歌いたい!でも誰かとカラオケに行くのは、歌声を聞かれてしまうことになるので恥ずかしい…できれば一人カラオケに行ってみたいと考えているそこのあなた。

カラオケは、まるで歌手になった気分でマイクを持って叫びながら歌えるので楽しいですよね。

しかし、誰かに自分の歌声を聞かれたくないという人も多いものです。

とはいえ、まだ行ったことのない『1人カラオケ』をするのは少しハードルが高い…と感じている方もいらっしゃることでしょう。

そんなのもったいない!ぜひあなたにも1人カラオケを満喫してほしい!ということで、この記事では『1人カラオケ』についてご紹介しています。

そもそも1人カラオケとはなんなのか、どのように利用できるのかなどなど入店から退店まで一連の流れもお伝えしています。

この記事を読めば、自信を持って1人カラオケデビューできますよ。

1人カラオケとは

あなたは、カラオケは好きですか?歌うことは好きですか?

歌うのも好きだし、カラオケに行くのも好きだけれど友達などとカラオケに行くのは恥ずかしい…と感じている人も多いです。

そのせいでカラオケに行くのをあきらめてしまった人もいるでしょう。

また、今すぐにでもカラオケで歌を歌いまくりたい気分でも、なかなか一緒に行く友達がいなくて大きなカラオケ部屋に行くのをためらっている人もいるのではないでしょうか。

『1人カラオケ』とは、通常のカラオケのように広い部屋で歌うのではなく、小さな個室で1人っきりの空間で歌うのを楽しめる場所であり、その行為のことをさしています。

現代では、”誰かと何かをする”というよりかは”1人で何かをする”人が増えているため、1人○○というのが増えていて、さらに流行しているんです。

今回ご紹介する1人カラオケはもちろんのこと、1人焼肉、1人旅行、1人海水浴などなど…一昔前ではあまり見られなかったものが、現代ではごく普通のものとなっています。

そのため、1人でカラオケに行く人も増えており、さらに1人カラオケ専門店までも登場しています。

1人カラオケに行くときってどんなとき?


では、実際に1人カラオケを利用したことのある方々の意見を見ていきましょう。

1人カラオケに行く目的とは一体なんでしょうか?

ここでは、まず1人カラオケに行くときというのはどういうものなのかをご紹介します。

あなたはどうして1人でカラオケに行きたいと考えているのでしょうか。

あなたが求めている目的と同じものがあれば安心できますよね!

とはいえ、これからご紹介するのは”1人カラオケに行く際のちょっとした理由”であり、一部でしかありません。

1人カラオケに行く理由は人それぞれですので、同じものがなくても気にする必要はありません。

ストレス発散

日々仕事に人間関係に勉強…などなど考えることが山ほどありますよね。

常に好きなことに向き合うことのできる人生であればいいのですが、たいていの場合はそうもうまくはいきません。

嫌なこともクリアしつつ、好きなことも体験していっているのでないでしょうか。

しかし、ちょっとした理由等で日頃のうっぷんを晴らす機会がなくなってしまったとき、人々はストレスを感じてしまうものです。

そのストレスを発散するために、多くの人たちは1人カラオケに行く傾向があります。

もちろん友達や知り合いとカラオケに行って歌うことでストレスを発散することもできますが、時には友達の視線を気にせず大きな声で叫びながら歌いたくなることもあると思います。

それに友達とカラオケに行くとなると、友達とのスケジュールを合わせなければいけません。

自分の行きたいときに行ってストレスを発散するということが難しくなってしまいます。

その点で1人カラオケは、自分自身のスケジュールに合わせて好きな時に行くことができるため気軽にストレス発散することができるのです。

練習や録音

歌手活動や歌う練習をしている、今後何かの発表会で歌声を披露する機会がある…そんなとき、1人カラオケを利用している人が多いです。

大勢でカラオケに行って歌うこともできます。

しかし、それではひたすら同じ歌を歌い続けることは難しいですし、歌いなおしたいときに音源を巻き戻すことができません。

また、歌声を録音する際にも他の人がいると雑音が入ってしまうこともあるため、やはり1人でカラオケに行くほうが能率がよいのです。

カラオケで歌う練習をすると、マイクの設定によってはまるでコンサート会場で歌っているかのように演出することもできます。

今後の予定に合わせて、歌を歌う練習や録音をすることができるのです。

暇なとき

1人で何もすることがないときあなたは何をしていますか?

