「集中力を高めたいのに、なぜか上手く集中出来ない!」または、「集中しようとすればするほど、集中出来ない自分がいる!」なんて事になってはいませんか?それは、もしかしたら集中の仕方が分かってないだけなのかもしれません。

まずは、あなたに合った集中できる方法を見つけ出す事と、毎日集中出来る環境に整えて行く事が大切なのかもしれません。

まずは、あなたの置かれている環境や、生活態度、悪習慣があるのであれば、そこから見直しをしてみると、案外スムーズに集中できる自分が作れるかもしれません。

以下の9個の集中力を高める方法を実践し、悪習慣とはオサラバしてしまいましょう!

なぜ集中力が低下するのか

「そもそも、なぜ集中力は低下してしまうの?」それは、「若いから」とか「年をとったから」と、いう事ではないようです。

確かに若い方は考え方が柔軟な所はありますが、集中力に関してはそれほど差はないようです。

「では、なぜ?」と、益々不思議になってしまいますよね。

そうなんです、まずは生活習慣が大切なのです。

やはり、生活習慣がちゃんと出来ていない若者にくらべ、生活習慣をきちんとしている大人の方が、はるかに集中力が高い事がわかります。

では、実際にどのような事に気をつけたらいいのか順番に追っていきましょう。

また、集中したいのに出来ない方は下記の項目から生活習慣が悪くなっていると思われるところから見直して生活するようにして行きましょう。

それだけでも、十分に集中できる環境になる事でしょう。

【集中できない人は、こちらの記事もチェック!】

精神的な疲れ


まずは仕事や人間関係など、精神的な疲れはありませんか?「いつも、あの人の事で悩まされる」、「いつも、上司に嫌味や怒鳴られたりする事に耐えられなくなってきている」など、仕事や人間関係の疲労はいつしか精神的なストレスや疲れになることも・・・。

このまま放置しておけば、集中出来る出来ないという話より、うつ病や、心が風邪をひいてしまうような状況に陥りかねません。

まずは、精神的なストレスや疲れから解放される事が大切です。

しばらく有給を使って休みを取る、または思い切って転職してみるなどの事も必要かもしれません。

あなたなりの、精神的なストレスや疲れが溜まらないよう、働き掛けていく事が非常に大切です。

運動不足

ストレスが溜まりやすい原因の一つに、運動不足があげられます。

ストレスが溜まると、精神的なストレスや疲れに発展してしまう可能性がありますので、適度な運動は体にもいいですし、心にもストレスや疲れを溜めにくくする作用があります。

毎朝、コップ一杯の水を飲んでから散歩やウオーキング、またはマラソンしてから出勤する。

や、時間がない方は通勤を電車から自転車に変える、また通勤場所が遠いなら、勤務地の側の駅を一駅前で降車し、そこから歩いて行くのもいいですね。

とにかく、毎日の暮らしの中で、運動を少しずつ加えていくやり方が一番効率よく、捗ることでしょう。

まずは、あなたの生活にまったく運動する事がないのなら、生活自体に運動を混ぜ込みましょう。

睡眠不足


「夜、考え事をしてしまい、なかなか寝つきが悪い」「夜中に何度か目が覚めてしまい、そこからなかなか眠れない」など、そんな事はありませんか?それって、もしかして精神的なストレスからかもしれません。

人は日中に起きた衝撃的な出来事や、ストレスなどがフラッシュバックしてしまい、夜の静かな時間帯などに思い出し、興奮状態になってしまうことがあります。

やはり、日中に受けたダメージが強ければ強い程、あなたの睡眠は妨げられるのかもしれません。

そこで、運動し身体に疲れを持って行く事で、案外すんなりと睡眠が出来るのかもしれません。

まずは、寝る前にホットミルクやジャスミンティーなどノンカフェインのモノで、リラックスし、睡眠に取り組んでみるのもいいですね。

栄養バランスの悪い食事

また、偏った食生活はじわじわと、あなたの身体のバランスを崩して行きます。

まずは、あなた自身の食生活の見直しからスタートさせてみましょう。

昼間におやつやお菓子を食べ過ぎて夜ご飯が入らないなど、不摂生な事はしていませんか?やはり、肉や魚などタンパク質ばかり摂取していると、繊維やビタミン不足になる可能性があります。

