皆さんは「なおざり」という言葉と、「おざなり」という言葉についてご存知でしょうか?

ひらがなで書くと間違いそうになるぐらいによく似ていますよね。

この二つの言葉の違いは何なのでしょうか?

この記事では意味の違いや使い方について解説していきたいと思います。

「なおざり」と「おざなり」の意味の違いとは?


この二つはどちらも「いい加減なさま」を表しますが、使う場面によってどちらを使うかが変わってきます。

では二つの意味の違いについて詳しく見ていきましょう。

なおざりの意味

皆さんは「なおざり」という言葉を聞いたことはありますか?

「なおざり」というのは、いい加減でその物事に手をつけず、おろそかにする様子を言います。

例えば学生時代の宿題を思い出してみましょう。

本当はやるべき宿題があるにも関わらず、手をつけずに放置しているというのがなおざりの状態になります。

「なおざり」というのは、いい加減でなおかつ、全く手をつけないという状態のことを表します。

なおざりの語源

「なおざり」という言葉の由来については、そもそもの意味は「大して気にしない」という意味合いでした。

初めに「なおざり」の「なお」ですが、つまりは以前の状態が続いていることを指します。

そして「ざり」は、漢字に当てはめると「去り」や「避り」という漢字が当てはまります。

「ざり」は、そのままにしておくという様子のことを指します。

現在ある状態のままで去るという意味合いです。

これが「なおざり」という言葉になったようです。

したがって、やるべきことなどに対して何も手をつけずに放っておくさまを指します。

なおざりの類語

「なおざり」の類語には「等閑(とうかん)」という言葉があります。

こちらもいい加減なさまを表します。

おざなりの意味

「なおざり」とよく似ている「おざなり」ですが、「おざなり」は手をつけるけれど、いい加減なさまを指します。

誰かに「おざなり」に対応すると言うのは、話は聞いて対処はするけれど、その対処の仕方がいい加減である様を指します。

よくある例としては、部下が上司に指導されて「おざなり」に対応すると言われた事は、やってはいるけれど、それが雑であるため「おざなり」という表現を使うことがあります。