1人カラオケに行く人たちの中には、目的があって行く人もいますが、「暇だから」という理由で1人カラオケに行く人もいます。

1人カラオケに行けば、とりあえず好きな曲を入れてなんとなく歌うことができます。

それにカラオケ屋さんによっては、ドリンクバーがカラオケ代金に付随していることもあるため、飲み物が飲み放題になることもあります。

つまり、家でぐだぐだしてたり、どこかショッピングモールをウロウロするよりも、効率的に節約しながら暇な時間を楽しむことができるんです。

それにカラオケの種類によっては、アニメキャラにアテレコ(声を入れる)遊び機能が付いていることもあるため、1人でも十分に暇つぶしすることができます。

1人カラオケの入店から退店までの流れを徹底解説


1人カラオケに行ってみたいし、興味もあるけどなかなか行く機会がない!行ってみようとは思うけれど、不備があって恥ずかしい思いをしたくない!という気持ちもあるのではないでしょうか。

たしかに1人カラオケに行ったものの、何も知らずに店員さんとの間に沈黙の時間が生まれてしまうのは嫌ですよね。

ということで、ここでは1人カラオケに行く際の入店から退店までの流れを徹底解説いたします!

ここを読むだけでも1人カラオケに行く際に、恥ずかしい思いをせずお店に入ることができるでしょう!

1.入店

まずは、気になっているカラオケ屋さんに入店しましょう。

カラオケ屋さんによっては、飲み物や食べ物の持込みがOKなお店があります。

あらかじめネットや電話等でそのお店の飲食形態について調べておくと、無駄な時間を省くことができます。

また、平日夕方以降や土日祝日お昼以降が混んでいることが多いです。

その時間を避けて行くと、入店時の周りのお客さんの目線を感じることもないでしょう。

受付の窓口へ行く

まずはカラオケ屋さんに入店し、カウンターにある受付の窓口へ行きましょう。

お店に入ってすぐ目の前に受付がある場合が多いです。

受付に行き、店員さんに話しかけます。

もし、周りに人がいる場合には順番待ちしていることもあるので、名前を記入する待機ボードがあればそちらにあなたの名前(苗字でOK)を記入して待ちましょう。

受付の人がいない場合呼び鈴を鳴らす

閑散期(お客さんが少ない時期や時間)である場合には、お店に入っても受付カウンターに店員さんがいない場合もあります。

その場合には、カウンターに置いてある呼び鈴を押す・もしくは鳴らすことで店員さんを呼びます。

鳴らしてから数分経って裏から出てくることもあるので、一度呼び鈴を鳴らしたら少し待機しましょう。

それでも出てこない場合には、もう一度呼び鈴を鳴らします。

2.受付

受付に店員さんが来たら受付をします。

そのお店の利用が初めての場合、お店指定の記入用紙にあなたの個人情報を記載します。

それは今後あなたの情報を”会員”として登録するため、防犯上のために必ず記入するものです。

また、お店によっては身分証明書を求められる(深夜帯利用の場合)こともあります。

専用の会員カードやバーコードを提示

すでにそのカラオケ屋やその系列店に行ったことがある場合には、専用の会員カードやネットからのバーコード等を提示してください。

たいていの場合、お店の方から「ご利用は初めてですか」などと聞かれます。

初めてではない場合は「会員カード等のご提示お願いします」と言われるので、それらを提示してください。

もしも紛失している場合には、申し出れば再発行も可能であることが多いので店員さんに伝えましょう。

身分証明書の提示(会員カード作成の際にも必要になる)

