「男性からモテたい!」という願望はありつつも、実際にどのように行動すればいいのかわからない方って多いんですよね。

あなたも男性にモテてみたいものの、行動できずにいるのではありませんか?中には、男性にモテるためになんらかのアクションを起こしてきた人もいることでしょう。

しかし、やり方によっては男性にモテるどころかドン引きされて終わってしまうことも少なくありません。

もう失敗することなく「男性にモテたい!」と考えているあなたには、ほんまでっか!?TVで紹介されたモテ仕草を実行してみましょう。

ここでは、モテるためにやるべき仕草をほんまでっか!?TVの内容をもとにお伝えしています。

ためらわずに利用して、今すぐに男性にモテちゃいましょう。

ほんまでっか!?で活躍している重太みゆきさんが紹介しているモテ仕草をご紹介します!


あなたは、明石家さんまさんがMCを務めるほんまでっか!?TVを見たことはありますか?

ほんまでっかTVとは、あらゆる専門家が参加し、その方たちが知っている雑学を教えてくれる番組となっています。

なかには、恋愛を成功させるための知識や健康知識、さらにはお金など生活に関する情報をすべて「本当なの!?」と驚くレベルで知ることができます。

その番組には、重太みゆきさんという印象評論家の方がほぼレギュラーで出演しています。

重太みゆきさんは、人間関係に起こるあらゆる“印象”について研究しており、その研究結果をもとにして女性が男性に必ずモテる仕草をほんまでっか!?TV内で紹介していたんです!

とはいえ、色々な雑誌でも「モテる仕草」なんて紹介されていて、すでにすべてを利用したことがある…なんて方もいらっしゃることでしょう。

それでもモテることができなかったということは、その雑誌や書籍が伝えていた仕草は“モテるためのものではない”だけではなく、重太みゆきさんが研究しているような学問に由来していないのだと思います。

しかし、これからご紹介する重太みゆきさんが紹介しているモテ仕草では、学問に由来したものであるからこそ、確実にあなたも男性にモテることができるようになります!
ということで、ここではほんまでっか!?TVで重太みゆきさんが紹介してきた男性にモテる仕草を30個ご紹介します。

