皆さんは「韓国人顔」というものにどのようなイメージがありますか?日本では韓国人顔系として、今が旬の綾野剛や坂口健太郎、草彅剛や星野源などの名前が上がりますが、彼らをイケメンと感じる人もいるでしょう。

この4人のようなタイプを「塩顔イケメン」と称するようですが、実際の韓国人顔とはどのような特徴があるのでしょうか?皆さんもご存知だと思いますが、整形でも有名な韓国。

もともとの顔の特徴と一緒に、整形後の特徴も併せてお送りします。

️整形大国、韓国!

先ほども触れましたが、韓国のイメージといえば「整形」と答える人もいらっしゃるのではないでしょうか?日本でも美容整形は行われていますが、韓国ほどメジャーではないでしょう。

なぜ韓国はここまでの整形大国になったのでしょうか?これには、整形前の韓国人の顔の特徴にあると思われます。

そしてこの韓国人顔の特徴を美しいと思わない韓国人が、自分たちの顔のコンプレックスをなくすため、そして理想の顔に近づくために、整形が流行ったと思われます。

それでは整形してまで変えたいと思う韓国人顔の特徴とはどういったものなのか、見ていきましょう。

️韓国人の顔の特徴17個!


日本や中国、韓国などは、ひとまとめにして「アジア顔」と言われますが、細かく見ると日本と韓国は顔の特徴が違います。

欧米の人などから見ると、「日本人と中国人は見分けがつかないが、韓国人だけはわかる」ということもあるようです。

それほど特徴的な顔、韓国人の顔とはどんなものでしょうか。

整形前の顔の特徴

日本でも活躍する韓国人アイドルや俳優を見ると、皆きれいな顔立ちをしています。

目も大きく、顔が小さい人が多い印象です。

このようにイケメンや美人が多いように感じますが、果たして彼らは生まれつき、あの顔なのでしょうか・・・。

そこはさておき、一般的に整形していない韓国人に共通する特徴というものがあるのでいくつか紹介していきます。

1.一重でつり目


韓国人の目は、まぶたが重く一重であることが多いです。

そして目じりが上がっている、いわゆるつり目です。

イメージとしては、目じりを指でこめかみのほうに引っ張ると、韓国人顔の目に近づきます。

有名人ではなく、韓国の一般の人がテレビのインタビューなどに答えている映像などを見ると、この特徴がよくわかります。

スポーツの世界大会に出場してくる選手も、おおむね一重でつり目の印象があります。

日本で活躍するK―POPのメンバーなどにも、目が細くて一重の人をちらほら見かけますね。

また、往々にして韓国人の目は小さいことが多いです。

目が小さくて、その上一重でつり目ですと、あまり美しいというイメージはないのではないでしょうか。

日本でも一重まぶたの女性はこぞって二重にしたがりますし、一重の目は美しくないと思う人が多い証拠でしょう。

韓国でも同じ印象のようで、大人の女性は太めのアイラインを入れるなど、一重やつり目をカバーしようとしたメイクが流行っているように感じます。

それでもカバーしきれない一重を整形で・・・ということなのでしょうか。

ちなみに、なぜ韓国人の目が一重なのかというと、一説によれば理由は氷河期にまでさかのぼります。

非常に寒い氷河期、雪が多くて日の光が目に反射し、視力の低下につながることが多かったため、これを防ぐために目を覆うまぶたが発達し、結果的に一重まぶたになったという説があるようです。

目を守るために一重になったのは機能的には素晴らしいですが、今は氷河期でもないし、やはり重たい一重は美しくないと感じますね。

でしたらぱっちり目にみえる二重に憧れる人がいるのも仕方ないのかもしれません。

2.切れ長の目

上で書いたように、韓国人は一重でつり目の人が多いです。

しかし中には目が大きい人もいて、そういった人たちの目は、一重でつり目というより「切れ長の目」ととらえられることが多いです。

K-POPの中でも、野獣系グループと言われる2PMのメンバーなどは、クリっとした二重ではなく、この切れ長の目に属する人が多いように感じます。

日本でも有名で、ハリウッドでも活躍するイ・ビョンホンなども切れ長の目と言えるでしょう。

彼らはくっきり二重ではありませんが、目が大きいため、顔立ちがきれいに感じます。

どの国でも「目が大きい」のが美しい顔の条件なのでしょうか・・・。

それにしても切れ長の目はクールでかっこいいイメージがありますよね。

日本の男性アイドルがくっきり二重であることが多く、こういった「かわいらしい男性」は好みではない、という女性は、切れ長の目をしたクールな印象の韓国人俳優を素敵だと言いますね。

