今回は『尻に敷かれる』男性についてご紹介させていただきます。

尻に敷かれている男性は周りから見ると、苦労をしているように見えるかもしれません。

ですが、その関係が意外と心地よく、強い女性に惹かれるからこそ、結果的に尻に敷かれてしまっているという人もいるのです。

では、尻に敷かれる男性には一体どんな特徴や魅力ががあるのか見ていきましょう。

尻に敷かれる男性とは

尻に敷かれる男性とは一体どんな男性なのでしょうか。

パッと浮かぶイメージとしては、どこか頼りなく草食系の男性という感じではないでしょうか。

というのも、プライドが高かったり九州男と呼ばれるような男性の場合には、女性の尻に敷かれる事に対していいイメージを持っていないからです。

そのような人の場合には、尻に敷くような女性とは仲良くする事が出来ないかもしれません。

それぞれ合う合わないがあるものなのです。

いい悪いでは無く、自分の気持ちに合った人を探すのが大切なのです。

そういった意味でも、尻に敷かれる男性は自ずとイメージが変わってくるはずです。

自分が尻に敷かれる事に対してなんの抵抗もない場合には、実際に尻に敷かれている人の気持ちを理解する事も出来るでしょう。

ですが、そうではない場合にはなかなか理解する事も出来ないかもしれません。

そうした意味も合わせて、様々な特徴を知ってみるのも面白いと思います。

尻に敷かれている男性の中には、意外と尻に敷かれている事に気が付いていない場合もあります。

尻に敷かれる男性の11個の特徴と魅力

尻に敷かれてしまっているのか、それともその状況を楽しんでいるのか、それは人によって違うと思います。

周りがどう思おうと、本人が幸せなのであればそれで良いのです。

周りから見ているとなんだか不憫に見える場合でも、意外とそれが2人の関係にとって良い関係である場合もあります。

ここからは尻に敷かれる男性の特徴についてご紹介させていただきます。

1.紳士的


尻に敷かれる男性というと、どうしても頼りなかったりなんだか情けないようなイメージを持ってしまうかもしれません。

ですが、実際にはそうとばかりは言えません。

女性に合わせる事が出来る優しい男性だという考え方だってあります。

女性を引っ張る事だけが男性のするべき事ではありません。

女性がしたいようにさせてあげるというのも優しさの形です。

周りから見ると尻に敷かれているように見える男性も、実際には女性のやりたいようにやらせてあげているだけであり、その姿を可愛いと思っているのかもしれません。

ニコニコしている姿や、好き勝手やっている姿をみて幸せを感じている場合だってあるのです。

いわゆるレディーファーストを考える事ができる男性の場合には、紳士的に女性に接している場合があります。

それが結果的に紳士的な行動となり、よく知らない人からすると尻に敷かれているように見えるのかもしれません。

日本は元々男尊女卑が強い国柄でした。

そのため、女性の意見を聞いたり、女性に優しくする事に対して違和感を感じる人も多くいました。

ですが、いまは時代が違います。

女性に強く出るよりも優しく接する事が出来る男性の方が、確実に周りの人から評価される事でしょう。

だからこそ、あまりよく知らない人からすれば尻に敷かれているだけのように見える男性も実際には優しい紳士的な人という可能性も大いにあるのです。

言ったことを聞いてくれる

紳士的な男性の場合、自分の意見を押し付けるような事はしません。

女性の話を聞き、彼女達が何をしたいのかを汲み取って行動するようにしてくれるのです。

それは、女性からすればとても幸せな事なのではないでしょうか。

女性側の好みも様々です。

昔ながらの『俺についてこい』というタイプの人が好きな人もいるでしょう。

ですが、中には自分の気持ちを尊重してくれる人の方が好きだという人もいます。

