最近、在宅ワークが注目されています。

昔は「内職」なんて言われていましたが、最近ではテレワーク、ノマドワークなどの言い方もあります。

在宅ワークの種類は色々あり、アクセサリーを作る、部品を組み立てる、ネットワーク環境があるならデータ入力などの仕事があります。

その中でも人気の高い仕事がwebライターです。

webライターは資格などは要りませんし、ネットワーク環境が整っていてパソコンがあ
れば出来る仕事です。

でもお金をもらえるまでは、分らないこともありますが、始めれば楽しい仕事です。

このサイトを見ている人はきっとwebライターに興味のある人でしょう。

まずはやってみましょう。

そしてちょっとずつ経験を重ねてみてください。

ここでwebライターがどのような仕事で、どのような人に合っているのかお伝えしていきますので、最後までどうぞお付き合いください。

気になっていた方は読めばきっとwebライターのことが分りますよ。

webライターとはどんな仕事?

まずはwebライターがどのような仕事かお伝えしましょう。

webライターはインターネットに載せる記事を書くのですが、その内容は実に様々です。

日常で役立つライフハック系、ペットの飼い方、恋愛指南、映画のあらすじなどなど。

書く内容はたくさんあります。

ジャンルはたくさんあるので、自分に向いているものを選ぶといいでしょう。

もしかしたら皆さんは、その辺の情報は既に知っているのかもしれませんね。

気になるのは報酬の方だとは思うのですが、文字単価はクライアントが決める事が多いので、たくさん報酬がほしい人は募集の際に文字単価をよく見ておくといいでしょう。

文字単価はあまり経験が少ないと安い傾向になります。

でも経験も豊富で、書く内容も専門的なものであれば文字単価は高くなります。

webライターは最近人気の職業の1つ

在宅ワークの種類はたくさんあります。

その中で人気の1つがwebライターです。

どうして人気なのかというと、まずはライターの人間性からも理由が考えられます。

家の中でする仕事なので、全くとは言い切れませんが面倒な人間関係も要りません。

なので人が苦手な人には向いているでしょう。

また、人気の理由としては「報酬額」も理由の1つです。

金額はピンキリですが、報酬単価によっては1ヶ月に30万円ほど稼いでいる人もいます。

他にも時間を自由に使えるなどの理由もあります。

世間ではwebライターに関わらず、在宅ワークは「自由」だというイメージがあるのも人気の理由です。

そして人気の理由はまだあります。

文章で自分なりの表現が出来るからです。

仕事なので好き勝手に書くわけにはいきませんが、与えられたテーマの中で、表現豊かに文章を書くことが出来るのも理由の1つです。

webライターになるには?


