「可愛い」は、今や世界でも使われたりする、メジャーな言葉になりましたよね。

「可愛い」子がいれば、その場がパッと明るくなったり、皆んなが真似したくなる「おしゃれ」に変身できたりします。

今回は、そんな「可愛くなりたい人」にオススメな、たったの5つのポイントを押さえるだけで、誰でも「簡単」に「可愛く」変身できるテクニックをご紹介していきたいと思います!毎朝、いつもより少し早起きして、チャチャっと簡単に「可愛いスタイル」をこなしていきましょう。

それが、あなたのルーティーンになれば、自然に「可愛い」は作れます。

学校や会社で、または気になるあの人や彼氏に旦那様など、あなたのシーンに合わせたスタイルで、あの人を驚かせてみてはいかがでしょう?

️可愛くなりたいなら必読!

あなたは、周りの人から「可愛い」と思われていますか?ただ、自分が可愛いと思えるファッションを真似したり、可愛い物を買うだけでは、可愛くはなれません。

何より大切なポイントは、「あなたに似合う可愛さであるのか」そこが大切です。

また、あなたの憧れのモデルさんや目標にしたい人の真似をしている人もよく見かけます。

本人とそのファッションが似合っていれば、何も問題はありませんが、顔と体型、また雰囲気に似合っていないファッションは、誰から見てもおしゃれ」や「可愛く」見えることはありません。

まずは、あなたの体質、体型、またバランスや顔立ちに至るまで全てをよく理解してから「可愛く」変身できるテクニックを身につけていくようにしてくださいね。

️可愛い変身テクニック5個!


さて、ここからは可愛くなるための変身テクニックを身につけていって頂きます。

その変身テクニックを覚えるのはたったの5個だけでいいのです。

「え?そんなに少なくて大丈夫?」「本当に、可愛く変身できるの?」なんて思っていませんか?まずは、しっかりとその可愛くなれる変身テクニックを身につけて、それを毎日続けていくようにしてくださいね。

その日だけ、または3日坊主で終わってしまわないよう、継続して身につけるようにしていきましょう。

覚える事もそんなに多くはありませんので、少し早起きして「可愛い変身テクニック」を習得し、毎日当たり前のようにテクニックをこなしていけるようになるまで、やり込んでいきましょう。

では、可愛く変身テクニックをスタートさせていきましょう。

1.ヘアアレンジで変身!

まずは、見た目が大切です。

もちろん、「寝癖」や「ヘアースタイルがボサボサ」、「寝起きのまま出勤してない?」なんて、周りから思われれば、だらしがない女性に思われる事はもちろん、女子力が低い女性にも見えてしまいます。

そうなれば、あなたの性格は「ガサツ」「男っぽい」「雑な性格」などと思われ、男性からの距離も離れてしまう一方です。

また、ヘアースタイルがきちんとしていれば、可愛く見える事はもちろん、トレンドに敏感に見える事て、男性のみならず、女性からの指示も熱くなりそうです。

ヘアースタイルを整えるだけではなく、さらにヘアーアレンジをして見た目で「女子力が高く見える」ヘアースタイルから力を入れていきましょう。

ハーフアップ


ハーフアップは、簡単に髪をまとめる事ができ、普段の生活からオフィス、結婚式などカジュアルからパーティースタイルまで楽しむことが可能です。

そんなハーフアップスタイルは、どのシーンでも活躍してくれる事は間違いありません。

また時間がかかったり、手間がかかる事も少ないのであなたのヘビロテスタイルになるかもしれません。

「ハーフアップ」とは、名前の通り、両耳のサイドから髪をすくい、束ねます。

また「ハーフアップ」は、きっちりと櫛で梳かしてまとめてしまうと、逆にダサくなってしまうので、あくまでも自然に軽くまとめたり、あえて崩しながら束ねる事で、女子力高い、トレンドスタイルに。