そのような場合には、おそらく尻に敷かれてくれる人の方が上手くいくのでしょう。

周りから見ればワガママに振り回されているように見えても、実際にはそれを全て受け止める事が出来るほどの優しさを持っている男性であるという考え方をする事も出来ます。

そうした考え方を持つ事によって、結果的に幸せな日々を過ごす事が出来るようになるかもしれません。

どんな2人の関係を作っていきたいのか。

それが相手を選ぶ際には必要なポイントなのかもしれません。

2.気の強い女性が好き

一般的な意見としては、優しい女性や家庭的な女性が好きだと言う意見が多いかもしれません。

ですが、実際にはそういう好みの人ばかりではありません。

時には気が強く、自分の事を引っ張って行ってくれるような女性に対して魅力を感じる人もいます。

そうした人の場合には、結果的に尻に敷かれるという事になるのでしょう。

気の強い女性の多くは面倒見が良い場合があります。

そのため、男性の気持ちを意外と立ててくれる事もあります。

自分勝手に好き放題しているように見えても、実際には相手の事を考えて行動する事が出来ているという事なのでしょう。

そうであれば、それが女性として十分魅力が高い人だという事が言えるでしょう。

だからこそ、相手の事をきちんと考えた行動をする事が出来る人という事にもなり、それが不幸という事にはならないと思います。

3.わざと敷かれている

女性の尻に敷かれている男性を見ていると、情けないような気持ちになる事もあるでしょう。

ですが、人によってはわざと女性の尻に敷かれている場合もあります。

と言うのも、そうする事によって女性が自由に行動する事が出来るようになるからです。

また、わがままを言っているように見える姿すら可愛く見えてしまうものなのでしょう。

例えば、年齢がかなり離れているカップルの場合、意外と年上の男性の方が女性の話を全て受け入れている事も多々あります。

それは事情を知らない人からすると、好き勝手にされているように見えるかもしれません。

ですが、実際にはそうしたところを踏まえて男性の掌の中で踊らされているという事だってあるのです。

尻に敷いてくる女性を受け入れる事が出来る男性というのは、それだけ自分に余裕があるのでしょう。

余裕があるからこそ、女性がどんな事を言い出したとしても嫌な気持ちになる事が無く楽しく受け入れる事が出来るのです。

4.相手の事が心から好き

相手の事が本当に好きだと思っている場合、ついつい相手の事を何でも許してしまう傾向があります。

勿論、それが必ずしもいい事だとは言えません。

相手があまりにも理不尽な事を言うのであれば、それを注意するだけの強さも時には必要です。

ですが、好きだからこそ嫌われたくない気持ちが強い場合には言えない事もあります。

もし尻に敷かれる事に対してあまりいい気持ちはしていないものの、相手に意見を言う事が出来ない場合には、そうした気持ちが大きく関わっているのかもしれません。

相手の事が本当に好きな場合には、つい自分を出さずに我慢してしまう事もあります。

それが良くない事だとしても、意見を言う勇気が出ないのです。

それが結果的に相手の事をどんどん野放しにしてしまう事に繋がります。

けれど、自分が辛い気持ちになったり言いたいことを言う事が出来ないような状況が続くのであれば、自分の考え方を変える事が必要になる場合もあるかもしれません。

相手のことならなんでも許せちゃう

恋は盲目という言葉があります。

それはそれだけ相手の事が好きな場合には、周りが見えなくなってしまうという事なのでしょう。

周りが見ると、明らかに振り回されているだけの関係のように見える男女であったとしても、本人はそれに気が付いているわけでは無く、自分は愛されている・幸せな存在だと思ってしまうのです。