このように、手はつけるけれどいい加減というところが「なおざり」とは違う部分になります。

おざなりの語源

「おざなり」というのは、そもそもお座敷などで使われていたようです。

「お」は御ですが、座は座敷、なりは成りで形状を表す言葉です。

座敷にはいるけれど、いるだけであまり一生懸命に対処していない様子のことを指します。

そのことで、取り繕っているというような感じの言葉として使われるようになりました。

「お」を付けなくても十分に意味が通じる言葉ですが、あえて「お」をつけることにより、皮肉まじりのようなニュアンスになっています。

おざなりの類語

類義語には、大雑把、杜撰(ずさん)などがあります。

「なおざり」と「おざなり」の違い

「なおざり」は、全く手をつけずに放置をしている様子を指します。

「おざなり」は、手はつけるけど、いい加減である様子を表しています。

どちらにおいても、いい加減な様子を表す言葉です。

違いは、手をつけているか、手をつけていないかということになります。

違いの覚え方

よく似ているので、違いが覚えにくいかもしれません。

そこで違いの覚え方をご紹介します。

「なおざり」というのは、そのままの状態を続けている事を言います。

そして「ざり」というのが「去る」というような意味合いです。

そのため、そのままの状態で去るということから「なおざり」、つまりは手を付けることなく放置しておくことを指します。

「おざなり」については、よく耳にするのでわかる方も多いと思います。

「お」はとりあえず接続詞ですが、座は座敷の座、そして成りはその状態のことを指します。

座敷には座っているけれど何もしていない様子、つまりやってはいるけれどその内容は雑であったり、きちんとやっていないという様子であったりという感じです。

このようにして違いを覚えてみましょう。

「なおざり」と「おざなり」の使い方


「なおざり」と「おざなり」とは、どのような使い方をすることができるのでしょうか。

同じような言葉にもかかわらず、ニュアンスが違ってきます。

混乱してしまうことがあるかもしれませんが、きちんと覚えておくと今後役に立つと思います。

練習を「なおざり」にした

何かの芸事にしても、スポーツにしても、基本的に練習は大切です。

練習をしないと、うまくなることは難しいと思います。

よほど才能がある場合は話は別かもしれませんが、大抵の場合はぶっつけ本番でやるというのは困難を極めます。

だからこそ多くの人は、練習をしてから本番に備えるのです。

しかし中には、練習が嫌いという人もいますよね。

例えば、ピアノの練習が嫌いだという子も結構います。

よくネット掲示板の悩みを見てみても、「子供がピアノの練習を全くしないのでイライラしている。

嫌だったら辞めてもいいと言ってるけど、絶対に辞めない。

だけど練習をしないからイライラする」というような悩み相談を見かけることがあります。

それはピアノなどに限らず、スポーツなどでも同じことが言えるようです。

やる気がないわけではないし、そのスポーツを楽しんではいるけれど、どうにも練習が好きではない子供もいるようです。

そして親に言われて、しぶしぶ「おざなり」に練習をするとか、言われているにも関わらず練習を「なおざり」にするというのは、結構よく聞かれるケースです。

では、この練習を「なおざり」にするのは、どのような状態なのか見ていきましょう。

「練習をほとんどしなかった」

「なおざり」にしたというのは、練習をほとんどしなかったということです。

「練習をしなさい」と口酸っぱく言われても、なかなか動かず、結果的に練習をほとんどしなかったという時に、この練習を「なおざり」にしたという言い方をします。

もちろん、このような練習ばかりではなく、宿題とかにおいても同じことが言えますよね。

練習を「おざなり」にした

こちらも練習についてガミガミと言われたのでとりあえず練習するけれど、その練習の仕方がいい加減だったということになります。

先ほども触れたように、ピアノの練習においても、ピアノの前に座ってピアノは弾いたけど、その練習の仕方がすごくいい加減というようなこともあったのではないのでしょうか?

ただ、この練習しない子供の対処の仕方について調べると「練習しなさい」とクドクド言うのは逆効果になることもあるようですね。

ある程度の見守りであったり、「5分だけ練習してみよう」というような感じで、練習のハードルを下げてあげることも一定数必要なのだそうです。

やはり無駄にダラダラと練習をするよりかは、質を保った短い練習の方が良いのは言うまでもありませんよね。

このように練習を「おざなり」にしないためにも、親としても出来る対処はあるのかもしれません。

「(練習はしたが、)練習をいい加減にした」

先ほども触れたように「おざなり」に練習したということになると、練習という形をとったけど、この練習方法がいい加減だったことを指します。

勉強でも練習でもそうですが、ガミガミと言われてどうにか従わないといけないということになった時に、しぶしぶいい加減にやることがありますよね。

指導を「なおざり」にした

子供や部下の指導に関しても、「なおざり」に対処したということもあるのではないのでしょうか。

なかには指導をあまり熱心にしない人もいます、

さらには「見て盗め!」という感じで、子供や部下に自ら学ばせようとしてあまり指導をしない事もあります。

このように指導を「なおざり」にすることもあります。

「指導をほとんどしなかった」

この指導を「なおざり」にしたと言うと、指導をほとんどしなかったことを指します。

見守るということで、あまり指導しなかったという場合もあるのかもしれません。

職人の世界だと「見て盗め」と言われたりして、あまり直接的な指導するのではなく、自発的に技を覚えてほしいという気持ちから、そのようなことを言われることもあります。

このように指導しないこともあるにはあります。

「おざなり」な指導をした

「おざなり」な指導と言うと、今度は指導はしているけれど、いい加減であるということを指します。

例えばですが、指導はしているけど、他の仕事をしながらというようなこともあるかもしれませんし、サボりで漫画などを読みながら指導しているということもあるかもしれません。

このように指導は一応しているけれど、いい加減な様子を指します。

「いい加減な指導をした」

イメージ的には、漫画を読みながら指導している等という例を出しましたが、もちろん漫画を読んでいなくても指導はいい加減だと「おざなり」な指導という言い方をするところがあります。

とにかく、指導の仕方がいい加減である様子を表します。

ただ、新人の方にとっては、このようないい加減な指導する人は困るかもしれませんね。

よくあるジレンマとしては、分からないことを質問すると「そんなことも、わからないのか?それぐらい自分で考えてやれ」ということを言われ、自分で考えてやったら「これは違う!ちゃんとやり方は自分に聞いてほしい!」と言われる事がありますよね。

