皆さんは、ゲームに関わるゲームテスターの仕事について聞いたことがありますか?

ゲーム好きな人にはたまらない仕事かもしれないですね。

今回は、ゲームが好きな人が憧れるだろう、ゲームテスターについて見ていきましょう。

ゲームテスターになるにはどうすればいいの?


ゲームが好きな人の多くは、ゲームテスターの仕事をいいなと思っているのではないでしょうか。

また、ゲームにお子さんがはまりすぎていて不安だと訴えるお母さんもいるのではないでしょうか。

最近は、「そんなに好きならゲーム関係の仕事に就いたら?」と言う方が多いです。

しかし、一口にゲーム関係の仕事といってもいろいろなものがあります。

一番メジャーなものとして、ゲーム開発の仕事があるのではないでしょうか。

しかし、ゲーム関係の仕事は何もゲームを開発するだけではないのです。

開発されたゲームを実際にプレイしてみて、いろいろな問題提起ができる人が必要とされています。

では、気になるゲームテスターになるにはどうしたら良いのかについて見ていきましょう。

ゲームテスターに向いている人の特徴って?

ゲームテスターに向いている人はどのような人だと思いますか?

ずっと家にこもってゲームをやっている人というイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、ゲームだけが好きであれば何とかなるという仕事でもありません。

後に触れますが、ゲームが好きだけではなくていろいろなことに向き不向きがあります。

では、ゲームテスターに向いている人の特徴について掘り下げて見ていきましょう。

1.ゲームが好き


ゲームが好きである事は、ゲームテスターの絶対条件と言っても良いでしょう。

逆に言えば、ゲームが嫌いで仕方がない人がゲームテスターになるのは苦痛を伴うだけかもしれません。

ゲームが嫌いな人なんているのだろうかと思うかもしれませんが、ゲームが嫌いな人ももちろんいます。

時間の無駄になると言われていたり、子供時代にゲームを禁止されて、そこからあまりゲームが好きではないという話も聞きます。

よくあるケースとしては、親御さんからゲームを禁止されてから、たかが外れたようにゲームをする人もいますが、その一方で全く逆な人もいます。

親御さんの価値観をそのまま引き継ぐという形になってしまうのですね。

そのようなタイプの方はゲームテスターにはあまり向いていないと言えるでしょう。

ゲームの好き嫌いがあまりないとなお向いている

ゲームにもいろいろなジャンルがありますので、好き嫌いがあまりない人の方が向いています。

もちろん、苦手なジャンルがあったにせよそれを凌駕するような適性を持ってゲームテスターとして勤めている方もいますので、苦手なジャンルや、あまり好きではないジャンルがあったとしてもできないわけではありません。

しかし、やはり好き嫌いがあまりない人の方がより良いところがあります。

シミュレーションゲームが好きな人であれば、シミュレーションゲームだと良い仕事ができるけれど、アクションゲームが好きではないと言うことになると、場合によってはテスターとしてうまく仕事ができない可能性もあります。