自分の事は一番よく知っていると思っていたとしても、実際には自分の事だからこそよく分かっていないという事もあるのです。

そうした状況にならないようにする為には、自分自身を客観的に見る事が出来るようにならなければいけません。

相手のことなら何でも許す事が出来る。

それはとても深い愛があるという事だと思います。

ですが、そのどこかで相手を図に乗らせてしまっているという事も考えられるかもしれません。

もし、相手がその状況に胡坐をかきどんどんと酷いリクエストをしてくるような事があれば、それは対応を考える必要があるのかもしれません。

愛されていればなんでも許して貰う事が出来るという事では無いはずです。

相手の気持ちを大事にしたいと思う事は大事な事です。

出来る事なら嫌われたくないからこそ、あまり意見を言わずすべてを合わせるというのも愛の形なのかもしれません。

ですが、その中でも自分の気持ちを大事にする事も忘れてはいけません。

5.穏やかで優しい性格

相手のわがままを受け入れ、好きな事を好きなようにさせてあげる事が出来る。

簡単に言うと、女性の尻に敷かれる事に対してあまり抵抗が無い男性は、おそらく穏やかで優しい性格をしているのでしょう。

優しい性格をしているからこそ、そうした女性を全て受け入れる事が出来るのです。

男性の中には自分の強さを女性にアピールしたいという人もいると思います。

そうした人からすると、女性の意見を全て尊重している男性は見ていて理解出来ないという部分も多々ある事でしょう。

ですが、愛の形など人それぞれです。

そうした状況でも特に気にせず受け入れる事が出来ているという事は、それだけ穏やかで優しい性格をしているという事なのでしょう。

どんな時でも穏やかで優しい性格でいる事が出来るのも一種の才能です。

そうした人と一緒に居る事によって、女性も同じように穏やかに過ごす事が出来るようになるでしょう。

それはとても居心地のいい時間を感じる事が出来るはずです。

そんな性格はなりたいと思っても、そう簡単になる事が出来るものではありません。

優しい性格の人は、周りの人から見るとどこか心配で守ってあげなければいけないと思わせる事もあるでしょう。

だからこそ、あんな女はやめておけ・振り回されてしまうだけだと言われる事だってあるかもしれません。

ですが、周りがどんなにそう思ったとしても当人は意外とそうでも無い事もあります。

自分自身は周りが心配するよりも辛いと感じていないのです。

むしろ、女性が好き勝手やっている事を面白がったりあまり何も感じずにのんびりと過ごしている事も多々あります。

同じ状況を体感したとしても、辛いという人もいれば楽しいと感じる人もいるのです。

だからこそ、それぞれの価値観の中で自分の幸せを探して行けばいいのでしょう。

6.優柔不断


男性は頼りがいのある人が良いと思う女性も多いのではないでしょうか。

けれど、男性すべてがそうしたタイプの人ではありません。

頼りがいがある人もいれば、そうでは無い人だっています。

その場合、女性の方がしっかりしているからこそ、二人の仲がうまくいくという事もあるものなのです。

もし優柔不断な男性だった場合、女性も同じように誰かに頼っていきたいと思っているタイプだっらどうでしょうか。

きっと何も決まらずに二人であたふたしてしまう事でしょう。

そうならないようにする為にも、どちらかがしっかりしている必要があるのです。

男性がしっかりする事が出来ない場合には、女性がしっかりするしかありません。

