一般的に、定年は60歳という認識を持っている人が多く居る事でしょう。

その為、どんなに熱い気持ちを持ってその仕事をしている人であったとしても、60歳になると定年となり仕事を辞める事が普通だと思われていたのです。

ですが、その考え方が変わりつつあると言われています。

そもそも、定年が60歳だと言われ始めた時代から今では平均寿命が大きく伸びたとされています。

だらこそ昔は引退して余生を過ごす事が当たり前だとされていた人たちもそこから20年・30年と生きると考えるならば、60歳で仕事を引退してしまうのは早いのではないかと考えられるようになってきたのです。

また、今の日本の状況も60歳での定年という考え方に疑問を投げ変えているのかもしれません。

と言うのも今の日本は高齢化社会です。

だからこそ、若い人の働き手がなかなか集まらないのです。

60歳が定年という考え方が当たり前だと思われていた時代では、その後に働いてくれる若者が沢山いたのでしょう。

だからこそ、わざわざ年を取った人が働く必要は無く、むしろ働いてしまうと若い人が働く場所が無くなってしまうなんて事もあったのかもしれません。

だからこそ、場所を譲るという考え方もあり、定年の制度が定着していたのでしょう。

ですが、今は時代が違います。

少子高齢化が進んでいるので、若い人の働き手があまりおらず反対に多くの高齢者の方が国中にあふれている状態となっているのです。

その為、若い人たちだけにすべての労働を押しつけてしまう事は、日本の発展という観点から考えてもあまりいい事だとは言えないでしょう。

すでに体に不調が出ている方や、どうしても仕事がしたくないという強い意志があるのであれば、仕事をしないという選択も仕方がないのかもしれません。

自分の人生を決めるのは自分自身です。

だからこそ、自分がどうしても嫌だと思うのであれば、60歳を過ぎてまでそれをする必要は無いのでしょう。

ですが、そうでは無い場合年齢だけで自分の人生を決めてしまうのはもったいない事なのかもしれません。

少しでも働く気持ちがあるのであれば、その気持ちを大事にしてみてもいいのではないでしょうか。

そうする事で、生活に張りが出てより楽しい日々を過ごす事が出来るようになるかもしれません。

今回は、そんな定年後の人生について改めて考えてみたいと思います。

定年後も仕事を続ける人が急増している日本

今の日本の平均寿命は80歳を超えていると言われています。

医学が進歩しているからこそ、私たちの寿命は年々長くなってきているのです。

ですが、その反面定年の年齢はいつまで経っても60歳のままなのです。

平均寿命が70代などの場合には、残りの余生を楽しむ時間も必要という事で60歳での定年もそれほどおかしいものでは無かったのかもしれません。

ですが、定年の年齢が80歳だというと話は変わってくるのではないでしょうか。

と言うのも、老後の時間がぐっと長くなるからです。

その為、その時間を持て余してしまう事もあるからです。

既に有り余るほどのお金を持っている人は良いかもしれませんが、そうでは無い人はそこから20年あまり無収入で続けていく事に不安を感じる事もあるでしょう。

いくら年金を貰う事が出来るとしても、その額は人によって様々です。

全く足りないと思う場合だって勿論あるはずなのです。

まだまだ元気な60歳は今の日本には沢山います。

その場合、ただただ家にいるだけでは時間を持て余し、暇になってしまうかもしれません。

いくら遊ぶ事が楽しいと言っても、全くの無収入ではいくらなんでもそうそう遊び歩く事も出来ないはずです。

だからこそ、今では定年後にも新しい職場を見つけ、そこで働いている人が沢山いるのです。

定年後に働くと聞くと、それだけやる気があるのだなと思う事でしょう。

人によっては金銭的な心配をされる事もあるかもしれません。

勿論、そういった場合もあるでしょう。

ですが、実際にはあまりにも長い老後に向けて時間を有効活用していきたいと思っている人もいるのです。

そうした人たちからすると、定年後に働くという事もそれほどおかしな事では無いのではないでしょうか。

60歳で定年は、今や昔の話?!