特にいい加減な指導する人に限って、このようなことを言う人もいます。

そして指導の仕方として、「適当に」とか「臨機応変に」というのが多い人も、正直、新人泣かせですよね。

この「適当に」何かをするのは、やはりそこそこに仕事の経験が必要です。

ケースバイケースで対応していくのは、やはり色んな経験を積み重ねていかないと難しいところがあります。

さらには「臨機応変に」というのも、ある程度の適応力を求められるところがあります。

この臨機応変が苦手な人も結構いますよね。

このような人にとっては「おざなり」な指導は、非常に難しく対応しにくいところがあります。

トラブル対応を「なおざり」にしている

トラブル対応は、早期の対応が必要です。

そして問題が起きたらすぐに解決することにより、問題が起きても最小限で収まるケースも多いです。

これを後回しにしてしまったばかりに、大変なことになってしまうということはよくあります。

ニュースなどを見ていると、大問題になっていることというのは、大体はトラブル対応を「なおざり」にしているような実態が明らかになるケースもあります。

この「なおざり」にするというのは、先ほども触れたように問題をそのままにして手をつけないことを指します。

このようにトラブル対応についても、「臭いものに蓋をする」ような感じで放置をすることにより大問題になってしまうこともあります。

ミスをしてまずいと思ったら、ついついそれを隠してしまうということもありますよね。

このミスも早期に対応すれば、そこまで大きな問題ではなかったにも関わらず、放置をしてしまったために大問題になってしまうということもあります。

このようなことから、トラブル対応は「なおざり」にするというのは非常に良くないことですよね。

「トラブル対応を後回しにしている」

トラブル対応を「なおざり」にしているという意味ですが、つまりはトラブル対応を後回しにしているということです。

先ほども触れたように、トラブル対応はなるべく早い方がいいです。

「鉄は熱いうちに打て」ではないですが、とにかく問題が起きたら即対応ということで、仮にその問題があったとしても、それが小さく収まることもあります。

トラブル対応を後回しにして放置し続けることで、問題がどんどん大きくなるということもありますよね。

最近、とある組合で億単位のお金を横領した女性が逮捕されたというニュースがありました。

こんなにたくさんのお金を横領できるというのは、すなわちお金が横領されてて無くなっている事に気付かない体制があったからではないでしょうか。

ニュースによると、会計担当はその逮捕された女性一人だったとか。

トラブルが起きやすい問題があるにもかかわらず、そのまま放置した事が原因のひとつでしょう。

ここで早くに監査が入ったり、会計が一人だけだったということですが、会計の人数をもう少し増やすことによって、このようなトラブルは防げたかもしれません。

このように、一人の人にお金を任せるというのは、非常にリスクが高いことです。

トラブル対応を「おざなり」にしてしまった

トラブル対応を「おざなり」にしてしまった場合であれば、それはいい加減なトラブル対応をしてしまったということです。

妻から聞いたことがあるのですが、トラブル対応とは少々ずれるところがあるかもしれませんが、著者の妻はとある商品を取り扱う商社でした。

そこで在庫確認の電話があった時に、この在庫確認の対応の時に、いい加減な対応したことで取引先の人に大目玉を食らってしまった人もいるようです。

例えば在庫がないときは大抵は丁重に謝罪した上で、在庫がないということを言います。

その上で「予定としてはこれぐらいに出来上がる予定です」という報告をしますよね。

そのような時に、適当に「在庫はないですよ!」と「おざなり」に対応したことによって、後から苦情の電話が来たというようなこともあります。

たとえ対応したとしても、それが適当であったりいい加減であったりしたら、そのように問題が起きる事はたくさんありますよね。

それはトラブル対応については同じです。

ついつい「おざなり」に対応してしまったりすることによって、逆にお客様の怒りを買うということもあります。

「トラブル対応をいい加減にしてしまった」

そしてトラブル対応いい加減にするということも、また問題発生となり得るところがあります。

「なおざり」にして問題を放置するよりかはと思うところもありますが、やはりトラブル対応に対しては誠心誠意な対応が必要です。

それはお客様に対してというのもありますし、取引先の方に対してというのがあります。

お客様を怒らせると、客離れを起こしてしまう可能性もあります。

苦情言う人もいますが、大抵の場合は何も言わずに、もう商品やサービスを利用しないということを心に決める人もいます。

著者もどちらかと言うと、そういうタイプですね。

トラブル対応とは、こちらもまた少し違うのですが、実母の葬儀の時に、法事の時などに会員になるということを言われたのですが、お金の話ばかりをされて、引いた経験があります。

やはり悲しみの最中の時に、お金の事ばかり言われるのは気持ちの良いものではありません。

「そうですね」と適当に相槌を打ちつつも、法事はそちらの葬儀場を使うことはありませんでした。

おざなりなトラブル対応をいい加減にするということで、多くの人はもう利用しないという形になります。

彼のアイディアを「なおざり」にしているつもりはない

アイデアを「なおざり」にするとは、どのようなことかと言うと、つまりはそのアイデアがせっかく出ているにもかかわらず、それを放置しているのではないという意味です。

彼のアイデアいいと思っているけれど、なかなか実行が難しいという時に、「もしかしたら、あの人のアイデアを「なおざり」にしているんじゃないんですか?」と言われた時に、このように答えることもあるでしょう。