人気のwebライターですが、どうすればなれるのでしょうか。

方法は意外と簡単で、なりたいと思っている人には、チャンスがいくらでもあります。

ここではその方法をいくつかお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

webライターを募集しているサイトに応募する

webライターの募集のサイトを開いてみましょう。

「webライター 募集」で検索してみてください。

たくさんの検索結果が出てくると思います。

いくつかサイトを見てみると「〇〇ではライターを募集しています」と書いているはずです。

そしてどんな案件があるかが説明されています。

案件とは、ライターとしての意味では書く記事内容の事です。

美容、健康、子育て、料理などいろいろな案件があります。

「あ、これなら自分は詳しいぞ」とピンときたら登録フォームに登録してみましょう。

ただ、登録したからといってすぐにライターになれるわけではありません。

これはどんなサイトでもそうなのですが、「ライティングテスト」がある場合がほとんどです。

なので、「webライター募集」と書いてあるサイトでの登録は、ある程度の経験がある人の方が有利といえるでしょう。

登録できるサイトによってはテストライティングで不合格だったとしても、何度もチャレンジできるところもあるので、あきらめないで書いてみてください。

webライターの求人を探して面接を受ける


webライター募集は、ライター募集のサイトでなくても見つける事ができます。

アルバイト募集サイトでも見つけられることをご存じでしょうか。

例としては「アルバイト・パート求人情報のインディード」を開き、「在宅 webライター」で検索してみると、たくさんの募集を見つける事ができます。

webライターで在宅でも、会社によっては面接をするところがあります。

面接する場合は大手企業の場合が多いです。

面接する理由としては、ライターとなる人間の素性や、人間性を見極めるためです。

この場合も先ほど上記の「webライターを募集しているサイトに応募する」でお伝えしたように、ある程度の経験がないと落とされる場合が多いです。

面接で聞かれることは、過去にどんな記事を書いてきたかを問われます。

ファイルがあるなら見せてくださいと言われるでしょう。

その時に経験がないと落とされてしまうう可能性が大きいです。

ただしこれまでに専門的分野で働いてきた経験のある人は可能性があります。

例えば法律、医療、建築関係など、専門知識があれば、貴重な情報が盛り込まれた記事を書くことができます。

もし専門的知識があるなら、積極的にアピールしましょう。

クラウドソーシングサイトを利用する

webライターになりたいなら、クラウドソーシングサイトで仕事を見つけるのが一番手っ取り早いです。

クラウドソーシングサイトにはwebライターだけでなく、在宅で出来る仕事をたくさん募集しています。

有名なサイトは、クラウドワークス、ランサーズ、サグーワークスの3つです。

まだwebライターなんて一度もしたことがないという初心者は、クラウドワークスから始めることをおすすめします。

例えば「映画「〇〇」のレビューを100文字書いてください」などの簡単な仕事があります。

他にも「テーマパーク〇〇のレビューを書いてください」「ドラマ〇〇の感想を教えてください」などもありますので、もし自分が知っている内容であれば、ぜひトライしてみてください。

