金字塔の意味は、「後世に永く遺る優れた業績」です。

つまり、世の中の人々に役立つ偉業であることを、誰もが認める尊い業績が金字塔なのです。

類稀なる結果を出して誰もが称賛するとき、「金字塔を打ち立てた」という言い方をします。

金字塔は、人並み外れた努力の結晶である、“賜物”と言えます。

“金字塔”という言葉には、優れた業績を成し遂げるまでに至った努力に打ち込む姿への讃辞も込めた意味合いがあります。

また、金字塔は「人々のため」という奉仕の精神が込められた偉業を讃えています。

自画自賛の自己満足な言葉ではありません。

金字塔は、自己中心的な損得勘定を抱いている限り、成し遂げることは出来ません。

多くの人々が素直に認める素晴らしい業績が“金字塔”なのです。

邪念を捨てて直向きで人並外れた努力の賜物が、多くの人々から称賛されるとき「金字塔を打ち立てた」という表現を使います。

金字塔は、多くの人々に感動と喜びをもたらします。

また、多くの人々に希望と勇気を与える面をもっているのです。

金字塔を残せる人生を目指そう

金字塔は、自己中心的な考えで、自己実現だけを目指している限り、達成できるものではありません。

ですから、誰もが成し遂げることの出来る平易な成果は、金字塔とは言いません。

人並み以上の多くの努力の積み重ねにより達成できた、前例のない優れた業績は金字塔と言われます。

多くの努力を積み重ねて成し遂げた物事が金字塔か否かは、自分自身が判断するものではありません。

第三者である多くの人々が、金字塔か否かを客観的に評価します。

我欲を捨てて、純粋に目的に向かい、多くの努力を積み重ねて、他の人には出来ない優れた業績を成し遂げたとき、世の中の人々から“金字塔を打ち立てた”と称賛されるのです。

金字塔を打ち立てる人生を目指すためには、安易な気持ちを捨てる必要があります。

我欲や安易な気持ちを捨てて、目標に向かって真摯に立ち向かう心構えを抱くことが大切です。

金字塔を残せる人生にするかどうかは、自身の努力次第と言えます。

金字塔とは?

