“描き下ろし”という謳い文句がついた著作物は、人々に“唯一無二”の希少価値をもった作品という印象を与えます。

描き下ろしとは、作者の作品が新作として、初めて世の中に出て発表されることを指します。

描き下ろしの“描く”には、作品を人々に“観て”もらい、理解してもらうという作者の期待が込められています。

描き下ろしされる作品には、絵画やイラストなど、多くの人々に初めて観てもらうことを目的とした著作物が対象となります。

一方、書き下ろしの“書く”には、“読んで”理解してもらうという期待が込められています。

文字表現が中心になっている作品を指すときには、“書き下ろし”という表現を使います。

書き下ろしされるものには、小説や音楽の作詞、作曲などがあります。

小説や作詞などのように、書かれている文字や文章の流れを読み取ってもらうことを目的とした作品が多いです。

描き下ろしの正しい意味、理解してますか?

雑誌や書籍などで見かけますよね


雑誌や書籍などでは、作品の内容によって、“描き下ろし”と“書き下ろし”が使い分けされるケースがあります。

雑誌や書籍の内容が絵を主体にした内容であれば、“描き下ろし”と表現します。

マンガは、絵が主体になりますので、新作として世の中に初めて出す際には、“描き下ろし”と言うことがあります。

一方、雑誌や書籍のように、文章を中心にして記述された内容であれば、“書き下ろし”と表現します。

小説は、文章が中心になりますので、世の中に初めて発表する際には、“書き下ろし”と表現することがあります。

いずれも、作者が作品に込めた意図を表現するために、“描き下ろし”と表現したり、“書き下ろし”と表現することがあります。

実は正しい意味を知らない人も多い

“描き下ろし”という表現を目にすることがあります。

“描き下ろし”と“書き下ろし”の違いを意識する機会は少ないと言えます。

また、“描き下ろし”と“書き下ろし”を使い分けするケースは多くないと言えます。

ですから、同じ意味として使われることが多いです。

“描き下ろし”という表現の正しい意味を知らない人も多いことでしょう。

“描き下ろし”と“書き下ろし”には、微妙な意味の違いがありますが、意識的に使い分けされることは多くありません。

作者や出版社が新作を初めて世の中に発表するときには、次のように表現することがあります。

例えば、「直木賞受賞作家の〇〇〇が“書き下ろした”作品が明日から店頭に並びます」という言い方をします。

描き下ろしの意味

“描き下ろし”の意味は、新作の作品を初めて世の中に送り出すことを指します。

“描き下ろし”のコトバには、作品に込められた作者の熱い想い入れが込められているのです。

新作が作者にとっての自信作であるとき、“描き下ろし”というコトバの表現の中に、作者の大きな期待感が表われています。

また、“描き下ろし”の意味には、作者にとって数々の苦労を乗り越えた末に成し遂げた新作である想いを込めているのです。

作者の熱い想いが、“描き下ろし”というコトバに凝縮されているのです。

初めて作品を世に公開すること

描き下ろしとは、作者自身が作品を初めて世に公開するときに使う表現です。

描き下ろしのコトバには、作者が精魂を込めた新作を初めて、世に送り出すことが出来たという達成感が込められています。

作者は、新作に大きな期待感を抱いて、世の中に送り出しているのです。

描き下ろされた作品は、作者が精魂を込めて、“我が子”と言えるほどの愛着を抱いて世の中に公開するのです。

ですから、多くの人々から注目されて、人気が出ることを期待しています。

作者自身が世の中での知名度が低いときは、“描き下ろし”という表現を使っても大きなインパクトを与えません。

しかし、知名度の高い作者が、“描き下ろし”という表現を使うと、人々は大きな期待感を抱いて世に出された新作に注目します。

“描き下ろし”というコトバの持つ影響力は大きいです。

いわばその作者の”新作”となる

描き下ろしというコトバの“下ろし”には、「初めて使う」という意味もあります。

作者にとっては、新作を初めて世に送り出す際に、“描き下ろし”という表現を使います。

