トラックドライバーにとっては、運転席の狭い空間が“仕事場”です。

積み荷を約束の時間までに、お客様が待っている目的地まで運送します。

目的地まで運送する途中には、予想外の渋滞に巻き込まれたり、道路工事のため片側車線になっている現場に遭遇することがあります。

トラックドライバーは、予想外の出来事に直面しても冷静に状況判断をして、最適な対処手段を見つけ出すための的確な判断力が必要です。

また、1日の運転時間が10時間以上になることもあり、独りで長時間運転していても集中力を低下させないための強い精神力が求められます。

特に、長距離トラックドライバーの場合は、深夜を通して運転を続けなければならない厳しさがあります。

長時間の運転中では、道路状況や周りの車の速度の変化などに絶えず集中し続けて見逃さない精神力があってこそ、安全運転で仕事を続けていくことが出来るのです。

トラックドライバーの仕事は、運転中に起きる出来事の全責任を負う立場に置かれるという厳しい面がある一方で、遣り甲斐のある“専門職”と言えます。

トラックドライバーの仕事って?

世の中には、数えきれないほどの様々な仕事があります。

多くの仕事の中で、トラックドライバーの仕事は、トラックを運転中は一瞬の油断も許されない集中力が必要です。

自分が運転しているトラックの前後左右には、色々な車が色々な速度で走っています。

また、時には道路工事のために迂回しなければならないなど、道路事情の変化にも絶えず注意を向けて運転しなければなりません。

トラックドライバーの“仕事場”である運転席は、法定内のスピードで走行していますので、周りの状況を見逃さない集中力が大切です。

トラックドライバーになるには?


トラックドライバーは、運送する荷物の種類や運転するトラックの大きさ、種類によって、仕事の内容は様々です。

トラックドライバーになるためには、独りで長時間運転しますので、“トラックの運転が大好き”という人には向いている仕事と言えます。

但し、トラックの運転が大好きというだけでは務まらない、厳しい面があります。

トラックで運ぶ積み荷を、約束の時間までに目的地に届けなければなりません。

長距離運転で遠く離れた目的地に向かう途中では、渋滞に巻き込まれたり、道路工事の現場に遭遇したり、想定しない状況に直面することが少なくありません。

想定しない状況に遭遇しても、積み荷は約束の時間までに目的場所に運送しなければなりません。

必要な免許や資格

トラックドライバーの仕事は、専門職的な技能職と言えます。

トラックには、大型トラック、中型トラック、タンクローリーなど様々な種類があります。

それぞれのトラックを運転するためには、トラックの種類に応じた資格を取得しなければ仕事に就くことが出来ません。

資格には、普通自動車第一種免許、中型自動車免許、大型自動車免許、フォークリフト免許などがあります。

また、免許を取得するためには、運転経験が必要なケースがあります。

例えば、4tトラックやスクールバスの運転に必要な中型自動車免許を取得するためには、満20歳以上で普通免許か大型特殊免許を取得済であり、なお且つ2年以上の免許経歴が必要条件になります。

大型トラックの運転手になるためには、大型免許と普通自動車第一種免許の取得が必要です。

タンクローリーの運転手になるためには、大型免許と普通自動車第一種免許、危険物乙4種の資格が必要になります。

このように、トラックドライバーになるためには、運転するトラックの種類に応じた免許や資格が必要になります。

トラックドライバーに向いている人の25個の特徴

トラックドライバーは物流業界を支える大切な役割を担っています。

トラックドライバーの仕事は、長時間独りでトラックを運転します。

日々繰り返されるトラック運転は、独りで仕事に取り組むことを苦にしない精神力が必要です。

また、運転中は周囲を走る自動車のスピードや車線変更などに神経を集中しながら運転を続けなければなりません。

前を走る車が予期せずに急ブレーキをかけることがあっても、迅速な判断力で冷静に対処しなければなりません。

また、予期しない交通規制や道路工事、大雨など気候の変化による通行止めなど、積み荷を目的地に運送する間には、想定外の事態に遭遇することがあります。

約束の時間までに目的地に到着するためには、交通規制や道路工事などの事態に直面しても、最適なルートに変更できる道路情報に関する多くの知識を持っていなければなりません。

