「ニッチ」(niche)とは、誰もが気づかずに見逃してしまう「すき間」を意味します。

ですから、「ニッチ」は「残り物に福あり」という諺を象徴する言葉でもあります。

僅かな隙間であるニッチには、“宝の山”が潜んでいることがあります。

ニッチとは、僅かな隙間でも見逃さずに、チャンスに変える鋭い観察眼の持ち主を表す意味でもあります。

「ニッチ」は、様々な分野で使われることが多いです。

企業間競争の分野では、“ニッチ戦略”という表現が使われることが少なくありません。

他の企業が見過ごしている“ニッチ”の市場に、新たに進出して大きな利益を挙げるケースがあります。

過去の例としては、数十年前には無かった“100円ショップ”の進出です。

身の回りの日用品を数百円で買っていた時代に、新たに生まれた“100ショップ”は、正にニッチ戦略の代表的な一例です。

身の回りの日用品が100円で買えるお店の進出は、社会の経済の流れを変えるほどのインパクトがありました。

ニッチは、平凡な観察眼の持ち主が見逃してしまう、僅かな“隙間”を指します。

鋭い観察眼の持ち主は、他の人が見過ごしてしまう僅かな隙間に多くのチャンスが潜んでいることを見抜きます。

今の世の中は、物が溢れて飽和状態になっていると言われています。

社会のあらゆる分野に色々な企業が進出している中で、競争相手の企業が進出していない“隙間”の市場を探すのは至難の業と言えます。

今の競争社会の中で生き残っていくためには、僅かな隙間も見逃さない“ニッチ”な観察眼と感性が求められています。

「ニッチ」の意味や使い方を学ぼう!


ニッチ(niche)とは、もともとは、ヨーロッパで彫像を置くために造られた“くぼみ”の部分を指す言葉として使われていました。

建築用語として使われ始めた経緯があります。

その後、ビジネスの分野でも多く使われ始めました。

経済学者として有名な、フィリップ・コトラーが提唱した、企業間競争の様相を表現するコトバとして、「ニッチ戦略」が広まってきました。

「ニッチ戦略」とは、他の企業が全く気付かずに手を付けていない“隙間”市場に、新たに進出して、競争優位の地位を築くことをいいます。

「ニッチ」という言葉は、ビジネスの分野だけでなく、様々な分野で使われています。

色々な分野で使われていますが、それぞれに共通するのは、ニッチの「隙間」という意味に象徴されるように、“小規模”、“稀な”、“マイナー”、“少数派”という意味もあります。

ビジネスでも使われる「ニッチ」

「ニッチ」という言葉は、ビジネスの世界において、色々な場面で多く使われています。

代表的な言葉に「ニッチ戦略」があります。

ニッチ戦略は、他の企業が気づかずに見逃している“隙間”に新たなビジネスチャンスを見出して市場に進出していく戦略を指します。

このような競争戦略を、「ニッチマーケティング」と言うこともあります。

色々な産業分野において、多くの企業が激しい競争を繰り返して、“生き残り”のための戦略を立てています。

ニッチ戦略を打ち立てて、市場において一定のシェアを獲得し、業界の中で確たる地位を獲得できた企業は、「ニッチャー」と呼ばれます。

よく使われる「ニッチ」の意味


「ニッチ」とは“隙間”を意味する言葉ですが、同じ意味をもつ言葉は他にもあります。

「ニッチ」の類義語として、“稀な”、“マイナー”、“珍しい”、“少数派”、“小規模”などの言葉があります。

何れの意味にも共通するのは、一般的に広く知れ渡っていない部分や状態を指すときに使われる傾向があります。

ビジネスの分野で多く使われている「ニッチ産業」という言葉が示すように、特定の限られた部分を指すときに使われます。

他の分野で使われているケースでは、“ニッチな趣味”、“ニッチな商品”という言い方もあります。

「ニッチ」とは”隙間”のこと

「ニッチ」とは”隙間”のことですが、世の中を見渡すと日常生活の身近な所にも、様々な“隙間”が存在することに気付かされます。

例えば、色々な趣味を持つ人たちがいます。

中には、“珍しい”ニッチの趣味を持つ人がいます。

また、“少数派”と言える特異分野について、優れた知識や技量を持つ人がいます。

“隙間”は、一見すると重要視されない傾向がありますが、注視して観察すると実は、“宝の山”として、大切なものが“眠っている”ことがあります。

また、「ニッチ」と言われる“隙間”の存在は、時には社会の一般的な常識を覆す程のインパクトを発揮するケースもあります。

例えば、ひと昔前には、ファッションの分野で人々が関心を寄せることの無かった、破れて穴の開いたジーンズは、今の時代、着こなしの大切なアイテムの一翼を担うファッションとして、若者の注目を集めています。