ぜひすぐにでも利用してみてくださいね☆

1.2人で写真を撮る時は彼の片腕を巻く

振り向いてほしい人と2人きりで写真を撮る機会があるなら、ぜひ彼の片腕を巻くようにしてみましょう。

もっと簡単に言いますと、スマホ等のインカメラ機能を利用して気になる彼に2ショットを撮ってもらうことになります。

そのように気になる彼が片腕を巻くような姿勢になると、自然とあなたも彼に近づきやすくなりますよね。

また、彼も2人一緒にカメラフレームに収まるためにあなたに近づくことになります。

その結果、お互いの心理的距離が近づくことで彼に人目置かれる存在になれます。

2.彼のメールをやめさせたいときは背中合わせでローリング

大好きな人とデートをしたり、やっとの思いで気になる男性と2人きりになれたとき、彼がメールやらLINEやらをしていると気持ちもゲンナリしてしまいますよね。

とはいえ、面と向かって「今一緒にいるのにメールなんてやめてよ!」なんて言うこともできません。

そんなときには、背中合わせでローリングを行いましょう。

ローリングとは、軸となるものに対して左右に揺れ動くことを言います。

つまり、大好きな彼と背中合わせになり、彼の背中に向かってあなたの背中をトントンとくっつけたり離したりを繰り返す仕草になります。

これによって「こちらに意識を向けてほしい気持ち」をかすかな体の交わりで伝えることができ、男性としては「可愛い」と思うようです。

3.男性との待ち合わせで相手を見つけたら小走りで駆け寄る

気になる男性とデートの約束をして、約束場所でその人を見つけたら小走りで駆け寄りましょう。

「何をそんなアニメのような展開にだれが落ちるのか」と思うかもしれませんが、男性は単純な生き物なので、それだけで「可愛い」と思ってしまうそうです。

小走りで駆け寄ってくるということは「あなたにすぐにでも会いたかった」「すぐに近くに寄りたい」など“会えて嬉しい気持ち”を示しているからなんですよね。

なお、この際に笑顔で小さく手を振りながら近づくとさらに可愛く思ってくれます。

4.立ったり座ったりするときの軸足を決める


あなたは、立ったり座ったりするときの軸足がてんやわんやになっていませんか?もしもそうであるならば、今から座り立ちするときの軸足は固定するようにしましょう。

例えば立ち上がる時に右足からふんばる…というのであれば、座るときも右側を軸にして座り込むようにしましょう。

そうすることで男性の脳に“安心感”を与えることができます。

男性は、女性が立ったり座ったりする軸足をいちいちチェックしていないものの、勝手に脳が情報処理しているんですよね。

毎回ちぐはぐな軸足だと、どこか毎回不安定に感じてしまいます。

誰しも“安心”を覚える相手に恋心を抱くものですから、ぜひ行ってみてください。

5.飲み会などの席で隣の人と話すときはヒジをスライドさせる

飲み会に参加する機会がある方は、隣の人と話すときにヒジをスライドさせてみましょう。

少しお行儀が悪くなってしまいますが、テーブルにヒジを立てた姿勢または腕組をした姿勢で寄りかかります。

そこですでに男性には「リラックスしている」とみなされます。

つまり、「相手は心を開いてくれているから、自分も開くことができるかもしれない」という段階ですね。

そこでさらに隣の人と話すときに、テーブルの上を隣の人がいる側に向けてヒジをスライドさせるのです。

そうすると、予期せぬ事態に隣に座っている男性やその姿を見ている人たちがキュンとしてしまうんですよね。

不意打ちに異性の顔が近づいてきたらどうでしょうか。

多くの方がドキリとしてしまうはず。

そのドキリから「俺のこと気があるのかもしれない」と思わせることができ、男性にモテます。

6.物を渡すときに腕の内側を見せるようにする

男性に物を渡す際には、腕の内側を見せるようにしましょう。

つまり、書類を渡す際の手は親指が上側になり、下側にほかの指が来るような姿勢になります。

そうすることで、肩がちぢこまり、現状よりもさらに細身で華奢だと男性に思わせることができるんです。

いわゆる“守ってあげたい”女子になれちゃうんですよね。

そんな女性を男性は放っておくはずもありません。

7.離れた相手と目を合わせながら小指でリップクリームを塗る

オフィスや学校内で利用できる小技になります。

なんとなく周りを見渡していると、遠くにいる人と目が合うことってありますよね。

その際に小指にリップクリームを取り、相手を見つめながら唇に塗りましょう。

ポイントは“小指”であることになります。

そうすることで離れている男性に「誘っているのか?」と思わせるだけではなく、リップクリームを塗る女性らしさをアピールすることができます。

男性っていつの世も単純な生き物…「さっき俺を見つめてたよな?」とその後はその女性のことが気になってしまうようになるんです。

8.後ろに腕を振るように意識して歩く

歩くときには、腕を前よりは後ろ側に振るように意識して歩きましょう。

そうすることで、小さい子供を連想させることができます。