2.集中力が高い

ゲームテスターに求められる適性として集中力が高い点に求められます。

ゲームをする時音楽を聴きながらゲームをしたり、気分転換にゲームをしたりするときにはながらで集中したりすることなくゲームを楽しむ人が多いのではないでしょうか。

しかし、ゲームテスターを基本的にバグなどを見つけることが役目の1つです。

したがって、何かおかしいところをチェックする必要があるので普通にゲームをする時とは違い、何かおかしいところを見つけることに集中しなくてはなりません。

だからこそ集中力が高く、おかしいところを見分けることができる力が求められる一面があります。

そして、チェックするべきところはバグばかりではありません。

難易度がどうかということもしっかりと確認する必要があります。

このように、集中力をゲームに全てもっていく覚悟で色々とチェックをしないといけない項目がありますので、気が散るタイプの方だと不向きな一面があります。

3.努力を続けられる

そしてゲームをすると楽をしているようなイメージがありますが、仕事としてのゲームではありません。

ゲームのテスターには根気なども求められます。

また勤務の確認内容においては、中には同じようなことを根気よく行っていくというような作業もあります。

どちらかと言えば先ほども触れたように同じことをずっと繰り返すというような地道な作業が多いです。

したがって、このような単調に見えるような作業であっても根気よく行うことができる人が適任と言われています。

4.地味な作業が苦ではない

ゲームをやっていればいい仕事と思われるような傾向にありますが、決してそうではありません。

バグの確認ですので、楽しむというよりかはどちらかと言うと地道な作業で確認を重ねていくという形が多いです。

したがって、バグを発見するには非常に緻密な作業が必要になります。

このように同じところを何回も確認するような根気のある作業が苦ではない人の方が向いている一面があります。

その一方で、後に触れますが好奇心旺盛さや新しいことが好きというような一見相反するような特性も必要になってきます。

したがって、ゲームテスターはそのようなバランスのとれた人の方が向いてる一面があります。

5.好奇心旺盛

新しいことをどんどんと知りたいというような思いがある好奇心旺盛な方も非常にゲームテスターに向いています。

確かに作業自体は地味で同じことの繰り返しであったりする一面があります。

その一方で、そればかりではなく、新しいジャンルについて果敢にチャレンジしていくというタイプも求められています。

したがって、単調な作業が好きな人にゲームテスターはいいと思われる一面がありますが、逆に新しいジャンルのゲームを試すというようなこともありますので、ただ単純に単調な作業が好きな人には難しい一面があるでしょう。

そのような意味では非常にバランスのとれた人材を求められている一面があります。

6.自分を過信しない

一方で、自分を過信しすぎるというのは非常に危険です。

ミスは常に自分が正しいと思っているときに起こりやすくなります。

したがって、仕事を行う際には、もしかしたら自分が何か間違いを犯しているかもしれないと思った方が慎重になってバグや細やかなミスなどに気付ける可能性があります。

それはゲームテスターのみならず、構成でも同じような仕事でも言えるのではないでしょうか。

何かミスなどをチェックする仕事というのは、注意して見ていかないと見落としてしまう一面があります。

したがって、その時に自分を過信していると、自分のチェックした内容が絶対に正しいという前提で見ていると、思わぬミスを見落としてしまうという形になります。

したがって、自分自身を過信しすぎず本当にこれで良いのだろうかというような疑問を続けることも大切です。

7.新しいことに挑戦していくのが好き

ゲームを作る仕事等は、常に新しい事の連続です。

やはり、同じようなことばかりだと飽きられてしまいますので、常に新しい要素を入れていくという事はエンターテイメントの世界では非常に大切なことになってきます。

それはゲームでも同じことが言えます。

したがって、ゲームのジャンルは一緒だとしてもやはりある程度は新しい要素があります。

したがって、新しいことをチャレンジしていくのが苦手なタイプの方には、ゲームテスターの仕事は少々しんどいかもしれません。

しかしその一方で、ゲームテスターは、先ほども触れたように同じことの繰り返しが苦にならないというのと同じように好奇心旺盛であったり、新しいことにチャレンジすることを好むというような、一見相反するような適性を求められる一面があります。

したがってこのどちらかが全くないということで気に病む事はありません。

本当にゲームテスターが好きということであれば、このゲームテスターに合うように自分が成長していくという道も考えられます。

8.想像力に長けている

また、想像力はそこそこにある方が、現実的に適しています。

ゆえにゲームが出るといろいろな人がプレイしますので、思いがけないギャップ等について指摘される可能性もあります。

したがって、もしかしたら他の人がプレイしたらこう思うのではないかというような想像力を働かせる必要があります。

他の人が思いつかないようなことを想像できる

また、他の人が思いつかないようなことも想像できるような人の方がよりゲームテスターとして向いてる一面があります。

ゲームテスターの方は様々な人がいますが、このように色々な人がいる時というのは、ゲームを制作する側の人が想像していたのとはまた違う答えを出すことによって、新鮮な発見につながる一面があります。

