AKB48やももいろクローバーZ、そしてIZ*ONEなど、ここ数年の日本の音楽業界ではたくさんのアイドルたちが活躍しています。

そして、いたるところで毎年毎月のようにアイドルデビューを目指す女性たちを集めるオーディションが行われていますね。

とはいえ、実際にアイドルになるためにはどのように行動すればいいのかわからないという方もいることでしょう。

キラキラしていていつも可愛くて憧れの的の『アイドル』…。

この記事では、そんなキラキラ輝くアイドルになるにはどうすればいいかをご紹介しています。

ぜひこの記事を読んで、素敵なアイドルを目指してください。

アイドル活動をするにはどうすればいいの?

「アイドルになりたい!」と感じているそこのあなた!アイドルっていつもかわいいメイクをして、髪型をして、そして素敵な衣装を身にまとっていてとても素敵ですよね。

それでいて共演すれば、素敵な芸能人にも会えるのでとてもお得なお仕事のように感じることでしょう。

そんなアイドルになるために、あなたは今何かを努力していますか?人によっては、すでにアイドルになるための準備を進めている人もいるでしょう。

しかし、「実際にアイドルになるためにはどうすればいいのかが分からない」という方が多いんです。

せっかくそのように「アイドルになる夢」を持つことができても、どのように行動すればいいのかがわからないためにアイドルになるのを自然と忘れてしまう人も少なくありません。

アイドル活動するにはいったいどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、まずアイドル活動をする上での標準的と言われている基準を見ていきましょう。

平均身長や体重は?


アイドルになるために好ましい平均身長や平均体重は、特に決まっていません。

しかし、テレビで活躍しているアイドルを見ていると、ふくよかな子は見かけないように感じるのではないでしょうか。

たしかにアイドルオーディションの選考に通りやすいのは、痩せている(身長における標準体重程度もしくはそれよりも痩せている)人、そして身長は高すぎない人が多い傾向があります。

とはいえ、テレビに出演しているアイドルというのは、日本で活躍しているアイドルのごく一部になります。

高身長であることを売りにしているアイドルもいれば、痩せすぎずぽっちゃりしていることを売りにしているアイドルもいます。

そのようにあなたの”特性”にあったアイドルグループへの加入を目指すことにより、今のままの貴女でアイドルになることができます。

年齢制限はあるの?

基本的にアイドルオーディション参加資格には、年齢制限が設けられています。

小学校高学年~20代後半が年齢制限とされていることが多いです。

とはいえ、ここ数年でアイドル市場はとても増大しているため、年齢にとらわれないグループも出てきています。

期間限定でしたが主婦を中心としたアイドルグループもありましたし、60代以上の方でメンバーが構成されているものもありました。

このようにアイドルオーディションのコンセプト(どのようなアイドルグループにするのか、どのような目的を持って作られるグループなのか)によって年齢制限も変わってきます。

「この年齢ではダメだ」とあきらめるのではなく、必ずアイドルオーディションの年齢欄を確認しましょう。

10代になってなくても、20代後半でも、それ以降の年齢でもアイドルになれる可能性は高いです。

基礎体力も必要

アイドルというと、あなたはどのようなイメージを持っていますか?

たいていの方は、キラキラ輝いていてとても楽しそうに見えるのではないでしょうか。

素敵な衣装を着て、かわいくいて、時にはかっこよく踊って歌って憧れますよね。

しかし、そのように素敵なパフォーマンスを作り上げるためには、日々の努力が必要となってきます。

ひとつのステージを成立させるために、1ヶ月前(場合によっては2ヶ月前)からレッスンを積むことになります。

毎日ひたすら歌って踊る練習をすることになるんです。

ということで、アイドルになるためには、身長・体重・年齢よりも何よりも『基礎体力』が必要となります。

基礎体力さえあれば、少し激しいダンスを踊っても連続して踊るようなことがあっても、くたびれることがありません。

アイドルは、どんなにつらい状況でも常に笑顔をファンの方に届け、元気の源となるパワーを届けるお仕事でもあるのです。

ダンスしたり、歌うことでくたびれている場合、笑顔を作る心&体力の余裕がなくなってしまうので注意が必要です。

アイドルになるための方法とは

「私も憧れのアイドルのあの子のようになりたい」「アイドルになって有名になりたい」などなど”アイドルになる夢”を持っているあなた。

アイドルになるためには、具体的にどうするのかを知っていますか?

