人手不足の社会状況にあって、復職を望む人にとっては、“追い風”の時代といえます。

経験者の復職は、“人財”を求める企業にとっては大歓迎です。

多くの職場では、仕事のスキルを持つ経験者が復帰することを待ち望んでいます。

あなたが在職していた時に身に付けてきた仕事の経験知識や技術力は、人材不足に陥っている企業にとっては、「宝」なのです。

あなたが持っている「宝」を眠らせずに、復職して活かしましょう。

自身の経験知を復職により、更にスキルアップさせることができます。

また、復職を目指す人にとっては、復職によって得ることのできる収入面のメリットもあります。

復職は、本人にとっても、受け入れる企業にとっても、両者に大きなプラス効果があります。

女性が家庭内において、独りで取り組んできた育児が、ひと段落ついた時期に復職を望むケースは多いです。

また、心身の疲労による休職期間を乗り越えて、健康面の自信を取り戻したことで復職を望むケースも増えています。

自分が今までの仕事の経験を通して培ってきた、知識や技術を復職により活かせることは、大きな充実感を味わうことができます。

充実感は、将来に向けたスキルアップへの意欲をかき立てます。

社会復帰は、育児に追われていた女性のキャリアアップの良い機会でもあります。

幼い子供を持つ女性にとって、保育施設の充実など、復職し易い社会的環境が今まで以上に整うことが期待されています。

一方、ストレスのうっ積によるウツなどから立ち直って、職場に復帰する場合は、自身の心の状態を診ながら無理をせずに、自分のペースを大切にする心掛けが必要です。

自分のペースを第一に考えるためには、職場の理解を得ることが大切です。

復職は、本人の努力と社会的環境の整備の両方が揃うことで、促進されていきます。

復職することで、家庭内の経済面にプラスをもたらすと同時に、企業の“人財”確保にも貢献します。

働く本人にとっても、仕事面のスキルアップを促進でき、社会参加の生き甲斐も実感できます。

復職は、色々な面にプラスの効果をもたらします。

女性の社会進出が増えることで、日本経済の活性化にもつながっていきます。

女性の多くは、家庭生活やプライベート面の充実とキャリアアップのために、積極的に復職を目指しています。

このためには、女性の復職をバックアップする男性が、海外のように益々増えていくことが待ち望まれています。

女性の復職は、身近な男性からの協力と理解が得られることで、促進されていきます。

女性の復職には、女性自身の努力と男性からのサポートの両方が必要なのです。

男性が女性の復職を応援するためには、家庭内での食事の支度などに積極的に関わっていくことが求められます。

復職を考えているあなたへ


復職を考えているあなたにとって、今の時代は“追い風”と言えます。

日本の企業の多くは、ニュースでも採り上げられているように、人材不足を抱えています。

ですから、仕事の経験をもっている女性の存在は、貴重とされる時代に入っているのです。

あなたの家庭環境の中で、家族や身近な男性の理解と後押しが期待できるなら、積極的に復職を目指すことを考えてみることをお勧めします。

今の社会状況は、復職をキッカケにして、女性が社会で活躍できるチャンスが沢山あります。

しかし、子供を預ける施設が不足しているなど、社会環境が整わない面が少なくありません
一方、心身の疲労による離職や休職からの復職では、家族の後押しや職場の上司、同僚など周りの人の理解が必要になります。