金字塔は、常人では成し得ない極限の努力を積み重ねた結果の“賜物”と言えます。

金字塔は、社会の常識を遥かに超えた努力と困難を乗り越えたことで、打ち立てることが出来るのです。

金字塔の意味である「後世に遺る優れた偉業」が物語るように、人々にとっては貴重な“贈り物”となる物事が金字塔になっていくのです。

元々はピラミッドのこと


金字塔には言葉どおり、「金」の字の形をした塔という意味があります。

ピラミッドは、正に、「金」の字の形をした塔です。

ピラミッドの建立当時は、白色に輝いていたという説もあります。

ピラミッドは数千年の歴史を経ても尚、威厳を失わず現代の文明に様々な“語りかけ”をしています。

ピラミッドは、優れた偉業の賜物として長い歴史を乗り越えてきて、現代の文明にも多くの影響を与え続けています。

“金字塔”という言葉には、長い歴史を超えて存在し続けるピラミッドのように、揺るぎない優れた業績を象徴する意味が込められているのです。

後世に残るような偉業

後世に残る偉業とは、その時代の価値観に左右されない普遍的な価値を持つ業績を指します。

金字塔は、その時代毎の文化の変化にも翻弄されずに、称賛され続ける偉大な業績を象徴するコトバです。

後世に残る偉業を成し遂げた人を讃える偉大な賞のひとつに、ノーベル賞があります。

ノーベル賞を授与された偉大な人に共通するところは、目的に向かって努力を惜しみなく積み重ねてきた揺るぎない信念の持ち主であるところです。

自己中心の我欲を捨てて、多くの人々のために役立つことを目指し、一途に取り組む強い信念が金字塔を打ち立てる原動力になっているのです。

「金字塔を打ち立てる」という使い方をする

“金字塔”を象徴するピラミッドは、文字通り“金”の字の形をした“塔”です。

ピラミッドと呼ばれている偉大な建立物を建造するために、切り出された無数の巨石を積み上げた“塔”になっています。

ピラミッドは人力を尽くして、無数の巨石を積み上げて造られた“金字塔”です。

現代の建築技術を尽くしても建立が難しいと言われています。

高度な建築技術を駆使した偉大な建立物です。

無数の巨石を積み上げて立てられた“塔”を例えるコトバに、“打ち立てる”という表現が使われます。

ピラミッドは、人の持つ技術と能力を尽くして立てられた塔であることを象徴しています。

ピラミッドに象徴されるような人類にとっての偉業を成し遂げることを、「金字塔を打ち立てる」という言葉で表現しています。

また、研究者の偉大な発明やスポーツ選手の前人未到の記録を指して、「金字塔を打ち立てた」と表現します。

発明や前人未到の記録などの偉大な業績は、正に人力を尽くして立てた“塔”である偉大な“ピラミッド”と言えます。

金字塔の類義語は?


後世に残る偉大な業績を讃える言葉として、“金字塔”が使われます。

偉大な業績を表現する言葉には、金字塔の類義語として、功績や快挙など幾つか挙げることができます。

人が成し遂げた偉大な業績には、スポーツ選手の前人未到の記録や科学技術などの研究発明など、様々な分野の“金字塔”があります。

人が成し遂げた様々な偉大な業績を表現するとき、それぞれの偉業の分野に応じて、金字塔の類義語が使われます。

類義語で表現することで、その業績の偉大さが、一層具体的になり、分かり易くなるのです。

偉業

“偉業”の意味には、言葉通り“偉大な事業”、“偉大な業績”を指します。

“偉業”の使い方としては、「偉業を成し遂げる」という言い方があります。

金字塔というコトバは、後世に残る偉大な記録や業績そのものを指すときに使うことが多いです。

一方、偉業というコトバは、偉大な業績を残した人物を指すときに使われることが多いです。

ですから、「偉業を成し遂げた人物」という使い方をします。

偉業を成し遂げた人物を指して、「偉人」といいます。

世界の偉人には、発明や研究の分野であれば、エジソンやアインシュタインなどが挙げられます。

スポーツの分野であれば、オリンピックで金メダルを獲ったカール・ルイスなどです。

また、人々の平等と平和を唱え続けた、アメリカのキング牧師などが挙げられます。

功績

功績の意味には、“優れた成果”や“立派な働き”などがあります。

功績の「功」には、“立派な仕事”、“優れた働き”という意味があり、「功績を遺す」、「功績を立てる」という使い方をします。

功績には、“優れた成果”や“立派な働き”という意味が示す通り、社会や文化、科学などの発展に大いに貢献する業績を指すとき、“功績”という言葉で表現することがあります。