また、柔らかいヘアースタイルで柔らかい雰囲気にもなります。

普段、ツンツンしていたり、気が強く見える女性にオススメなヘアースタイルになります。

くるりんぱ

「くるりんぱ」とは、お笑いの芸ではありません。

冗談はさて置き、その名前の通り、髪を束ねてから「くる」っと回して「ぱっ」と出来上がる簡単で可愛いい髪型の事を示します。

こちらも、ハーフアップと同様、ゆるく、可愛く、ふんわりとをイメージし、「ラフ」てわ「可愛い」印象に仕上げていきましょう。

「くるりんぱ」のやり方としては、一つに髪を束ねても、ハーフアップからでもどちらからでも、スタートできます。

お好みで、髪の毛を束ねてからゴムをとめる位置を少し下にずらします。

穴に髪の毛を通しやすくするために、ゴムの位置を少し長めにとるのがポイントです。

そこから、穴を開けて束ねた髪の毛を、その穴にくるりと通し、ゴムの位置を上へと絞りあげます。

くるりと回した部分の髪の毛を少しつまみ、毛束をふんわりとさせる事が、可愛く見せるふんわり「くるりんぱ」のコツです。

フィッシュボーン

「フィッシュボーン」とは、基本三つ編みの事なのですが、「魚の骨」に見える三つ編みのことから、「フィッシュボーン」と呼ばれるようになりました。

また、海外のセレブたちがこぞって「フィッシュボーン」をし出した事から世界中に、その可愛さが広がったとされています。

また、フィッシュボーンをキチキチに編むと、本当に魚の骨のような三つ編みになります。

また、フィッシュボーンを緩めに編んだり、三つ編み部分を軽くつまみ、ふんわりとさせる事で、「ゆるふわ」で可愛く、また柔らかい雰囲気に仕上がります。

可愛らしいイメージに仕上げたいなら、ゆるふわなフィッシュボーンがオススメです。

また、クールな印象に仕上げたい時には、キチキチに編むフィッシュボーンで、クールビューティーに決めてみてはいかがでしょうか?

編み込み

編み込みは、いつの時代にも女子なら必ず編んだ事のある編み方ですよね。

しかし、最近の「編み込み」は、色々と進化してきているようで、普通の「編み込み」に「くるりんぱ」を混ぜてみたり、また「裏編み込み」と題しまして編み方を裏目に編む編み方も、斬新で可愛く仕上がります。

さらに、「編み込み」からの「フィッシュボーン」のミックスもかなり人気があるようです。

このように、普通に編み込みをしても、可愛く仕上がりますし、編み込みのアレンジを加える事で、更におしゃれな女子に見える事でしょう。

今や「編み込み」のアレンジや進化版は当たり前なのかもしれません。

このように、様々な技術を習得して行く事で、アレンジの幅も更に広がりますし、何よりあなたの女子力向上や可愛さに繋がっていきますので、ぜひ積極的に試してほしい技術です。

【可愛い髪の色を知りたい人は、こちらの記事もチェック!】

2.メイクで変身!


また髪型に続き、顔の印象はメイクで決まります。

ド派手なメイクもかまいませんが、男性ウケがいいのはやはり「ナチュラルメイク」です。

男性から「モテたい」や「可愛いと言われたい!」と思うのであれば、やはり濃いメイクや派手なメイクは、オススメできません。

オフィスメイクにも「ナチュラルメイク」は向いているでしょう。

また逆に、女子会や結婚式、パーティーやイベントなどがある場合は、派手なメイクで、周りの女子たちに差をつけるといいかもしれません。

このように、メイクも服装のTPOと同じで、「時間」「場所」「場合」により、使い分けをしていく事がポイントですし、マナーなのかもしれません。

今一度、あなたのメイクを見直すチャンスかもしれません。

これを機に、TPOに合わせたメイクにしてみてはいかがでしょうか?