このような簡単な作業から始めていき、少しづつ腕を上げていってください。

ちなみにこの一件の報酬は約5円です。

え!たったの5円?と驚くかもしれませんが、簡単な作業なら5円は妥当といえるでしょう。

でもこの報酬はほんの一部です。

クラウドワークスは安い報酬のものばかりではありません。

みんなが知りたがっている専門的な記事が書ける人なら、高額の報酬をもらえるのでぜひトライしてみましょう。

自分自身でブログやメディアをつくる

webライターは、会社に応募したりクラウドソーシングサイトで、書いてばかりではありません。

誰にも頼らず、自分自身で稼ぐことができます。

その方法は、自分自身でブログやメディアをつくるのです。

ブログで稼ぐ方法はアフィリエイトを利用する方法などがあります。

最近では、ブログだけでなくインスタグラムに画像と文を添えて稼いでいる人も出てきました。

この方法は、自分の思いや考えを自由に表現できる方法です。

やっていて楽しいですし、webライターが思う理想の稼ぎ方とも言えます。

ただデメリットはあります。

ブログやメディアを見てくれる人がいなければ全く儲からないことです。

見てくれる人、つまり集客力がなければ稼げません。

もちろん、趣味でブログ書いているというなら全然問題ないです。

最初は見てくれる人もいませんし、あまりにも儲からず途中で辞めてしまう人もいます。

でも成功者の話を聞いてみると、最初はやはり思ったような金額は入ってこなかったけど、半年くらいから儲かりだしたと言っている人が多いです。

ブログやメディアだけで稼ぐのではなく、最初はクラウドソーシングサイトでもライターとして頑張り、ブログやメディアが軌道に乗ったらそちらを一本でやっていきましょう。

webライターに向いている人の特徴16個

webライターは誰でもなれる仕事ですが、やはり向き不向きがあります。

向かなければ仕事は進まず、続けていても辛いことになるでしょう。

でも向いている人の特徴は16個もありますので、全部当てはまらなくても、いくつか当てはまれば向いているといえます。

あなたはいくつ当てはまるでしょうか。

ぜひチェックしてみてくださいね。

文章を書くことが好き

これは絶対条件だと言っていいでしょう。

文章を書くことが、好きでなければこの仕事は勤まりません。

しかし中には、文章なんてあまり書いたことがないと言う方もいるはずです。

でも全く書いたことがないという人はいないでしょう。

小学生の頃の作文、高校や大学でのレポートや卒論。

少しでも書いた経験があるなら書けると思います。

しかし、好き勝手に書いていいわけではありません。

仕事をもらっているライターは、依頼主が指示した通りに書く必要があります。

もし指示通り書かないと、修正するように言われますし、あまり好き勝手に書いているのが続くと、仕事を切られてしまうでしょう。

「そんなに自由に書きたいならブログでやれ」なんてことも言われるかもしれません。

もし自由に自分を表現したいなら、ブログなどを書くのをおすすめします。

文章を読むことが好き

webライターになる人は、書くことだけでなく文章を読むのが好きな人が多いです。

文章にはいろいろな表現方法があります。

かしこまったように書いたり、少しくだけた感じで書く時もあります。

どんな感じで書くかは、依頼主の指示に従う必要があり、その記事内容によって違うので、気をつけたいポイントでもあります。

ライターはいろんな書き方が出来る方がいいでしょう。

その為に日頃からいろんな文章を読んでおいてください。

新聞、エッセイ、ブログなどでもいいですし、2ちゃんねる系も読んでいて楽しいのでおすすめします。

ライターは気をつけないと、自分の書きやすい文章で書いてしまう傾向があります。

そうならないためにも、いろんな文章を読んで変幻自在に書けるようにしておきましょう。

コツコツ系の作業が好き

webライターは思っている以上にコツコツ作業が多いです。

どんなコツコツかというと、意外と多いのがリサーチ作業です。