一方、金字塔は人類の進歩に大きく貢献するような、後世に遺る偉大な業績を指します。

しかし、功績というコトバを使って表現するときには、「偉大な功績」とは言いません。

功績に、“偉大”を付けて表現することは、少ないと言えます。

このように、金字塔と功績では、人類や世の中への貢献度合いや業績のもつ重みにより、微妙に使い分けされているのです。

快挙

快挙には、“素晴らしい行為”、“素晴らしい成績”という意味があります。

今までに前例のない素晴らしい成果を讃えて、“快挙”という言い方をします。

“快挙”という言葉は、スポーツの分野で使われることが多いです。

過去の記録を上回る素晴らしい成績を讃えて、「快挙を成し遂げた」という使い方をします。

快挙は、素晴らしい成績や成果を達成した“人”に向けて使われるコトバです。

一方、金字塔は後世に残る偉大な“業績”に向けて使われるコトバです。

偉業の重要性や貢献範囲に応じて、金字塔と快挙が使い分けされるのです。

多くの人が人生に於いて偉業を成し遂げたいと思っている

スポーツの世界で活躍する選手は、“偉業を成し遂げたい”という目標を抱いて、日々厳しい練習に励んでいるのです。

スポーツにおける偉業は、時間や距離という“数字”で表現できるため、目指す目標を立て易い面があります。

また、科学などの研究分野では、長い年月を掛けて取り組み、発明などの偉業を成し遂げるケースが多いです。

スポーツの分野や研究の分野などで誠心誠意、努力を積み重ねている人は、自分のためというよりも、社会の多くの人々のために偉業を成し遂げたいと考えているのです。

自分の人生に満足するため

自分の人生に満足するためには、自分自身の我欲だけを追い求めても得られるものではありません。

世の中の多くの人々のためになることを視野に入れて、努力を積み重ねることで、自分の人生に満足することができるのです。

人々に夢と希望を与えたり、世の中のために貢献できる物事を成し遂げたとき、“偉業を成し遂げた”と言えるのです。

後世に残る偉業を成し遂げたとき、多くの人々から称賛されることで、自分の人生に心から満足できるのです。

人のために頑張ることは尊いから

人は人生を歩んでいく中での頑張り方には、大きく2通りのケースがあります。

1つは、自分自身の我欲を追い求めるために、他の人を犠牲にしてまで、必死に突き進む姿です。

もう1つは、自分のためであると同時に、多くの人々のためにも努力を積み重ねて頑張るケースです。

自分の我欲を追い続ける姿は、他の人の目には自分本位の人として映ります。

我欲を追い求めるために、時には他の人を“踏み台”にすることもあります。

我欲一辺倒の姿は、他の人からは、“哀れな人”として観られることになります。

一方、世の中の人々のためになる物事の達成を目指して努力する姿は、他の人の目には、“称賛に値する人”として映ります。

世の中の人々のために頑張ることは尊いですので、達成できた暁には、“偉業”と言われます。

名声を残して有名になりたい

自分が成し遂げた物事が偉業か否かは、自身が評価するモノではありません。

多くの人々が冷静な観点で、名声に値する業績かどうかを評価するのです。

名声を残して有名になりたいと考えるなら、他の誰もが“偉業”と認める業績を達成しなければなりません。

後世に残る名声を得るためには、自己中心的な考えを捨てて、社会のために役立つことを最優先に取り組んで、業績の達成を目指さなければなりません。

また、スポーツの世界であれば、人々に感動と勇気を与える、前人未踏の記録を達成しなければなりません。

有名になって名声を残すためには、人並み外れた努力を誠心誠意積み重ねる、ひた向きさと信念が必要です。

金字塔を打ち立てるには並々ならぬ努力が必要

金字塔を打ち立てるためには、偉大なピラミッドを建立するために発揮した偉業に負けない程の、人並み外れた努力の積み重ねが必要です。

安易な気持ちでは、金字塔を打ち立てることは出来ません。

金字塔を打ち立てるには、ピラミッドの建立に匹敵するほどの、並々ならぬ努力が求められます。

このためには、人生の全てを捧げる決意をもって、一途に挑む決意が必要です。

人生をかけ、様々なものを犠牲にして努力する

金字塔を打ち立てるためには、自分の持つ能力の全てを注ぎ込んで打ち込まなければなりません。

また、目的に向かって突き進むことのできる、人並み以上の信念と精神力が必要です。

大切なことは、人生をかけて、様々なものを犠牲にしてまで努力することに値する目標を見つけることです。

金字塔を打ち立てる取組みの過程では、時には身近な人の存在を犠牲にするケースがあります。

人生を賭け、様々なものを犠牲にしてまで努力するに値する金字塔を目指すためには、人並み以上の献身的な自己犠牲の精神が必要です。

誰もやったことのないようなことに挑戦する

誰もやったことのないようなことに挑戦するためには、優れた能力と人並外れたチャレンジ精神を備えていなければなりません。

誰もやったことのない、前人未到の記録に挑戦するチャレンジ精神は、誰もが抱けることではありません。

金字塔を打ち立てるためには、秀でた能力と自分自身の可能性を信じることの出来る優れた精神力を備えていなければなりません。

誰もやったことのないようなことに挑戦することは、一朝一夕で成し得ることは出来ません。

時には長い日々を掛けた準備期間を経て、実現に漕ぎつけるケースもあります。