また、トラックドライバーはトラックの運転技術に優れていることは勿論です。

ですから、強い精神力、様々な知識や的確な判断力を持ち合わせていなければなりません。

1.体力に自信がある

トラックドライバーの仕事の中でも長距離トラックの運転は、長時間にわたり運転席に座り続けるために、腰などに大きな負担がかかります。

ですから、体力の強靭さが求められます。

また、運送する積み荷をトラックに搭載する際に、人手が足りないときは、積み込み作業を行うこともあります。

長時間を掛けて運転をして、目的地に到着した際には、荷物を荷台から下ろす作業を行うこともあります。

納品先に到着した際に、倉庫の棚に荷物を仕分ける作業を依頼されることもあります。

トラックドライバーは、トラックの運転だけではなく、荷物の積み下ろしの際のチカラ作業を行うこともありますので、体力に自信がある人でなければなりません。

また、数日間にわたる長距離運転の場合は、休憩や睡眠、食事の時間が思う様に取れないことがあります。

時には、パーキングエリアなどでの車中泊を余儀なくされることもあります。

ですから、体力勝負の仕事と言えます。

2.自己管理ができる

トラックを運転中は、長時間にわたり話し相手がいないため、独りの運転の退屈さを紛らわそうとスマホを見ながら運転する安易な油断運転は禁物です。

日常生活の中で、精神的な安定感を保つために、また、安易な油断運転をしないための自己管理は、トラックドライバーの仕事を続けていくためには大切なことです。

また、目的地には、お客様と約束した時間までに到着しなければなりませんが、途中の道路事情のトラブルに遭遇しても交通ルールを守る冷静さが必要です。

約束の時間を守り、交通ルールを遵守するための自己管理が大切です。

3.計画性がある

トラックドライバーの中でも、多くのお客様宅に荷物を届ける宅配トラックの運送があります。

宅配トラックの運転では、それぞれのお客様宅に、お約束の時間までに荷物を届けなければなりません。

このため、無駄な時間を浪費せずに効率よく運転する判断力が必要です。

目的のお客様宅までに到着する途中には、道路工事のため通行止めになっていたり、渋滞に巻き込まれたり、予想外の道路事情に遭遇することがあります。

予期しない事態に直面しても、お客様に積み荷を届ける時間を守らなければなりません。

多くのお客様に荷物を届ける時間を守るためには、予め計画性を持った運転時間の予測を立てることが大切です。

勿論、予期しない道路事情に遭遇した際の時間のロスも考慮した、運転計画を立てて、一日の仕事をスタートさせる心掛けが必要です。

4.精神が強い

トラックドライバーにとっては、トラックを運転中は、前後左右を走る他車の走行スピードなどに絶えず目配りと注意が必要です。

前を走る車が突然、急ブレーキを掛けることがあります。

また、左右を走る車が急に車線変更をして、自分が運転するトラックの前に進入してくることもあります。

また、前を走る車が高齢者のノロノロ運転のために、車線全体の車の走行スピードに“乗れない”こともあります。

お客様と約束した時間までに目的地に荷物を届けなければならないにも関わらず、思いも寄らない他車の運転に巻き込まれて、精神的なストレスがうっ積することもあります。

溜まったストレスを発散するために、トラックの運転スピードを上げる行為は慎まなければなりません。

毎日のトラック運転では、他車からの想定外の無謀運転のために、ストレスを受けることは少なくありません。

多くのストレスを受けるトラックドライバーにとっては、自分の“身を守る”ために、精神力の強さを持って、常に冷静な運転を心掛けなければなりません。

また、片道500kmを超える長距離トラックの運転では、深夜の長時間運転をしなければならないことも多々あります。

このため、運転中の眠気を払拭し、集中力を維持するための精神の強さが求められます。

トラックドライバーにとって精神の強さは、安全運転のための“お守り”となります。