日本人俳優でも、先に書いた綾野剛はかなり目が細く吊り上がった切れ長の目ですが、彼に関しては「イケメン!!!」という反応がある一方、「かっこよくないじゃん・・・」という人も多いので、切れ長の目は好みが分かれるということですね。

というわけで人の好みは様々ですが、韓国人の「一重でつり目」でも目が大きい人に関しては「切れ長の目」として扱われ、クールでかっこいいというイメージがあるようです。

しかしどのみち一重まぶたであることには変わりないので、そこは韓国人顔の特徴と言えるでしょう。

目の大きさだけで「切れ長の目でクール!」となるか「一重でブサイク・・・」とイメージが分かれてしまうのですから、やはり整形してでも美しくなりたいと思うのは自然なことなのでしょう。

3.のっぺりした顔

欧米人を見て、「鼻が高いなぁ~」「彫が深いなぁ~」と感じることがありますよね。

そしてそれを「かっこいいなぁ、うらやましいなぁ」と感じる人も多いのではないでしょうか。

アジア人は決して彫が深いとは言えないので、うらやましく思うのと同時に、やはり彫が深い顔を美しいと感じるのも世界共通かもしれません。

そんなアジアの中でも、韓国は顔がのっぺりしているのが特徴です。

顔に凹凸がなく、平らなイメージです。

あとで書きますが、のっぺりしているうえにエラが張っているので、顔が四角い印象です。

目が小さく、つり目で、顔がのっぺり・・・。

同じのっぺり顔の日本人と比べても、やはり韓国人は特徴的な顔をしていると言えるでしょう。

のっぺりした顔にコンプレックスがある韓国人は、やはり整形で顔の形を変えます。

わかりやすいものでは、鼻筋を高くし、平らなおでこにプレートを挿入します。

整形で顔の形を変えないといけないほどに、顔がのっぺりしていると自分たちも感じているのでしょう。

とはいっても、ほかの国から見ると、韓国人と日本人の顔の「のっぺり具合」は同じくらいと思われているようです。

顔がのっぺりしたアジア人は韓国人か日本人か、瞬時には判断しにくいそうです。

のっぺり顔が日本人か韓国人かを区別するには、表情が豊かかそうでないかを見るそうですよ。

表情が豊かなのっぺり顔が日本人で、表情が乏しいのが韓国人、と見分けるようです。

表情があまり変わらない人は、韓国人と間違えられるかもしれませんね?