身近な人たちの理解とサポートが得られるなら、復職を目指すチャンスです。

企業が未経験者を採用すると、多くの時間とコストをかけて社員を育成しますので、経験者の復職は、企業にとって“大歓迎”です。

あなたが在職時代に培ってきた仕事の経験知識と技術力は、人材不足に陥っている企業にとっては「宝」なのです。

あなたが持っている「宝」を眠らせずに、復職を目指して活かしましょう。

復職のハードルは低くなってきている

あなたが在職時代に培ってきた、仕事の経験知や特化した技術力を経験者として復職し、活かすことを社会や企業が望んでいるのです。

人材確保に躍起になっている企業にとっては、あなたの存在は“喉から手が出る”くらい欲しい「人財」なのです。

今の社会の状況をみると、多くの企業が人材不足に陥っています。

ですから、復職のハードルは低くなってきているのです。

一方、育児のために休職していた女性が復職するためには、子供を預ける保育施設の確保が必要となります。

保育施設が不足している社会状況にあって、子どもを安心して預けることのできる施設を確保することが大きなテーマとなっています。

企業間の競争が激しい中で、未経験社員を育成するために時間とコストを掛ける余裕のない企業は多いです。

このような企業にとって厳しい状況にある中で、仕事の経験を持ち、知識や技術を持つ人の復職は歓迎に値します。

人財不足の社会状況にあって、復職のハードルは低くなっています。

復職を目指す女性にとっては、チャンスの時期が到来したと言えます。

人材不足の企業側としては嬉しい

企業にとって人材不足は深刻な課題です。

企業経営にとって必須な経営資源の中で最も大切なのは「ひと」つまり人材です。

人材不足は、企業の競争力の低下を招きます。

競合他社との激しい競争の中で、人材不足のために存続が危ぶまれる事態に陥るケースもあります。

企業経営に携わる立場にある経営者は、人材確保に躍起になっています。

こうした状況の中で、仕事の経験知と技術力を持った経験者が復職を目指すことは、人材不足の企業としては、たいへん嬉しいことです。

復職を目指す人にとっては、“引く手あまた”の状況と言えます。

経験者は即戦力になる


人材不足が慢性化している企業にとっては、経験者の復帰は大歓迎です。

企業間の競争が激しい中で、競争相手よりも優位に立つためには、様々な方策が必要となります。

特に、経験豊富な“人財”の確保は、競争優位を確保するための大きなポイントになっています。

経験者が復職することで、即戦力として手腕を発揮してくれることで、企業の競争力強化につながります。

企業にとっては、社員を戦力としての“人財”に育て上げるためには、たいへんな労力を要します。

経営が厳しい中で、即戦力となる社員を育成するために、時間とコストを費やすことは、企業にとって大きな負担となります。

ですから、企業は、経験者が復職してくれることで、時間とコストを掛けずに人財が確保できますので、経営者にとっては歓迎すべきことなのです。

待遇もさほど悪くならない

企業にとっては、経験者が復職してくれることで、人材不足が緩和されるため、大きなプラス効果が期待できます。

ですから、復職する人の経験知と技術力を評価して、待遇面で配慮してくれる企業は少なくありません。

あなたが今まで積み上げてきた経験年数と仕事のスキルを考慮して、待遇面に反映してくれる企業が増えています。

復職を成功させた人に学ぶ、復職する際に心がける6個のこと

休職するケースは、人によって様々です。

女性にとっては、出産や育児のため休職するケースは多いです。

一方、仕事上の疲労やストレスのうっ積から、心身の不調を訴えて休職するケースも少なくありません。

また、親の介護のために休職するケースもあります。

キャリアアップを目指してきた中で、本人の事情や家庭の事情などで止むを得ず休職に入る女性や男性の多くは、復職を望むケースが多いと言えます。

休職期間のブランクを克服してスムーズに復職するためには、事前の準備が大切になります。

休職期間中には、同僚に連絡をとり、職場の様子を聞き込むことが大切です。

職場の状況を把握しておくことで、復職に向けて自分が準備すべきことが“浮き彫り”になります。

自分の準備すべきことを前もって身に付けておくことで、スムーズに復職出来て、即戦力として活躍できるようになります。

あなたが即戦力として活躍することで、職場が活気づき、貴重な存在として歓迎されることになります。