5.運転が好き


トラックドライバーの仕事は、日々変わる道路事情にも臨機応変に対応して、お客様と約束した時間までに、積み荷を届ける厳しい仕事です。

季節によっては、想定外の大雨や大雪に遭遇することもあります。

想定外の状況に直面しても、お客様との約束の時間は守らなければなりません。

また、お客様に届ける積み荷が傷まないようにするための、細心の注意が必要です。

目的地まで積み荷を届ける運転途中には、色々な予想外の出来事に巻き込まれることも少なくありません。

想定外の厳しい状況を乗り越えて、トラックドライバーの仕事を全うするためには、第一に“運転が好き”であることです。

「好きこそ物の上手なれ」ということわざにもある通り、“運転が好き”であることが様々な困難を乗り越えるための“原動力”となります。

6.コミュニケーション能力がある

トラックドライバーは、運送会社の“顔”という立場で仕事に取り組まなければなりません。

自分の会社の“顔”として、お客様に与える第一印象が重要となります。

お客様に快い第一印象を感じ取ってもらうためには、挨拶から始まるコミュニケーション能力が大切です。

トラックドライバーは、トラックの運転だけではなく、様々な場面での人間関係をスムーズに乗り越えていくためのコミュニケーション能力も必要です。

例えば、宅配便のトラック運転では、荷物を受け取る多くのお客様に快く受け取ってもらうためには、元気な挨拶と会話が求められます。

勿論、お客様に快い印象を与えるために、社会人としてのマナーを身に付けていなければなりません。

配送したお荷物を、お客様に快く受け取ってもらうことで、お客様との間に信頼関係が生まれてきます。

トラックドライバーにとって、コミュニケーション能力があることで、お客様との信頼関係を築くことが出来て、“会社の顔”を全うすることが出来ます。

7.集中力がある

トラックドライバーにとって、毎日トラックを運転している中で、道路事情は日々違ってきます。

その日の天候が雨降りで視界が良くないとか、車の渋滞度合いや道路工事の状態など、日々変化しています。

ですから、トラック運転の経験を長年積んで慣れているとはいえ、毎日の仕事には気の緩みは許されません。

運転中の集中力が散漫になると、前を走っている車の急ブレーキに迅速に対処出来ないなどの事故に巻き込まれることがあります。

運転中の集中力を保つことで、事故を回避することができます。

事故を回避できることで、自分の身を守ることになります。

集中力は、事故の回避とともに、他の人や自分の身を守るために、絶対に欠かせません。

集中力を継続させることが大切

トラックドライバーの“仕事場”は、狭い空間の運転席です。

狭い運転席で長時間、トラックを運転し続けます。

トラックを運転中は、自身のトラックを取り囲むように、色々な車が前後左右を走行しています。

前後左右を走行する車の運転状況には、一瞬でも目を離せません。

前を走る車がいきなり急ブレーキをかけることがあっても、事故回避のために瞬時に反応して対処しなければなりません。

また、左右を走行する車が急に車線変更して、自車の車線に割り込んでくることもあります。

このように、自車の前後左右を走行する車が予想外の運転をしても、素早く反応して事故を回避しなければなりません。

このためには、一瞬の気の緩みも許されない集中力を継続させることが大切です。

8.1人で仕事をしたい

トラックドライバーは仕事時間の殆どは、独りでトラックを運転しています。

独りで長時間、人と会話を交わすことなくトラックを運転し続けます。

多くの時間を人と会話をせずに過ごします。

ですから、トラックドライバーは、人と会話をしない時間が長いことで、“寂しい”と感じる人には向かないと言えます。

人によっては、長い時間会話がないと“取り残されているようで寂しい”と感じる人も居ます。

ですから、トラックドライバーは「1人で仕事をしたい」と考えている人には、向いている仕事と言えます。