初めて会員登録をする際や深夜帯の時間帯に利用をする場合には、身分証明書を提示することになります。

もしも身分証明書を持っていない場合には、カラオケルームの利用ができません。

1人カラオケを満喫するためにも忘れないようにしましょう。

時間や料金、ドリンクバーをつけるかどうかなどを決める

会員登録や会員カードの提示が終わると、どれくらいの時間カラオケをするのか、さらにドリンクバーをつけるのかなどを聞かれます。

さらにお店によっては、カラオケの機械の種類を選択することもあります。

また、ドリンクバーのないお店ではワンドリンク形式をとっていることも多く、最初の飲み物を頼むこともあります。

そのあとに、入店時点における利用料金が提示されます。

店員さんが部屋まで飲み物を持ってくるかどうか確認しておく

お店によっては、ドリンクバーがセルフサービスになっていることもあれば、飲みたい飲み物がある場合にカラオケルームの中の内線から電話して注文することもあります。

利用するカラオケ屋さんのドリンクバーやワンドリンク形式は、どのように利用するのかも確認しておきましょう。

たいていの場合は店員さん側から説明がありますが、説明してくれない場合もあるので聞いておくといいでしょう。

JOYSOUNDやDAMなどの機種を決める

利用したいカラオケの機種を決めていきます。

たいていの場合は、JOYSOUNDやJOYなどがあり、カラオケの機種によって音質やカラオケ登録されている楽曲の数が異なります。

歌いたい曲があってカラオケに行ったのに、テキトーに選んだ機種にその曲が入っていなかったなんていうこともあります。

そのため、あなたの歌いたい曲が収録されている機種を探しておきましょう。

3.カラオケルームへ

受付を済ませた後、指定されたカラオケルームへ行きます。

今では、セルフサービス形式が増えていますが、少し高級なカラオケルームに行くと利用するカラオケルームまで案内してくれることもあります。

しかし、案内してくれない場合でなおかつ利用するカラオケルームがどこにあるのかわからない場合には、どこに部屋があるのかを聞いてみましょう。

退店時に返却するものについての説明がある

受付からカラオケルームに行く際に、これから利用するマイク等を渡されます。

もしくは、お店によっては、すでにカラオケルームに設置されていることもあります。

これらの備品は、退店時には受付へ返す必要があるなど店員さんから説明があります。

指示を守らないと違約金を支払う可能性もあるため、退店時には何を返却すべきなのかもしっかり確認しておきましょう。

店員さんが飲み物を持ってくる場合があるので最初は一般的な選曲を

最初のドリンクを店員さんがカラオケルームへ持ってきてくれることがあります。

いつ店員さんが入ってくるかドキドキしてしまいますが、何も歌わずにソファ等に腰かけているのも少し恥ずかしいですよね。

だったら、店員さんが飲み物を持ってくるとき用に当たり障りのない一般的な選曲をして歌ってみましょう。

おすすめは、前奏が長い曲です。

そうすれば店員さんが入ってきても、あたかも「歌い始めるところです」風にドリンクを受け取ることができます。

部屋のドアの窓からは中が見えるので注意

カラオケルームでは1人きりで過ごすことができるので、とても気楽に寛大な気持ちになってしまいがちです。

中には、ダンスの練習をしながら歌いたいという人もいるでしょう。

しかし、カラオケルームのドアはガラス張りになっていることが多く、外側からあなたのいるカラオケルームがしっかりと見えてしまいます。

あまりにも感情を込めて歌いすぎて気持ちがヒートアップし、上半身裸などになってしまうと公共わいせつ罪になってしまう可能性もあるので節度ある利用を心がけましょう。

また、あまりにも派手なダンスをしていると、通りすがりの人が気になって見てくるなんていうこともあります。

部屋を明るくしすぎない方が◎

せっかく1人カラオケに来ているのに、通路を通っていく人がいちいち見てくるのも嫌ですよね。

そういうときは、部屋の明るさを暗くすることをおすすめします。

部屋が明るいと、見たくなくても通路側から室内が見えてしまいます。

録画をするのであれば話は別ですが、歌いたい一心である場合には暗いほうが集中して自分の世界に入りながら歌うことができます。

貴重品の管理を徹底する

大勢でカラオケに行けば、お互いに貴重品を見ることができます。

しかし、1人カラオケをする際には、貴重品の管理を自分で行わなければいけません。

特にドリンクバーがセルフサービスになっているお店の場合、トイレに行く場合、備品をカウンターに取りに行く場合…そのようにカラオケルームを一瞬でも空ける際には、貴重品を持ち歩いてください。