また、お肉など消化が悪いですので、便秘の原因になったりもしています。

一日約30品目を目標に食事を摂取できるよう、目標を立ててみてもいいかもしれません。

また、間食を減らしたりお昼のごはんが仕事で食べられないなどの事もなるべくないように、心掛ける事は大切です。

また、あなたが持続できるやり方を続けられるよう、食生活の見直しをする事も大切です。

水分不足

喉が渇いた時だけ、水分を摂っている。

仕事が忙し過ぎて、水分すら摂る時間がない。

など、仕事を理由になかなか水分補給を出来ていない方が多いようです。

まずは、水分補給をして水分不足を解消しましょう。

また、水分補給にはお茶やミネラルウオーター、またはアミノ酸系でも構いませんが、出来れば糖分は控えめのモノがオススメです。

水分補給をする事で、滞った血液の流れを良くしたり、またホッと一息つけるので、少しのリラックス効果も期待できます。

また、糖分の入った飲み物は、糖分の取り過ぎの原因だったり、逆に代謝が悪くなってしまう場合もあります。

ダイエットにも向きません。

お茶にはカテキン入りのモノであれば殺菌効果が期待出来るため風邪予防や免疫力を高めることにも繋がります。

あなたのお気に入りの水筒を持ち歩いてみてはいかがでしょう?

集中力を高める9個の方法

さて、ここからは集中力を高めるための9個の方法をお伝えしていきます。

これまでは、集中するための基礎だと考え、ここからは本番だと思うようにしてみてください。

また、基礎がしっかりしていないと、集中力が持続できなかったり、苦手になったりしてしまいますので、必ず順番を追って基礎から行うように心掛けて行きましょう。

1.整理整頓をする

物や考え方などを整理整頓する事は、とても大切です。

整理整頓をする事で、無駄な物を捨てるだけでなく、集中できる環境も作れますので、まずはあなたのお部屋やデスク、またデスク周りなどを中心に整理整頓を心掛けていきましょう。

お部屋が散らかっていたり、デスクなどにホコリが溜まってしまっていれば、集中できない事はもちろん、そのホコリがやダストを吸ってしまっている可能性もありますので、健康にも被害が及ぶかもしれません。