つまり、これもまた“守ってあげたい可愛い存在”を演出することができるんです。

また、腕を後ろ側に振ってみるとわかるのですが、とにかく“女の子っぽい”印象を持つことができますよね。

男性は自分とは違うものを持っている(女性らしさ)人を気になるものだからこそ利用できるテクニックとなります。

9.男性の洋服にゴミがついていると言い、指先をはわせてとる

男性の洋服にゴミがついているとき、ちょちょいとつまんで取るのは今日までにしましょう。

明日からは、ゴミがついている部分に指をはわせて、そっと取るようにします。

ポイントは、この“はわせる”という仕草。

指をツーッとゴミのある場所まではわせることによって、男性心理としては「何が起こるんだ!?」「どこに向かうかわからない!」とドキマギしてしまうんですよね。

そんなドッキリしてしまうように触れられた後は、その女性を忘れることができません。

あの感覚を忘れることができないようです。

10.男性と座る時は相手の足の間に座る

男性と一緒に座る機会があったとき、相手男性の足と足の間に座るようにしましょう。

足と足の間に挟まる…ということではなく、相手の右足と左足の開いている間隔の中におさまるようにその相手の前側に座ることを言います。

このようにすることで男性としては「自分の中におさまることのできる小ささ」から可愛らしい、守ってあげたいと無意識のうちに思うようになります。

もちろんカップルであれば、彼氏の足と足の間に挟まるように座ってOKです。

「可愛い」と思わせることができます。

11.相談を受けるときは前のめりの姿勢を意識する

男性から悩みを相談されることもあるでしょう。

そのような場合には、必ず体を前のめりにするようにして話を聞いてください。

あなたも想像してみてください。

こちらはとても悩んでいるのに相談している相手は、自分から身を引くような(離れるようにして)座っている姿を見たらどうでしょうか。

「この人に話さなければよかった」「この人は相談事をされて迷惑しているのかな」なんて思ってしまいますよね。

しかし、逆に前のめりで相手の話を聞いたり、さらにアドバイスすると「この人はしっかり話を聞いてくれている」「親身に内容にアドバイスをしてくれている」とかなりプラスのイメージが持たれるようになるんです。

また、悩んでいるときなど気持ちが落ち込んでいるときは、優しくされた人に惹かれてしまうもの。

ここで特に顔を近づけておくことによって、顔を印象付けることができ、「親身で優しくて気になる人」に昇格することができます。

12.髪の毛を直してもらうときは上目遣いをする

男性に髪の毛を直してもらう機会がある方もいるでしょう。

前髪の一部が風のせいでおかしくなってしまった、髪の毛にゴミがついていてそれを取ってもらうなどですね。

その際には、直してくれている彼の顔を上目遣いで見るようにしましょう。

そうすると、髪の毛を直すという仕草でただでさえ2人の距離は近づいているというのに、その近づいた顔に上目遣いされることで男性はキュンキュンしてしまうんですね。

とはいえ、上目遣いの角度によっては、怖い顔に見えてしまい怒っているように思われることもあります。

もしものときのためにあなたを魅力的に見せてくれる上目遣いの角度を研究しておくとよいでしょう。

13.男性にタオルを渡すときは首にかけてあげる

スポーツクラブや部活のマネージャーさん、身近でタオルを使う機会の多い男性がいる方は、タオルまでもモテるための道具に変化させてしまいましょう!

あなたは、タオルを渡すとき何気なく手渡していませんか?これからは手渡しでタオルを渡すのではなく、男性の首にタオルをかけてあげましょう。

男性の多くは顔や頭の汗や水分を先にふき取りたいと考えているだけではなく、首元にふわっとタオルをかけることによってあなたと男性との距離がグンと縮まります。

あなたもそうでしょうが、多くの人はタオルは首にかけて渡すものではなく手渡しで渡すものと考えていますから、予期せぬ出来事にドキっとしてしまうんですよね。

そこでさらにあなたから良い香りがすれば、相手の心はノックダウンです。

14.手を胸より高く上げる仕草を意識する

何をするにしても手は胸の位置よりも上側にいくように意識してみましょう。

例えば、ピースサインをするにしても胸のラインより上側にピースがくるようにします。

書類やなにかを手渡しする際も胸元よりも高いラインで渡すように心がけます。

多くの人は、胸ラインと同じくらいの場所でピースサインをしたり、人によっては胸ラインよりも下側に手渡すものを持ち相手に渡しているのではありませんか。

それでもなんら問題はないのですが、胸上で手を動かすことによってあなたの印象を華やかに明るくすることができるんです。

顔周りに動きが出るので、男性としては魅力的に映るんですよね。

それに高い位置でものを渡されると、男性はそれだけで「可愛い」と思ってしまうようです。

とはいえ、小さい子供が背伸びをして年上の人にものを渡す仕草を考えてみると、「可愛い」と言われるのも納得できるような気がしますね。