学校生活においても大人になってから行う行事においても、リハーサルを行うことは多いと思います。

今回はリハーサルの意味や、リハーサルが大切だといえる理由について掘り下げて見ていきましょう。

リハーサルの意味とは

リハーサルとは模擬練習のことを指します。

よくお芝居などで稽古をすることもありますが、通し稽古の時にもリハーサルと言う言葉を使います。

本番に近い状態で練習をすることをリハーサルと言うのです。

演劇にしても何かのスピーチにしても、本番は必ずあります。

その時の本番に備えて実際にその通りにリハーサルを行うことで、問題点について改めることができます。

従ってリハーサルは非常に重要です。

本番に近いリハーサルだとより効果的


なかなか環境が許さないと言うこともあるのかもしれませんが、できるだけ本番に近いリハーサルをすることが理想です。

例えば体育館で行う行事だとしたら、体育館でリハーサルを行ったほうがより実際に近い形になり、どのような問題点があるのかがわかるようになります。

例えば学芸会の練習をしていたとして、教室だと大きな声だと思っていても、体育館のように大きいところだと意外と声が通らないと言うこともあります。

このようなことを考えると、できれば本場に近い状態で行った方が良いでしょう。

それは舞台などで芝居を生業としている俳優の方であっても、同じことが言えるのではないでしょうか。

一方でなかなか環境が許さない場合でしたら、できれば条件が近いところなどをリハーサルの会場にした方が良いでしょう。

本番とリハーサルは全然違うように感じることも

なるべく同じような環境でリハーサルをした方が良いのは言うまでもありません。

ただやはりリハーサルが本番と同じようにはいかないでしょう。

具体例を挙げると、リハーサルの時には観客がいません。

学校で行う学芸会においても保護者の方がいないときのリハーサルと、実際に保護者が入る本番の時とは随分違うと言うこともあると思います。

本番では観客がたくさんいて緊張してしまい、うっかりと間違えてしまったと言うこともあるかもしれませんね。

このように本番とリハーサルが全然違うと感じられると言うこともあるのです。

リハーサルが大切な20個の理由


本番と同様にリハーサルも非常に重要です。

例えばお芝居をするとか1人で全員の前に立ち、話をすると言う時にリハーサルの時はつい照れてしまうということがありますよね。

ただやはり本番と同じようにリハーサルに取り組むことが大切です。

そして、どんな風になるのかということを把握することが重要なのです。

このほかにももちろんリハーサルが大切な理由はたくさんあります。

リハーサルが大切な理由について解説していきます。

1.本番のイメージを掴むことができる

リハーサルをすると言う事は、本番に近い形で練習をすることから、本番のイメージが掴みやすいところがあります。

やはり人間には慣れが重要です。

初めての時だとついついいろいろなものを見落としてしまうことがあります。

しかし何とかこなしているうちに、だんだんとコツを掴んでくると言うこともあるでしょう。

例えば身近な例で言うと、結婚したばかりの頃に家事を始めたばかりの時と、40代や50代位になって家事を続けていた場合、後者の方が非常に要領が良くなってくることでしょう。