まずは、整理整頓、掃除をして、断捨離も出来ると更に効果は上がるでしょう。

要らないもの、使わないもの、使ってない物は全てゴミになりますので、片付けのできるいいチャンスかもしれません。

これを機に、お部屋やデスクを綺麗にしてみましょう。

目に入る情報を減らして目の前の作業に集中する

つまり、物を捨てるという事は、目の前に入ってくる情報を減らしたり、目の前の作業に集中出来る環境に自分の身を置く事になります。

雑多な事や物が溢れていては、そちらへ目が行ってしまい、なかなか集中もしにくくなる事でしょう。

まずはあなたの身の回りの整理整頓、掃除を行うことで、目に入ってくる無駄な情報をシャットアウトしてしまいましょう。

そうする事で、かなり集中出来る環境は整います。

まずは、デスクやお部屋の片付けから始めましょう。

2.やることを宣言する

「やることを宣言する」と、いうことはつまり、目標を立てるという事です。

今、自分は何に集中し、何をするべきかを明確にしていく事で、自ずと集中力も高まります。

声にだして宣言する事もよし、また、目標を書いて目に入れるも良し!あなたなりのやり方で、目標ややることを宣言してみましょう。

一番ダメなのは、目標を立てなかったり、やることを明確にしていない事です。

また、無謀な挑戦ではなくあなたがしっかりと手の届く目標などが望ましいでしょう。

訳も分からず、とにかく「東大合格!」なんて、目標を抱えても何の意味もありません。

大切なのは、もし東大に合格したら、そこでどのような勉強をしたり、卒業後はどのようなところで働きたいのかなど、明確にして置くべきでしょう。

ただ、東大へ合格したいだけのためでは、合格した後目標が達成されてしまいますので、「合格」が目標になってしまいます。

まずは、身近なところからクリア出来る目標や宣言をしてみることをオススメします。

自分自身にプレッシャーを与える

また、目標ややることを宣言する事で、周りの人もあなたがどのような目標ややることなどを聞いていますので、有言実行をせざるを得ません。

また、自分自身へプレッシャーを与えるためにも、周りに宣言したり目標を立てる事は大切なのかもしれません。

訳も分からず、何に向かっているのか分からずやるより、しっかりと目的や目標に向かい突き進んで行ける方が、集中力もそこへ注ぎますので、効果は2倍になる事でしょう。

まずは、目標を立てて、自分自身を追い込んでみるようにしてみましょう。

3.制限時間を設ける

また、だらだらと長時間集中は出来ませんので、決められた時間にグッと集中していけるように、制限時間を設けたり、決めたりするといいですね。

よく、忙しい人ほど集中力があるなどと聞いた事はありませんか?それもそのはず、忙しいあまり、時間を確保することすら難しく、短期集中してその間は、誰にも邪魔させない。

と、言う事です。

仕事が出来る人や頭のいい人は、うまく切り替えや時間を効率良く使う事が出来ますので、時間を制限する以外にきちんと切り替えが出来ることも、重要になってきます。

時間や物を無駄に浪費してしまう人は、集中力に欠けていたり、無駄な作業が多く、お金も貯まらない人なのかもしれません。

もし、あなたがそんな人であるのなら、まずは時間と物の管理から始めてみましょう。

どこまでやるかを決める

先程もお伝えしましたように、どこまでやるのかを決める事は、とても重要なポイントになってきます。

ダラダラと、時間を過ごしてしまえば、集中するつもりが全然できなかったり、集中したい内容が薄れてしまったりなど、逆に効率が薄くなる事が考えられます。

まずは明確にどこからどこまでやるのか、また時間はどれくらいに絞るのか、などあなたの集中できる時にピンポイントで集中ができるように、環境も整えていく事です。

今日は1ページ、明日は2ページなど、簡単な目標です構いません。

2時間なら2時間で、ぐっと集中できるように、小さな目標を立てていくのもオススメです。

4.適度な休憩

また、集中力を高めるために大切なのが適度な休憩です。

やはり、きちんと集中できる人は、無理をせず短いスパンでもちゃんと休憩を挟みます。

集中しすぎて、休憩を忘れてしまうのであれば、それは集中できる十分な環境が整えられているという事ですので、そんな時は休憩無しで、時間を決めて行うといいかもしれません。

しかし、休憩時間がもったいないからと、休憩時間を疎かにしてしまうと、返って集中が切れてしまったり、エネルギーが不足する事態に堕ちいる可能性があります。

そうなれば、いら立ちやソワソワ、暗記したい単語すら入って来ないかもしれません。

やはり、効率良く集中したいのであれば、きちんと適度な休憩は必要になってくる事でしょう。

集中に必要エネルギーを回復

また、集中に必要なエネルギーを回復するために、ホットアイマスクなどで、集中した視力を回復したり、水分補給しリラックスと血のめぐりを良くしたり、小腹が減ったならカロリーを制限してある間食もいいかもしれません。

このように、うまく休憩を挟む事で、効率良く勉強ができたり、リフレッシュする事で体や頭のストレスを無くす方法も、集中力に繋がります。

また、ここでのポイントは切り替えが大切です。

休憩が終われば直ぐに気持ちを切り替え、集中するモードに切り替えをする事です。

休憩後、上手く集中が出来ないのであれば、それは切り替えが上手くいっていないのでしょう。

切り替える練習のため、休憩を敢えて挟む事も大切です。

5.目標を立てる

また、何においても目標を立てて置く事が望ましいでしょう。

しっかりとした大きな目標に向かい、そこへ向かう小さな目標をたくさん立てておくピラミッド型の目標が望ましいと言えるかもしれません。

つまり、大きな目標が「保育士の資格取得」なら、そこへ向かうために、「いつまでに、何個の教科や項目をクリアしないといけないのか」逆算していきます。

また、そこから一日に何ページずつクリアしていけばいいのか、また少し余裕を持ち、復習やおさらいができる時間を設けられるように、目標から設定までの日にちを長く取っておく必要があります。