リサーチとは、記事の内容を豊富にするために調べること。

この作業がしっかりされているかどうかで、集客数が変わってきます。

そしてリサーチの他に、さらにSEO(SearchEngineOptimization)が必要となります。

SEOとは、「検索エンジンに対してwebページの評価を上げ、上位に表示されるように最適化させること」を言います。

検索しやすく、読んでくれたユーザーが役に立ったと思ってくれ、価値あるサイトになるよう記事を書いていかなければいけません。

そうすれば集客数も上がり人気のサイトになります。

数年前までは、ユーザーが検索したいキーワードを文に織り込んでいけば、サーチエンジンの上位にいれるのですが、今はそうではありません。

やはり大事なのは内容になってきます。

ユーザーは正直で、面白くて為になると思ったらそのサイトを継続して読みますが、そうでない場合は、2、3行読んで別なサイトに行ってしまいます。

簡単に見えるwebライターですが、このようにコツコツ作業が必要になってきます。

コツコツ作業は任せて!という方には向いているでしょう。

1人で仕事をする方が好き

webライターになりたいと思っている人や、現在webライターになった人たちが口を揃えて言うのは「1人で仕事ができるから、今の仕事を選んだ」という人が多いです。

文章を書くのが好きなのも理由の1つですが、大きな理由としては人間関係に困らなくて済むと思っている人も多いでしょう。

確かに仕事をするときは1人なのですが、パソコンの向こう側に依頼主がいることを忘れないでください。

仕事内容によっては、メールのやりとりだけで済む場合もあります。

でも電話やチャット、ビデオ通話などで話す場合もあることも。

それを聞いて「えー、電話苦手!」と思うかもしれませんが、それほど長い時間話さないので安心してください。

webライターは在宅ワークで、1人でする仕事ですが、必ずしも家の中で自分1人だけとは限りません。

手の掛かる小さな子供がいたりすると、仕事がなかなか進まずイライラすることもあるでしょう。

そしてwebライターの人口は増えてきてはいますが、意外にも自分の周りに同じ職業の人がいません。

またwebライターをしている人は、「私webライターやってます」とも言ったりしないので、仲間があまりいません。

なので仕事の愚痴や、webライターあるあるを話す人がいないのがデメリットだったりします。

連絡をマメにとることができる

webライターは1人でする仕事です。

しかし先ほどもお伝えしたように、全く1人という訳ではありません。

パソコンの向こう側には必ず人がいることを忘れてはなりません。

そしてwebライターも、普通に出勤する会社員と同じくしなければいけないことがたくさんあります。

それは「連絡」です。

どの職場でも大事にされている「ほうれんそう」。

報告、連絡、相談です。

これはwebライターも同じことで、まめに連絡しなければいけません。

周りに上司や同僚がいれば、仕事の進行状況がなんとなくわかります。

でもwebライターは、相手が見えないからこそまめに連絡する必要があるのです。

webライターは依頼主との連絡は、メールでする場合が多いです。

メールは文字のみなので、相手や自分からのメールの内容が分りづらい場合があります。

そんな時は遠慮なく「このように書いてあったのですが、〇〇ということでよろしかったでしょうか」と聞いてください。

一見まどろっこしいやりとりのように思えますが、間違ったまま仕事を進めるよりは全然いいです。

読み手の気持ちを考えられる

webライターは、読み手の心を想定する必要があります。

そうしないと集客力を上げることが出来ないからです。

読み手は自分にとって為になり、読んだ後に結果が出る記事を必要としています。

その例の1つとして健康・美容関係の記事です。

「バナナにはカリウムが豊富に含まれていて、食べると体内の余分な塩分を排出してくれる」と書いてあれば、高血圧の人などは実践してみようと思い、さっそくバナナを買いに行くでしょう。