このように、「ニッチ」は、世の中の既成概念に、“風穴を開ける”影響力をもつ面があります。

ですから、「ニッチ」を軽視することは、大切なチャンスを逃すことに繋がりますので、見逃すことのできない面があります。

「ニッチ」を見逃さないための感性と観察眼を持つことで、時代の流れの“先を読む”ことができます。

「ニッチ」の存在は、時代の先を見通す、“先見の明”を持つ人にとっては、“宝の山”に観えるのです。

そもそもの「niche」の意味

そもそも「niche」の語源は、ラテン語の「nidus」に由来します。

「nidus」には、「巣」という意味があります。

「巣」は、鳥や動物にとっては、生きていくための大切な“拠り所”です。

つまり、ラテン語の「nidus」という言葉には、「適所」という意味もあります。

限られた“特定の存在”を意味する「niche」が、日本語の“隙間”という意味になってきたと言えます。

「ニッチ」の分野別の使い方

「ニッチ」という言葉が使われる分野は、ビジネスの世界に限らず、個人の生活の分野、生き物の生活環境の分野など様々です。

それぞれに共通するのは、限られた部分を指すときに使われることが多いと言えます。

「ニッチ」が、それぞれの分野の中で、希少価値のある物事を表現するときに使われます。

「ニッチ」は「リッチ」(rich)と話し言葉の響きが似ていることから、“隙間”という意味であるにも関わらず、マイナスイメージを与えることはありません。

ですから、「ニッチ」は、少数派的存在の物事を表現する時に使われることが多々あります。

ビジネス用語における「ニッチ」

ビジネスの世界で「ニッチ」という言葉が使われる場面は、少数派的戦略や産業、市場を表現する時に使われます。

例えば、「ニッチ戦略」、「ニッチ産業」、「ニッチ商品」が代表的な使われ方です。

何れにも共通するのは、今までの既存のビジネス業界には存在していなかった、時代を先取りする“先鋭的な姿”を指すときに「ニッチ」が使われます。

「ニッチ」は、時代を先取りする観察眼を持ち合わせた感性の持ち主を表しています。

社会の既成概念や既成の価値観に拘らない、自由な発想から生まれてくる、“一途”に取り組む姿を表現する言葉が「ニッチ」なのです。

他に誰も手をつけていない市場

「ニッチ」の意味である“隙間”という言葉には、人々にマイナーな少数派的な印象を与えます。

社会の中で、一般的に広く知れ渡っていない面を指すときに「ニッチ」が使われます。

産業の分野では、他の誰も手をつけていない市場に進出する姿を指して、“ニッチ市場を開拓”すると言うことがあります。

既存の市場の中での発展が行き詰まっている企業は、誰も気づかない“隙間”に活路を見出すために、新たな“ニッチ市場”の開拓を目指していくのです。

新たなニッチ市場を開拓していく企業の中には、硬直したビジネスの世界に“新風を吹き込む”存在となるケースがあります。

需要はあるが小さい市場規模

「ニッチ」のもつ意味が示すような小規模の市場には、一般の企業が進出することは稀です
大きな利益を追求する企業にとっては、需要はあっても小さな市場規模には、魅力を感じません。