作者が精魂を込めた作品を初めて世の中に発表することは、作者自身の人生にとっても記念になるイベントと言えます。

初めて世に送り出される作品には、マンガや小説、作詞、作曲など様々です。

何れの作品も、作者の強い思い入れが込められて、描き下ろし、または書き下ろしされるのです。

他の媒体で使用されていないもの

描き下ろしというコトバは、世の中に初めて公表する作品を指しますので、雑誌や新聞など、他の媒体で掲載されていない作品であることが条件となります。

例えば、新聞や月刊誌、雑誌で連載されていた小説を単行本として新発売するケースでは、“書き下ろし”または“描き下ろし”という表現は使いません。

既に新聞などで世の中に公開された作品は、媒体が違っていても、一度でも世の中に出てしまえば、“描き下ろし”または“書き下ろし”というコトバは使いません。

どんな媒体にせよ、一度でも世の中に出てしまった作品は、既知の作品となりますので、“描き下ろし”とか“書き下ろし”という扱いにはならないのです。

描き下ろしの例

作者が世の中に初めて発表する“描き下ろし”作品には、色々あります。

小説やマンガ、絵画、イラスト、詩、作詞、作曲など様々な分野にまたがります。

作者にとっては、精魂込めた作品を初めて世に出すときの心境には、感慨深いものがあります。

一方、マンガやイラストなどは、新作として、雑誌や新聞に掲載されることが多いです。

雑誌や新聞のような媒体を通して、一度、世に出てしまったものを、単行本などの別の媒体で世に送り出す際には、“描き下ろし”にはなりません。

作者や出版社は、小説などの作品を世の中にアピールする手段として、“描き下ろし”というコトバを使います。

“描き下ろし”というコトバは、多くの人々に特別な印象を与えるインパクトがあります。

小説などの新作の広告に、“描き下ろし”という謳い文句で表現されていると、希少価値のある印象を与えますので、多くの人々は注目します。

作者にとっては、特別な思いで、自らの作品を世に送り出し、人気が出ることを期待して、“描き下ろし”という表現を好む傾向があります。

“描き下ろし”というコトバは、作者にとっての自信作を世の中に送り出す心境を表わしています。

イラスト

今の世の中には、沢山の個性的なイラストがインターネット上に溢れています。

作者は、世の中の多くの人々から注目を浴びるために、自身の個性を発揮した作品を世に送り出しています。

作者が精魂込めた新作のイラストを初めて世の中に公表するときに、“描き下ろし”というコトバを使い、作品の斬新さをアピールします。

一方、新作のイラストが雑誌や新聞などに既に掲載されたなら、“描き下ろし”という言い方はできません。

あくまでも、今回初めて世に出すイラストである時のみに、描き下ろしという表現を使います。

世の中には、個性的なイラストが様々な媒体を通して溢れています。

特に、インターネットの世界では、国別を問わず様々なイラストが世界中に出回っています。

このように、競争の激しいイラストの世界で、多くの人々から注目を浴びるようにアピールすることは、作者にとっては重要なイベントになります。

多くの人々から注目を集めるためのキーワードが、“描き下ろし”です。

作者にとって自信作であるイラストを世の中に送り出す際に、“描き下ろし”というコトバを添えてアピールすることで、多くの人々の注目を集めることができます。

マンガ

今や日本のマンガは世界中の多くの若者の心を惹きつけています。

世界中のファンは、日本の作者が新作のマンガをインターネットなどで発表することを持ち望んでいます。

作者はファンの期待に応えて、更に斬新な作品を発表するために、精魂を尽くします。

作者が熱意を注いだマンガを世の中に発表する際には、特別な想いを抱きます。

作者が新作に込めた想いを表現するために、“描き下ろし”というコトバを使います。

ファンにとって、待ち望んでいたマンガが初めて発表されたときには、大きな期待をもって新作に注目します。

ファンの期待に応える作品の内容になっているとき、“描き下ろし”という謳い文句に応えることが出来たと言えるのです。

作者にとっては、“描き下ろし”というコトバに恥じない作品に仕上がっていることを、ファンから評価されたときには安堵します。