誰もやったことのないことに挑戦するためには、自他共に認める優れた精神力と、類まれなる努力の積み重ねが必要なのです。

決して諦めないという強い気持ちが大切

金字塔を打ち立てることは、前人未到の記録や業績を成し遂げることですので、“前人未到”というコトバに値する努力を積み重ねなければ達成できません。

金字塔と言われるピラミッドに匹敵する努力を積み重ねるためには、決して諦めない強い信念が必要です。

目指す目的が世の中の人々のために大きく貢献できると考えたとき、使命感が湧いてきます。

この使命感が、決して諦めないという強い決意を抱かせるのです。

金字塔と言える3個の例え

金字塔を打ち立てるためには、様々な分野において偉業を成し遂げることです。

世の中の様々な分野には、金字塔に値する業績があります。

スポーツの世界では、オリンピックで前人未到の記録を打ち立てることを指します。

研究の分野では、ノーベル賞などの世界的な賞を受賞するケースがあります。

いずれも、人並み以上の努力の結晶が“金字塔”となって、多くの人々から称賛されるようになるのです。

オリンピックで金メダルを獲る

スポーツの世界における最高峰といえば、オリンピックで金メダルを獲ることです。

オリンピックで金メダルを獲った選手に向けて、世界中の人が、“金字塔を成し遂げた”と称賛します。

世界中のスポーツ選手が金字塔を打ち立てるために、オリンピックの金メダルを目指し、日々厳しい練習を積み重ねています。

厳しい練習を指して、“自分自身との闘い”と表現する選手もいます。

オリンピックの金メダルを目指して、選抜された優れた選手が世界中から集まり、記録を競います。

多くの優れた選手の中から、前人未到の記録を成し遂げて、金メダルを獲得できた選手は、“金字塔を打ち立てた”として、多くの人々から称賛されます。

特に小柄であることが不利になるような競技で

オリンピックの多くの競技では、大柄の選手は有利に記録を出せると言われています。

特に、柔道などの格闘技では大柄な選手が有利になるケースが多いです。

ですから、小柄であることが不利になる競技であっても、人並み外れた秀でた技や瞬発力を活かして優れた記録を達成する選手もいます。

特に小柄であることが大きなハンディーになる競技で、前人未到の記録を達成して金メダルを獲得したとき、“金字塔を打ち立てた”として、世界中から称賛されます。

最年少で大学合格やコンクール優勝

世間一般には、大学に合格した人の平均的な年齢が基準としてあります。

また、世の中の様々なコンクールで優勝する人の年齢には、コンクールの内容に応じた年齢の傾向があります。

このような過去に秀でた結果を出した年齢の基準を上回るほどの優れた能力を発揮し、最年少で大学に合格するケースやコンクールで優勝するケースがあります。

世間一般の常識では考えられない年齢で難関の大学に合格できた人には、“金字塔を成し遂げた“という称賛のコトバが向けられます。

また、過去の例にはない最年少でコンクールに優勝した若い人を、“金字塔を打ち立てた”と讃えます。

並みの人では、成し得ない優れた結果を成し遂げたとき、“金字塔”という言葉を向けて称賛するのです。

年齢の若さも大きなアドバンテージになる

金字塔を打ち立てるためには、人並み以上の精神力が必要です。

目的に向かう過程で生じる様々な出来事を乗り越えて金字塔を打ち立てるために、一途に突き進む精神力が必要です。

スポーツの世界であれば、精神力だけではなく、優れた体力と技術力も必要になります。

優れた精神力と体力、技術力を兼ね備えていることで、目指す偉業を成し遂げる可能性が高まります。

金字塔を打ち立てるためには、年齢が若いことで優れた体力を持つことが出来ますので、大きなアドバンテージになります。

特にスポーツの分野で前人未到の記録に挑戦し続けるためには、強靭な体力が求められます。

ですから、若さは強靭な体力を備えるために、大きなアドバンテージになります。

薬の開発や治療法の発見

研究の分野で偉業を成し遂げるケースでは、優れた治療法や人の健康に貢献する薬の開発があります。

人類の歴史は長寿と健康を実現するための新しい薬の開発や未開発の治療法の発見の歴史とも言えます。

新しい薬の開発により、多くの人々の健康回復に貢献出来たとき、偉業を成し遂げたとして称賛されます。

また、従来は治癒が困難とされていた病気について、優れた治療法が発見されたとき、偉業を成し遂げたとして称賛されます。

人類の長寿や健康維持・回復に効果を発揮する優れた薬や治療法の発見は、金字塔に値する偉業として世界中から称賛されることになります。

病は人類の長年の強敵

人類の歴史は、病との闘いの歴史という面をもっています。

長い歴史の中では、いつの時代にも、不老不死の妙薬を求める逸話が出てきます。

人類にとっては、“不老不死”という言葉に象徴されるように、病に罹らずに健康で長生きすることが大きなテーマでもあります。

人類のテーマである、“病”という強敵を克服するための新たな発見や発明が、今までの歴史の中で繰り返されてきました。

人類の歴史の中で、病を克服するための優れた発見は、“金字塔”として、その時代の中で大きく称賛されてきました。

人類の歴史は、病を克服するための薬や医療技術の新たな発明や発見の繰り返しの中から、金字塔に値する偉業が成し遂げられるのです。

これからの地球規模での金字塔とは?