それは毎日毎日同じことを繰り返すからこそ、どのようにしたら効率よくこなせるかがわかるようになるのです。

例えば、洗濯を始めたら洗濯機の前にずっといるようなタイプの人だったとしても、だんだんと洗濯機を回している間に掃除機をかけたらいいと思うようになったりもします。

もしくはご飯の下準備に使っても良いと思うようになるかもしれません。

このように要領の良さを得ていくことによって、だんだんと物事をうまくこなしていくようになります。

ただ何かのスピーチであったり、芝居の場合はそんなに家事のように毎日ずっとやり続けていくようにはいきません。

したがってリハーサル等をするからと言って、本番とどのような状態になるのかということを知っておくことが非常に重要なのです。

考えていたイメージと違うことがある

人間はそこそこに想像力がありますが、やはり想像力だけでも限度があります。

考えていたこととイメージが違うと言う事はよくあるのです。

きちんとイメージ通りに行っている人を見てみると、多くの場合は経験者であることが多いです。

だからこそイメージが難しいと言うことであれば、できれば本番と同じようなリハーサルをすることによって実際はどのようになるかをしっかりと検討することが重要なのです。

2.本番で緊張しない

あがり症の人はどうしたら良いのかと言うと、もう練習しきっているから絶対に失敗しないと思う位に練習をするということが解決方法として挙げられています。

しかし、練習だけでは限度があります。

それは練習の時と違う状態に緊張してしまうことがあるからです。

しかし、リハーサルをしっかりとすることによって本番と非常に近い状態で練習をすることができます。

したがって「リハーサルの時と同じようにこなしていけば絶対に大丈夫!」と言う自信が生まれるところがあるのです。

リハーサルでの経験が自信につながる

緊張したりするのは、そこに自信のなさがあるからと言うこともあります。

だからこそ、リハーサルで自信を身に付けると言うことによって、緊張しなくなるというところがあるのです。

皆さんは、日々やっている事はありますか?

主婦の方は家事を毎日やっているでしょうし、会社員の方は自分が日々行っているようなルーティンワークのような仕事もあるのではないでしょうか。

このように毎日毎日やっていることに関して皆さんは緊張しているでしょうか?

多くの場合は、もうそつなくこなしていると言うことが多いのではないでしょうか。

毎日毎日の反復の動きをすることによって、そこから自信が生まれて問題なく業務をこなすことができるようになっていると思います。

したがってこのように自信を持って行うためには、練習であったりリハーサルの積み重ねが大切なのです。

本番でも自分のペースを守る

特に緊張するようなタイプの方であれば、できれば本番でも自分のペースを守った方が良いでしょう。

中には話すのが好きなタイプであったり、お芝居が好きだったりという感じで、アドリブをドンドンと入れられる人もいるにはいます。

ただどうしても緊張してしまうのであれば、リハーサルでやったことを忠実にやっていくということが非常に重要です。

ただスピーチをする場合だと、時に質問をされると言うこともあるかもしれません。

場合によっては想定外の質問をされることもあるかもしれませんね。

その場合であっても、なるべく自分のペースを保つと言うことも重要視しましょう。

3.失敗をしないため

失敗をしないためにということも理由として挙げられます。

練習をしたからこそ大丈夫という自信が生まれるほどに練習をすると、失敗することもほとんどなくなってくるでしょう。

やはり場合によっては一発勝負と言うところもあるのではないでしょうか。

日々の業務であれば、もし何か失敗したら次はこうしようと言うふうに思って、改善をすると言うことも可能でしょう。

しかし、年に1回みんなの前でスピーチをする場合であったりすると、そこでぶっつけ本番と言う形になります。

学芸会などの学校の行事であっても、基本的にその年の演劇は本番の一回のみとなっています。

だからこそ、このようなぶっつけ本番タイプのところで失敗しないために、リハーサルが大切になってくるのです。

本番よりも本番らしく

そして本番よりもより本番らしく練習をすることが求められます。

例えば小学生位の子であったり中学生の子であっても、思春期に差し掛かってくるとだんだんと照れが出てきます。

よくフォークダンスなどがあった場合でも、照れて手をつなぎたがらない男女に対し「もっと本番らしくやれ!」と先生に叱られるような話もよく聞かれていました。

このように、本番ではないと言う気の緩みからついついリハーサルを本番のようにやらないこともありますが、やはり本番を成功させたいのであれば、リハーサルを必ず本番らしくやるのは必須です。