“描き下ろし”というコトバは、作者の技量を評価する大切な“物差し”になります。

描き下ろしと似た言葉の違い

作者や出版社が、新作を世に送り出す際には色々な表現でアピールし、多くの人々から注目されることを期待します。

“描き下ろし”や“書き下ろし”、“描き起こし”など様々な言葉が使い分けされています。

これらの言葉が使い分けされる場面は、微妙に異なります。

作者にとっては、自身の作品が置かれている状況を省みながら、“描き下ろし”、“書き下ろし”、“描き起こし”の言葉を使い分けしているのです。

作品が置かれている状況に合った言葉を適切に使い分けることで、新作の評価へのイメージアップにつながります。

作者にとっては、“描き下ろし”と似た言葉の違いを正しく把握して、使い分ける心配りが大切です。

描き下ろしと似た言葉の違いを正しく認識することで、作品を世の中に発表する際に、多くの人々から誤解を招かずに済みます。

描き下ろしと似た言葉の違いを使い分けできるセンスを持ち合わせていることは大切です。

描き下ろしと描き起こし

描き下ろしと描き起こしは、似たような言葉遣いですが、作品の扱いには全く異なる面があります。

“描き下ろし”の意味は、新作を初めて世の中に発表するタイミングで使われます。

自らの精魂を込めた作品が初めて、多くの人々の目に触れる際に使われる言葉が、“描き下ろし”です。

一方、“描き起こし”とは、作者が作品の作成に初めて着手する際に使われます。

例えば、作者が気に入った実際の風景を絵として描き始める行為が、“描き起こし”です。

また、既に公開されている写真媒体をもとに、絵の媒体として描き始める行為が、描き起こしになります。

描き起こしは、既に世の中に出回っている作品を、別の媒体に転写する行為を指します。

ですから、描き「下ろし」と描き「起こし」には、大きな違いがあるのです。

描き起こしの意味

描き起こしの意味は、風景や既に発表されている写真を基にして、絵などの別媒体に転写するために“描く”ことを始める行為を指します。

絵やイラスト、マンガを描く際に、基になる写真などの題材が既にあるケースでは、“描き起こしする”という言い方になります。

作者が、“描き起こし”という表現を使うのは、作品への想い入れが特に強いときに使います。

作者にとって、作品に特別な想いを抱いていることを、多くの人にアピールしたいとき、“描き起こし”というコトバを使って強調します。

オリジナリティがあるかどうか

“描き下ろし”という表現を使うタイミングは、そのためにだけ描いて、世の中に発表することを意味します。

雑誌や新聞などで既に世の中に発表されている作品には、描き下ろしという言い方はしません。

未だ世の中には発表されていない、オリジナリティがある作品には、描き下ろしという表現が使われます。

しかし、雑誌などで既に世に出ている作品が、別な媒体で発表される際には、オリジナリティがありませんので、描き下ろしには該当しません。

世の中の人々の視点から観て、初めて目にするかどうかで、オリジナリティがあるかどうかが判断されます。

人々の視点から観て、既に発表されている作品であれば、オリジナリティがないため、“描き下ろし”という言葉が使われることはありません。

“唯一無二”の作品であるとき、オリジナリティがある作品として、人々から評価されます。

描き下ろしと書き下ろし

作品を初めて世の中に発表するときには、描き下ろし、または書き下ろしという表現が使われます。

描き下ろしと書き下ろしは、発音が「かきおろし」になり、一緒なので意味も同じと受け止められることがあります。

しかし、微妙な点で異なります。

微妙な相違点は、描き下ろしの“描く”と、書き下ろしの“書く”の違いにより使い分けされます。

描き下ろしの“描く”は、“えがく”という意味から、絵などの“描く”ことで出来上がる作品を初めて世に出す際に、描き下ろしという表現が使われます。

一方、書き下ろしの“書く”には、文字を書くなどの意味から、文字や文章表現を中心とした小説などの作品を初めて世の中に発表するとき、書き下ろしという表現が使われます。