現代において、人類が抱える課題には、地球規模での環境改善が早急な解決策を求められています。

地球規模での環境問題とともに、エネルギー問題が国連などでも解決に向けた国際会議が開かれています。

また、人類の健康を脅かす、不治の病と言われる難病を完治させる治療方法が盛んに研究されています。

また、地球上には、多くの難民や慢性的な食料不足に陥っている膨大な数の子供たちが救済を求めています。

今の人類は、地球規模の大きな課題を沢山抱えています。

様々な課題の解決に向けて、世界中の多くの組織や人々が救援活動や研究開発に取り組んでいます。

地球規模で人類が抱えている様々な課題を解決に導く取り組みが、新たな発明や発見に結びつくことを、人類は待ち望んでいます。

今の時代、差し迫った課題を解決に導く糸口が発見されたときには、“金字塔を打ち立てた“として、多くの称賛が沸き起こることでしょう。

「地球温暖化」という言葉に象徴される、地球規模の環境問題は、人類にとっての最大の課題の1つです。

地球温暖化に陥っている地球を“救う”ための新たな取り組みや発見が待ち望まれています。

人類が抱える重要な課題を解決に導く偉業が成し遂げられたとき、“金字塔”という称賛を浴びることになります。

環境問題の解決

人類の長い歴史の中で、現代は地球環境の破壊が深刻化しています。

地球環境の破壊は人類の存続をも左右すると言われています。

環境問題は、森林伐採や化学工業などの進展に起因する環境汚染に象徴されます。

人類の生活には欠かせない空気や水、土壌などへの環境汚染が地球規模に拡大していて、大きな環境問題となっています。

人類が引き起こした重大な環境破壊が、大地震や巨大な台風の発生原因になっているという説もあります。

環境問題は人類の生命や存続を脅かすほどの重大性をはらんでいるのです。

一方、環境を守る対策は「eco」や「省エネ」という言葉に象徴されるように、日常生活の中で様々な取り組みがなされています。

地球環境を今以上に壊すことのない取り組みが色々な分野で進められています。

地球が与えてくれた豊かな自然環境を、人類が壊してきた歴史の反省から、地球環境を守る対策が世界中に拡がっています。

地球環境を守り回復させることは、人類の存続に関わる重要なテーマです。

環境問題を大きく改善できる方策が発見されるなら、偉大な業績として称賛されることでしょう。

地球環境の改善に効果が発揮できる方策が実現できたなら、まさに“金字塔”に値する偉業と言えます。

Co2排出量の削減方法を見つける

地球規模の環境を守る対策として、大きなテーマはCo2排出量の削減です。

Co2(二酸化炭素)の排出量拡大は、地球温暖化を深刻化させています。

Co2の排出は、石油や石炭などの化石燃料の燃焼により発生します。

Co2の排出量の国別順位では、最も多い中国、2番目にアメリカで、日本は5番目です。

世界140ヵ国余りの中では、日本はイギリスやフランスなどのヨーロッパ諸国よりも排出量が4倍ほども多いのです。

今の地球環境を観たとき、Co2排出量を削減する画期的な対策が実施されたなら、世界規模の偉大な業績を成し遂げることになります。

Co2排出量を大きく削減できたなら、金字塔を打ち立てたとして、世界中の人々から称賛されることでしょう。

癌の完治方法の発見

医学が世界的に日々進歩しても、患者の数が増え続ける癌を完治する方法は未だに発見されていません。

癌に罹らない方法や癌を完治する医療技術、治療方法は、未だ研究途中と言われています。

癌の治療方法である、抗がん剤や放射線治療は、人の体力や健康に大きな負担を掛ける治療方法です。

一方、過去には、不治の病と言われていたエイズ(AIDS:後天性免疫不全症候群)が完治する症例が世界的に観られるようになってきました。

癌がAIDSと同様に完治できる治療方法が発見できたなら、偉大な業績を成し遂げたとして、世界中から称賛されることでしょう。

癌に罹らない予防策や癌の完治方法が発見されたなら、金字塔を打ち立てたことに値するのです。

エネルギー問題の解決

我々の生活に欠かせないエネルギーには、電気、ガス、ガソリンなどがあります。