アイドルだけではなく、これはさまざまな職業に共通していうことができるのですが、何をするにしても最終目標を達成するために何をすべきなのかを知るべきです。

それを知り、そしてその通りに動くことによって最終目標―ここではアイドル―を達成することができます。

ここでは、アイドルになるためにあなたが今何をすべきなのかをお伝えしています。

ぜひ参考にしてください。

1.事務所に所属する

あなたには、好きなアイドルや憧れているアイドルはいますか?

それらのアイドルたちは、必ずどこかの芸能事務所に所属しています。

芸能事務所に所属し、そこでアイドルグループを結成することでアイドルとしてデビューすることができるのです。

芸能事務所に所属する方法は、芸能事務所に入るオーディションに受けるかもしくはスカウトをされるかになります。

すぐにアイドルになりたいのであれば、スカウトを待つのではなくご自身でオーディションを受けるようにしましょう。

事務所を選ぶ基準

芸能界には数多くの芸能事務所が存在しています。

その中でも芸能事務所を選ぶ基準として、アイドルグループを結成することを公表している・もしくはすでにアイドルグループがデビューしている/レッスン代金が別途かからない…この2つの基準で選んでください。

芸能事務所の中には、レッスン代金としてお金をまきあげて芸能デビューさせないようなところもあるので注意しましょう。

2.養成所に通う

音楽業界で活躍しているアイドルを見ればわかるかと思いますが、歌にダンスにとても楽しそうにしていますよね。

アイドルたちは、元からそんなにダンスや歌がうまかったというわけではありません。

上手になるために養成所(ダンスや歌を教えてくれるところ)へ行き、練習しているんです。

養成所は、所属する芸能事務所が紹介してくれることもあります。

しかし、まだ芸能事務所に所属していない方もいるでしょう。

その場合には、直接養成所に通うこともできるので探してみましょう。

養成所を選ぶ基準

養成所を選ぶ基準として、通いやすさ・レッスン料・レッスンスケジュール・輩出した芸能人を確認してみてください。

どんなに素敵な養成所であっても、レッスン料が高額であったりすると通い続けることができません。

あなたにもアイドルになる素質があるのに、途中で夢をあきらめることになるかもしれません。

また、その養成所から輩出された(通っていた)芸能人が有名であればあるほど、あなたもそこから輩出されることによって有名になれる可能性があります。

3.ボーカルやダンスのレッスンに通う

すでに歌やダンス教室に通っているのであれば、これは必要ありません。

何度もお伝えしていますが、アイドルは歌って踊るのがお仕事になります。

あまりダンスや歌が上手ではなくても状況によってはデビュー可能です。

それにアイドルというのは、たいていの場合で「成長していく姿を応援する」ものであるので、ダンスや歌ができなくてもご愛嬌として認めてもらうこともできます。

しかし、ダンスや歌に特化したアイドルグループに入る場合には、難しい歌やダンスをクリアしなければなりません。

アイドルになってから苦労するのではなく、アイドルになる前から歌やダンスの練習をしておけば、のちのち苦労することも減ります。

また、ダンスや歌ができるということでアイドルメンバーに選ばれやすくなります。

4.アイドルオーディションを受ける

まだ芸能事務所に所属していない場合には、自らアイドルオーデションを受けましょう。

芸能事務所に所属している方でも、状況に応じてオーディション参加を認められることがあるため、確認してから応募してください。

アイドルオーディションは、たいていの場合は1次審査で書類審査、2次審査で面接・実技審査、3次審査で合宿…という流れが多いです。

オーディションに応募するために、履歴書を作成する必要も出てくるので、それをふまえて行動していきましょう。

オーディションの種類

オーディションにはさまざまな種類があります。

ネットで応募するタイプ、書類一式を郵送にて応募するタイプです。

最近では、スマホで撮影した写真をそのままオーディション本部へ送信することができるので、簡単に応募できます。

あなたの応募しやすいタイプを選んでください。