したがって、他の人が思い付かないのことも想像できるタイプの人は非常に向いていると言えるでしょう。

そのような意味では、少し変わってるねと言われるようなタイプの人が非常に向いているという可能性もあります。

9.コミュニケーション能力

また、コミュニケーション能力もゲームテスターには求められています。

ただゲームが好きな人はどちらかと言うとコミニケーションが苦手で家にこもっているというイメージが強い方もいるでしょう。

しかし、ゲームテスターというような仕事になるとそうはいきません。

それは何故かと言うと、バグが起きた時や、何かおかしいところを指摘するときに、わかりやすい言葉で指摘をする必要があります。

そして、よくないところを指摘するというのは、そこそこのコミニケーションスキルが重要です。

欠点ばかりを指摘するような感じになると冷たい印象を与えてしまいますし、それが仕事だといえども、やはり人間関係はギスギスするという一面があります。

したがって、的確によくないところを指摘しつつも、酷評し過ぎないということも非常に重要なところがあります。

そのような意味ではコミュニケーションするスキルが非常に重要です。

10.自分の意見を伝える力がある

自分の意見を伝える力というのも、ゲームテスターに非常に重要な内容です。

ゲームを製造して販売するにあたって、いろいろな関係の人と話を重ねるところがあります。

ゲーム開発においては、ゲーム開発をする人が全てを決めるようなイメージがありますが、決してそうではありません。

ゲームテスターの方の声も大きく生きていく一面があります。

そのために、自分の意見を伝えるというのは非常に重要なスキルです。

もしゲームテスターを目指しているけれど、このように意見を伝えるのが苦手ということであれば、意見を伝える練習する必要があります。

11.説明力がある

説明する力は、後に鍛えることができますが、それがあった方がよりゲームテスターに向いているところがあります。

しかし中には説明がどうしても苦手という人もいるでしょう。

この説明が得意か不得手かというのは、少しのコツを押さえるとうまくできるようになります。

例えば、皆さんは「たくさんの回数」と言うと何回を思い浮かべますか?

人によっては50回かもしれませんし、100回かもしれません。

さらに言うと、10,000回だと思う可能性もあります。

説明が苦手な方は、このように「たくさん」というような言葉を使ったりするなど抽象的な表現が多いです。

したがって、なるべく数値などどんな人が説明を聞いてもすぐに理解できるように具体的に説明する必要があります。

そしてその前に、何について説明するのかということを言うことによって、説明が耳に入りやすい一面があります。

説明が上手い人と下手な人を比べているテレビ番組がありましたが、説明が上手い人はこの上記の2つを押さえています。

何について説明するのかをはじめに、具体的な数値であったり、イメージを思い浮かべやすい名称を言ったりすることによって、うまく説明出来るようになっていました。

しかし説明が苦手な人は、擬音語が多かったり丸いものというような感じの抽象的なものが多く、何なのかイメージをつかむのが難しい一面があります。

このように、説明の仕方というのはある程度のコツを抑えることでうまくできるようになります。

報告書を書く機会が多いので、文章力が必要

また、報告書はゲームテストには欠かせないものがあります。

したがって報告書を書くことが多く、文章を書く機会が増えます。

よく話すことはできるのに、文章を書くのが苦手という方も多いでしょう。

ゲームテスターには文章力も求められるので気をつけましょう。

ただ、文章を書くのも少しのコツを抑えることでうまくできますので、それを押さえることで改善できますよ。

まず情報を集め、書く前の準備をします。

そして文章を書き、文章を見直すということが文章を書く過程です。

情報収集と書く前の準備に関してはゲームのテストをするしたことによって、どんなふうにバグがあったかということをまとめることで完成します。

その時の文章の書き方はおさえる必要があります。

ゲームテスターとして働くにあたっては、正しい日本語を書くことなど、求められている文章力を上げるように努力をしてみましょう。

いろいろな書籍があるのでそれを参考にするのもいいと思います。

12.パソコンが得意

文章を書いたりする時にパソコンが必要になります。

したがって、パソコンのスキルが求められるところがあります。

ゲームテスターで面接を受けたときに聞かれることとしては、好きなゲームのジャンル等について聞かれるのはもちろんですが、パソコンや、スマホ等の使用歴も聞かれますし、ワードやExcelの使用歴について聞かれることもあるようです。

