金遣いが荒く、いつもブランド品を身に着けている。

自慢話ばかりで人の話を聞かない。

自分が誰よりも優れている人間だと思っている。

あなたの周りにもこのような「見栄っ張り」な人がいるのではないでしょうか?

「見栄っ張り」な人は周囲に自分を良く見せたいという願望が強く、自分の身の丈に合わない生活を過ごしてしまいがちです。

結果、貯金が出来ていないどころか、借金までしてしまっているという負のスパイラルに陥っている人も少なくなくありません。

また、「見栄っ張り」の人の痛い所は、周囲に「身の丈に合っていない生活を送っている。」ということがバレているということです。

本人は自分を良く見せていると思っていますが、周囲は気付いていることが多いです。

今回のテーマは、「見栄っ張り」な人について。

見栄っ張りな人の考えや行動を分析していきたいと思います。

見栄っ張りな人は貧乏になる?

見栄っ張りな人というのは、貧乏な人が多い傾向にあります。

なぜなら、「実力が伴っていないのに、自分を良く見せるために、湯水のようにお金を使ってしまうから」です。

ブランド品を身に纏う、高級なレストランで食事をする、すぐに奢るなど、自分をよく見せるために、お金を躊躇なく使い、結果、お金がなくなるのが見栄っ張りな人の特徴です。

普通の人であれば、将来のことを考えて貯金をし、高い買い物であれば、本当に必要かどうかをきちんと判断して購入を決めます。

また、むやみに人に奢ったりはせず、お金の使い方を慎重に考えて行動しています。

見栄っ張りな人というのは、その場だけの感情と、自分を大きく見せるためにお金を使ってしまいがち。

思い返せば、使うべきではなかったお金の支払いがたくさんあったはずです。

身の丈に合わない生活を送るからこそ、もったいないお金の使い方をして、貧乏になってしまいます。

見栄っ張りが貧乏になる15個の理由をご紹介

見栄っ張りな人は、なぜ貧乏になってしまうのか。

それは自分の稼ぎ以上のお金の使い方をしているからです。

月々の支払がマイナスであれば、自然と借金は膨れ上がっていき、貧乏になってしまうのは必然です。

しかし、人は簡単に生活のグレードを下げることができません。

衣服や食事、趣味などにお金を使えば使う程、その生活をやめることができなくなります。

お金を節約しようにも、どう節約したらいいか分からず、借金をし続けていくのです。

では、見栄っ張りな人は、どんな考えのもと、貧乏になるような行動を繰り返していくのか。

お金を躊躇なく使ってしまう考えに陥っているの原因は何なのか、具体的にお伝えしていきましょう。

1.自分をより良く見せるために身分に合っていないブランド品などを購入する


見栄っ張りの人の特徴は、自分の身分に合っていないハイブランドを取り揃え、自分を良く見せるところです。

衣服、バック、時計、アクセサリー…等をブランド品で取り揃え、自分がいかに成功者であるかをアピールしようとします。

自分に似合っているかどうかは別です。

パッと見て、すぐにブランド品だと分かるような、大き目のロゴが入っていたり、誰もが知っているようなデザインを身にまといます。

さりげないオシャレができないのが、見栄っ張りの人なのです。

自分はお金を持っているとアピールしたい

見栄っ張りの人が、ハイブランドを身に着けるのは、自分がお金を持っていることをアピールしたいからです。

仕事で成功している、自分はできる人間だと周囲に思われたいのです。

しかし、現実には、見栄っ張りの人は仕事ができない人もいます。

見栄っ張りだからこそ、人に気を遣うことができない。

そのため、気が利いた対応ができない。

結果、周りから認められないため、自分自身をブランド品で着飾って、相手から認められたいと考えます。

他人よりいいものを身につけたい欲求が強い

また、他人よりもいいものを身につけたい欲求も人一番強いのが見栄っ張りの人の特徴です。

周囲に、自分が身に着けている衣服類やアクセサリーを褒められたいという欲求が強いため、会話の中に衣服類やアクセサリーの自慢を入れてくるのも、見栄っ張りの人の特徴です。

「限定品」という言葉に弱く、入手困難なものは手に入れたいと考えます。

自分が欲しいからではなく、他人に自慢するためのアイテムとして使いたいからです。

そのため、身に着けているものは一貫性がない場合もあります。

2.支払をリボ払いにする


「リボ払い」は簡単に行うことができる危険な買い物の仕方です。

手持ちのお金がないけど、欲しいものを購入したい時に利用する人が多くいます。

定額払いのため、気軽に手を出す人が多いですが、実は利子が高く、また金額が膨れ上がれば上がるほど、その額が増していくのが「リボ払い」というものです。

借金をしているといっても過言ではありません。

見栄っ張りの人は、自分をよく見せるためのお金を使う事に対して躊躇がありません。

そのため、リボ払いに手を出し、気付けば借金が膨れ上がっているということもしばしば。

1つの買い物のために、この先何年も、月額の返済を行なわなくてはいけないという悪循環に陥ってしまいます。

3.SNSで評価されることを目的としている

昨今では、SNSを利用する人々は非常に増えてきており、人々の日常生活に欠かせないコミュニケーションツールです。

料理や運動などの趣味、友達や恋人、家族との生活を投稿する人が多いのがSNSの特徴です。

しかし、見栄っ張りの人は、SNS上で誰よりも評価されたいと考えており、「いいね!」の数やコメント数を増やすことに必死になっています。

SNS上で評価を得るために、自分の身の丈には合わないレストランでの食事や、デートスポットを掲載することもしばしば。

自分の日常生活ではなく、自分を「良く見せる」ための投稿をしがちです。

身の丈に合っていない生活というのは、周囲から見てもわかってしまいます。

4.自分の中で高いプライドを持っている

見栄っ張りな人は、プライドが高く、いつでも自分が一番でいたいと考えています。

とはいえ、一番でいられるための実力が伴っているわけではないため、人を蹴落としたり、仲間はずれにしたりなど、マウントを取りがちです。

周囲に酷い対応をした結果、自分も相手にされなくなってしまうことも多くあります。

見栄っ張りな人は、自分を過信し過ぎな傾向にあります。

「自分ができないのは、周囲のせい。」「自分が思った以上の成果を出せないのは環境のせい。」と、自分ができないことを自分以外のもののせいにすることで、プライドを保っているのです。