今と昔では、会社の形は大きく変わりました。

以前は終身雇用が当たり前でしたが、今ではよほどの大手ではない限りそうした制度は導入されていません。

だからこそ、ある日突然仕事がなくなってしまう事もあるのです。

60歳での定年という考え方は、あくまでも終身雇用という制度があったからこそ、一つの区切りとして年齢を定めていたものに過ぎないのでしょう。

その為、今でも60歳で定年という制度はあるものの、その後に再雇用されたい他の場所で働くという事も珍しい事ではありません。

時代は常に変化していきます。

だからこそ、過去で考えれば当たり前に受け入れる事が出来る事も今の時代には合わないという事もあるのです。

定年後の人生が長くなりつつある今、健康な体があるのであればまだまだ働きたいと思うのは当然の気持ちなのではないでしょうか。

それが結果的に自分自身の気持ちの張り合いに繋がるという事もあるのですから。

何もやる事が決まっておらず、毎日自分が好きな事をしていればいいという時間は最初のうちは楽しいかもしれません。

ですが、その時間が長くなればなるほど、どんどんとつまらない・物足りないと感じていってしまうものなのでしょう。

それが結果的に人生の張り合いを無くすという事に繋がってしまうのかもしれません。

余りにも暇な時間が続けば、それだけ考える力も衰えてしまう事でしょう。

そのせいで、実際の年齢よりも更に老けて見えてしまうなんて事もあるかもしれないのです。

定年の時期が決まっているのはそれなりの理由があっての事だったのかもしれません。

ですが、それはあくまでも過去の時代での事です。

今の時代にその考え方が合っているのかどうかと聞かれると、それは難しい部分でもあります。

その為、時代に合わない考え方は無理して合わせる必要は無いのかもしれません。

自分が働きたいと思ったら働いてみる。

そんなフランクな考え方が重要なのでしょう。

中小企業の社員に多い

中小企業の社員の方は、大手に比べ福利厚生が少ない場合があります。

その為、貰える手当が少ないなどの理由もあり、退職する際に貰う事が出来る退職金がそれほど多くない場合もあります。

その為、その後の人生を考えた時もう少しまとまったお金を残しておきたいと考える人も多く居るはずです。

だからこそ、結果的に仕事を続けるという事を決断している人が多いのかもしれません。

また、中小企業の場合には一人あたりが抱える仕事の比率も多くなります。

大手よりも『この人でなければ分からない』という部分が多くあるのです。

それがいい事か悪い事なのかは難しい部分ではあるものの、少なくとも必要とされているからこそそのまま残って働きやすいという考え方があります。

誰も自分を全く必要としていない所で仕事を続けたいとは思わないはずです。

必要とされている・自分に出来る仕事があるという条件が揃ってこそ、定年後にも仕事を継続していく事が出来るものなのです。

そうした条件に対し中小企業の人の方がそうした希望を通しやすいからこそ、継続的に働く人が多いという事が言えるのかもしれません。

自分を必要としてくれる場所があるという事は、実はとても幸せな事なのです。

勿論家族の中で必要とされるという事はあるでしょう。

ですが、それが社会的にどうかと聞かれれば難しいポイントもあるはずです。

社会的に必要とされる機会が多いからこそ、私たちは生きていく中でやりがいを感じる事が出来るという部分もあるはずです。

そうした考え方からも、仕事をする場所があるのであれば、その場所を大切にしていくという事もとても大事な事なのではないでしょうか。

それが結果的に自分の人生をより豊かなものにしてくれるきっかけに繋がるはずです。

大企業は手厚い手当があるので、定年で辞める人も多い


大手企業は、そもそも社員数が中小企業とは比べ物にならいほど多いというポイントがあります。

どんな制度も、母数が多ければ多いほど経費が掛かりにくいという利点があります。

一見すると、人数が多い方が金額がかかっているように見えるものも一人あたりに換算すると、実際には人数が多い方が一人あたりの金額が少なくなり、より多くの制度を導入する事が出来るのです。