このようなことから、パソコンスキルもゲームテスターには必須と言えるでしょう。

13.提案力がある

また、より良いゲームにするために実際にプレイをした上でどのようにゲーム改善することによって、より良いものになるのかを提案することが求められる一面があります。

したがって、ゲームテスターになるには提案する力も必要です。

ゲームテスターはアルバイトの感覚があり、ただ流れ的にこのようにしたら良いと思われるかもしれません。

しかしながら、ゲームテスターとしてより見つけにくいバグを見つけることができたりすることによって、ゲームテスターのスペシャリストを目指すことができます。

具体的な数値を上げると、中には年収500万円を稼ぎ出すような強者もいると言われています。

そう考えるとスペシャリストになるには、細やかなミスを見抜き、提案する力も求められます。

14.責任感がある

また、先ほども触れたようにアルバイトと言うと責任が軽くなるイメージがありますが、決してそうではありません。

ゲームに関してはゲームが出る前に、いろいろなバグなどを解消しておく必要があります。

したがって、そのチェックについては責任を持って行う必要があります。

したがって、ゲームテストには責任感が求められる一面があります。

15.計画性がある

ゲームテスターの方ももちろんのことですが、文章作成をする人であっても基本的に計画性が必要です。

このように自由にマイペースにできる事は、逆を言えば納期に間に合うようにやっていくには、計画性がなくてはなりません。

例えばテストや宿題のなどの勉強一夜漬けでやるタイプの方でしたら、少々辛いところがあるかもしれません。

どちらかと言うとバグを見つけるというような作業であるため、やっつけ仕事ではうまくいかないところがあります。

したがって、毎日コツコツとやっていくような計画性も求められるところがあります。

どのような時間配分にするかということを計画を立てる力が求められているのです。

期限を守ることが重要

ゲームの販売するときはあらかじめ期限が決められています。

したがって、納期を守る事は非常に重要です。

もしこの期限を守らなければ、ゲームの販売時期が延長になる可能性もあります。

したがって、期限はしっかりと守ることができる人の方がゲームテスターに向いています。

16.素直である

ゲームテスターの方の適性として、素直であることも求められます。

やはりいろいろな間違いを直し、より良いゲームにするということが必要になってきます。

しかしながら相手の話も素直に聞いて、意見を取り入れることができない人だと、より良いゲームを作ることができません。

職人気質の人に、つい自分の良い物を強く押し通すような頑固な姿が見られる傾向にあります。

しかし、ゲームテスターの方はそのような職人気質を求められるよりかは、素直に話し合いに応じ、より良いものを作れるようにディスカッションする能力が求められています。

したがって頑固なばかりではなく、そこそこ端直であったということも必要になってくるのです。

分からないことを素直に聞ける

またわからないことに関してはきちんと素直に聞くことができるということが重要です。

これを聞いたら怒られるのではないかと思っていたり、知らないと恥ずかしいと思っていたりすると質問するのはなかなか難しいところがあります。

しかしながら、わからないところわからないまま進めてしまうと、思いがけないミスにつながることがあります。

したがって、わからないところはわからないと言う力も求められています。

基本的にゲームには仕様書があります。

中には、仕様書に書かれていないような事に関して質問する必要があったりゲームテスターの方は、わからないことを聞く力は必然的に必要なところがあります。

そうすることによって、本当に理解した形で進めていくことができるのです。

だからこそ怒られたらどうしようと不安があったり、知ったかぶりをしてしまうというようなタイプの人ではない人の方が、よりゲームテスターとしても向いている一面があります。