このように読み手が求めている内容を書き、なおかつ実際にやってみたくなり、結果も得られるのが最高の記事になります。

恋愛系記事も同じく、検索した人が何を求めているかを考えて書くことが必要です。

記事内容によっては、自分の経験を生かした記事を書きたいでしょうが、あまり好き勝手に書くと依頼主から注意を受けるので気をつけたいところです。

そこで大事になってくるのが記事の構成です。

いっぺんに1つの内容を書くのではなく、読み手が知りたい情報をいくつかにわけて見出しを作り、その見出しに沿った内容で書いていきます。

この見出しのタイトルは、webライターが考える場合と、依頼主があらかじめ書いてある場合の2つがあります。

依頼主が最初から見出しを書いてくれていると凄く楽です。

もし自分で見出しを考える場合は、それこそ読み手の気持ちを考えて記事の構成を考えなければいけないので、大変な作業となるでしょう。

仕事に責任感を持てる

webライターは1人で仕事をします。

周りに人はおらずプレッシャーなどはほとんど感じることはないかもしれません。

でも常に責任感を持って仕事をする必要があります。

やはりお金をもらっている以上は、通勤する会社員と同じく責任感を持って仕事に臨む必要があります。

何度も言いますが、パソコンの向こう側には依頼主がいることを忘れてはいけないのです。

自分でメディアやブログを立ち上げて、難しいからと辞めるのはかまわないのですが、依頼主がいるなら仕事に責任を持つべきです。

クラウドソーシングサイトなどで、仕事を途中で投げ出して連絡が取れなくなるライターもたまにいます。

依頼主としてはこれが一番困るのです。

1人で仕事をするwebライターは、この責任感こそが仕事のモチベーションを継続させるものだといってもいいでしょう。

ちなみに仕事を途中で放り出してばっくれると、クラウドソーシングサイト内で評価を書かれてしまい、次の仕事がしづらくなります。

ライターが仕事を放り出してしまう理由の1つに「思っていたのと内容が違った」というのがあります。

やってみたら思っていた以上に内容が難しくて、今後続けていくのは無理だなと思った場合です。

そう思ってしまうのは仕方ないことなので、もし続けていくのは無理だと思ったら、依頼主に正直に伝えましょう。

PCにずっと向かっていられる

仕事量にもよりますが、1日4時間~8時間はパソコンに向かっている日が多くなるでしょう。

そこで気をつけたいのが視力の低下です。

webライターをしてから著しく視力が低下したと思っているライターは大勢います。

なのでパソコン作業をするときは、ブルーライトを軽減させる眼鏡をかけて作業をするといいでしょう。また、一時間作業をしたら30分目を休めるなどをしてください。

1日に何時間もパソコンに向かっていても全然平気!と思う人もいると思いますが、毎日見ていると意外と気が滅入ってしまいます。

それは仕事内容に気が滅入るのではなくて、誰とも会話せず動きもしないからです。

憧れていた一人きりの仕事だったのに、いつしか気持ちがどんよりしていることがあります。

そんな時は、気分転換をしましょう。

それは家で出来ることです。

窓を開けて空気の入れ換え、軽く運動をする。

これだけでもかなり心が軽くなります。

あと意外かもしれませんが、家事もかなりの気分転換になります。

作業の合間に茶碗を洗えば、なぜか心がスッキリします。

気分転換にはそれぞれの方法がありますが、楽しくなって長い時間の気分転換にならないようにしましょう。

細かいところに気付ける

ライターはただ書くことだけが仕事ではありません。

書く前はリサーチして、書いた後は記事のチェックが必要です。

記事に矛盾がないか、誤った情報を書いていないか調べることが大事になってきます。

よって、細かいことに気づけるようにしないといけません。

記事のチェックは依頼主もしますが、納品する前に自分で何度もチェックしなければいけません。

このチェック作業ですが、その人のコンディションでチェックが甘くなったりすることがあります。

なので立て続けに何度もチェックするのではなく、2、3度チェックしたら、数時間寝かせておきましょう。

それから再びチェックしてみてください。

そうすると不思議ですが、先ほど見つけられなかったミスが出てくることがあります。

見つけたのがミス出なくても、「こうした方がもっと良い記事になるな」と気づけることもあるのでぜひ試してみてください。

自己管理がしっかりできる

自己管理はとても必要です。

仕事が多く請け負うようになってくると、記事によって作業時間が異なってきます。

それら全てを自分で管理して、スケジュールを立てることが必要です。

自己管理はそれだけではありません。

年に一度の確定申告も自己管理の1つです。

確定申告はとても大変な作業ですが、月に一度の帳簿を付けていれば、ギリギリになってから焦ることはありません。

普段からレシートなどの領収証をとっておきましょう。

あと、自己管理と言えば、健康面はとても大事な自己管理です。

これが一番必要な自己管理だといっても過言ではありません。

webライターは在宅ワークなので、家にこもりっきりになることが多いです。

そうすると心配なのが運動不足と食事内容です。

運動不足になりがちなので、1日のうちに30分から1時間運動をするように心がけましょう。

締切を守ることができる

当たり前のことですが、締め切りは守りましょう。

依頼主がいる場合は、相手から、いつまでに納品してほしいと伝えられます。