復職前に知識や技術を上げる努力を続けよう

あなたが休職中の間も、世の中は早いスピードで変化を続けています。

社会の変化と歩調を合わせるように、職場での仕事にも変化が生じるものです。

あなたが休職中に家庭の物事に追われる日々を過ごしている間に、職場環境は変化し続けています。

このため、あなたの経験知や技術と職場の変化との間に大きなギャップが生じることがあります。

ですから、あなたが今まで積み上げてきた仕事の経験知や技術と、職場の現状との“差”を拡げないようにする努力が欠かせません。

このため、休職中も同僚に連絡をとり、職場の様子を聞き込むことを心掛けましょう。

職場の現状を知ることで、あなたが復職するまでに、身に付けるべき事がハッキリと分かってきます。

復職した際に、あなたの経験知と職場の現状とのギャップに戸惑わないように、復職に向けた準備をしましょう。

復職前に知識や技術を上げる努力を続けることで、あなたは職場の仕事の進め方にスムーズに馴染んでいくことができます。

受け身の姿勢は社会人としてNG

変化のスピードが速い社会の中で、“必要とされる人財”として生き残っていくためには、自分自身のスキルアップのために積極的に行動する姿勢が大切です。

受け身の姿勢で待っていても、何も得ることは出来ません。

今まで積み上げてきた経験知に安住していると、世の中の動きに遅れを取ることになります。

世の中の流れに遅れをとることは、社会人としてはNGです。

自分自身の経験知に安住せずに、休職期間中も積極的に情報を見聞きし、吸収する積極性を持つべきです。

積極的な姿勢を心掛けることで、休職中に生ずる職場の現状との“差”を最小限に抑えることができます。

向上心や、やる気を見せることが大事

あなたが、家庭の事情や心身の事情で職場を一時期離れる際に、「離職」ではなく「休職」という道を選択したことは、「復職」することを決心していたことを物語っています。

休職に入る際に復職を決心したことは、仕事への未練の気持ちが強く根付いていることを表わしています。

休職期間中も、仕事への意気込みを抱き続ける努力は継続すべきです。

仕事への意気込みを失うことなく抱き続けることで、スキルアップへの意欲が湧いてきます。

スキルアップへの意欲を抱き続けることで、向上心や、やる気を見せることができます。

あなたが、向上心や、やる気を見せることで、職場の人から歓迎される立場になっていきます。

歓迎される立場になることは、職場にとって必要な“人財”として受け入れてくれることを意味します。

年下や経験年数が少ない人が上司になっても丁寧に接する

あなたが休職中の間も、世の中の変化に合わせて、職場の状況も早いスピードで変化を続けています。

ですから、復職したとき、あなたよりも年下や経験年数が少ない人が上司になっているケースがあります。

あなたにとって、上司が年下や経験年数の少ない人であっても、丁寧に接することで、あなた自身の心の広さと“懐の深さ”を示すことができます。

“懐の深い”振る舞いをすることで、あなたの姿を観た職場の人は、あなたが持ち合わせている人間性を快く受け入れてくれます。

プライドが高い人は要注意

仕事の経験を積み上げてきた人の中には、周りの人に自分の経験知を自慢気に話すことがあります。

自分の経験知を自慢気に話す人は、プライドを振りかざす人です。

プライドの高い人は、自己中心的に物事を考えがちで、自分自身の見識の狭さに気付きません。

見識の狭い人は、常識を逸脱した言動をすることが多いです。

このため、周りの人からは、距離を置かれて孤立するケースがあります。

復職する際に、自身の経験知を振りかざす言動をする人は、職場の人から快く受け入れてもらいにくい傾向があります。

このため、仕事がスムーズに進まずに孤立した状況に追い込まれることになります。

積み上げてきた仕事の経験知の中には、時代の流れから遅れている部分もあります。

ですから、積み上げてきた仕事の経験は、“過去の産物”という認識に立つ謙虚さが必要です。

謙虚な気持ちで、職場の人から仕事を学び直す姿勢を持つことで、周りの人にスムーズに受け入れられるようになります。

一方、プライドが高い人は、謙虚な気持ちを抱くことができません。

このため、職場の人から快く受け入れられずに、スムーズな復職ができなくなりますので要注意です。

プライドの高さは、復職の妨げになります。