カラオケルームは、宿泊施設などとは異なりカギが付いていません。

そのため、誰でも簡単に出入りできてしまいます。

4.受付で料金を支払う

カラオケルーム利用終了時間が近づいたら、少しずつお部屋の片づけを始めましょう。

マイクはカゴ等に戻し、楽器や録画機材を持ち込んだ場合はそれらを片付けます。

そして時間内に部屋を出て、入店時に行った受付へ行き利用料金を支払います。

時間終了10分前に部屋にある電話に連絡がくる

たいていの場合、利用終了10分前くらいに部屋にある内線に電話がかかってきます。

その電話で「あと10分でお部屋の利用終了時間ですが、延長しますか?」などと聞かれると思います。

もしもこのまま延長して歌い続けたいというのであれば、延長したい時間を伝えます。

このまま部屋を出るのであれば「わかりました」と言って電話を切りましょう。

返却しなければならない端末やレシートを持って受付へ

カラオケルーム利用終了時間10分前の電話が鳴る前でもいいのですが、返却しなければいけないものや控え(部屋の番号がかかれたレシート)を持って受付へ行きましょう。

そのレシートに記載されている利用終了時刻を過ぎてしまうと延長料金をとられてしまうこともあるため、無駄な出費をしたくないのであれば早めに部屋を出るといいと思います。

返却しなければいけないものを持っていないと、部屋に取りに行かされることもあるため注意しましょう。

また、部屋を暗くしていると忘れ物に気付かないこともあるのでよく見回り確認しましょう。

5.退店

受付にて返却物を返し、さらにあなたが利用したカラオケルーム代・飲食代(飲食代が発生する場合)の合計金額を支払います。

ここでお会計が終われば、このままお店を出て帰ります。

もしかしたら、受付が混雑していて部屋を出ていても少し待たされることがあるかもしれませんが、その場合には延長料金をとられることはありません。

一人カラオケのメリット

あなたは「カラオケは大勢で行くものであって、1人では行くものではない」と決めつけていませんか?

しかし、1人カラオケをすることによる”メリット”が存在するんです。

1人カラオケをするメリットが分かれば、あなたも1人カラオケに行きたくなるかもしれません。

ということで、ここでは1人カラオケをするメリットについていくつかご紹介していきます。

歌の上手さなど関係なく歌える

人によって歌が得意であったり、歌うのが下手だとか上手なんていうことがあるものです。

そのため、歌が上手な人であれば歌っている最中の周りの人たちの目線を気にすることはありませんが「自分は歌が下手だ」と認識している人にとって、人前で歌を歌うのは気が引けてしまうものです。

歌っている最中に「周りの人たちは何を考えているのかな」「へたくそなんて思われていたらどうしよう」なんて考えてしまうこともあるでしょう。

カラオケに行って思いっきり叫びながら歌いたいと思うこともあると思いますが、誰かと一緒だとそれができないこともあります。

しかし、1人カラオケに行けば歌の上手さなど関係なく好きなように歌うことができます。

人目も気にせず、思いっきり歌うことができるようになります。

選曲するときに気を遣わなくていい

誰かとカラオケに行くとき、あなたはどんな曲を歌いますか?

大勢でカラオケに行く際には、みんなが知っているようなありきたりな有名な曲を選んでいるのではないでしょうか。

たしかにそのほうが周りの人からのウケもいいですし、みんなで盛り上がることができますよね。

しかし、その有名な曲が必ずしも”今歌いたい曲”ではないと思います。

本当は、お気に入りの歌手のあのアルバム収録曲が歌いたいとか、あまり知られていないユニットの歌が歌いたいなんていうこともあるのではないでしょうか?

でも周りの人の目があって、さらにそこまで仲良しではない関係の場合には、選曲にとても気を遣ってしまうんですよね。

1人カラオケなら1人でカラオケに行くので、常に自分の好きな曲を入れて歌い続けることができます。

順番を待たずにすぐに歌える

大勢でカラオケに行くとなると、たいていは順番で歌うことになりますよね!