オーディションの探し方

オーディションを探すには、オーディションサイトやオーディション雑誌を確認しましょう。

特にオーディションサイトでは、毎日新しいオーディションが随時追加されます。

そのため、オーディション情報を見逃すこともありません。

人気のオーディション(有名アイドルの追加メンバー募集等)だと予定より早めに募集を取りやめることもあるので注意しましょう。

オーディション情報を常にチェックしておけば、どんな募集が多いのかそしてあなたの気になるオーディションの情報もいち早くGET可能です。

5.スカウト

さきほども少し触れましたが、芸能人―アイドルになるためにはスカウトでなることも可能です。

スカウトとは、芸能事務所の方が芸能人としてデビューさせたい一般人を見つけて声をかけ、芸能事務所に入れるように手だてしてくれるものです。

東京であれば、原宿・新宿あたりでは芸能事務所の方からよく声をかけられる方が多いですよね。

すでに活躍しているアイドルの中にもスカウトからアイドルになった方もいます。

必ずスカウト先の信憑性を確認する

スカウトされるだけでも多くの方がうれしく舞い上がってしまい、芸能事務所の詳しい話を聞いていないのに芸能事務所に入所してしまう方もいます。

しかし、スカウトから芸能事務所に入る際には、必ずスカウトの信憑性を確認してください。

その芸能事務所は存在するのか、ネットの口コミ、公式ホームページの確認などをおこないます。

中には、実際に存在していないのにお金をまくしあげるためにスカウトをしている人たちもいるので気を付けましょう。

ネットでのスカウトも増えている

スカウトというと街で歩いていて声をかけられる…というパターンを思い浮かべる方も多いと思います。

しかし、現代ではネットでのスカウトも増えています。

Youtubeで唄を歌う姿を投稿していたら大手芸能事務所から声がかかって、歌手デビューした人もいるくらいです。

とはいえ、ネットのスカウトは街で出くわすスカウト以上に信憑性を確認しにくいところもあるのでさらに注意したいところです。

6.動画配信サービスを利用する

一つ前の項目でもお伝えしたように、現代ではネットでのスカウトも増えています。

その中でもYoutubeなどの音楽配信サイトからスカウトがかかることも多いのです。

それによって歌手デビューした人もいれば、中には「踊ってみた」映像を投稿することでアイドルデビューできた人もいるくらいです。

また、芸能事務所の方がご覧になる自己アピールアプリなどもあるため、あなたの生活スタイルや得意なものに特化したものを選ぶようにしましょう。

自分のファンを作る

音楽配信サイトでは「いいね」ボタンや場合によっては、チップを配信されることがあります。

つまり、あなたのファンを作ることができるのです。

アイドルになる前にアイドルになった気分を味わえるだけではなく、実際にあなたがアイドルデビューしたときに太いファンになってくれることは間違いありません。

今からすでにアイドル活動を始めていると思って、音楽配信サイトであなたの歌やダンスを披露してみてはいかがでしょうか。

7.SNSを活用する


SNSにご自身の写真や日常生活を記載していきましょう。

アイドルは”顔”を出すのが前提のお仕事でもありますから、あなたの顔出しもプライベートな部分が写りすぎないようにして投稿します。

そうすることによって、「この子を応援したい」と思う人たちがあなたのファン(フォロワー等)になり、あなたを応援してくれるようになります。

SNSを活用し、あなたもご自身を今からアピールしてみてはいかがですか?

芸能事務所の方がSNSの書き込みやそれを見ている人の反応を確認していることもあります。

話題になる

フォロワーなどが増えていくと、話題性のあるアカウントとして認識されるようになります。

その結果、SNSに芸能時事務所の方が食いつくんです。

基本的に芸能事務所に入ると、芸能事務所の方たちがタレント(アイドル)を売り出していきます。

しかし、すでにSNS等で話題のある人であれば、その売り込みが必要ありません。

そのため、すぐにデビューさせてあげられることもあり、SNSで話題となっている方たちをスカウトするんですね。