4.エラが張っている

さて、日本人も韓国人も、のっぺり顔というのは同じですが、圧倒的に違うのが、韓国人はエラが張っているということです。

よく、草彅剛が韓国人顔だと言われますが、彼はエラが張った顔が特徴的ですね。

それに加え顎がとがっていればホームベース顔ともいわれます。

しかし韓国人のおおむねはエラが目立つ四角い顔であることが多いです。

四角い顔がよくわからない人は、ザブングルの加藤や、女優の片桐はいりを思い浮かべたらイメージしやすいでしょう。

失礼ですが、このお二人は美形とは言い難いと思いませんか?ほかのパーツも関係しているでしょうが、顔が四角いことに目が行ってしまいますよね。

そしてこの特徴は、美的観点から見ればプラスに働いているとは言えないと思います。

そんなわけで、エラが張った四角い顔の特徴がある韓国人は、やはりこれもマイナスに感じるのでしょうね。

あとで書く「整形後の特徴」にあるように、きれいになりたくて整形する人の多くはエラを削ります。

のっぺりしているうえにエラが張っていると顔のパーツが中央によって見えますし、顔自体が大きく見えます。

それをコンプレックスに感じる韓国人の気持ちもわからないではありません・・・。

5.ほお骨が出ている

韓国人顔はのっぺりしていると書きましたが、えらが張っているのと同時に、韓国人はほお骨が出ていることが多いです。

目の下のほおの骨の部分が高く盛り上がっています。

のっぺり顔の日本人と見分けるのに、ほお骨が決め手になることもあるそうです。

先に書いた草彅剛も,エラが張っているうえにほお骨も目立ちますね。

韓国語を猛勉強し、韓国でも受け入れられた背景には、草彅剛の顔が、本来の韓国人顔に近いせいもあったかもしれません。

さて、ほお骨が出ていると、ほかの部分にどのような影響が出るでしょうか。

目の下、つまり鼻の左右が出ているわけですので、必然的に鼻が目立ちません。

もともと鼻筋も高くないうえにほお骨が出ているので、鼻が低く見えます。

顔の中心にある鼻が、ほお骨のせいでくぼんで見えるので、のっぺり顔が強調されてしまいますね。

日本人はほお骨が目立つ人は少ないですが、目立つほお骨は韓国人にとってコンプレックスなのでしょう。

6.輪郭がゴツゴツしている

アジアの中でも、日本人や中国人の顔の輪郭は、丸型であったり卵型であったり、印象としてはつるんとした印象です。

しかしここでも韓国人は違った特徴があり、輪郭がゴツゴツしています。

エラが張り、ほお骨も出ているのですから、ゴツゴツして見えるのも仕方ないですね。

外国では、日本人は猿のような顔で、韓国人は岩のような顔、という見方をするところもあるようです。

韓国人のほお骨は、前面だけでなく横にも張っている場合があるので、前から見てもゴツゴツしているのでしょうね。

これは失礼なだと筆者は思うのですが、「頭にパンストをかぶり、上から引っ張ると韓国人のような顔になる」という表記を見つけてしまいました・・・。

納得できてしまう自分が怖い。

しかしなぜ、こんなにも特徴的な顔が多いのか。

それは、韓国には移民が少なく、同じ特徴の顔をした人種同士が結婚して子孫を繰り返す、を繰り返したため、こうした遺伝が引き継がれていると言われています。

日本は北と南で全く顔の特徴が違いますが、移民が関係しているからです。

外国も移民がいる地域は様々な顔を見ることができますが、韓国のように移民が少ないと、延々と同じ顔の人種が生まれるのでしょうね。

7.アゴが出ている

皆さんはEラインをご存知ですか?口を閉じた状態で横顔を見たとき、鼻の先端とアゴの先端を一直線で結んだラインをEラインと言いますが、、そのEラインと唇がどの位置にあるかで美人度が変わるものです。