そんな女性を求めて行動しているからこそ、女性が強いという状況になってしまうという事もあるのでしょう。

男性が優柔不断な場合、女性が強くなるという事は良くある事です。

相手が頼りなければ頼りないほど、自分がしっかりしなければならないと思うのでしょう。

その気持ちがあるからこそ、どんどん強くなっていき結果的に男性を尻に敷くような人になるのです。

リードしてほしい

優柔不断の男性の場合、自分で決める事がとても苦手だと思っているものです。

自分で決める事がストレスだからこそ、出来る事なら誰かに決めてほしいと思っているかもしれません。

そのような人の場合には、リードしてくれるような女性を求める傾向があります。

7.甘えん坊

外で仕事をしている姿はとても頼りがいがあり、みんなの憧れとなっている男性も、いつもその姿でいる事が出来るわけではありません。

家に帰りプライベートの時間になると、あっという間に違った姿を出す事もあるでしょう。

その一つが甘えん坊です。

甘えん坊というと、マザコンのようなイメージを持ってしまうかもしれません。

ですが、そうではなくただただ癒しを求めているというだけという考え方をする事も出来ます。

普段しっかりと頑張っているからこそ、本当のプライベートでは肩の力を抜きのんびりしたい。

自分で考える事を止めて、誰かの意思のままに行動していきたいと思っているのかもしれません。

そうした気持ちが強ければ強いほど、自分を守ってくれるような強い女性に惹かれるものなのでしょう。

甘えん坊の男性というと、女性からはあまり良い評価を得る事は出来ないかもしれません。

ですが、男性の心理を考えればそれほどおかしな事では無いのかもしれません。

いつもいつも気を果て無理をしている人は、一度すべてを任せる事が出来るような女性と出会い恋愛をしてみてはいかがでしょうか。

すると意外と自分の心がすっきりとして、穏やかな気持ちで過ごす事が出来るようになるかもしれません。

8.平和が一番

もし相手との意見が合わない場合、あなたならどうするでしょうか。

一番多い意見は話し合いをするという事でしょう。

自分の意見を相手に伝え、お互いの気持ちを理解する事が出来るように考えて行動していくのです。

ですが、その場合お互い感情が高ぶってしまうと、思わず声が大きくなってしまう事もあると思います。

それが結果的に喧嘩のようになってしまう事だってあるかもしれません。

最初は話し合いをしているつもりでも、自分の意見がなかなか相手に伝わらない場合には思わず喧嘩ごしになってしまう事だってあるでしょう。

本当は喧嘩などしたくないと思っていたとしても、結果的には喧嘩になってしまう事もあるのです。

勿論、そうする事によってお互いの気持ちを理解しあう事が出来るのであれば、それはそれでいいのかもしれません。

ですが、時にはそのせいで二人の間に大きな溝が出来てしまう事もあるのです。

だからこそ、喧嘩を苦手とする人も居ます。

喧嘩をする事が苦手な人の場合には、出来る事なら争いをせずに過ごしていきたいと思っているのです。

だからこそ、喧嘩をしてしまいそうなリスクを避けたいと思ってしまうものなのでしょう。

その結果、相手の意見に逆らう事が出来ずなんでも受け入れてしまうという事もあります。

最初は遠慮をしていた人も何を話しても受け入れて貰う事が出来るからこそ、どんどんと言いたいことを言うようになり、それが尻に敷かれてしまう事に繋がるという事もあるのです。