すぐにでも歌いたい曲がいくつかある場合、何度も順番を待つのってとても苦痛だと思います。

しかし、1人カラオケであれば順番を待つ必要はありません。

順番を待たずに好きな曲を歌い続けることができます。

歌っている途中で違う曲に切り替えたいときだって、自分の好きなように選曲を変更することだってできるのです。

それに友達同士でカラオケに行くと、順番待ちをしたせいで数曲しか歌えないまま終了時間になってしまうこともあります。

その点で1人カラオケであれば、順番を待たなくても歌えるのでカラオケルームの時間めいいっぱいに歌うことができます。

一人カラオケのデメリット

1人カラオケをするにあたってメリットがあるとお伝えしてきました。

物事に良い面があれば、それと同時に悪い面も潜んでいるものです。

では、1人カラオケをすることによって被る可能性のあるデメリットには何があるのでしょうか?

ここでは、1人カラオケをすることによるデメリットをお伝えします。

これらのデメリットを知っておくことで、今後1人カラオケをするにあたって嫌な思いを回避することができるでしょう。

また、1人カラオケをすることによって、どんなことが起こりうるのかを確認しておきましょう。

店員さんや他のお客さんの視線が気になる

今では1人カラオケ専門店なども出店していますが、地域によってはまだ1人カラオケ専門店がない場所もあります。

あなたの地域にありますでしょうか。

1人カラオケ専門店がない場合には、通常のカラオケ屋さんで1人カラオケをすることになります。

1人○○というものが増えてきている時代ではありますが、やはり1人でカラオケに入ることに対して否定的な意見や見方をしている人もいます。

そのため、お店に1人で入る際に店員さんや他の団体で来ているお客さんの目線が気になることがあります。

とはいえ、現代ではすでに通常のカラオケ屋さんでも”おひとりさまプラン”なんてのを提供しているところもありますし、1人でカラオケ屋に来ている人たちも多いので気にすることはないでしょう。

料金が高いことがある

カラオケ屋さんによっては、1人カラオケ割引というものを提供していることもあります。

しかし、1人カラオケだと利用料金が高くなってしまうお店もあります。

大人数であれば、高いカラオケルーム利用料をワリカンすることができるのですが、一人だと全て負担しなければいけません。

とはいえ、カラオケルーム利用料が高くなりがちなのは大都市、ターミナル駅とよばれるエリアになります。

郊外であったりするとカラオケルーム代金が安くなっていることがあるため、1人カラオケでも安く済むことがあります。

無駄に高い料金を支払わないためにも、1人カラオケをする際にはあらかじめどのお店が安く利用しやすいのかを検討しておくといいでしょう。

そうすれば、いざ1人カラオケをする際にどこに行けばいいのだろうと悩む心配もなくなります。

貴重品の管理を1人でしなければならない

カラオケ屋さんにはトイレももちろんついていますが、カラオケルームそれぞれにトイレがついているわけではありません。

そのため、貴重品の管理を一人でしながらトイレ等に行かなければいけません。

また、カラオケ屋さんによってはドリンクバーもセルフサービス(お客さんが自分自身で行う形式)になっていることもあります。

大勢でカラオケに行けば、誰かがトイレやドリンクバーに行ったとしても、友達がその人の貴重品が盗まれないように見ていてくれます。

1人でカラオケをするのは、誰かの目線を気にせずに歌えるというメリットもありますが、自分の身は自分で守ることを徹底しなければいけません。

その点については、危険意識を持ち1人カラオケに臨むようにしましょう。

1人カラオケの流れを把握して気軽に楽しもう!

今回は、1人カラオケをする際の流れやメリット・デメリットについてご紹介してきました。

これから1人カラオケデビューをする予定の方、これまでに1人カラオケをした経験はあるものの苦い思い出しかない方、もっと1人カラオケを楽しみたい方…全ての方が1人カラオケを楽しめるようにお伝えしてきました。

1人カラオケを楽しむためには、やはり1人カラオケの流れを理解し、さらにそのメリットやデメリットについて知ることがとても重要になります。

とはいえ、あまり肩に力を入れてしまっても楽しいカラオケが楽しくなくなってしまいます。

まずは、今回の記事を参考にしながら気楽に1人カラオケにチャレンジしてみてくださいね!