小さな約束を守ることで、駆け引きのない、純粋な信頼関係が育まれてきます。

相手への思いやりを常に抱いている人にとっては、“小さな約束”は、実は、“大切で大きな約束”になるのです。

小さな約束を守る心は、相手のことを大切に思いやる心から生まれてきます。

一方、大きな約束には、お互いの間に利害関係が生じるケースが多々あります。

ですから、大きな約束を守らなければ自分自身に大きな損害が生じるのです。

大きな約束は、自分の立場を護るために、相手との約束を守るのです。

約束を守る理由は、相手のためではなく自分のためです。

しかし、小さな約束は、守らなかったとしても自分に不利益が生じることは、殆んどありません。

ですから、小さな約束には損得勘定が介在しないため、お互いの間に心が通い合う信頼関係が育まれていくのです。

小さな約束って?

小さな約束は駆け引きのない、お互いの間の信頼関係から生まれるものです。

相手のことを大切にする思いやりを抱いていると、自然な振る舞いとして、小さな約束を守っていくのです。

常日頃から、相手のことを大切に思う心を抱いている人にとって、“小さな約束”は、“大切な約束”になるのです。

小さな約束を守ることが大切な理由を集めました


小さな約束には、お互いの間に利害関係が生じることがありません。

ですから、小さな約束を守る気持ちは、相手を思いやる心から生まれてくるものなのです。

職場で働く人にとっても、学校で学ぶ生徒にとっても、小さな約束を守る心は、大切な相手との信頼関係から生まれてくるのです。

相手のことを大切に思うことで、無理なく自然に約束を守ることが出来るのです。

1.印象が良くなる

小さな約束を守る人は、相手のことを大切に思う気持があるため、些細な約束であっても無視せずに守ります。

小さな約束を守ることは、人間関係を快い姿にする、“潤滑油”になります。

相手との小さな約束を守るために奔走する姿は、周りの人に好印象を与えます。

2.信頼関係を築ける

人同士の信頼関係は、お互いを大切に思いやる心から、培われてくるものです。

お互いの間で、目には見えない、心の通い合いから生まれてくるのです。

小さな約束を守ることを積み重ねていくことで、相手との間に信頼関係が育まれていきます。

信頼関係は、一朝一夕で築けるものではありません。

3.当たり前のことを当たり前にできるようになる

当たり前のことを当たり前に出来ないのが、世の常です。

「当たり前」と言われている物事が実は、「たいへんな大ごと」になっているケースが少なくありません。

当たり前のことは、誰でも簡単に出来そうな印象を与えます。

しかし、簡単ではないのです。

小さな約束を守ることも、“小さな”というコトバから受ける印象とは裏腹に、“大ごと”の場合があります。

“小さな”約束を、損得抜きで守る姿勢が大切なのです。

当たり前のことを当たり前に出来るようになるためには、相手への思いやりの心を持つことが大切なのです。

4.大きなチャンスのきっかけを作れる


小さな約束を守ることの積み重ねが、大きな物事を動かす“原動力”になるのです。

物事には、一見、“小さく”見えても、実は、重要な意味が含まれているケースが多々あります。

世の中には、小さな約束を守ったことで、大きなチャンスのキッカケを作れることがあります。

5.いろんなことを任せてもらえる

小さな約束を守ることを繰り返していく中で、周りの人からの信頼感が生まれてきます。

周りからの信頼感が広がっていくことで、任せてもらえる機会が増えてきます。

こうして、あなたは色んな事を任せてもらえる存在になっていくのです。

他のことを頼んでもしっかりやってくれそうだと思われる

小さな約束であっても、軽々しく扱わずに真摯に向き合うことで、自ずと周りからの信頼感が生まれてきます。

小さな約束と向き合う真摯な姿は、周りの人の目には“信頼できる人”として映ります。

周りから、“信頼できる人”として観られることで、他のことを頼んでもシッカリやってくれそうだと思われるようになります。

6.自分の価値が上がる

小さな約束を守ることは、色々な人との信頼関係を築いていくためには、大切な心掛けです。

小さな約束の中には、時には、たいへん難しい物事もあります。

約束を守ることが難しくとも、やり遂げる意志を貫くことで、相手との信頼関係が高まります。

小さな約束を守ることで利益を得るケースは殆んどありませんが、相手との間の信頼度が高まることは、お金には代えられません。

相手との約束を守ることに損得抜きで取り組むことで信頼関係が増して、自分の価値が上がります。

7.相手を大切にしていることが伝わる

小さな約束を守ることは、相手を大切に思いやる気持ちが強いことを表しています。

相手を大切に思う気持ちを、あえて口に出さなくとも、約束を守る姿を目の当たりにした人は、相手を大切にしていることが伝わるものです。