喧嘩が苦手

喧嘩をしたいと思っている人などそう居るものではありません。

だからこそ、誰もが喧嘩をせずに生活をする事が出来たら一番いいと思っているはずです。

けれど、夫婦や恋人とはいえ所詮は他人です。

どうしてもぶつかってしまう事もあるでしょう。

そんな時、喧嘩をしてしまう事は珍しい事ではありません。

ですが、その時間が苦手だと感じる人も居るのです。

そんな時間を過ごすくらいなら、自分自身が我慢をするという決断をする人も居ます。

喧嘩をする事が苦手な人の場合には、無意識のうちに喧嘩を避けようと行動してしまうのでしょう。

その為、自分が我慢する事を優先してしまうのです。

それが優しさだと考える人も居るかもしれません。

我慢を我慢だと感じないのであれば、それもまた一つの生き方だと考える事だって出来る事もあるでしょう。

ですが、もしそれによってストレスがたまってしまうのであれば自分の行動を見直す必要があるのではないでしょうか。

9.いざというときに頼られたい

いつもは尻に敷かれているような男性の場合も、本当に困った時には意外と頼りになるという事もあるかもしれません。

と言うのも、男性を尻に敷くような女性の中には、責める事には強くても責められる事に対して苦手意識を持っている人もいるものなのです。

だからこそ、普段は強気で行動している人も、いざ自分がピンチになってしまったときなどはどうしていいか分からず泣いてしまったりする事だってあるかもしれないのです。

そんな時、頼られたいと思っている男性が尻に敷かれる男性という事もあります。

普段は女性の好きにさせてあげているからこそ、弱く見えてしまうこともあるでしょう。

ですが、実際にはただただ女性事を思って見守っているだけという事もあります。

その場合には、本当に困ることや迷惑になりそうな事以外には煩い事は言わないという男性もいるでしょう。

いつもいつもうるさい事を言う男性は心が狭い人なのかもしれません。

そうでは無く、本当に困ったときに助けてくれる男性が魅力的な男性だという事も言う事が出来るかもしれません。

普段は余り頼られる事が無かったとしても、いざという時には頼られたい。

そんな気持ちが強い男性が、最初のうちは尻に敷かれているというように見えてしまうものなのです。

10.恥ずかしがり屋

恥ずかしがり屋の男性の場合には、自分に言いたい事があったとしてもなかなかそれを口に出して話す事が出来ません。

だからこそ、女性の意見ばかりが通ってしまうものなのです。

本当は男性にも言いたい事があったとしても、伝えて貰わなければ女性には分からない事もあるでしょう。

だからこそ、尻に敷いているつもりは無かったとしても、そうなってしまっているという事もあるのです。

相手が何も言ってこないにも関わらず、自分の思った事をしたせいで尻に敷かれていると言われる事は、まさに心外だと思う人も居るかもしれません。

恥ずかしがり屋の男性と交際す場合には、そのせいで自分のイメージが変わってしまうという事もどこかで考えていかなければならない場合もあるでしょう。

11.積極性がない

積極性が無いという事は、自分の意見を相手に言う事がありません。

勿論意見が無いからこそ、相手の言う事に合わせているという事もあるでしょう。

その場合には、むしろ意見を出してくれた人に対して感謝の気持ちを持っている事だってあるものです。

自分で決める事無く、相手の意見に合わせる事が楽だと感じる人だっています。

ですが、そうでは無く意見があるのにも関わらず意見を言わない人が問題なのです。

意見があっても言わない人は、我慢をしている可能性があるからです。

最初は我慢だと感じない程度のものだったとしても、その期間が長くなればなるほど、どんどんとそのストレスが多くなっていくものなのです。

それが大きくなれば自分の中で我慢する事が出来なくなってしまうかもしれません。

積極性が無いからという理由で今の現状をそのままにしてしまうと、結果的に二人の仲を壊してしまう事にもつながってしまう場合もあるでしょう。

積極性が無い場合、困るのは結局自分自身です。

我慢をしていればそれでいいと思っていたとしても、その期間が長くなればななるほど気持ちが落ち込んだり一緒に居る事が辛くなってまうものなのです。

そうなってしまうと、我慢してまで続けようと思った関係が結局壊れてしまう事にもなりかねません。

本当に大事な事はなんなのか。

それを改めて考えてみてはいかがでしょうか。

尻に敷かれる男性は結婚に向いている!?

いかがだったでしょうか。

尻に敷かれている男性というと、なんだか情けないような頼りないようなイメージになってしまうかもしれません。

ですが、実際にはそうとも言えない場合もあります。

尻に敷かれている男性には、その人なりの魅力があるのです。

だからこそ、その方の持っている魅力に対して惹かれる女性が居たとしても不思議では無いのでしょう。

世の中には沢山の人がいます。

だからこそ、その人に対する魅力の感じ方も違うものなのです。

自分としては全く魅力に感じないような特徴を持つ男性だったとしても、人によってはそれがとてつもなく大きな魅力に感じる事もあるのでしょう。

だからこそ、そうした人達が惹かれあう事もあるのでしょう。

また、尻に敷かれる男性にはその人にしか分からない幸せがあるのでしょう。

ついつい可哀想な気持ちになってしまいますが、意外とそんな事も無いのかもしれません。

何が2人の幸せなのかは誰にも分かりません。

だからこそ、もし自分自身が尻に敷かれるタイプだという事に気が付いたのなら思い切ってそんな相手を探してみてはいかがでしょうか。

そうする事によって自分自身の本当の幸せを感じる事が出来るかもしれません。