのであれば、利害関係がない所で悩み相談をすることが良いと言えるでしょう。

では、誰にも悩み相談ができない時はどうしたらいいのか?悩みを誰にもできない時の解決方法を詳しくお伝えしていきます!

意外と強い味方?!ウェブ上での悩み相談


身近に相談できる相手はいないけど、誰かに話を聞いてもらいたい場合は、ウェブ上のでの悩み相談がオススメ。

ウェブ上で自分の悩みを相談することにより、様々な人の意見を聞く事が可能です。

また、文章化することにより、自分が何に悩んでいるかをきちんと整理することができます。

整理することで、自分が悩んでいることがそんなに大きい事でないと感じられたり、解決策が見つかることも多いので、ウェブ上で相談しないにしても、悩みを文章化するということはとても大切だといえるでしょう。

また、ウェブ上ですと利害関係がない人達から、多くの参考になる意見を入手することができます。

自分と同じ悩みを抱えていた人の解決策が聞けたり、解決策の糸口となるようなアドバイスを聞く事もできるため、とても有効な手段であるといえるでしょう。

また、ウェブ上というのはリアルな人間関係とは異なり顔が見えませんし、繋がりもありません。

自分の悩みを思う存分さらけ出すことができるはずです。

リアルな人間関係に影響を及ぼすこともないため、強い味方であるといえるでしょう。

専門家や体験者が親身に答えてくれることも多い

専門家や体験者に、もっと専門的な意見を聞きたいと考えるのであれば、自分の悩みを専門に取り扱っているようなサイトで悩み相談をすることが大切。

インターネットで検索をすると、専門性の高い悩み相談サイトというのは多く存在することが分かります。

またその中には専門家が相談に対して無料でアドバイスをしてくれることも多いため、活用してみることをオススメします。

専門家や体験者の意見というのは、非常に具体的であるため、悩みを解決するための手段として、積極的に取り入れるべき意見であるといえます。

また、ウェブ上であれば、文章で答えてくれるため、耳で聞くよりも理解力が高まるので、オススメであるといえるでしょう。

辛辣な意見はとりあえず無視しよう

とはいえ、ウェブ上というのは匿名性が高く、利害関係もないため、心無い発言をする人達もたくさんいます。

わざと人が傷つけたり、イライラさせるような発言をして、困らせることを趣味にしている人もいるため、そのような人に出くわした場合には、無視をすることを心掛けましょう。

あなたは、悩みを解決したくて相談をしており、傷つくために他人の意見を聞いているわけではありません。

辛辣な意見は相手にせず、自分にとってプラスになる意見を集めるようにしましょう。

自然の中に出かけてみよう

自分の中のモヤモヤが晴れないときは、少し遠出をして気分転換をするのも良いでしょう。

海や森林、田舎など、自然がたくさんある場所に繰り出すことで、気持ちの切り替えができることもあります。

人間や同じ環境にいると、どうしても同じことをグルグルと考えてしまいがちになります。

気分転換をするためには、考え方を切り替えることも大切ですが、環境を変えてみるということもとても大切です。

いつもと違う環境に触れ合うことにより、考え方や感情がリフレッシュされます。

結果、自分の中にあった憑き物がスッと取れることもありますし、前向きな気持ちになれるはずです。

直接的な悩みの解決方法ではありませんが、気分転換をするこは、悩みを解決するきっかけになるといえるでしょう。

自分の悩みが如何にちっぽけか気付かされる

自然と触れ合うと、その壮大さに気付き、自分の悩みがどうでも良い事にも思えるようになってきます。

自然と触れ合うことで、「自分の中の悩みなんてちっぽけなことだ。」と気付くことができ、プラス思考となれるのです。

悩みを抱えている人の多くが、自分の中で悶々と考え込んでしまい、負のループに陥って抜け出せなくなってしまっている傾向にあります。

負のループから抜け出すためには、環境を変えて、気持ちのリフレッシュをすることが大切だといえるでしょう。

自分が悶々と考え込んでしまい、なかなかプラスな気持ちになれないと感じているのであれば、有給休暇を使って遠出をしてみるのもいいと思います。

気分転換こそが、悩みを解決するために良い方法であるといえます。

メンタル面においても良い影響を与えるため、オススメですよ♪