リハーサルで成功しないと本番では成功しない

リハーサルで成功しない事は本番でも成功するのは難しいでしょう。

中には本番で底力を出すようなタイプの人もいますが、そのような人ばかりではありません。

基本的に練習したようにしかできません。

だからこそ何か成功させたいと言うことでしたら、ぜひともリハーサルの時から手を抜かず、なおかつ日々の練習も必死にこなしていくことが大切です。

4.忘れていることがないか確認できる

またリハーサルをすることによって、実際に考えているようにしていても、忘れていることというのはあります。

そこで、忘れていることがないかということを確認することができるのです。

したがって、本番がある事は基本的にリハーサルは重要です。

5.より良く工夫することもできる

実際に行ってみることで、もっとこうしたら良いのではないかと言う場面も出てきます。

そのような時に改良を加えることができるのもリハーサルがある良い点の1つなのです。

特にお芝居の世界ではそうなのではないでしょうか。

特に舞台で収入を得ている俳優さんであれば、良いお芝居をするということが次の仕事の呼び水となります。

だからこそ、より良いものを作り上げていくためにも本番と同じような感じのリハーサルは非常に重要なのです。

6.第三者の意見を聞ける

リハーサルの時にお客様や保護者と言うわけではなくても、第三者の方が立ち会うと言うこともあるのではないでしょうか。

この第三者の意見を聞くことが出来るのもリハーサルの良い点の1つです。

より良いものを作っていくためにはいろいろな人の意見が必要です。

人それぞれに感じていることや考えている事は違いますので、そのような気持ちを尊重しつついろいろな意見を聞いていくことによって、より良いものを作っていくことができるのではないでしょうか。

意見交換が大切

ここで重要なのが意見交換です。

意見を交換しあってより良いものを作っていくと言うようにすることによって、より良い力であったりスピーチなりを作っていくことが出来るようになります。

7.普段は一緒に練習できない人と合わせられる

いろいろなサークルにおいてもなかなか時間が合わずに一緒に練習ができない人もいるかもしれません。

とあるテレビ番組で見ましたが、南米の国から日本の踊りを教えてもらうと言うことで来日をしている番組がありました。

一緒に合わせて踊ると言う事は非常に難しい状況です。

そのような場合であってもリハーサルで合流したときに練習ができるというところもあるのです。

テレビで見たそのサークルの人は、基本的にはテレビ電話などで会話をしている状態で、踊りなども一緒に楽しんでいました。

リハーサルの時に来日をするという形で合わせて本番に備えていたのです。

8.照明や音響を調整して本番の質を向上させる

演劇などの場合は、照明音響等を本番の質を高めるために調整させるということもできます。

リハーサルを行うと、例えばハウリングなどが起こると言うことであればマイクの位置を調整することが必要になります。

また、照明などの位置とかマイクの位置など本番さながらにやってみて、不都合があるところを改善してよりよく改善することができるという特徴もあります。

9.演出時間を確認してスケジュール調整

また時折演出時間が思ったより長くなってしまったとか、思ったより短かったと言うこともあります。

そんな時に必要になってくるのがスケジュール調整ではないでしょうか。

例えば学芸会においてもそうですし、何か講演であったり演劇の発表であったりしても、割り当てられている時間はあらかじめ決まっています。

もしそれをあまりにも超過するのであれば考えものですし、短すぎると言うのも不都合です。

したがって、もし長くなりがちと言うことであれば割愛できるところは割愛することが必要ですし、短い場合は尺を伸ばすと言うことも必要です。

10.演出の流れに不備がないか確認する

また練習の流れに不備がないかということを確認するという点においてもリハーサルは重要です。

もしそこに何か不備があったら改善をすることができますので、ぶっつけ本番で失敗するよりかはリハーサルでそのような不備が見つけられた方が良いのは言うまでもありません。