基本的にはライン上に唇がきれいにそろう、または少し内側にあるのが美人と言われていますが、日本人は出っ歯や歯並びの悪さで唇がラインから出てしまう人が多いです。

しかし韓国は、唇がかなり内側に引っ込んでいることが多いです。

というのはアゴが出ているからです。

アゴが長かったり、いわゆるしゃくれという状態など、形は違えど、アゴが出ている人が多いのも特徴的です。

顔の輪郭がゴツゴツ、ほお骨が出ている、アゴも出ている、となると、どうしてもやはり美しさから遠のいてしまいますね。

韓国人の、この特徴のある骨格は他には見られませんので、やはり遺伝的要素が関係しているのでしょうね。

整形後の顔の特徴

さて、このように、お世辞にも美人とは言えない特徴が並んでしまった韓国人顔ですが、この韓国人顔の特徴を変えたいと、韓国人は整形にいそしみます。

世界基準で「美しい」とされる顔に近づきたいと思うのは悪いことではないですし、日本人だってコンプレックスは直せるものは直したいですもんね。

そんなわけで、整形大国の韓国で整形をした韓国人の顔の特徴は、いったいどんなものなのでしょうか。

8.ぱっちり二重

小さくて一重のつり目が、よほど嫌なのでしょうか。

整形する韓国人はみな、はっきりくっきりした二重の目にします。

二重がくっきりしていると目が縦に大きく見えますし、二重の癖のつけ方によってはつり目も解消されます。

太めのアイラインを引くことが多い韓国人ですが、ぱっちりした二重にすればラインがまぶたに埋もれることもありません。

重たい印象のまぶたを二重にすることで、顔の印象が大きく変わります。

人間は自然と対面した人の目に視線が行くことが多いので、ぱっちりした、大きな二重の目は非常に魅力的でしょう。

目の印象が変わるだけで、何倍も美人に見えますから、整形もまずは目から行うのでしょう。

一重のつり目であればなおさら、とにかくまずは目を直したいと思うのは当たり前ですね。

フィギュアスケーターのキム・ヨナも、現役時代は太いアイライナーがまぶたに隠れがちでしたが、最近の写真では二重ができているようにも見えます。

整形大国ですので、引退して整形でお直ししたとしても不思議ではありませんね。

韓流アイドルも、涼しげな切れ長の目の人もいますが、多くははっきりくっきりした二重の人が多いです。

二重に加え、黒目が際立つカラコンというのが、美人への入り口なのでしょうか。

9.キレイな鼻筋

ほお骨が出ているため鼻が埋もれて目立ちにくいと先に書きましたが、日本人と同じで、韓国人ももともと鼻が低い人種です。

鼻筋も目立たず、鼻自体が埋もれているので、鼻に対するコンプレックスも大きいと思われます。

そんな韓国人が整形すると、決まって鼻筋がまっすぐ通っている顔になります。

まっすぐの棒が一本入ったような鼻筋は、欧米人のようでうっとりするものでしょう。

しかし、鼻は顔の真ん中にあり非常に目立つパーツです。

当然ですが、自然と目に入ってきます。

みんながみな、何か通したような鼻筋をしているので、不自然なのは否めません。

しかも、鼻筋をまっすぐにする人は、おでこから一本線になるような整形をするので、横から見るとやや不自然な鼻になりがちです。

とはいっても鼻筋が通っていると一気に美形に見えます。

日本人でも、特に芸能人の中には、鼻筋を高くする整形をする人は多いようです。

それだけ鼻筋は大事なのでしょうが、欧米に憧れているのが反映されているとも言えますね。

しかし、潰れた鼻よりスッと鼻筋が通っているほうがかっこいいのは認めざるを得ません。

10.シャープなアゴ

「アゴが出ている」の所でも書きましたが、もともとの韓国人顔は、大きなアゴや長いアゴ、しゃくれたアゴが目立ちます。

しかし整形後はみなそろってアゴがとがった輪郭になります。

小さくて非常にシャープなアゴになるので、逆三角のような顔に見えますね。

アゴが長かったり大きかったりすると、先ほども書きましたが横顔も美しくありません。

口元ももっさりして見えるので、整形したい気持ちはわかります。

しかし、アゴを整形するにしても、そこまで尖っていなければいけないのか?と思いたくなるほどシャープなアゴにする人も多く、そこにはやはり不自然さを感じずにはいられません。

「整形した韓国人のアゴ、どっかに刺さりそう」なんて感想を持つ人もいるようですので、もう少し自然なアゴにすればいいのにとおせっかいながら思います。

しかし何度も書いているように、コンプレックスが大きいほど、それとは似ても似つかないものに変えたいわけですから、自分のアゴを醜いと思うほど、小さくとがったアゴに変えてしまうのでしょうね。

11.エラがなくスッキリしている

韓国人顔で目と同じくらい特徴的なのが「エラ」だと思います。

韓国人の顔が四角い、またはホームベースのような形をしているのは、エラが張っているせいです。

そして韓国人自身もこれを嫌だと思うのか、整形した韓国人にはエラは見当たりません。

四角さを強調していたエラがなくなり、小さくシャープなあごへ向かってすっきりした輪郭へと変わっています。

とはいっても、エラが張っているほとんどの原因は骨格なので、エラをなくすには当然ですがエラを削っていることになります。

顔の骨を削るって、相当なことですよね・・・。

そうまでしてもエラをなくしたい韓国人。

エラが張っているのを嫌っている証拠です。

輪郭もゴツゴツしていますが、エラを削った多くの韓国人の輪郭は、つるんとした、日本人や中国人に近いものになっています。

活躍する韓国のアイドルグループを見ても、目が細い人はちらほらいますが、エラ張りの人は見かけないように思います。

それだけエラは、美から遠いものなのでしょう。

それにしても、顔を形作っている輪郭を変える韓国人。

口の動きなどに影響はないのでしょうか。

他人事ながら心配です。

12.小顔

そんなわけで、整形でアゴを小さくし、エラを削ると、当然ながら顔の大部分の面積を占めていたものがなくなるので、結果的に整形後の韓国人は小顔になります。

「顔の大きさがこぶしを握ったくらいしかない」なんて表現される人もいますが、まんざら嘘でもないのでしょう。

大きなアゴを削り、目立つエラもなくしたら、そりゃ顔も小さくなりますよね。

作り物っぽい!なんて言いながらも、小顔だけは正直うらやましいです・・・。

でも日本人は顔が大きいという印象は持たれていないようなので、やはり韓国人の元の顔が大きいがゆえに、整形後は小顔になったことが引き立つのでしょう。

骨格が変わると弊害がないのか、やはり他人事ながら心配です(大きなお世話ですね)。

13.みんな同じ顔

以上、韓国人が整形したらこう変わる、という部分を紹介しましたが、みなが思う醜いと思うところを、美しいと思われるように変えるわけですから、整形した人は似たような顔立ちになります。