5.人に食事などを奢ってあげることが多い

見栄っ張りな人は、「兄貴分」「姉御肌」でいたいと考える人が多く、すぐに人に食事を奢ってしまいがちです。

奢ることで、周囲からの賞賛を得たいと考えているからです。

しかし、奢ってくれる人=慕われている人ではありません。

稼ぎが伴っていれば、「仕事で成功している人」であり、尊敬されるケースも多くなりますが、見栄っ張りな人というのは稼ぎが伴っていません。

大概の人は、見栄っ張りな人の稼ぎが、生活に伴っていないことに気付いています。

しかし、おだてればすぐに奢ってくれるため、「財布」として付き合っている人もいます。

周りから信頼を得られておらず、便利な人としての扱いを受けているのです。

6.完璧主義

見栄っ張りな人は完璧主義であり、自分はいつも「完全」でありたいと考えます。

そのため、人に弱みを見せることも少なく、失敗談を話したり、辛い思いをしたことを話すことはありません。

完璧主義であることは良い事なのですが、周囲を気にするあまりに、自分の姿を偽って見せてしまうことがあります。

結果、自分の悩みを話すことができなくなり、「友人」と呼べる人も多くありません。

人間関係というのは、お互いの弱い所も知って、初めて深い絆が生まれていくものです。

単なる「見栄」で、自分の辛い気持ちを他人に見せないでいると、誰とも仲良くなることができなくなります。

7.未使用のものがたくさんある

見栄っ張りな人の家は、物が多く、整理整頓がされていないことが多いです。

自分が何を持っているか把握しておらず、次から次へ物を買うため、未使用品が増えていきがちです。

そのため家の中は、ゴチャゴチャになりがちです。

買うときに本当に必要なものかどうか判断していないことが多い

見栄っ張りな人は、必要か否かの判断で物を買うのではなく、衝動買いをしてしまいがちです。

自分が持っているものを把握していないことが多く、必要な物が分からず、ついつい物を溜め込む傾向にあるのです。

また、ブランド品なども、「見栄」のために購入していることも多く、未使用品も多くあります。

結果「こんなもの持ってたっけ?」というものも多く抱えており、必要のないものが家に増えていきがちです。

8.欲しいと思ったものはすぐに買う

見栄っ張りな人は、我慢が苦手です。

そのため、欲しいと思ったものは、あまり考えずに購入してしまうことがあります。

高いものであったとしても、リボ払いをすることに慣れてしまっているため、お金の使い方も麻痺しており、躊躇なくお金の支払を行ないます。

例え、自分の身の丈に合わない買い物であったとしても、「分割払い」をすれば支払えると考えるため、常に借金を抱えている状態になっています。

欲しいものを手に入れることが優先。

自分が欲しいものを変えるための稼ぎがあるか否かは考えないのです。

9.節約ができない

見栄っ張りな人は節約が苦手です。

自分をいかに良く見せるかを考えているため、自然と身に着けるものや、飲食、趣味などは派手になっていきます。

一度、贅沢を味わってしまうと、生活水準を下げることがむずかしくなります。

自炊をするということも頭にないため、外食が増え、日常生活を過ごすだけでも生活が圧迫されていきます。

また、見栄のために増えた習い事への支払いが多かったり、すぐに人に奢るという生活を繰り返しているため、諸経費だけで、お金がなくなっていきます。

10.貯金ができない

見栄っ張りな人は、自分の見栄のために、お金を湯水のように使ってしまうため、貯金をすることができません。

むしろ、月々の支払が赤字になってしまうこともあります。

そのため、いざという時にお金がなくて困ることも少なくありません。

年齢を重ねれば重ねるほど、冠婚葬祭や、育児、介護等、出費も増えていきます。

いざお金が必要な時に支払えない状態というのは、避けなければいけません。

11.お金をかけることの優先順位を決められない

見栄っ張りな人は、自分の見栄のためにお金を使い、本当に必要なことにお金を使うことができません。

そもそもお金をかけることの優先順位が決められず、自分の欲望のままにお金を使ってしまうため、いつまでたっても貯金ができないのです。

病気になったとき、親の介護が必要になったとき、トラブルに巻き込まれた時など、人生にはお金が必要な場面というのが必ず出てきます。

その時のためにも、貯金はしておくべきです。

しかし、そういったことの優先順位を高く設定することができないため、いつまでも、湯水のようにお金を使っていくのです。

12.自分に自信が持てない

見栄っ張りな人は、自分に自信がありません。

そのため、ブランド品を身に着けたり、SNSで豪華な生活を送っていることをアピールしたり、頻繁に奢ることで、自分を大きくみせようとしているのです。

仕事などでは失敗を繰り返していることも多く、上司からいつも叱られている人も少なくありません。

仕事では認められないからこそ、日常生活では認められたいという願望が強くなり、つい見栄を張ってしまうのです。

しかし、見栄を張れば張るほど、本当の自分とは違うジレンマに苛まれていくようになります。

他人と接していても、「虚しい。」「寂しい。」という気持ちを抱えるようになり、精神的に病んでしまう人もいます。