今回は、普段から知っているけれど意外ときちんとした意味を理解していない言葉についてご紹介させていただきます。

その言葉はずばり「接触」です。

この機会にしっかりと理解していきましょう。

「接触」という言葉を学ぼう!


接触という言葉は、一つの意味合いで使用されているわけではありません。

使用するシーンによって意味合いが多少変わってきます。

それでは、どのような意味があるのでしょうか。

色々な使い方が見られる「接触」

言葉には意味があります。

英語などの場合には、一つの言葉に対して一つの意味が持たれているという場合が多いです。

だからこそ、文章を訳する際にもそれほど迷う事はないのかもしれません。

ですが、日本語の場合にはそうもいきません。

日本語には前後の文章によって意味の変わる言葉が沢山あります。

そのため、単語だけを見て理解しようとしてもなかなか理解する事が出来ない場合もあります。

今回ご紹介させていただく「接触」という言葉もその一つです。

その言葉の意味を一つしか理解していない場合には、発言した人との間でずれが生じてしまう可能性もあります。

そのずれによって私たちの理解に差が出てしまうという事もあるです。

普段会話の中でも使う

「接触」という言葉は、私たちの生活に全く馴染みのないものというわけではありません。

意味合いとして知っていると思っている人も多いのではないでしょうか。

必ずしもこの言葉が正しく使用されているとは言えないまでも、少なくとも多くの方はこの言葉を理解して自分の生活の中に組み込んでいっているのではないでしょうか。

「接触」の読み方は?

読み方は「せっしょく」です。

漢字を見た際に、意味をとっさに理解する事が出来なかった人も、この言葉を見る事によってその言葉の意味を理解する事が出来る場合もあるでしょう。

「接触」の意味

それでは、ここからは『接触』という言葉の意味についてご紹介させていただきます。

近づいて触れること

接触とは、一番わかりやすい意味で言うと近づいて行って触れるという事を指しています。

これを実生活に当てはめると、何とも不思議な意味としてとらえられてしまう場合もあるかもしれません。

これはあくまでも一つの意味として自分の中にとどめておいてください。

このように意味合いとしての理解は間違ってはいないものの、使用する際にはもう少し理解を深めていかなければならない言葉もあります。

触れ合うこと

接触という言葉には触れ合うという意味が込められている場合もあります。

動物などに対して接触したという言い方をする場合には、そこに触れ合ったという意味が込められているのでしょう。

ここでの場合、この触れ合いにはどこか緊張感が備わっています。

その為、ただただかわいがったという状況ではなく、どこか警戒している関係性を表しているのかもしれません。

交際をすること

交際している事を自分たちが表現する場合、「接触した」という言い方をする人は少ないと思います。

これはどちかかというと、周りで見ている人がそうした言い方をしているのではないでしょうか。

また、この交際には男女の交際としての意味だけではなく、何か良からぬ関係を持った場合にも使用されています。

例えば賄賂を受け取った場合などもその一つです。

「AとBが接触した」などという言い方をする際には、実際には物理的に接触していなかったとしても関わりを持ったという事に対して接触したという言葉が使用されている場合もあります。

その為、単純に意味を誤解してしまうと、大きな勘違いを生みしてしまう場合もあるでしょう。

他社と交渉を持つこと

接触にはいい意味だけが含まれているわけではありません。

中にはよくない意味として使用されている事もあるでしょう。

たとえば、他の会社のヘッドハンティングや査察などを受ける場合なども、この言い方をする事があります。

その場合、周りから見ている人からすると嫌な印象となってしまう事もあるでしょう。

他社との接触をする場合には、「会っていた」と表現するよりも接触していたと表現する方がより緊張感を出す事がでいる事でしょう。

このように状況によって言葉を変えるというところも、日本語としての特性なのかもしれません。

「接触」の使い方


ここからは接触という言葉の使い方についってご紹介させていただきます。

何か物事に関わるときに使う

どんなものに対しても関わりを持つ時に『接触』という言葉を使用しています。

これは人は勿論ですが、何か物事に対しても同じように発言する場合が多々あります。

そのため、人に会っていないのにも関わらずどうしてそうした言い方をするのだろうと考える場合には、もしかしたらこのような意味合いとして使用されている場合があるのかもしれません。

2つの意味を持つ「接触」

接触という意味を理解する際、大事になるポイントがあります。

それは物理的な接触を示す場合と、人間同士などの関係を示す場合に使用されるという場合です。

だからこそ、それらの場合にはそれぞれ多少なりとも違った意味合いを持った発言となる場合があるのです。

二つの意味があるという事を理解せずにこの言葉を使用しようとすると、どうしても無理が生じてしまう事でしょう。

だからこそ、両方の可能性を考えて物事を学ぶ事が必要です。

「接触」を正しく使いこなそう!

いかがだったでしょうか。

接触という言葉に対する理解は深まったでしょうか。

今回ご紹介させていただいた接触という言葉は、日常生活の中でも比較的使用される言葉ですので、正しく理解して今後に役立てていきましょう。