睡眠は好きですか?嫌いですか?

子どものころには大嫌いだった「眠る」という行為が、大人になると何よりの楽しみになっているという方もいるかもしれません。

忙しい毎日の中で寝る時間がなかなか取れずに辛いと思っている方もいるでしょう。

睡眠時間は人間には絶対に必要なものですが、一番省略しやすい時間でもあるのが苦しいところですよね。

ですが、誰もが知っているのが「睡眠は健康に大事」だということです。

あまりに睡眠時間取れないようでは過労で倒れてしまいます。

ですが、だからと言って、むやみに長く睡眠時間を取ってしまうと、逆に疲れてしまうこともあります。

また、昼に何もできなくなってしまうのは、それはそれで困りますよね。

睡眠時間は適切な量を取っていることで、人間の健康に大きな効果を及ぼします。

それでは、人間にとって適切な睡眠時間とはどれくらいなのでしょうか。

そもそも、睡眠はどうして人間の身体に必要なのでしょうか。

睡眠の適切な時間やその効果、自分に合った睡眠時間の見つけ方について詳しくご紹介します。

「いつまで寝ていても眠い」「睡眠時間をどれくらいとれば良いのか分からない」と言う方は、ぜひ睡眠時間について勉強してみてくださいね。

人間にとっての睡眠とは?

そもそも、人間にとっての睡眠とはどのようなものなのでしょうか。

絶対に必要不可欠であることは、誰でも想像がつくと思います。

ですが、人間にとってはどのような意味があるものだと言えるのでしょうか。

睡眠をとらなければいけないことは分かっていても、その意味が分からなければ、睡眠を疎かにしがちになってしまいますよね。

睡眠をとるということ自体に意味を感じていなければ、健康のためとは言っても睡眠をとることができないかもしれません。

何かしなければいけない時に、「良いか、寝なくても」という意識になってしまうかもしれません。

人間にとっての睡眠の重要性や、その必要性についてまとめてみました。

1. 身体を休める時間

睡眠の働きというと、何よりもこの「身体を休める」ということが一番におも浮かぶのではないでしょうか。

もちろん、睡眠には身体を休める効果が大きくあります。

精神的な疲労ももちろんのことですが、身体を動かした後には、身体に大きな負担がかかっているでしょう。

これを休める溜めに睡眠が必要なのです。

睡眠中には「脳を休める時間」と「身体を休める時間」があります。

眠っている間に身体の動きを止めて休めることで、しっかりと次の日に疲労を引きずらずにいられることができるのです。

前日にスポーツや遊びで体力を使ってしまっているときには、きちんと睡眠をとらなければいけません。

しっかりと休ませてあげることが何よりも重要なのです。

2. 脳を休める時間

睡眠中には身体を休めるだけではなく、脳を休めることもできます。

脳は常に働いており、休まることがありません。

身体を休憩させることは意識的にできますが、脳を休ませることは意識的にできないのです。

脳を休めようと思ったら、睡眠をとるしかないのです。

脳を休ませることは絶対に必要です。

脳は身体の色々な部分をコントロールしています。

思考を作り出すのも脳ですし、身体の動きをコントロールするのも脳です。

”自分”を作り出しているのが脳なのですから、自分が自分でいる間は、常に脳は働き続けているのです。

当然、働き続けている脳は疲れます。

きちんと身体の色々な部分をコントロールし続けるためには脳を休めなければいけません。

脳が疲れてしまっている状態では、正常な人間としての活動ができなくなってしまいます。

3. 身体を成長させる時間

身体を成長させる時間であるのが「睡眠時間」です。

これは、成長しきってしまった大人には関係ないかもしれません。

身体を成長させる時間が必要なのは子どもですよね。

現代の子どもは、睡眠時間が短くなってきているようです。

今はたくさんのテレビ番組もありますし、電気が発達して夜でも明るい状態を保つことができます。

小学生の内から12時過ぎまで寝ない子供も増えているようですね。

そもそも、子どもはあまり寝たがらないものです。

大人より体力もありますし、寝る時間になっても眠気がまだ来ないという子も多いでしょう。

ですが、子どもにとって睡眠時間は成長のためにも必要なものなのです。

成長ホルモンって何?

寝ている間には成長ホルモンが分泌されます。

質の良い睡眠であればあるほど、分泌される成長ホルモンの量が多くなります。

成長ホルモンがどのようなものだかはご存知ですか?

成長ホルモンは書いて字の如く、「成長」にかかわりがあるホルモンです。

身体の細胞分裂などを促進し、成長を促進してくれるのが成長ホルモンというわけです。

子どもだけではなく大人でも分泌され、疲労回復や病気の予防、また、美肌を作るためには成長ホルモンが大切だと言われています。

寝る時間の長さと身長は関係ある?