いいと思っているアイディアを実行するのも、時間がかかったりお金がかかったりで、すぐには実行できないこともあるかもしれません。

せっかくのアイデアを活かしたいと思っていても、もう少し時間が欲しいということもあるかもしれませんよね。

こんな時に、彼のアイデアを「なおざり」にしているつもりはないという言い方をすることもあります。

「彼のアイディアを蔑ろにしているつもりはない」

ここで言う「なおざりにしているつもりはない」とは、「ないがしろにしているつもりはない」ということです。

なかなか、彼のアイデアが採用されないということで何か言われた時に、このように答えることもあるかもしれませんね。

このアイデアをないがしろにしているつもりはないという時に、彼のアイデアを「なおざり」にしているつもりはないという言い方をすることもあります。

彼のアイディアを「おざなり」に受け止めてしまっている

せっかくの彼のアイデアがあったにも関わらず、「おざなり」に受け止めてしまっているということであれば、一応受け止めてはいるけれど、適当にそのアイデアを実行していたりというようなことが挙げられます。

こうしたらいいんじゃないかということを言われて、一応その通りにするけれど一生懸命さがないので、形だけになっているという時に、このように言われていることもあるのではないのでしょうか。

せっかくのアイデアが「おざなり」にされているということであれば、そのせっかくアイデアを出した彼もがっかりしているかもしれませんね。

「彼のアイディアをいい加減に受け止めてしまっている」

ここで彼のアイデアを「おざなり」にしていると言うと、アイデアをいい加減に受け止めてしまっているという意味合いです。

確かにそのようなアイデアを出されたことによって「いいですね!」とは答えていたかもしれないけれど、実行はしているけれど適当というような感じです。

勉強を「なおざり」にして遊んだ結果、テストで悪い点数をとった

勉強を「なおざり」にしたということは、すなわち、その勉強に全く手をつけていないということです。

学生時代であれば、そのような失敗は一度や二度しているのではないのでしょうか。

ついつい学生時代は、遊びを優先してしまうところもありますよね。

著者の上の子は中学生ですが、今は別れたと言っていますが、同じクラスにカップルの子達がいたそうです。

この子達が試験前にも関わらず遊んでいたということで「あいつら勉強しないのかよ!?」というようなことを、上の子が言っていましたね。

この子達はきっと勉強を「なおざり」にしたので、テストで悪い点を取ったのかはわかりませんが、試験期間にも関わらず遊びに行っているので「なおざり」にしていると言ってもいいでしょう。

そしてその結果テストで悪い点を取ったこともあるかもしれませんね。

この子達に関してはどうか分かりませんが、勉強していないことによって悪い点をとってしまったという話も聞かれることです。

「勉強をそっちのけにして遊んだ結果、テストで悪い点数をとった」

ここで、勉強をなおざりにしたということは、すなわち勉強そっちのけということです。

全くやっていないということもあるのではないのでしょうか。

最近は非常に誘惑も多いですので、スマホに興じてしまったり、ゲームに興じてしまったりということで勉強そっちのけということも、かなりあるのではないのでしょうか。

これ一回で懲りてくれれば良いのですが、そうは行かずにずっとこのような調子ということも結構ありますよね。

そこで頭が痛い親御さんも多いのではないのでしょうか。

テストの点数が悪かったのは、勉強を「おざなり」にしたからだ。

そして勉強を「おざなり」にしたということは、すなわち一応勉強はしたけど勉強の仕方がいい加減だったというのもあります。

もちろん、いい加減だというわけではないのですが、中には勉強方法がマッチしていないためにということもあり、結果的にはアプローチの方法が良くなかったということもよくあります。

よく女子にありがちな傾向になのですが、ノートを綺麗に撮ることばかりにとらわれた結果、勉強の方に身が入らなかったというの話も大変よく聞く話です。

また、答えを写すだけというような感じだったりすると、勉強の仕方もいい加減だったと言わざるを得ないところもあります。

「テストの点数が悪かったのは、勉強をいい加減にしたからだ。」

テストの点が悪かったのは、勉強いい加減にしたからだというような意味です。

こちらも「勉強しなさい」と言われて、スマホやタブレットなどを取り上げられ、渋々勉強するというような状態で起きやすいでしょう。

確かに勉強はしていて、机に向かっているし、ノートも書いているという状態であっても、それがいい加減だと頭に入らないところがありますよね。

それも基本的に、だらだらやるよりかは短くても集中してからきちっとしたほうがいいに決まっています。

しかし、確かに勉強していると思ったけれど、それが適当で頭の中に入らなかったとしたら、勉強がいい加減だからテストの点が悪かったと言えるでしょう・

「なおざり」と「おざなり」を正しく使い分けよう

なんだかよく似ていて、ともすれば混乱しがちな「なおざり」と「おざなり」ですが、この使い方を正しく使い分けることも大切です。

そうでないと全く違う意味合いになるからです。

「なおざり」と言うと、全く手をつけていないという状態を指しますし「おざなり」と言うと、やってはいるけれどいい加減であるというような意味合いだからです。

やってるかやってないかという違いがありますので、正しく使い分けて、もし使う場面があったら間違いないように気をつけましょう。