日本語は、他の国の言葉と比べると、繊細な違いにより文字の使い分けが必要なケースが多々あります。

ですから、海外の人にとっては、描き下ろしと書き下ろしの使い分けは、日本語の難しさを象徴するケースと言えます。

書き下ろしの意味

書き下ろしの“書く”には、文字や文章を著わすという意味があります。

「書道」は文字のみで表現する文化です。

「書道」という言葉に象徴されるように、文字を“書く”ことで著わされる作品には、小説や作詞、和歌などがあります。

こうした、文字や文章が中心になっている作品を初めて世の中に発表するときは、書き下ろしという表現が使われます。

日本には、漢字やひらがな、カタカナなどの文字を使い分ける文化が根付いています。

書道や和歌など、日本独特の文字の文化があります。

“書き下ろし”という言い方は、日本独自の文字文化による作品を初めて世の中に発表するときに使われる表現なのです。

イラストや絵は描くと表す


文字や文章を中心とした作品とは異なり、“えがく”ことで出来上がるイラストや絵、マンガなどの作品は、“描く”と表します。

“えがく”とは、曲線などの線を使って作品を仕上げます。

イラストや絵、マンガは、色々な線を駆使して出来上がる作品ですので、“描く”と表現します。

太い線や細い線、曲線や直線などが作者のセンスで使い分けされます。

更に、色々な線同士の間には、様々な色が塗られて出来上がる、イラストや絵などの作品があります。

イラストや絵には、作者のセンスと個性が鮮明に特徴として表現されます。

“描かれた”作品が、初めて世の中の人々の目に触れるときは、“描き下ろし”という表現が使われるのです。

書き下ろしされるもの

文字や文章を駆使して“書き下ろし”されるものには、小説に代表されるように“著書”という表現が使われます。

“著書”という言葉には、“書く”ことで出来上がる作品であることを表しています。

作者の才能によって書かれる作品には、小説や作詞、詩歌などがあり、初めて発表されるとき、“書き下ろし”というコトバを使います。

作品が初めて世の中に発表される際に、必ず“書き下ろし”という表現を使うとは限りません。

世の中に向かって、作者が自信をもって発表できる新作であるとき、書き下ろしと表現します。

小説

書き下ろしという表現が多く使われる代表的な著作物は小説です。

小説は、作者の才能が集約されて出来上がります。

小説家にとって、作品を初めて世に出すまでには、精魂を注ぎ込む日々の積み重ねがあります。

世の中には多くの小説家がいます。

小説を評価する賞には、芥川賞や直木賞などがあります。

これらの賞は、書き下ろされた小説の中でも、特に優れ作品に与えられます。

小説家にとって、書き下ろし作品として世の中に送り出した小説が受賞することを夢見ています。

“書き下ろし”という言葉には、名誉ある賞を受賞したいという、小説家の期待感が込められているのです。

コラム

コラムとは、新聞や雑誌などに掲載される個人的な意見を述べた短い記事や評論を指します。

コラムを執筆する人をコラムニストといいます。

一口にコラムと言っても、色々な分野に関する内容があります。

世の中の出来事のニュースに関する評論があります。

また、他の作家の著書への個人的な感想を述べたエッセイや、人生相談に関する回答まで、幅広い分野にわたっています。

コラムは個人的な考えや感想、評論を述べた、比較的短い文章を指します。

これらのコラムを社会に初めて発表するときは、書き下ろしと言います。

人々は、コラムに付けられた“書き下ろし”という、謳い文句を観ることで、コラムの内容に斬新な切り口を期待して注目します。

一般的には、コラムを初めて世の中に発表するとき、“書き下ろし”というコトバを付けるケースは多くありません。

世の中には、コラムと言われる個人的な意見を述べた文章が溢れるほど、日々新たなものが出回ります。

コラムは小説などの著作物よりも文章量の少なさから、書かれている内容の深さには限りがあります。

ですから敢えて、書き下ろしというコトバでアピールすることは多くないと言えます。

脚本

脚本は、別名“シナリオ”とも言われていて、幅広い分野で書かれています。

脚本には、映画やテレビドラマ、ラジオ番組に出演する人が話す台詞が書かれています。

また、番組の内容を示す、あらすじが書かれています。

マンガの世界では、マンガの原本を脚本と言うことがあります。

舞台の演劇では、出演する役者が語るセリフが書かれているものを脚本と言います。

出演する役者のセリフが書かれている脚本を台本と言うことがあります。

脚本は文章の羅列で構成されていますので、初めて世に出されるときは、書き下ろしと表現します。