「目は口ほどにモノを言う」という諺があるとおりです。

相手の心を動かすのは、言葉よりも、真摯な姿が説得力を持つのです。

相手も自分を大切にしてくれる

小さな約束を守る心は、相手を大切に思う心から生まれてきます。

相手を大切に思う気持ちは、約束を守ることで自然と伝わってきます。

相手に伝わった気持ちは、相手の心の中に、あなたを大切に思う気持ちを芽生えさせます。

こうして、相手もあなたを大切にしてくれるようになるのです

8.責任感があることを示すことができる

約束の内容が小さくとも、真摯に受けとめて、守り通すことは容易ではありません。

約束を守り通すあなたの姿を目の当たりにした相手は、あなたの責任感の強さに心を打たれることでしょう。

小さな約束を守ることで、強い責任感があることを示すことが出来るのです。

9.誠実さを示すことができる

小さな約束事であっても、守り通すことは容易ではありません。

見かけは、“小さく”とも、中身は“重たい”ケースがあります。

約束事は、見かけの大小に関わらず、誠実に向き合って守る姿勢を貫くことが大切です。

小さな約束に向き合う姿を通して、誠実さを示すことができます。

相手は、あなたが約束を守り通す姿を目の当たりにして、あなたの誠実さを心に深く感じ取るのです。

10.こつこつ努力できる人だと思われる

一見、小さな約束事であっても、守ることが容易ではないケースは多々あります。

約束を守ることが難しくとも、相手を大切に思う気持ちがエネルギーとなって、約束を守り通せるのです。

相手を大切に思う温かいエネルギーが、約束を守る糧となっていきます。

約束を守り続けることで、あなたは、こつこつ努力できる人だと思われるようになります。

11.計画性がある人だと思われる

小さな約束であっても、守ることが難しいこともあります。

約束事が小さくとも、守る内容が難しいときには、計画性を持たなければ続けることが出来ません。

ですから、約束を守る際には、途中で息切れを起こさないように前準備をすることが必要です。

約束を守るための前準備をすることで、計画性がある人だと思われます。

12.リーダーを任せられることもある

小さな約束であっても、守るためには、先を観た判断力が必要になることがあります。

物事の先を見越した的確な判断力を発揮して、約束を守り通すことは大切な事です。

先を見越した判断が出来ることで、周りの人から、リーダーを任せられることもあります。

13.他の人よりワンランク上に見てもらえる

小さな約束であっても、守り通すことで、相手からの信頼感は増していきます。

相手を大切にする思いが強ければ強いほど、約束を守るための責任感は高まります。

強い責任感で約束を守り通すことで、他の人よりワンランク上に見てもらえるようになります。

14.軽い人だと思われない

約束の内容が小さくとも、守り通すためには、軽はずみな気持ちでは長続きしません。

相手のことを大切に思う心の強さが、約束を守る気持ちの強さとなって表れてきます。

安易な気持ちでは、約束を守り通すことは出来ません。

約束を守るためには、強い決意が必要になるのです。

強い決意を持ち、約束を守り通すことで、軽い人だと思われることはありません。

15.自分を成長させられる

様々な人間関係の中では、守らなければならないルールは、相手によって様々です。

軽易な約束もあれば、難しい約束事もあります。

難しい約束事から逃げずに、難題を乗り越えながら向き合うことで、教訓となる経験の積み重ねができます。

約束を守るために、貴重な経験の積み重ねをすることで、自分を成長させることにつながっていきます。

16.行動力が上がる

小さな約束であっても、守るためには、色々な難しい場面と向き合うケースがあります。

相手を裏切らずに、約束を守り通すためには、時には強い行動力を発揮しなければなりません。

約束を守るためには、自分が考えていることを行動に移さなければならない状況もあります。

自分の考えを行動に移すことを繰り返すことで、行動力が上がってきます。

17.将来につながる

大切な相手からの約束が小さな事であっても、シッカリと守らなければなりません。

小さな約束をシッカリ守る心掛けを貫くことで、相手との間の信頼関係は、より強いものになっていきます。

相手との間の信頼関係が強まることで、将来に向けた快い人間関係に繋がっていきます。

将来の状況によっては、あなたが相手に約束を守ってもらわなければならない事もあります。

将来の人生を考えた時、時には相手との立場が逆転することもあります。

今、あなたが約束を守るために最善を尽くす姿は、将来に向けた良い人間関係につながっていくのです。

18.自信を持つことができる

大切な相手から求められた約束事が小さくとも、守るためには自分が培ってきた経験知をフルに発揮しなければなりません。