成長ホルモンは夜の22時から2時の間に最も分泌されると言われていましたが、現在ではそういうわけではないということも分かっています。

睡眠後、数時間してから分泌されるものですが、質の良い睡眠であればあるほど、分泌される量が多くなっていくようです。

もちろん、睡眠時間が短すぎる場合には、成長ホルモンの分泌は十分ではありません。

この成長ホルモンの量が多ければ多いほど、身長が高くなります。

子どもの身長の高さに親の身長は関係ありません。

遺伝の身長への影響は20%ほどといわれていますから、それよりも生活習慣や成長ホルモンが大切というわけです。

睡眠不足にならないようにしっかりと睡眠をとっていることで、成長ホルモンが分泌されて骨の成長が進みます。

睡眠と成長は深いかかわりがありますから、子供の身長が少しでも高くなってほしいと思っている方は、自分の子どもに早寝を促すようにしてください。

4. 記憶が定着する

寝ている間には脳も休息を取ります。

ですが、睡眠中ずっと脳が休んでいるわけではありません。

脳と身体は交互に休むと言われています。

身体が休んでいるとき、脳は活発に動いています。

ある研究では、寝ている間の脳の働きを見ていたところ、学習に関わる部分が活発に働いていることが分かったようです。

つまり、寝ている間にも学習が進んでいるということです。

特に、寝ている間には、寝る前に学習したことの復習が行われます。

寝る前にはあまり理解しきれなかったことが、寝て起きてみるとすっきりして理解できるようになっているということはありませんか?

それは、脳が寝ている間に学習を進めているからです。

中でも、記憶の定着には大きな関わりがあると言われています。

そのため、テスト前には一夜漬けで勉強するよりも、前の日のうちに勉強をしておいて、しっかりと睡眠をとった方が良いということが分かりますね。

5. 身体を丈夫にする

上述のように、睡眠中には成長ホルモンが分泌されます。

これは、身体の組織の成長を促進するものです。

体の組織は骨だけではありません。

他の部分にも成長ホルモンは働きかけることができるのです。

それは身体を丈夫にすることにもなるでしょう。

睡眠時間が短いと病気になりやすいとも言われています。

つまり、しっかり寝ていれば病気を予防することもできるということになりますね。

睡眠の仕組み

睡眠の仕組みについて見てみることにしましょう。

一口に睡眠とは言っても、睡眠とはそもそもどのような状態になっていることを言うのでしょうか。

睡眠というと、ただ意識が落ちてしまっている状態のように思えるかもしれません。

ですが、睡眠中にもたくさんのことが行われており、一口に意識を失っている状態であるとは言えないのです。

また、睡眠の仕組みを学べば、質の良い睡眠というのがどのようなものなのかもわかるでしょう。

どうせ睡眠時間を取らなければいけないのなら、質の良い睡眠をとって、健康的な身体を作りたいですよね。

睡眠の仕組みについて学んでみましょう。

レム睡眠とは

睡眠には二つの種類があります。

出ている脳波の違いでこの二つは分類されますが、その間に身体に怒っていることも全く異なります。

一つ目はレム睡眠と呼ばれています。

レム睡眠は「Rapid Eye Movement」の頭文字をとって「REM睡眠」と名付けられています。

この言葉からも分かる通り、レム睡眠の間には眼球運動が激しく起こっています。

レム睡眠中の人の眼球を見ると、目がぴくぴくと動いていることが分かるでしょう。

このレム睡眠の時には、脳は活発に活動を起こしています。

夢を見ているのもこういった状態の時ですね。

脳が活発に働いている状態ではありますが、眠りを邪魔するような物音が知覚されてるわけではありません。

また、このレム睡眠の時には浅い眠りのような状態になっていますので、すっきりと起きるのなら、このレム睡眠状態の時だと言われているようです。

ノンレム睡眠とは

ノンレム睡眠とは、レム睡眠と違ってがんきゅ運動が現れることがありません。

また、夢を見ている睡眠ではありません。

レム睡眠は脳が活発に動いている状態でしたが、ノンレム睡眠は逆に、脳が休息しているような状態です。

いわゆる深い眠りであるということも駅るかもしれません。

眠りについた直後に表れるのがノンレム睡眠で、深い深い休息状態になっていると考えられるでしょう。

身体の筋肉は動いているものの、呼吸自体は少なくてゆっくりしています。

このノンレム睡眠の時に起こされると、すっきりとしない目覚めになってしまうことが多いようですね。

質の良い眠りとは

レム睡眠とノンレム睡眠は交互に訪れます。

それぞれが90分から2時間ほどで入れ替わり、最後にはレム睡眠から「身体の覚醒準備」に入ります。

質の良い睡眠かどうかを決めるのは、ノンレム睡眠です。

ノンレム睡眠は深い眠りの状態であるとご説明しましたが、その深さにも数段階があります。

4段階ほどに別れたノンレム睡眠のうち、呼吸や脈拍が安定した3段階目、もしくは4段階目状態を眠りの中で行うことができるのが「質の良い睡眠」です。

つまり、浅い睡眠を繰り返しても質の良い睡眠であるとは言えないのです。

深いノンレム睡眠を起こすためには、色々な工夫が必要でしょう。

例えば寝具を自分の好みのものに変えることは必要ですし、寝る前の飲食を控えることも大切です。

また、寝酒もあまり良くはありません。

寝る前にパソコンやスマホを見ていると深い眠りを阻害することになりますので、そこも注意が必要です。

これらの工夫をすることで深い眠りを起こすことができますよ。