このように、長期や時間が無ければ短期で、かつ短時間で集中出来るような目標設定を考えておくといいですね。

何のために何をするのかを明確にする

まずは、しっかりと立てた目標の元、その目標に向かい、何をしなければならないのかしっかりと考えて、計画を立てるようにする事が大切です。

目標に向かって明確な道筋を立てたら、後はしっかりと、道筋を踏みしめて突き進んでいくのみです。

また、その目標があいまいな目標だったり、何をしたいのか分からなくなるような物であれば、まずは計画する事から始めましょう。

道筋ができてないのに、目標に到達する事もできてないのです。

何のために、何をするのかを明確にする事をまずは考えて行きましょう。

6.音楽をかける

このやり方は、人にもよりますがこのやり方が無理な方は、無理に音楽をかける必要はありません。

また、もし音楽をかけて集中したいのであれば、集中出来る音楽など、YouTubeなどで無料配信されている音楽もございます。

もし、あなたがシーンと静まり返った部屋では集中出来ない!と感じるのであれば、一度試してみてはいかがでしょうか?また、ラジオなどを聞きながら集中する方もみえますが、雑多な感じが気になる方や、神経質になってしまう方にはオススメできません。

もし、音楽だと淋しい、人の声などラジオで集中出来る方であればボリュームを最小限にしてみてはいかがでしょうか。

ラジオの音から、話の内容が気にならないのであれば、あなた好みの集中しやすいボリュームで、調整してみて下さいね。

脳のリフレッシュ

また、音楽を脳のリフレッシュ代わりに使うのもいいですね。

α波やクラシックなど、脳に効果のある音楽を聴く事で、頭の切り替えが出来、集中できる環境も整うかもしれません。

気分転換や休憩などに、脳をリフレッシュさせる事は、また新しい記憶や集中力を高める事に繋がります。

逆に切り替えや、脳がリフレッシュ出来ていなければ、作業などの効率も悪化してしまう恐れがあります。

まずはあなた自身で、上手なリフレッシュ方法を模索してみるのもいいかもしれません。

その一つの方法として、音楽を聴いてみるのも、脳のリフレッシュに繋がるがもしれませんね。

7.アロマを使う

香りや匂いが苦手な方にはオススメできませんが、アロマや置こうなどを使い、集中力を高めてみてはいかがでしょうか?「えっ?アロマって、癒されたりリラックスする時に使うものじゃないの?」なんて、思われがちですが、香りによっては集中出来る香りも確かにあるんです。

例えば、ハーブ系の香りならローズマリーやペパーミント、ユーカリなどリラックスすると共に集中力を高める効果もあります。

また、柑橘系の香りでは、レモン、ライム、オレンジやベルガモットの種類にも注目したいところです。

ハーブ系と柑橘系では、どちからが効果が高いの?と、気になりますよね。

しかし、それはあなたの好みにもよりますので、どちらが優れているというより、あなたの気分に合わせて、毎日香りを変えて楽しんでみるのも一つかもしれません。

あなたのお気に入りの集中できるアロマが見つかればいいですね。

アロマは成分が直接脳に働く

アロマは、自然の香りから作られていますので、香りを嗅いだ瞬間、脳に直接的に働く機能があるようです。

つまり、香りって不快な匂いを嗅げば気分が悪くなってしまったり、また花の香りを嗅いで季節を感じたりしますよね?このように香りを嗅ぐ事で、気分や気持ちまで変わってしまうのです。

その効果から、アロマセラピーなどのセラピーが流行したりするわけです。

まずは、あなたがお気に入りの香りで集中出来る、または集中しやすいと感じる香りで試してみてはいかがでしょうか?また、香りやアロマの成分、どの香りがどのような事に効果が期待出来るのかなどを、この際調べてみても面白いかもしれません。

まずは、あなたが集中しやすい環境のもと、さらにあなたのお気に入りのアロマで、集中力を高めてみてはいかがでしょうか?