映画やテレビドラマなどで大切な役割を果たす脚本が人々の注目を集めることは多くありません。

ですから、脚本家が世間から注目を浴びて有名になるケースは少ないと言えます。

脚本家が執筆した脚本を初めて世に出すとき、“書き下ろし”というコトバを使って自ら発表する場面を見ることは少ないです。

脚本は、表舞台となる映画や演劇、テレビ番組を陰から支える“裏方的”存在として、観られることがあります。

脚本は、“縁の下の力持ち”と言えます。

論文

論文とは、1つのテーマを採り上げた学問の研究成果を、高度な知識に基づいた論理的な手法で書き表した著作物です。

論文を執筆するためには、自身が得意とする分野に関する専門的で高度な知識が必要になります。

自身の研究成果を著わした論文を教授が大学の講義で公開した後に、学会や著書として発表するケースは、書き下ろしとは言いません。

授業という形で一度、世に出てしまっているので、学会や著書として、初めて発表するケースであっても、書き下ろしとして扱うことは出来ません。

論文で扱われる内容は多岐の分野にわたります。

論文は、医療技術の発展や化学研究、科学技術分野の発展に貢献する内容を持つものが多く発表されています。

論文を書き上げることは、人並み以上の専門的な知識が必要になるため、時々、他者の論文内容の無断盗用が起きるケースがあります。

自ら著わした論文を初めて社会に発表するときに、“書き下ろし”であることを大々的にアピールすることで、他者からの無断盗用を防ぐ対策にもなります。

ですから、“書き下ろし”という表現には、執筆者の著作権を守る働きがあるのです。

描き下ろしの例文

描き下ろしされる作品には、イラストやマンガなど色々な分野の作品があります。

描き下ろしされる作品を世に送り出すことは、作者にとっては記念になる大切なイベントです。

また、読者にとっても待ち望んでいた作品が初めて発表されることで、大いに期待する場面でもあります。

特にイラストなどの作品は、他の商品とタイアップするかたちで描き下ろされることが少なくありません。

新たな商品が発表されることに合わせて、“この商品のためのイラスト”という限定扱いで、初めてファンに向けて発売されることがあります。

ファンにとっては、限定商品とペアになっているイラストに希少価値を感じるのです。

このようなケースでは、“描き下ろし”されたイラストとして扱われます。

描き下ろしイラストを使用したグッズが発表された

若い女性は、色々なグッズを好みます。

特に、個性的でセンスの良いグッズは人気があります。

他にはない個性的なグッズであることをアピールするために、有名な作者のイラストを使用することがあります。

「今しか買えない」などのうたい文句で、個性的なイラストを施したグッズの希少価値を強調して売り込むのです。

描き下ろしたイラストを使うことで、グッズの商品価値を高める効果があります。

初めて発表される、描き下ろしのイラストを使用したグッズは、オリジナリティのある商品として、若い女性の心をシッカリと魅了します。

今月号には〇〇先生の描き下ろしイラストが掲載されている

若者向けの雑誌などでは、特集号として、有名なイラストレーターの作品を大々的に採り上げるケースがあります。

「今月号には〇〇先生の描き下ろしイラストを掲載」という謳い文句でPRすることで、雑誌の発行部数が大幅に伸びる効果があります。

雑誌の出版社にとっては、記事の内容のマンネリ化を防ぎ、読者の注目を集めるために、「〇〇先生の描き下ろし」という表現を使うのです。

〇〇先生のファンにとっては、大好きな新作のイラストを観たいために、イラストが掲載された雑誌を購入することになります。

“描き下ろし”というコトバは、イラストレーター本人は勿論のこと、出版社にとっても、大きな宣伝効果を期待できるのです。

この企画のために描き下ろした渾身の一作

多くの作者は、それぞれ関係する出版社とのお付き合いから、“売れる”作品を出版し、世の中に送り出さなければなりません。

時には、出版社が多くの発行部数を目標にして、特別企画を練ることがあります。

作者は、出版社の企画に合わせて作品を創り上げます。

企画に沿った作品は、出版社と作者の二人三脚によって完成し、描き下ろしとして発表されます。

出版社の企画により描き下ろされた作品が初めて書店に並ぶとき、作者の渾身の一作として多くの人々の注目を浴びることになります。

出版社は、作者の今までの実績による人気と秀でた才能をヨリ一層進化させるために、企画を立てるのです。

描き下ろされる渾身の一作は、作者が出版社の企画に応えるために、精魂込めて作品を完成させて、描き下ろすのです。

描き下ろし特典付きの特別DVDも合わせて販売される