韓国で行われる美人コンテストがたびたび話題になりますが見たことはありますか?はっきり言って、エントリーした人がみんな同じ顔です。

20人いても、みな姉妹かと思うほど同じような顔をしています。

執刀医が同じなのか?と思いましたが、「こういった顔が美しいとされている」といったモデルがあるのでしょうから、みながそれを目指して整形すれば同じ顔になって当然ですね。

日本で人気の韓国人グループを見ても、見分けがつかないと思うのは筆者だけではない、と思いたいです・・・。

整形前も後も変わらない特徴

さて、整形前と整形後について書きましたが、韓国人には整形前も後も変わらない特徴があります。

14.肌がきれい

韓国人は、肌がきれいな人が多いです。

有名人でなくても、色が白く透き通った肌の人を多く見ます。

これにも人種特有の習慣が関係しているようですね。

まず韓国人はサウナが好きなのだそう。

大量に汗をかくサウナで顔の老廃物も出してしまうので、肌がきれいなのではないかと言われています。

また、韓国といえばキムチですが、キムチをはじめ唐辛子を使った料理はサウナと同じく発汗を促し、老廃物を排除します。

よって韓国人は肌がきれいなのだと言われています。

サウナやキムチだけでなく、美意識が高い韓国人は美容コスメにも敏感です。

小さいころから肌に気を遣っているため肌がきれいだというのもあるでしょう。

15.耳たぶが小さい

韓国人の耳をじっくり見たことがある人は少ないかもしれませんが、耳にも特徴があり、「韓国耳」と呼ばれます。

これは耳たぶが小さいというもので、耳たぶが殆どなく、顔に耳が直接くっついているようだともいわれます。

歴代大統領などの有名人の耳を見ていても、いわゆる「福耳」と呼ばれるような耳の人物はいません。

有名人に特化した耳ではなく、韓国人特有なのですね。

韓国には福耳の人がいないのか、誰かに調べてほしいですね。

16.女性のスタイルが良い

KARAが日本に登場したとき、彼女たちのスタイルに驚愕した人も多いのではないでしょうか?ミニスカートからすらりと伸びた長い脚は、目を見張るものがあります。

しかし彼女たちだけでなく、スタイルがいい女性は韓国には多いのです。

顔が大きいためスタイルに目がいかないだけなのですね。

整形でエラを削りアゴを小さくし目も大きくした韓国人女性は、何気に最強なのではないでしょうか。

街頭インタビューなどで見かける一般女性も、顔は置いておいてスタイルがいい女性が多いというのは正しいです。

延々と受け継がれる韓国人顔の特徴と並び、女性のスタイルにも何か秘密があるのでしょうか。

17.男性の体格が良い

日本と違って、韓国には兵役があります。

特例を除き、すべての男性は兵役につかなければなりません。

そのせいか、体を鍛えた男性が多く、体格がいい男性を多く見ます。

兵役をこなすには、貧弱な体では無理なのでしょう。

また、韓国人はナルシストで自信家が多いと言われています。

自分を鍛え上げて、それを見てうっとりする男性も多いのだとか。

理由はともあれ、だらしない体より鍛えられた体のほうがかっこいいのは否めません。

韓国人俳優の体が好き!という日本人女性が多いのも頷けます。

️なぜ韓国で整形が多いのか

韓国が整形大国と言われるようになったのは、言うまでもなく韓国国内で整形が流行したからです。

なぜこうも整形が広まったのでしょうか。

これには韓国の事情もありますし、韓国人自身のコンプレックスも関係しています。

容姿も能力の1つだから

韓国の受験戦争について、たびたびニュースになるのでご存知の方もいるでしょうが、韓国は競争社会です。

いい大学に入ることができないと将来が真っ暗だと言われ、幼いころから必死に勉強します。

しかし、いい大学を出ても、いい会社に入るためには容姿もよくなければいけないのです。

どんなに優秀な人材でも、顔が残念ですと採用してもらえないという厳しい国なのですね。

そういうわけで、韓国では「いい会社に入るために整形する」のは当たり前とさえ考えられています。