8.ガムを噛む

ガムを噛む事って、集中力と関係があるの?と、疑問に思いませんか?ガムを噛むイメージって、あまり良くないイメージもありますよね。

しかし、最近ではエチケットとして口臭予防やキシリトール成分などで虫歯予防など、エチケットとしてガムを噛む方も増えてきているのではないでしょうか。

しかし、そんなガムはただ噛むだけやエチケットだけの効果ではないのです。

それは、「ガム」に集中力を高める効果があるのではなく、「噛む」事が集中力に繋がると、いう事なのです。

つまり、どういう事かと申しますと・・・。

スポーツ選手などがよくガムを噛む姿などを見た事はありませんか?あちらも、おそらく集中力を高めるためにガムを噛んでいるようです。

しかし、「噛む」作用には実は意外な効果が隠れていたのです。

噛む事により、脳が噛む動作に反応し、同じ動作を繰り返し行う事に、リラックスした時と同じような反応を示すようなのです。

そのリラックスした状態が心を落ち着かせ、結果的に集中しやすくなるというわけです。

なので、ガムに限らず、スルメや硬いモノを同じように噛む事で、集中力が高める事が出来るのです。

脳の血行が良くなる

また、ガムを噛む事により顎の筋肉や歯を使うので、脳への血行も良くなる事が分かってきています。

また、ガムを噛む事で、脳内にコレシスキニンが出て、大脳にある海馬に働きかける事で、集中力や記憶力、また学習能力などをあげるためにも期待ができる事が予想されるのです。

また、水分をこまめに取る事で、脳内の血液がサラサラになり、さらに脳の血行や血流が良くなる事でしょう。

脳内の血行が悪ければ、他の病気も心配になりますし、もちろん集中力も落ちる事でしょう。

しかし、きちんと脳の血流が正常だったり、血行がよければさらに集中しやすい体や頭になる事です。

もし、集中したいのになかなか出来ないと感じるのであれば、「噛む」動作に集中してしてみてはいかがですか?

9.食事で改善

まずは、食事を改善してみてはいかがですか?もちろん、先ほどお伝えいたしましたように、「噛む」動作も一緒に付け加えて行きながら進めて行きましょう。

「噛む」動作は、最低20〜30回くらいがいいと言われています。

もちろん良く噛む事で、満腹中枢を刺激され、ダイエットにも効果があるのは、有名な話です。

また、集中力の高まる食事で、さらに効果は2倍に。

では、そんな集中力を高めてくれる食材には、一体どんなモノが挙げられるのでしょうか。

炭水化物、バナナ、お水やコーヒーなど、種類別にそれぞれの特徴をお伝えしていきます。

あなたの好物や始めやすいものから、スタートさせてみましょう。

炭水化物

炭水化物と、一括りにいた人は、「じゃあ、ラーメン?」「ご飯やパンでいいの?」「うどんとか、お蕎麦もあり?」など、なりそうですよね。

炭水化物と一括りに申しましても、様々な種類や食品があるのですが、お体の事や血糖値のことを考えますと、低GI食品を選ぶようにするといいですね。

そんな低GI食品には、どのような食品があるのかといいますと、玄米、雑穀米、全粒粉やライ麦を使用したパンなどがオススメです。

こちらの食品には、ビタミン類も充実豊富に入っていますので、体にいいだけでは無く、また血行が良くなったり、体の悪いものを外へ排出してくれる働きや効率よくエネルギーに変えてくれるような効果も期待できるかもしれません。