11.本番に不安を残さない

本番に不安を残さない点でもリハーサルは大切です。

リハーサルの時にうまくいったのだから、本番でもリハーサルの通りにやれば絶対にうまくいくと言う自信があると、安心していろんなことができます。

子供の運動会などを見ていても思いますが、練習時間が短い事はやはり子供にとっても不安を与えてしまうところがあります。

昨今は暑い日が続き外での練習がなかなか難しいと言う日がありました。

しかし運動会は基本的に外でありますので、動きなどでもし失敗したらどうしようと言う不安を抱くと言う子も多かったです。

しかし日々練習を重ねてリハーサルをすることによって、自信が生まれてきたと言うところも見てきました。

したがってリハーサルをすることで、ここまでやったんだから大丈夫と言う自信を持つということも非常に重要なのだと言う事は感じさせられます。

12.事故やケガの原因がないか確認する

スピーチなどで話すだけでしたらそうでもないでしょうけれど、例えばアクロバティックな演奏をするような場合だと、事故や怪我につながるようなものがあるかもしれません。

例えば何かコードをひいていたとしたら、そこにつまずいてしまったら大変危険ですよね。

したがって、何かコードがある場合であれば、なるべくその演出をするようなところにコードがないようにすることは非常に重要です。

このように、リハーサルをすることによって、「ここは危ないかもしれない」と言うことに気がつくことができます。

もし舞台から落ちたのであれば、演出する場所を変えたり、舞台の下に転落しても大丈夫なように処置を施すことが重要なのかもしれません。

13.入退出する場所の確認

運動会などでもよくありますが、入退場する場所の確認も必要です。

入ってくるときにスムーズに入れるかと言うのもそうですが、項目が終わって退場する時に帰るときにも帰りやすいかどうかと言うことも考えることが重要です。

運動会などを見ていてもそうですが、役員の人が毎年毎年変わると言うことから、入退室などの演出を全く同じにしているところがあります。

したがってマニュアルなどを見ても基本的に変わっているところはなく毎年同じことが繰り返されています。

それは何年も何年もやってきたことから、どのようにしたら入退場がしやすいかどのようにしたら効率よくできるのかということが集約されている集大成だからというのもあります。

14.ステージや会場の広さの確認

ステージの会場の広さなどを確認すると言う事でも、リハーサルは非常に有効です。

学校関係においても基本的に子供の数は減りつつあります。

しかしその一方で、極端に人数が多い学年と言うのも存在するのです。

したがって他の学年と同じように考えていたけど、思いのほか狭かったと言うこともあるのかもしれません。

そこで、実際にリハーサルをすることによって、どのようにしたら滞りがなく競技ができるのかということも考えていくことができるのです。

それは実際にリハーサルとしてやらないと逆にわからないことかもしれませんね。

学年によって人数が変わってくると言う時代になってきていますので、去年やった通りに必ず通用すると言う状態にはならないと言う一面があります。

15.本番に流す映像があれば映像内容やサイズなどのチェック

また本番の時に何か流す映像があると言うことであれば映像の内容は非常に重要です。

うっかりと間違って全く違う映像を準備している可能性があるからです。

例えばスピーチで説明をするときに、そのスピーチの内容のことではなく、他の映像が流れてしまうと言うことになれば大変なことです。

事前に準備が必要なものですので、必ずどのようなものかを確認し、リハーサルでしっかりと確認するようにしましょう。

またその映像自体が正しくてもサイズが合っているかということも確認が必要です。

あまりにも小さ過ぎると見えませんし、大きな画像になりすぎて、他の部分が見えないと言うことで本末転倒です。

映像を準備したから安心と思ってしまうところがありますが、大きさが違うとしたらそれが失敗につながってしまうこともあります。

したがって、リハーサルでしっかりと確認することが重要なのです。

16.本番が終わってから後悔しないため

後悔は基本的に、もっとこうしたらよかったのではないかと思ってしまうところから始まります。

本番が終わってから「もうちょっと真面目に練習していたら、もっと良いものになったのではないか」と思ってしまうこともあります。

しかし、再びチャンスがあるものではない限りは基本的に終わってしまったものは取り返しがつきません。

だからこそ本当に本気で練習することが重要なのです。

リハーサルをしたりしてしっかりと練習することによって、その後悔を減らすことができます。

仮に何か失敗してしまったとしても、「ここまで練習して失敗してしまったのだから仕方がない」と割り切るのか、「もっと練習をやっておけばうまくいったかもしれない」と思うのかでは大分違います。

リハーサルなどを行い、しっかりと調整した上で行うとしっかり練習したと言う気持ちになり心も安定しますし、仮に何かあってもここまでやったのだからもう大丈夫だと言うような気持ちになります。