約束を守るためには、自分の経験知を活かすことを繰り返さなければなりません。

自分の経験知を活かすことで、相手からの約束を守り通せたなら、大きな自信につながっていきます。

相手のために約束を守ることは、同時に自分が自信を持つことにも繋がっていくのです。

19.モチベーションが上がる

小さな約束であっても、守り通すことで、相手との信頼関係は強まっていきます。

大切な相手からの信頼度合いが高まることで、より一層自分の存在感が増してきます。

自分の存在感が増していくことで、モチベーションも上がってきます。

モチベーションが上がることで、約束を守ることへの意欲が高まってきます。

20.尊敬される

約束事が小さくとも、守り続けることは安易な考えでは出来ません。

相手のことを思いやる気持ちを大切にしながら、約束を守り続けることで、お互いの間に信頼感が増してきます。

信頼感が増すことで、大切な相手の人から尊敬されるようになってきます。

21.好感度が上がる

大切な人から、約束を守ることを求められたなら、正面から向き合うことです。

正面から向き合い、約束を守り続けることで、お互いの間の人間関係が快い姿へと向かっていきます。

途中で投げ出さずに、約束を守り続けるあなたの姿は、大切な人の心を動かし、あなたの好感度を上げていきます。

22.相手に裏切られることが減る

あなたにとって大切な人から求められた約束が、たとえ小さくとも誠意を持って守るべきです。

約束を守ることに誠意を尽くすなら、相手はあなたの誠意を尽くす姿に感謝することでしょう。

あなたが感謝されることで、相手に裏切られることが減ってきます。

23.人との付き合い方が分かる

人生を歩んでいる中で、相手から約束を守ることを求められることは、珍しくありません。

約束の大小に関わらず、求められた約束は守らなければなりません。

しかし、その人の考え方によっては、小さな約束を軽視して、守ることを疎かにするケースがあります。

約束事が小さなとき、大切さを無視して守らないなら、あなたの人間性が問われることになります。

小さな約束事を軽視する姿を観ることで、人との付き合い方が分かるものです。

24.社会に適応できる

小さな約束であっても、真面目に受けとめて守ることは、相手を大切にすることに、つながるのです。

約束事の大小に関わらず、真摯に受け止めて守るなら、社会に適応できる人柄であることを意味します。

25.人の輪が広がる

小さな約束であっても、きちんと守り続けることで、相手との信頼関係が育まれていきます。

職場や学校の中で信頼関係が増していくと、人間関係の幅が広がっていきます。

約束を守ることを心掛けることで、人の輪が広がっていくのです。

小さな約束を大切にすることで相手から自分に対する態度も変わる!

約束事は、小さくとも大きくとも、相手にとって大切さは同じです。

小さな約束であっても、軽視せずに、誠意をもって守り続けるなら、相手からの信頼は高まってきます。

小さな約束であっても大切にすることで、相手から自分に対する態度も変わってきます。

守れない約束はしないように注意

相手から求められた約束を守ることが難しいなら、約束をしないようにしましょう。

約束を守ろうとして無理を続ける中で、投げ出してしまうと、結果として相手に迷惑を掛けることになります。

“約束を守る”と相手に期待をさせておいて、期待を裏切ることは避けるべきです。

このためには、守れない約束は、しないように注意することです。

キッパリ断ることも大切

小さな約束であっても、内容が複雑で守ることが難しいケースがあります。

守ることが難しいと感じながら、安易に引き受けて中途半端に守ることになると、相手の心を大きく傷つけることになります。

大切な相手の心を傷つけないためにも、難しい約束は、キッパリ断ることも大切です。

最初からキッパリ断ることで、大切な相手の心を傷つけずに済みます。

どうしても約束をする場合は守れない可能性があることや代替案を伝える

人生を歩んでいる中では、守ることが難しい約束を相手から求められることがあります。

自分の本心では、約束を断りたいにも関わらず、やむを得ず約束せざるを得ないことがあります。

このような状況のときは、約束を守れない事態になることも想定しなければなりません。

約束を守れない事態に陥っても、相手の心に与えるダメージを最小限に抑える手立てを考えておくべきです。

相手の心を出来るだけ傷つけないようにするために、約束を守れない可能性があることや、代替案を伝えるべきです。

このように、約束を守れない場合の心構えを相手に持ってもらうことが大切です。

相手に心構えを持ってもらった上で、あなたは約束を守るために誠意をもって最善を尽くす姿勢を続けましょう。

あなたの誠意を持った姿勢を見せることで、結果として守れない状況に至っても、相手に及ぼすダメージは、最小限に抑えることが出来ます。