そういった面もあり、大企業の方が中小企業よりも福利厚生がしっかりしているというポイントがあります。

その為、退職前に満足できる金額を貰うことが出来ているからこそ、その後の人生は自分の思うように自由に過ごしたいと考える人が多く居るのです。

勿論、仕事はお金の為だけにするのではありません。

定年したからこそ、自分のペースで楽しみつつ行いたいという人も居るかもしれません。

それもまた一つの考え方でしょう。

ですが、そうした希望も人数が多い大企業では叶いにくい場合もあるのです。

既に後輩が沢山いるからこそ、後の人の場所を確保するという意味でも、既に一度定年した人は辞める事が前提として考えられている職場も沢山あります。

そうした職場では自分自身が続けたいと思ったとしても続ける事が出来ない場合もあるでしょう。

そうした意味でも、辞める事が出来るという事が必ずしも幸せでは無いという事を理解しなければならないのかもしれません。

定年後も仕事を続けることの5個のメリット

それではここからは定年後にも仕事を続けるメリットについてご紹介させていただきます。

既に定年後に仕事をしている人からすれば当たり前の情報が多く記載されているかもしれません。

ですが、まだ定年までに時間があるという人の中には、将来どうするべきなのか悩んでいるという人もいるはずです。

自分自身の人生設計を改めて考えるという意味でも、定年後に仕事をするかどうかを決める事がとても大事なポイントとなります。

長い期間仕事をしてきた人からすると、定年で一区切りついたのにも関わらず、更にそこからまた仕事をする事に対して抵抗感を感じる人も居るかもしれません。

そうなる事が嫌だからこそ、仕事に対して拒否反応を示してしまう事も珍しい事ではありません。

ですが、仕事をするにはそれだけのメリットがあるはずなのです。

メリットを知る事によって、仕事に対する考え方を変える事が出来るようになるかもしれません。

最初はとにかく嫌だと思っていた人たちも、メリットを知る事によってもう少しおおらかな気持ちを持って向き合う事が出来るようになるかもしれません。

人生は一度きりです。

だからこそ、自分が納得する事が出来る方法を知る事が大切です。

その為にも、どうしても仕事をやりたくないと思うのであれば、辞める事も良いでしょう。

ですが、全くメリットを知らずに決定してしまう事は、後から後悔を生む事になってしまう可能性もあります。

だからこそ、まずはメリットを知る事も大切です。

気力体力がキープできる


仕事をしていると、知らず知らずのうちに体を動かしているものです。

体を使う仕事をしている人たちは、もうそれだけで日ごろの体力維持に役立っている事でしょう。

もしデスクワークだという人も、通勤だけで運動をしている事になるのです。

いつものルーティーンだからこそ気が付いて居なかったとしても、実際には思ったよりも沢山の体を動かしている事になるのです。

だからこそ、定年してしまいそれが無くなってしまうと、途端に体力がキープできなくなってしまう事があります。

自分の体を維持する事は、健康を維持する意味でとても重要なポイントです。

仕事を辞めてしまうと、自分がいかに日々動かずに生活しているのかを実感する事になるでしょう。

特に男性の場合には、意識しないと家事もせずに家でずっと座っているなんて事も珍しくは無いでしょう。

今ではPCや携帯電話などを使用する事によって、多くの情報を簡単に手にする事が出来ます。

その為、意識しないと家の中で用事が済んでしまうのです。

それはあまりいい事ではありません。

意識して行動できない人にとっては、仕事があるだけで健康的な体を維持する事が出来ているのです。

仕事がストレスになってしまっている人にとっては、仕事を継続する事が精神的な苦痛になってしまう事もあります。

そうなってしまう場合には無理せず辞める事も良いでしょう。

ですがそうでは無く、どこかで楽しみながら仕事をしたりする事が出来るのであれば様々な可能性を考えて行動する事が必要と言えるでしょう。

仕事を辞めると一気に老け込んでしまう

仕事をしているうちは、毎日決まった時間に起きて朝から体を動かしていた事でしょう。

それは意識をしていなかったとしても、自分自身の体を作る事にとても役立っていたはずです。

ですが、それが無くなってしまった場合、一気に老け込んでしまう事があります。

仕事をしている事によって、生活には張り合いが生まれます。

多くの人と関わる事によって、自分の中にも様々な新しい情報が入ってくる事でしょう。

それが結果的に自分を元気にしてくれている事に繋がるのです。

ですが、いきなりそれが全くなくなってしまったらどうでしょうか。

生活にメリハリが無くなり、一気に老け込んでしまう場合もあります。

人と関わる事によって、自分自身にも見られているという意識を持って行動する事が出来るようになるはずです。

それが無くなってしまった途端、一気に老け込んでしまうという事もあるのです。

それだけ人間の生活にはメリハリというものが大事なのでしょう。

仕事がなくなったとしても、メリハリを持って行動する事が出来るのであれば、それはそれでいいのかもしれません。

ですがそうでは無い場合には、仕事をするという選択をする事も大切なポイントと言えるでしょう。