あかぬけ眉

少し前に流行りました、「平行眉」に続き「あかぬけ眉」もオススメメイクになります。

眉毛を全くいじってなかったり、処理できていない、また眉毛のカットが出来てなくて、なんとなく顔がモッサリと田舎風に見えてしまう。

はたまた、眉毛がチョンチョンにカットしてしまい、スッピンになったら眉毛がない!なんて、方はいませんか?あか抜け眉には、どうやらポイントがあるようなのです。

眉毛と目のあいだや間隔が狭いと、堀が深く、ハーフの方や外国の方のような、キレイな顔立ちを演出する事ができるのです。

また、「あか抜け眉」にする場合あまり細くなり過ぎないように心がけておきましょう。

眉毛が逆に細くなりすぎますと、顔つきの悪い印象になりますので、注意したいところです。

血色チーク

いつものメイクに必ず使用してほしい、チークですが、一つ使い方を間違えてしまえば、子どもっぽい印象になってしまったり、お笑いメイクのようになってしまいます。

血色チークとは、血色が良く健康的な顔色に見えるように、チークで化粧をしていきます。

また、肌が白すぎるのに悩んでいたり、顔色が悪かったり、またはくすんで見える場合には、ぜひ血色チークを使用してみてくださいね。

顔色や血色が悪い場合には、オレンジ色や紅色のチークを選ぶようにしてみるといいですね。

顔色が良く見えるだけではなく、顔全体が華やかで明るいイメージになる事から、選ばれる事も多いのです。

乗せ方としては、頬の高い位置を中心にそこからなじませるように使用すると健康的な印象に。

また、可愛らしい印象に仕上げたい場合や肌の色が白すぎる場合には、ピンク色のチークを選ぶといいでしょう。

パッチリまつげ

まつげは、つけまつげでもマスカラでもどちらでも可能ですが、パッチリまつげに仕上げるようにする事で、可愛らしい印象を作り上げる事が目標です。

いまは、エステなどでもつけまつげを施術してくれるところはありますよね。

もちろん、「まつ毛のエクステ」が近年問題にもなったりして、怖い印象の方も少なからず見える事でしょう。

また、「マツエク」に関わらずつけまつげ自体がつけにくいなどの方も多いかと思います。

その場合い、あなたに似合うやり方を選択する事が一番ストレスなくこなす事ができるでしょう。

また、マスカラでもつけまつげのように、長く見せる効果のある物もございますので、あなたが使用しやすいものを選ぶ事がオススメです。

アイラインは自然に

アイラインについても、やり過ぎには注意しましょう。

いくら、ラインを派手に書いた方が可愛い!など、思っても割と周りからは引かれる場合もありそうです。

やはり、ナチュラルに自然な形や流れを意識してサラリと書いてみましょう。

また、アイラインの色が黒色で「濃い」と、感じてしまうのであれば、最近流行の「ブラウン」色のアイラインもオススメです。

ブラウン色は、ブラックに比べていくらかは、優しい色目になりますので、優しい雰囲気やまた、柔らかい雰囲気などを演出する事が、可能です。

そして、細いタイプのラインでナチュラルに仕上げましょう。

アイラインが太かったり濃過ぎると、ケバい印象にもなりますので、注意が必要です。

うるつやリップ

唇がガサガだったり、白い粉が吹いていては、せっかくメイクや髪型が完璧に整えるられていても、一瞬で冷めてしまいますね。

そうならないためにも、日頃から唇を乾燥させないようにリップを付けたり、パックをしたりする事も大切なのです。

また、メイク時にも潤いのある艶リップや、グロスなどもオススメです。

ピンクやベージュで、可愛らしい口元を演出してください。

また、ラメやパール入りなどのグロスもありますので、ぜひあなたの顔や肌に似合う色を2〜3種類は、探しておくようにしておきましょう。

気分やどの場面にも合わせられるように、2〜3種類のリップやグロスで、その日の気分も上げていきましょう。

また、うるつや唇に、気になる彼もあなたにドキッとしてしまう事でしょう。

3.表情や仕草で変身!

「可愛い」を叶えたいのであれば、見た目も大切ですが、表情や仕草などで「可愛らしさ」をアピールしてみましょう。

いつも、ムスッとしていたり、ツンツンしてしいては、あなたに寄り辛い事でしょう。

また、仕草一つで女性らしく、または品良く見せる事も可能です。

いつも、ニコニコしていて接しやすい女性の周りには、たくさんの人が集まります。

人を選ばない態度や、親切な対応にも人気の秘密があるようです。

また、普段笑うのが苦手な方なら鏡の前で、自然に笑う事が出来るように練習する事も大切です。

笑顔は、何でも交わせる武器にもなりますので、可愛い笑顔の似合う女性になっていきましょう。

では、ここからは、「笑顔」「表情」「眉」「手」「小走り」の仕草について、詳しく解説して行きたいと思います。

笑顔は大事!


まずは、何と言っても表情の中でも、一番大切な「笑顔」。

これ無くして、「可愛い人」は仕上がりません。

どれだけ顔が整っていようが、綺麗な女性だろうがら、可愛い顔立ちだろうが、笑わない女性は、男性も寄り付きにくいオーラに感じます。

また、人を寄せ付けないように見えてしまうなど、いい事はありません。

必ず、モテる人は男女問わず「笑顔」が素敵な方が多いですよね。

もし、あなたが「笑顔」が似合わない、苦手などの気持ちがあるのでしたら、まずは鏡の前で「笑顔」になる練習をしてみるようにして下さい。

恥ずかしくなる必要は全くありません。

朝鏡の前で、何度か笑顔の練習をしてみて、一度でも自分が「可愛い笑顔」ができた。

と思ったら、その笑顔を忘れずに外出、出勤して行きましょう。

それを毎日続ける事で、自然な可愛い笑顔が作れるようになってくるのです。

コロコロ変わる表情

表情が全く変わらないより、喜怒哀楽がはっきりしていて、コロコロと表情が変わる女性は、天真爛漫で、可愛いです。

また男性も、「何を考えているのか、分からない」女性より、喜怒哀楽で分かりやすい女性の方が親しみが湧きやすい傾向にあるようです。

しかし、怒りや、イライラの表現は、却って周りに引かれてしまう態度になってしまいますので、あまり表には出さない方がいいと言えるでしょう。

また、怒りやイライラは、悲し表情に持っていく事で、周りのサポートや助けを促します。

そうすれば、自然と「仕方ないな」などと思いながらも、同時にあなたを「可愛い」と思い、周りは助けてくれる事でしょう。

悲しむ姿を見て、放って置けない男性も出てきてくれるかもしれません。

「笑顔」の次に、表情が豊かな女性は、可愛い人の大きな特徴の一つになります。

困り眉


少し前から、流行っています「困り眉」。

元AKBの大島優子さんが「困り眉」を使っていた事でも有名でしたよね。