これらのエネルギーを供給するためのエネルギー資源として、石油や石炭があります。

コストを掛けない安易な手段でエネルギーを確保しようとすると、地球環境を破壊する状態を招きます。

エネルギー問題を解決するためには、エネルギー資源と言われる石油や石炭の消費量を抑える必要があると言われています。

石油や石炭などの化石燃料の消費を抑えるために、風力発電や太陽光発電などの自然エネルギーを活用する技術が普及しています。

また、車の運転で使われるガソリンの消費量を減らすために、電気自動車の開発技術が進歩しています。

エネルギー問題を解決することは、地球環境を護ることになります。

少ないコストでエネルギー問題を解決する画期的な新技術が発明、発見されたなら、人類に貢献する偉大な業績として、“金字塔を打ち立てた”と称賛されます。

人類の格差問題の解決

今の時代、地球規模の問題には、地球温暖化と人類の格差問題があります。

地球規模で世界の様々な国を観ると、平和で豊かな生活を過ごしている国民がいます。

しかし一方では、戦乱に巻き込まれて安住の地を失い、戦火を逃れた難民として食糧不足に陥った生活に追い込まれている多くの人々がいます。

地球規模で起きている人類の格差問題の解決は、人類にとって重要な課題の1つです。

人類の格差は、時代を追うごとに益々拡大しており、解決の糸口すら見つけることの出来ない状況に陥っていると言われています。

一口に「格差」と言っても、様々な構図があります。

経済的格差や所得格差、教育格差などがあります。

世界的規模で格差問題を観たとき、人として最低限の生活環境が保障されていない状態が拡がっていると言われています。

戦火を逃れるために、生まれ育った故郷の土地を逃れた難民は、食糧不足や水不足のために命を失っています。

また、国全体が貧困に陥っていて、教育を受けられない子供たちが労働に追われる日々を余儀なくされている状況もあります。

こうした深刻な格差問題から抜け出せる解決策を見つけ出すことができたなら、世界中から称賛されることでしょう。

人類の格差問題が解決できるなら、地球全体に平和が訪れることでしょう。

格差問題を解決できたなら、正に人類にとっての金字塔を打ち立てたことになります。

まとめ

過去の歴史の中で人類の偉大な業績の象徴として、ピラミッドの建立があります。

現代の建築技術を駆使しても不可能に近いと言われる、ピラミッドの建立は、「金字塔を打ち立てる」という言葉の象徴です。

「金字塔を打ち立てる」と言われる偉大な業績は、様々な分野に亘っています。

スポーツの世界では、前人未到の記録を打ち立てて、オリンピックで金メダルを獲った選手を“金字塔を打ち立てた”と賞賛します。

また、地球規模の環境問題や格差問題を解決に導く糸口を見出すことが出来たなら、“金字塔を打ち立てた”として、世界中の人々から讃えられることでしょう。

一方、医学が日々進歩していても未だに実現できていないのは、難病や癌に罹らない医療と、完治させる治療技術の達成です。

難病や癌が不治の病でなくなる医療技術が発明、発見されたなら、金字塔を打ち立てたとして、多くの人々から称賛されることでしょう。

“金字塔”と言われる偉業には、対象となる分野が違っても、共通する点が幾つかあります。

1つは、人類の平和と幸せ、健康な生活に貢献する偉業です。

もう1つは、人のもつ優れた能力を発揮して前人未到の記録を達成することです。

金字塔と言われる偉業には、地球レベルの偉業があると同時に、身近な日常生活に直接関係する優れた業績もあります。

スポーツの分野や発明、研究の分野など、人間の可能性は無限に広がることを教えてくれる“金字塔”は、世界中に沢山あります。

個人の持つ能力や技術力など、人並み以上の努力を積み重ねることで、金字塔を打ち立てることは、誰もが可能な事なのです。

金字塔を打ち立てるためには、自分独りの能力や技術力、知識だけでは達成できないこともあります。

“金字塔”と言われる偉業を打ち立てるためには、陰で支えてくれる貴重な人々の“支え”があってこそ実現出来ることなのです。

“金字塔”は、蔭ながらの人々の存在があってこそ達成できる「人知の賜物」と言えます。