「最近ときめいてない」「ときめきたいな~」なんて会話することありませんか?

ときめき続けられたら毎日が楽しいですよね。

多くの人は、「そんなこと無理!」と思ってしまっているのです。

あきらめるのはちょっと待ってください。

今回はときめきの正体、手軽にときめく方法などをまとめてみました。

せひ参考にしてみてくださいね。

トキメキとはどんな感情?

トキメキとはいったいどんな感情なのでしょうか?

感覚的なものなので言葉で説明することはあまりない「トキメキ」。

トキメキなんて普段の生活には関係ないと思っているかもしれませんね。

トキメキは辞書では、期待や喜びで胸が踊ること、また「時めく」というのは時流に乗ってもてはやされる、賑やかに騒ぐことから来ている言葉です。

普段の生活では持つことがない、もうこの年だから・・・ときめくなんて、と思うのかもしれませんが、トキメキがある生活、人生を過ごしたいものですね。

トキメキの効果15選

トキメキは様々な効果をもたらしてくれます。

トキメキと聞くと「恋愛」を連想する方も多いかもしれませんが、恋愛だけに限ったことではありません。

ここからは、具体的なトキメキの効果をご紹介します。

1.毎日が楽しくなる

トキメキがある毎日はとにかく楽しく、目覚めからして違うはずです。

今日一日が始まることがうれしい、そんな目覚めは最高ですね。

いつも楽しそうな人は周りにいませんか?

それに引き換え、自分は毎日なんだかつまらない毎日を送っているのにと、見ていてうらやましくなってしまうような人です。

どこかに楽しいことないかな、転がってこないかな、なんて思いながら、月日が流れて行ってしまうなんてもったいないですよね。

実は毎日が楽しくなるのは、毎日楽しいことが向こうから転がってくるから楽しいのではなく、自分が毎日をときめいているからなのです。

でも、1日24時間ずっとときめいているわけではありません。

ちょっとしたトキメキを見つけていく、ちょっとしたトキメキをしっかり見つけて感じていく、その積み重ねなんです。

どうせなら毎日楽しい方が良いですよね。

楽しまなければ生きている価値がない!くらいに思いましょう。

どんなことでも上達する秘訣、人間関係を良くする秘訣は、そのことを、その人間関係を、その人と一緒に過ごすことを楽しめるかどうかだと思います。

2.肌の調子が良くなる


ときめくとお肌の調子が良くなることがあります。

お肌は外界と自分の内側の境界線にあるものです。

外界に対して自分の玄関口と言えます。

それはどういうことかというと、内側の状態を外界に表現してくれる場所でもあるということです。

心身の状態が表れやすいのがお肌です。

毎日ウキウキ、ワクワクしている人はお肌が輝いていると思いませんか?

悩みや苦しみがあるときはお肌がくすんでくるものです。

3.心に余裕が持てるようになる

トキメキがあると心に余裕が持てるようになります。

心に余裕がある人は見た目も行動も清潔感を感じさせ、周囲の人にも穏やかさやさわやかさを感じさせる心地よさがあるものです。

楽しくてときめいているときというのは、人に対して不平不満を持ちません。

いろいろなことにトキメキは余裕を与えてくれます。

4.ずっと若くいられる

トキメキがある人は年齢より若く見えます。

若作りをして若くいられるのではなく、小気味よい身のこなしや表情が若々しいのです。

若作りは、年齢を余計にあらわにすることがありますが、内側から若々しさがあふれてくるので無駄な若作りは必要ありません。

小さな子どもは毎日ずっとときめいているようなものです。

見るもの聞くもの、初めての物や事ばかりなので当然といえば当然ですが、一瞬一瞬がトキメキで埋め尽くされているようなものです。

大人になってもその頃の純真さを持ち続けていたいものですね。

トキメキのある毎日は世界に心が開かれている状態です。

目の輝きが増し若々しくいられますよ。

5.ストレスを発散できる

ストレス発散というと、どんなことをしていますか?