そのため、集中力や記憶力などに繋がるが可能性が高いと言えるでしょう。

バナナ

バナナには、隠されたパワーがあったんです!一時期、スポーツ選手がよくバナナを重宝しているなど、話を聞いた事はありませんか?なぜスポーツ選手が、バナナを重宝しているのか。

それは、ただたんにバナナが好きなだけでは無く、糖質とその糖質をエネルギーに変える成分が豊富に入っているため、バナナが重宝されているわけですね。

しかも、糖質がエネルギーに変えられるため集中力アップに繋がる可能性があるのです。

また、リラックス効果のあるセロトニンや集中力を高める効果が期待されるドーパミンなどの分泌もされるので、まさに一石二鳥な食材です。

スポーツ選手も、効率よく力を付け、かつ集中力も要りますよね。

ここぞ!と、いう時に失敗できません。

なので、バナナはスポーツをされている方ばかりではなく、集中力を高めたい方にもオススメなのです。

水分補給は、どんな時でも必要です。

水を飲む人と、飲まない人とでは血液がサラサラしているのかしていないのかだけではなく、脳にも影響がある事が分かってきています。

まず、脳の80%は水で出来ている事は分かっていますが、血液がドロドロしていたり、また血行が悪ければ考える力や知力などにも影響があります。

喉が渇いていなくても、こまめに水分補給をしている人と、喉が渇いた時に水分補給をしている人とでも、物事に対する反応にも随分差が出てきているようなのです。

やはり、集中力や記憶力などを効率よく上げたいのであれば、水分補給は欠かせないのかもしれません。

また、糖分のはいったジュースなどは出来るだけ避ける方がいいでしょう。

糖質をエネルギーに変えられればいいのですが、出来ないのであれはそのまま糖質は蓄積されていきますので、できればミネラルウオーターなどかベストでしょう。

コーヒー

コーヒーは、カフェインが入っていることから眠気の予防などに、飲まれる方も多いのではないでしょうか?もちろん、集中力を高めたい時などにも飲む人は居ます。

では、なぜコーヒーが集中力を高めるのにも役に立っているのか。

コーヒーなどを飲んでカフェインが体に摂取されるまでに約30分程かかると、言われています。

なので、朝起きてコーヒーを飲む事は効率がいいのかもしれません。

また、コーヒーには、アドレナリンやドーパミンなどの分泌にも効果がある為、集中力や記憶力の働きなどにも期待が出来ると言われています。

また、あまりカフェインを取りすぎると、興奮状態が続いてしまったり、眠気覚ましのつもりが夜寝れなくなるなどの悪循環もございますので、コーヒーを飲む量と時間帯などには、十分に注意しておくべきでしょう。

最後に

いかがでしたか?あなたなりの集中出来る方法はみつかりましたか?まずは、あなたのペースで続けてできる方法からスタートさせてみましょう。

また、心と身体が上手くコントロール出来ない時は思い切って勉強や集中する事は止める事も必要です。

しないといけないプレッシャーに耐えられなくなってきているサインかもしれません。

まずは、あなたのやる気とその気持ちをキープし続ける事が大切ですが、まずは集中出来る環境を作る事から始めてみましょう。

集中力には個人差がある

また当たり前の事かもしれませんが、もちろん集中力にも個人差やその時のコンディションなども十分に考えられます。

こちらの記事が全てではありませんが、少なくとも一つや二つはあなたに合った集中出来る方法が見つかるかもしれません。

周りの人や平均値に踊らされる事はなく、あくまでも目安に考えるようにしてみましょう。

まずは、あなたを中心に出来る方法から始めてみましょう。

自分なりの集中力を高める方法を調べよう

様々な方法を試していくうちに、あなたなりの集中力を高める方法を身につけていけるかもしれません。

また、集中しないといけない!と、思うあまり、気持ちが疲れたり、集中できなかったりする場合があります。

その場合でも、一旦コンディションを整えてから、再度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?また、日により集中力を高める方法が変わったりもしますので、調子が出にくい場合も、色々な方法を試すようにしてみましょう。

しっかりと、集中力を高めて、目標に向かって突き進んでいけるといいですね。