ですから、小さい市場規模への進出を目指すのは、経営戦略として、「ニッチ戦略」を採り入れている企業に限られてきます。

「ニッチ戦略」は、他の企業が見向きもしない“隙間”の中に潜む価値を見出す鋭い観察眼をもつ企業のみが採り入れる経営手法です。

小さい市場規模であっても、時代の流れによっては、大きな需要を生み出す市場に変貌するケースもあります。

例えば、ひと昔前の“100円ショップ”が出始めた当時は、ニッチな市場でした。

しかし、社会の経済状況の変化とともに、大きな市場規模へと発展してきた経緯があります。

このように、「ニッチ」な市場が大きく躍進するケースもあるのです。

まさに、小規模の「ニッチ」な市場が、“宝の山”になることがあります。

ですから、ニッチな市場を軽視することはできません。

人の能力の適所や得意分野

「ニッチ」(niche)の語源にあたる、ラテン語の「nidus」には、「巣」、「適所」という意味があります。

人にはそれぞれ、生まれ育った環境の影響などから、能力の適所や得意分野が異なるものです。

特定の分野に限って、人並み以上の秀でた能力を発揮する人にとっては、その分野は「適所」になるのです。

また、本人にとっての得意分野は、自身の才能を大いに発揮できる、限られた分野になりますので、「ニッチ」な分野と言えるのです。

生物学用語における「ニッチ」

生物学用語における「ニッチ」とは、その生物のみに適合する生息環境を指します。

様々な生物には、自然界の厳しい生存競争を生き抜いて、“種”を引き継いできた歴史があります。

生物にとって厳しい生存競争を生き抜くためには、その生物のもつ特徴である、DNAに適合した生息環境が必要になります。

その生物のみに適合する限られた生活環境が、「ニッチ」な生息環境になるのです。

地球上の広大な自然環境の中にあっても、生物の特徴に適合する生存環境は限られています。

自然界の中で、その生物のみが生き残れる限られた場所が、「ニッチ」な生息環境になるのです。

生態的地位を指す

生物の“生態的地位”とは、幾つかの意味を指します。

群れの中で、“種”を保存していくために、生物それぞれの果たす役割を指して、生態的地位と言います。

生物の役割は、それぞれ異なりますので、「ニッチ」という表現を使います。

また、生存していくために必要な、その生物特有の食べ物や棲む場所、活動時間帯(昼間、夜間)の違いを生態的地位と言います。

生物特有のそれぞれの行動形態が「ニッチ」になるのです。

例えば、草食動物であるキリンと肉食動物であるライオンとを比べると、食べ物や棲む場所が異なります。

また、“種”を保存するために生き残る知恵の使い方も生物の種類によって異なります。

その生物特有の生存方法は、種類によって異なりますので、「ニッチ」という表現が使われるのです。

生物の生息場所などの環境要因

生物の生息場所などの環境要因は、生物の種類ごとに異なります。

生物固有の特徴ごとに最適な生息環境があります。

生物の生息環境は、一部の生物にとって最適であっても、他の生物にとっては適さない環境要因となることがあります。

その生物固有の生態系に合った環境要因は、その生物にのみ適します。

生物にとっての環境要因は、生態系の異なる生物間で共有することは出来ません。

ですから、環境要因は、その生物のみに適用する「ニッチ」な環境と言えるのです。

地学用語における「ニッチ」

地学の分野で「ニッチ」という言葉が使われるのは、地形や岩の形体を表現するときです。

地形や岩の形について、日常的に見ることの出来ない、珍しい形体を指すとき「ニッチ」の言葉が使われます。

地面の割れ目や裂け目、岩のくぼみが稀で珍しい形体であるとき、「ニッチ」という表現をします。

岩などの裂け目やくぼみのこと

地学の分野では、地形や岩の形体が研究テーマとして多く扱われます。

地球上には様々な地形や岩が存在します。

その場所に行かなければ見ることの出来ない、珍しい奇形の岩を指すとき、「ニッチ」という言葉が使われます。

また、その国や地域でしか見ることの出来ない、特異な地形を指すとき、「ニッチ」な地形という言い方をすることがあります。

建築用語における「ニッチ」

建築の分野では、壁のくぼみや小物を載せる飾り棚を指して、「ニッチ」と言うことがあります。

「ニッチ」の意味である、“隙間”、“狭い”から派生して、建築に関する分野では、壁のくぼみ、小物を載せる飾り棚を指します。

意図的に設けた部屋の壁の小さな窪みや、小さな飾り棚を指して、「ニッチ」と言うことがあります。

建築家やリフォーム会社の方が、「ニッチ」という表現をすることで、「くぼみ」や「小さな棚」という日本語を使うよりも、ソフトな印象を与えます。

壁の凹みのことを指す

建築関係では、壁の凹みを指すときに、「ニッチ」という言い方をすることがあります。

しかし、壁を傷めたことで、できた凹みを指すときには、「ニッチ」は使いません。

意図的にデザインの一環として、見栄えを高めるために設けた壁の凹みを指すときに、「ニッチ」という表現を使うのです。

用途は彫刻等を飾るため

彫刻等を飾る際に、揺れないようにシッカリと固定するために設置場所に窪みを設けることがあります。

彫刻等を安定して設置するための窪みを指して、「ニッチ」と表現します。

橋などの脇にある退避用の場所

車が多く通る大きな橋には、車道の他に非常時の退避用としてのスペースを設けることがあります。

非常事態の発生時に、人の命を守るために設けられた避難用の狭い空間を指して「ニッチ」と言います。

「ニッチ」の意味になる“隙間”の類義語にあたる、狭い空間をイメージし易いように、「ニッチ」という表現が使われます。