〇月〇日締め切りと聞いて「まだ日にちに余裕あるな」と思っていても、一日、一週間はあっという間に来てしまいます。

そして締め切り前に慌てて片付けてしまうことになりかねません。

そうならない為にも毎日コツコツと、他の仕事も合わせて時間配分を自分で決めて作業を行いましょう。

機械に対して苦手意識がない

webライターは記事を書くとき、パソコンでWordやグーグルドキュメントなどを使います。

本当に文字を書くだけなら特に問題はないのですが、依頼によっては画像を選定して入れてくださいと、文字を書く以外のことも指示がある場合もあります。

そんな時があっても臨機応変に対応出来るようにしましょう。

パソコンを毎日使っていると、不具合が出てきて焦ってしまうこともあります。

そんな時、自分で修復できるとかなり有利です。

自分で直せないにしても、パソコンメーカーのコールセンターにすぐ電話をして、解決する。

最寄りのパソコン修理業者に依頼するなど、すぐに対応しようというフットワークが絶対に必要になります。

パソコンの修理は当日終わる場合もあれば、メーカーに直接依頼すれば2週間掛かることもあります。

そうなれば仕事が滞ってしまいますので、メインのパソコンの他にコンパクトで安いパソコンがもう一台あると、いざという時に便利です。

様々なことに興味を持てる

どんな仕事をしても必要なのが、様々なことに興味を持つことです。

どんな記事を書いていても、自分の頭の中にある話題の引き出しはたくさんあった方がいいでしょう。

そのために必要になってくるのが、何かに興味を持つことです。

最近流行のスイーツ、ファッション、コスメなど、年齢に関係なく興味を持った人の方が内容豊富な文を書けます。

また、自分の書く内容が1つのテーマで決まっているなら、普段からそのジャンルの記事や雑誌に目を通しておくといいです。

常日頃から「ん?これってなに?」と好奇心を持つといいでしょう。

今までに興味なかったものでも、知ってみると意外と楽しいと思えるものが、世の中には溢れています。

そうして知ることにより、話題の引き出しが増えていきます。

求められたら素直に対応できる

依頼主がいる場合は、書いてほしい内容の他にいろんな指示が出る場合があります。

例えば「もう少しカジュアルに書いてほしい」「もっと若い女の子風に書いてほしい」など具体的に指示が出てくることもあります。

そんな時は素直に対応しましょう。

修正依頼などもあると思いますが、その場合もすぐに直せるようにしてください。

依頼主が求めることはたくさんあります。

でもたいていは、最初の打ち合わせの時に細かく説明してもらえますし、疑問があれば聞いても大丈夫です。

特に最近のクラウドソーシングサイト内では、誰でもわかるようにマニュアルも用意してくれている場合が多いです。

なのでマニュアルをよく読んで仕事に挑むようにしましょう。

自分から意見を伝えられる

webライターは仕事をもらう立場ではありますが、時に自分の意見を言うのも必要な時があります。

意見を伝えるときは失礼がないようにするのはもちろんですが、伝える手段がメールの場合が多いので、文章に誤解が生じないように伝えてください。

そのために一文を長くして伝えるのではなく、必要なことを1つずつ箇条書きにして書いて伝えるといいでしょう。

その際は相手に伝わるように具体的に書いてください。

自分の意思が上手く伝わらずに、何度もメールのやりとりが続くこともありますが、工夫して伝えてみましょう。

勉強したいという向上心がある

誰でもなれるwebライターですが、勉強をしていこうという向上心はとても大事です。

webライターは文字を書く仕事なので、文字を知る必要があります。

中でも大事なのが漢字です。

出来れば漢字検定二級くらいあれば、漢字変換の間違いにも気づけますし、ことわざなども文に織り込むことが出来るでしょう。

向上心をあげて、勉強をしていくと書く内容にも幅が出て、豊かな文章になります。

webライターは時間が自由に使えるので、仕事の合間に勉強することが可能です。

もしこれまでに学びたかったものがあれば、この機会にしてみるといいでしょう。

また、webライターだけに注力していると、考えが偏ってしまうので、勉強はとても必要なことになります。

webライターを生業にする!と思っていたとしても、途中で何らかの理由で会社員になることもあるかもしれません。

そんな時すぐに就職できるように勉強しておく。

そんな考えを持って勉強しておくといいかもしれません。

webライターとして活躍するにはスキルや経験も必要

webライターは誰でもなれますが、何もない状態では書けません。

パソコンとインターネット環境があって初めて出来る仕事です。

しかしそれだけでも、書くのは難しいです。

初めは少しずつ経験を積んでいきましょう。

そうして自信を付けていくのです。

自信が付いてきたら、単価が高い仕事に挑戦していくといいでしょう。

そして最初はwebライターだけで、稼いでいこうとはしないでください。

最近は副業も許される時代になりましたので、ライターの仕事は合間を見てやるようにしましょう。

webライターだけで稼げるようになったら、自由に使える時間を見つけて勉強したり、運動を心がけて自己管理をしていってください。

webライターは活躍できるようになったら、自分が望む金額を稼ぐことができます。

そうなったら理想の生活を送ることが出来るでしょう。

すぐには稼げませんが、webライターで稼ぎたいならまずは、コツコツと頑張ってみてください。