親も、子供がいい会社に入ることを熱望しますので、高校を出るタイミングや20歳になった記念に、整形をプレゼントすることも珍しくないのです。

驚くことに、今では中学生が夏休みに整形することさえあるのだとか。

多くの人間が整形に肯定的なので、整形する人も軽い気持ちでできるのでしょう。

しかし気軽さ以上に、「美しいことがステータス」になる韓国で整形が流行るのは、当然かもしれません。

美形であることが能力になるというのは、ほかの国ではあまり見られないのではないでしょうか。

整形は身だしなみレベル

容姿も能力のひとつと言われる国ですので、自然と整形で美しくなる人が増えますよね。

そうすると、「目が一重のままだと容姿を気にしていない」「エラ張り顔の男性はモテるはずがない」などの考えが浸透してきます。

そうすると、メイクで欠点をカバーしたり体を鍛えたりするのと同じように、整形は身だしなみという考えに行きつきます。

競争社会ということも踏まえ、当たり前の身だしなみとして生計をするのが韓国なのです。

特徴的な一重のつり目を、身だしなみとして二重にすることなど、韓国人にとっては当たり前なんですね。

強いコンプレックス

「いい会社に入る」とか「身だしなみ」も理由としてもちろんありますが、やはり大きいのはコンプレックスでしょう。

特に韓国人は負けず嫌いなので、ほかの国に「韓国は容姿が残念だ」などと言われるのは我慢ならないでしょうね。

徹底的に「美形」とされる顔に近づこうと、整形に走るのです。

小さな目を大きく。

一重を二重に。

エラは削って、ほお骨もなくす。

輪郭もすっきりさせ、アゴも引っ込ませる。

ここまでくると原形をとどめていませんが、それだけ韓国人顔の特徴とされる顔を、韓国人自身がコンプレックスに感じている証拠です。

日本人の中にも原形をとどめないほどの整形を繰り返す人がいますが、国民のほとんどが整形をすることに抵抗がないというのは、ほかのどの国を見てもないと思います。

美しいことにこだわるほど、コンプレックスをなくしたいと思うのは当然かもしれません。

観光事業として売り出している

韓国人が国内で整形を繰り返すのはわかりますが、それだけでなく「観光事業」としても整形を売りにしているので、韓国は整形大国と呼ばれるのですね。

日本の中にも、韓国には整形が目的で旅行に行くという方も多数います。

売り出しているだけあって、韓国は整形費用が安いことでも知られていて、日本では数十万する整形が数万円で済んでしまうのですから、韓国で整形しようという人が増えます。

また、一気に整形ブームが起きたせいで、韓国国内に美容整形を行うクリニックが増えすぎ、国外から客を集めようという魂胆もあります。

しかし、事業として売り出しているだけあって、丁寧なカウンセリングがないまま施術をしたり、思ったような整形をしてもらえなかったというトラブルも出ています。

あくまでお金儲けのために観光事業として売り出しているので、本当に信頼できる医者かどうか見極めなければ危険ということも少し頭に入れておいた方がよさそうです。

️美意識の高い韓国人

いかがでしたか?韓国人顔の特徴や、整形後の顔の特徴がお分かりいただけたでしょうか。

韓国人の整形に対する意識は、なかなかすべて理解できるものではないですが、逆に言うと、それだけ美意識が高いということです。

きれいになりたいと思うのは人間ならば当然のことですし、コンプレックスをなくして自信を持ち、明るく生きることができるのなら素晴らしいことです。

整形だけでなく美容グッズやコスメも豊富な韓国。

美意識の高さは見習うべきものがあるかもしれません。

日本で人気の韓国アイドルのような美貌を手に入れたかったら、韓国人の美意識を少しでも取り入れて自分磨きをしてみましょう。

それにしても、整形しなければ競争社会で生きていけない韓国人。

過酷な国の中で、整形美人はこれからも増え続けるのでしょうか。

これからの韓国の美容情勢に注目です。