とにかくぐっすり眠る、美味しいものを食べたり、女性ならアクセサリーや洋服を買ったり、スポーツで汗を流すのもいいですね。

仲のいい友達と会っておしゃべりすることもストレス発散には有効です。

ときめくことはストレスの発散になるのですが、それは人はときめいているときはドーパミンが分泌され自律神経が安定するからです。

6.ダイエットにも効果的


自律神経が安定するということは、ときめくことはダイエットにも効果的ということです。

女性は恋人ができたり好きな人ができるときれいになるといわれています。

お化粧や髪型、服装などおしゃれでいたい気持ちのせいだけでなく、女性ホルモンの分泌が活性されたり、自律神経が整い内側から健康的になるというさまざまな原因があります。

ホルモンや自律神経が整うと、暴飲暴食をすることもなくなり無理なダイエットをしなくてもスリムな体型を維持しやすくなるのです。

セロトニンというホルモンは別名幸せホルモンと呼ばれています。

トキメキはこの幸せホルモンの分泌を促してくれます。

不平不満や陰鬱な気持ちでいると分泌されにくいホルモンです。

幸せホルモンが分泌されていると、虚しさを埋めるために過食に走るようなこともなくなりダイエットできるというわけです。

7.ポジティブに物事を考えられる

幸せホルモンという別名を持つセロトニンは、ワクワクときめいていると分泌されますが、分泌されると、生活や人生が円滑に回りだすことで自信や寛容さが増し、ポジティブに物事を考えられるようになっていきます。

幸せの連鎖が回りだすのです。

不平不満な気持ちを持ちながら、満足感は得られないですよね。

自分が好きでいられる感覚とでもいうのでしょうか、ポジティブになれます。

8.血行が良くなり健康的になる

ときめくとお肌の調子が良くなると先にお話ししましたが、体中の血行が良くなりお肌がピンク色に輝いてきます。

私は色黒だからダメだわ・・・なんて心配は無用です。

色白さんも小麦色肌さんも、血行さえよければハリとツヤで輝き、お肌に透明感が出てきます。

これは何もお肌だけに限ったことではありません。

お肌にハリとツヤがあり輝いて見えるということは体の内側が健康だということです。

お化粧でごまかさなくても健康的な色気や魅力が出てきます。

恋をする目的は究極は動物の繁殖のためです。

ということは、より良い子孫を残したいという本能が私たちには備わっているということですね。

健康的だということは異性に好かれる、選ばれるためには最大のアドバンテージなのです。

9.雰囲気が明るくなる

ときめいている人の特徴として、明るい感じがする、ということが言えます。

あまりにも暗い感じの人はきっとときめいていないのです。

とっても人懐っこい子犬を思い出してみてください。

嬉しそうにジャレてきますよね。

ときめいている人は、あんなふうに世界に対して心を開いてジャレているようなものです。

表面的にジャレてはいなくても、心の中ではとっても楽しくてうれしくて明るいのです。

その明るさはだまっていても周囲に波動として伝わります。

ときめいている人がたとえば就職試験や合コン、お見合いに出かけたらきっと勝率は高くなりますよ。

就職試験やお見合いは条件が勝負だと思っていませんか?

確かに、薬剤師になりたいのに資格を持っていないとか、パソコンスキルがないのにIT企業に勤めたいというのはちょっと無理でしょうが、通常は条件もさることながらその人から出る波長のようなもので相手を判断しているものなのです。

明るいオーラは大きな武器になります。

10.笑顔が増える

雰囲気が明るくなるということは、意識していなくても笑顔が増えています。

鏡を見るときって、私たちは無意識に私たちは自分の一番いい顔をしていると思いませんか?