DVDが新作の商品として発表されるのは、アニメーションや映画など、観賞用として発売されるケースが多いです。

特に、描き下ろし特典付きの特別DVDの場合は、ファンにとっては初めて公開される作品ですので、大きな期待をもって購入します。

新発売されるDVDに、“描き下ろし”という文言が付くことで、商品の希少価値が増します。

“描き下ろし”というコトバは、商品の価値を高める効果があります。

描き下ろし特典付きの特別DVDは、このチャンスを逃すと二度と手に入らない価値を持ちますので、ファンの興味を大きく惹きつけます。

この本を購入すれば描き下ろしの特別付録がもらえる

出版社にとっては、マンガや雑誌、単行本などを新発売する際には、発行部数が大きく伸びることを期待します。

出版社は読者の興味を惹き付けるために、新発売する本のPR方法を色々と考えるものです。

数あるPR方法の中で、“描き下ろし”を謳い文句にすることで、大きな効果が期待できます。

ファンである読者にとっては、描き下ろしの特別付録は、このチャンスを逃すと手に入りません。

ファンにとって、大好きな作者の描き下ろし作品は、希少価値があります。

出版社は、ファンが待ち望んでいる心理に応えるために、“描き下ろし”という表現でアピールするのです。

新発売の本を、単に書店に並べるよりも、“描き下ろし”を特別な付録にすることで、読者の興味を大きく刺激します。

読者の購入心理を刺激することで、発行部数が大きく伸びることが期待できます。

店舗特典となる描き下ろしイラストを公開

インターネットの世界にも、多くのイラストが溢れています。

日々、新作が発表される状況の中で、激しい競争が展開されています。

発行者にとっては、ファンの興味を惹き付けるために、色々な手段を駆使して人気が高まる工夫をします。

ファンの興味を刺激するためには、商品に希少価値を付ける必要があります。

ファンの購入心理に働きかけるために、“この機会を逃したら手に入らない”という仕組みをつくることで、イラストの人気を高める効果が期待できます。

作者が初めて公開するイラストを新発売する際に、“店舗特典となる描き下ろし”を謳い文句にすることで、ファンの購入意欲を大きく刺激します。

ファンは、“今のチャンスにしか手に入らない”特別な作品として受け止めますので、人気が高まります。

描き下ろしという言葉を正しく使用しよう!

単行本や雑誌、マンガ、イラスト、アニメーション、絵画など、“描き下ろし”または“書き下ろし”を謳い文句にして、世の中に発表される作品は様々です。

これらの多様な作品が新作として日々発表されています。

多くの作品がインターネットで初めて発表されたり、店頭に並んで、“新発売”されています。

“描き下ろし”や“書き下ろし”という表現は、世の中に初めて公開される際に使われますので、人々の好奇心を大きく刺激する効果があります。

ファンにとっては、大好きな作者の新作が発表されることで、購入意欲が大きく刺激されます。

一方、発行者や出版社にとっても、“描き下ろし”や“書き下ろし”というコトバを謳い文句にして、人気が出ることを期待します。

“描き下ろし”や“書き下ろし”というコトバは、“この機会を逃したら手に入らない”という希少価値を生み出す効果があります。

ですから、人々の好奇心を大きく刺激するコトバでもあります。

また、“描き下ろし”や“書き下ろし”というコトバは、対象となる商品が特別のものであるという印象を人々に与えます。

例えば、初版の描き下ろしと第2版では、作品の内容は同じにも関わらず、“描き下ろし”や“書き下ろし”という謳い文句がつくことで、唯一無二の作品という印象を与えます。

世の中に初めて発表される作品に、“描き下ろし”や“書き下ろし”という表現をを付けることで、作品の希少価値が高まり、作者にとっても喜ばしい結果になります。

作者にとって、初めて世に送り出す作品には、“我が子”のような深い思い入れがあります。

“描き下ろし”や“書き下ろし”というコトバは、作者が精魂込めた作品であることを表しているのです。

出版社は、作者が抱く作品への強い愛着を汲んで、新作発表の場面で、“描き下ろし”や“書き下ろし”という謳い文句にするのです。

初めて世に送り出す作品は、作者にとっても出版社にとっても重要なイベントになります。

作品を世に送り出すことに携わった人々の強い想いが、“描き下ろし”や“書き下ろし”という言葉として表現されるのです。

ですから、“描き下ろし”または、“書き下ろし”された作品には、作者の特別な想い入れがあります。

また、ファンにとっては、特別な価値があるのです。

“描き下ろし”または、“書き下ろし”という表現は、作品の価値を高める効果があるのです。