17.万が一のトラブルにも落ち着いて対応するため

やはり本番で万が一のことが起こってしまうこともあり得ます。

ただその万が一が起こっても冷静に対処することができる点でもリハーサルは重要です。

例えばですが、避難訓練などをしたりすることがありますね。

なぜ避難訓練が必要なのかと言うと、万が一のときに落ち着いて対処するためです。

やはり急に起こることというのは、人間はついついパニックになってしまうこともあります。

そんな時に避難訓練でこうやったから「こんな風に逃げよう」と思ったりするところがあるでしょう。

このようにリハーサルの内容においては、万が一のためにどのようなシチュエーションで動いたら良いのかということも、しっかりと打ち合わせをしておくことも含まれています。

18.本番でミスしても動じない

例えば本番でミスをしてしまうということがあっても、リハーサルをしていると言うことで自信があったらそんなに動じないと言うこともあります。

例えばスポーツ選手などを見ているとそれが顕著なのではないでしょうか。

プロの選手ですので日々本番を重ね、場合によっては練習試合などもやっています。

しかしプロの選手であっても、ときにはミスをしてしまうこともあります。

ニュースなどを見ていると、ミスをしてしまっている場面を見ることもあります。

しかし、よくミスをしていてもその後立て直して逆転をしたり最後までうまく演技をしたりと言うこともしています。

一方でときにそのミスに引きずられて、さらに新たなミスを重ねて負けてしまうこともあります。

スポーツ選手でもメンタルケアは一筋縄ではいかないところがありますが、その一方でミスをしても動じないメンタルを手に入れるための努力もしています。

よくスポーツ選手の方はイメージトレーニングをしていると言われています。

このイメージトレーニングと言うのは、うまくいくイメージトレーニングをするようです。

失敗を回避するためと言うよりかはどちらかと言えば、このようにしたら絶対にうまくいくということをイメージしていくことを内容としています。

プロのスポーツ選手でなくても、ゲームが好きな方であればそのようなイメージトレーニングをしている場面はあるのではないでしょうか。

例えばシューティングゲームをしていて、このようにシューティングをしたらうまくいくのではないかと思ってその通りに実践するという事はよくあるのではないでしょうか。

それはゲームとかスポーツの世界でだけではなく、他のことにおいても共通のことが言えます。

失敗をしても当日冷静に対処する力と言うのを求められていますので、そのためにもリハーサルを重ねていくことも大切なのです。

19.恥ずかしさを捨てられる

例えばみんなの前でいきなり演劇をやれと言われたり、いきなりスピーチをやれと言われて咄嗟にできる人はそんなに多くないでしょう。

よほど演劇が好きとか、スピーチが得意と言うことでない限りは大抵の場合、気恥ずかしさからうまくいかないのではないでしょうか。

ではなぜ多くの人がスピーチや演劇などができたりするのかと言うと、練習に練習を重ねているからです。

さらにリハーサルで本番に近い形で練習をすることによって、だんだんと恥ずかしさを捨てることができます。

20.関係者全員が安心して本番に臨める

何かの催しをする団体は、学校であったりもするかもしれませんし、子供会や自治会等と言うこともあります。

場合によっては、企業等でもこのような催しがあることもあるでしょう。

もしそのように催しがあったとしたら、関係者全員が本番に安心して挑めるようにするために、リハーサルをこなすということも非常に重要になってきます。

例えば学校であれば、運動会については日々練習を重ねてリハーサルを行い当日を迎えると言うのがスタンダードです。

多くの場合はこれでもう大丈夫と言う状態で本番を迎えるのではないでしょうか。

本番を確実に成功させるためにリハーサルは必須

多くの場合は、ぶつけ本番で成功させるのは難しいです。

例えば舞台俳優の方で舞台の経験が豊富と言うことであればまだしも、多くの方が練習が必要です。

基本的にリハーサルを行って、自信をつけたところで本番を迎えるということが非常に望ましいです。

学校教育においてもそのようなことが取り入れられています。

プライベートはもちろんですが会社の関係であったとしても、何かの催しの際にはリハーサルを行うということも非常に大切です。

リハーサルを成功させて、本番を自信を持って進めるように努力しましょう。