ショーウインドウなのにふと写る自分の表情を見て、あれ?わたしこんな顔?と思うことは誰しもあることです。

ふとした時に見られる顔が自分の普段の内面を表していると考えてもいいのです。

人と話しているとき、もくもくと何かをしているときにふいに誰かに話しかけられて「なに?」っと振り返るときなど、自分が意識していないときの表情にも柔らかさが出てきます。

笑う門には福来るは本当です。

11.自分磨きが捗る

トキメキの気持ちを持つと、ポジティブになり自信が持てるようになります。

すると新たな経験や体験をする機会も増えていきますね。

これまでにない体験はさまざまな知識を得ることにつながり、必要なスキルもアップできるようになります。

自分自身に対するポジティブな感情は、もっといろいろなことをやってみたいという気持ちを奮い立たせてくれて、自分磨きが捗っていきます。

仕事のスキルアップ、ダイエット、メイクアップ、趣味やお稽古事など、昨日より今日の私が好きでいたい、すてきな自分になりたいという気持ちもどんどんアップしてくるでしょう。

自分磨きは自分自身にときめいて自分自身に恋をすることでもあります。

12.行動力が上がる

トキメキで自信が生まれた結果、行動力が上がるでしょう。

良い結果を出したい、すてきな異性をゲットしたい、自分にぴったりの仕事に就きたい、そのほか、旅行に行きたい、美味しいものを食べたいなど、これらに共通することは何だと思いますか?

それは「行動する」ということです。

向こうから転がり込んでくるまで寝て待とうなんてするのであれば貴重な時間の無駄だと心得ましょう。

すべては自分が行動するからこそ得られるものだと思ってくださいね。

トキメキはそんな行動力をアップしてくれるのです。

そもそも行動力がある人というのは、目的や目標がまずあり、そこへ向けた行動ができる人です。

そして行動するだけの気持ちも伴っているということなのです。

ときめいているという状態は、目的や目標が自分がときめいている対象に向けられているということです。

13.積極的になれる

行動力が出てくるということは積極性が増すということでもあります。

自分に自信が出てくると何事も積極的にやってみようかなという気持ちがわいてきますね。

積極的だということは周りに対してだけに発揮されるのではなく、自分自身に対しても積極性が出てくるのです。

それはどういうことかというと、より良くなりたいという向上心が増します。

積極性がない人は、何かをしても「失敗するのではないか」「やっても無駄なのではないか」「損をするのではないか」と実際に起こっていないことをあれやこれや考えて、リスクばかりが目につき結局なにもできないものです。

積極的な人はもし行動を起こそうと思ったときに不安があったとしても、どうしたらリスクを回避できるか、そもそもリスクと思っていることは本当に起こり得るものなのだろか、自分の不安や恐れが邪魔をしているだけなのではないか、などきちんと考えることができる人でもあります。

考えられない人は積極的なのではなく無謀な人と言えるでしょう。

トキメキはそんな積極性をもたらしてくれるのです。

恋をすると、恋をした相手のことをもっと知りたい!と思いますよね。

これはドーパミンという脳内ホルモンの影響からくる積極性です。

ときめくことによりドーパミンが分泌されるのです。

14.女性らしさが向上する

ときめくと自律神経が整い女性ホルモンの分泌もアップし、その結果見た目にも女性らしさが向上します。

ときめくと行動力や積極性が増すとお話してきましたが、そのことと女性らしさが向上するということは決して両立しないということではないのです。

積極性や行動力が増し、女性らしくなれるとしたら鬼に金棒、こんなに強い武器はありませんね。

具体的にお話ししますね。

オキシトシンという脳内ホルモンは女性らしい身のこなし、見返りを求めない愛情をささげられる精神状態を促します。

いわゆる母性本能を目覚めさせてくれるのです。

それに加え先にお話しした幸せホルモンと呼ばれるセロトニン、ドキドキして気持ちが高揚したり、不必要な食欲を抑えてくれる働きをするフェニルエチルアミンという脳内ホルモンの影響で見た目も内面も女性らしさが向上するのです。

15.体の不調も治る!?

笑顔が増えお肌の調子も良くなり血色がよくなり内側から輝いてくるということは、ときめくと体の不調も治りやすくなるということです。

そもそも体調がとても悪いときにときめくことはあまりないですよね。

でも、少々の不調ならときめくことによって回復してしまうものなのです。

脳内ホルモンの分泌は女性特有の不調は吹き飛ばしてくれます。

そして自信で積極性が出てきて陰鬱な気持ちが晴れやかになるだけでも健康的ですね。