17.几帳面である

また、細やかなバグに発見する力ということで、几帳面である一面も求められます。

あまり細かいことを気にしないタイプであれば、細やかなミスに気がつかない可能性もあります。

したがって、そこそこに几帳面で仕事をきっちりと遂行する力のある人の方が求められています。

ゲームテスターの方であればぜひとも持ち合わせておきたい適性の1つです。

18.反省できる

ミスを正す立場ということで、時にはうまくいかないこともあるでしょう。

そのような時は、反省をし次からはどのようにしたらよいのかをきちんと考える力が求められます。

同じことを繰り返し間違えてしまうのであれば、ゲームテスターとしてはあまり向いていない一面があります。

したがって、次はこうしようと思ってどんどんと改善できる人の方が、より質の高い仕事ができるゲームテスターになることでしょう。

19.常に改善点を考えられる

ゲームテスターの仕事は、ミスを正す仕事という一面がありますので、常に改善点を考えられる人の方が向いています。

細やかなことに気づき、どのようにしたら次はより良くなるのかということを考える力がある人の方が、ゲームテスターの方の適性としては最適なところがあるでしょう。

20.他の人の意見も受け入れられる

ゲームテスターと言うと、黙々とゲームをしているイメージがありますが、決してそうではありません。

仕様書等についてわからないことを聞くのはもちろんのことですが、ディスカッションもあります。

そんな時に、他の人の意見をうまく聞き入れることができる力がある人の方がより良いゲームを世に送り出すことができると言えるでしょう。

21.協調性が高い

1人で黙々と仕事をしているイメージがありますが、決してそうではありません。

職場にもよりますが、複数人でゲームをプレイし、どのような修正点があるのかどうか話し合うという職場もあります。

したがって、個人プレーのように見えるところがありますが、意外にも団体でゲームをする一面がありますので、協調性を求められるところはあります。

したがって、一見一人で黙々とするように思われるゲームテスターの仕事とは言えど、他の人と上手くやっていく力が求められています。

22.妥協しない

また、より良いゲームを世に送り出すために妥協しない性格ということも求められます。

したがって、そこそこに根気を求められるところがあります。

仕事自体が地味であるというところもありますし、より良いゲームを提供するためには、これでいいかというような感じだけをするのではなく、より良いものを生み出すためにストイックに突き詰めていく必要もあります。

したがって、根気があり妥協しないようなタイプの方のほうが、よりゲームテスターとして適性があると言えるでしょう。

23.マイペースに作業ができる

職場によっては団体プレイと言うところもありますが、内容によってはマイペースで作業ができることも求められます。

マイペースであるけれど、必ず納期に間に合うようにしなければいけないことから、マイペースでありがながらも、きちんと計画的に仕事を終わらせる必要があります。

比較的自由度の高い仕事に関しては、どうしても自分の裁量が求められるところがあります。

制限をされていないとついダラダラしてしまうのであれば、場合によってはゲームテスターの仕事は難しいでしょう。

したがって、マイペースでありながらもきちんと自分のペースながらに納期に間に合うように仕事をしていく力が求められています。

24.自分でやりがいを見つけられる

ゲームテスターは、単純にゲームをすることになりますが、その一方で地味で単調な作業も存在しています。

バグのチェックという仕事ですので、ともすれば単純作業のように思えてきて、飽きてしまう方もいます。

世の中にはいろいろな単調作業の仕事もありますが、人の手入りが非常に激しい傾向があります。

それほどに、単純なことの繰り返しをひたすらしている事はストレスを抱えてしまう要因にもなり得るということです。

ではこのような単調な仕事について続けていくにはどのようにしたら良いのかと言うと、そこにやりがいを見つけることだと言われています。

例えば工場系の仕事であれば、今日は何個完成させるというような明確な目標を持ったりすることによって、単調作業であっても楽しんでいる方が多いです。

ゲームテスターの方であれば、このゲームをこの世の中に送り出したいという明確な目標を持つことによって、よりやりがいを持って取り組むことができる一面があります。

25.将来達成したい目標を持っている

ゲームテスターになることでどのような目標達成したいのかというビジョンを持っている人は、ゲームテスターとして非常に伸びる一面があるでしょう。

例えば、ゲームテスターのプロになりたいということであれば、より細やかなバグに気がつくことができるということが必要です。

しかし、駆け出しの時にいきなりそのようなプロ並みの仕事をすることは難しいでしょう。

しかし、どのようなプロセスでプロに近づいていくのかということを意識していくことによって、目標が明確になります。

ゲームテスターを目指すために今から行動しよう!

確かに、ただ単純にゲームが好きというだけの憧れの感情だけでは勤まりにくい仕事だということがわかりましたね。

ただその一方で、大好きなゲームに関わりたい方もいるのではないでしょうか。

もしそうだとしたら、人生は1度きりですのでぜひ叶えましょう。

いろいろなところに求人が出ていますので、ゲームテスターになるために面接を受けてみるのはいかがでしょうか?

もちろんそのための下準備として、文章力を上げる練習をしたりパソコンにチャレンジするなど努力も必要です。

努力が必要な仕事ではありますが、大好きなゲームと関わる素晴らしい仕事を、自分の生涯の仕事にしてみませんか?