あなたが務めている企業では、手当を支給する制度はありますか?手当とは、労働のおける報酬とは別に費用を支給する制度をいいます。

働いている人たちが、より働きやすさを実感したり、さらに働く意欲を高めるために支給されるものですね。

そんな生活をより充実させるために存在する「手当」と聞いて、あなたはどのようなものがあると思いますか。

また、すでに手当をうけている方はどのようなイメージをもつでしょうか。

実は、この世の中にはなたが支給されている手当のように当たり前のように多くの人の”手当”ではないものも存在するのです。

「え!?こんな手当まで存在するの」と思うような「手当」を知れば、あなたが今後転職先を決める際になどの基準にすることもできるでしょう。

ということで、この記事では「手当」とはどのような意味なのか、そして本当にある一風変わった手当を20個ご紹介します!あなたの知らない「手当」を知れば、働く楽しさを深く知れますよ。

手当の意味とは?

「手当をもらっているんだ」なんてよく聞きますよね。

あなたも務めている企業、もしくは過去に務めていた企業で手当をもらったことがあるのではないでしょうか。

「手当」とは、簡単にいうと冒頭でもお伝えしたように、働いている会社から給料とは別にもらえる金銭をいい、それらの手当によって生活がさらに潤ったり、仕事をする上での負担を減らすためにもうけられているものになります。

また、「手当」の中には労働基準法内の規定によって、必ず支払いをしなければいけないものから、企業によって企業ごとに提案した手当がもうけられています。

法律によって支払いをしなければいけないといわれているのは、休日手当や通勤、住宅手当などです。

あなたがすでに働いて経験があるとか、すでにどこかの企業に勤めているという場合には、そのような手当を受け取っていることでしょう。

このように「手当」とは、基本給料以外にもらえる給与のようなものであるため、手当の数が多ければ多いほどに給料は右肩上がりになるということになります。

つまり、法律で規定されている手当以外にも企業ごとにもうけられている手当がもらえれば、より手取り金額が多くなるということなんですよね。

本当にある一風変わった30個の手当

あなたは、これまでに働いた企業から”少し変わっている手当”をもらったことはありますか。

手当をもらえるだけでも、働いている身としてはうれしいものですよね。

さきほどご紹介したように、手当の中には法律で必ず労働者に支払わなければいけないものとそうではなく、企業ごとに取り決められている手当があります。

ここでは、企業ごとによって、もしくはとある企業だけにもうけられている手当をご紹介しています。

過去にあなたが「こんな手当があったらいいのにな」なんて考えたことのある希望をすでに実現している会社がある可能性だってあるんです!ぜひ、働くことを楽しみ給料日も休日も楽しめる素敵な「手当」を見ていきましょう。

1.しあわせ一時金


しあわせ一時金とは、その企業に勤めている社員が結婚したり出産する際にお祝い金を支給する手当をいいます。

この手当制度をおこなっているのは、注文住宅を請け負っている株式会社アキュラーホームという会社です。

内容としては、アキュラーホームの社員およびその家族が出産した場合には、お祝い金として1人目には30万円を支給、その後2人目や3人目がうまれると50万、100万円が支給されるようになります。

少子化といわれる現代社会の原因のひとつとして、子育てするほどの金銭的な余裕がないことがあげられるのです。

アキュラーホームは、アキュラーホームを職場と選んでくれた社員が金銭的な理由を原因に家族が増えるのを諦めてしまうような事態を招きたくなかったのでしょう。

また、このような祝い金を用意することで、仕事にも心理的な余裕が生まれるようになった社員も少なくありません。

また、アキュラーホームは新しい住まい―いわゆる幸せになれる環境を求めている人々でありお客様を対応するお仕事をします。

幸せになろうとしている人を幸せにできるような、幸せな社員でいてほしいという願いもこめられているのです。

社員だけではなく、その会社のサービスを利用するお客様のことも考えているんですね!

2.ペット手当

ペット手当とは、従業員の中でペットを飼っている人に対してその飼育代金を手当として支給してくれるものです。

ペットを飼っている、もしくはこれまでに飼った経験がある人であればおわかりいただけるかもしれませんが、ペットを飼うとなるとさまざまな飼育代金がかかってしまうんですよね。

そのペットの餌代金はもちろんのこと、その動物の種類によっては光熱費などもかかってしまいます。

ペットを飼っている方は、もちろん毎月の給料からその飼育代金を出すことになりますが、時にその出費は生きるためのお金を考えると負担になることもあります。

そんなときにこのペット手当がでることによって、ペットのための生活を確保しつつ従業員の生活も確保することができるのです。

また、この手当はペットを買い始めたとある企業の社長さんが考案したものです。

動物というのは、人の考えを変えてしまうほどの力があるということですね!

3.誕生月手当

誕生月手当とは、誕生日のある生まれ月のお給料に上乗せされるものです。

いわゆる会社からの誕生日プレゼントであり、金銭になります。

あなたはこれまでにお誕生日を誰かにお祝いされたことはありますか。

また、あなた自身も誰かの誕生日をお祝いしたことがあるでしょう。

不思議と誰かにお祝いされたり、誰かのことをお祝いするようになるとそれだけで人生の質があがります。

なぜならば「誰かに必要とされている人間である」ことを誰かのためにする行動によって自覚できるからです。

大人になって自立し、家を出るようになると誰かにお祝いされる機会が減るものです。

そのことを考え、「誕生月には楽しくして過ごしてほしい」という思いから提案されています。

4.社内結婚手当

あなたがお勤めする会社では、社内結婚は許されていますか。

会社によっては仕事に支障が出るとして社内恋愛を禁止しているところもありますね。

しかし、そのような会社がある一方で逆に社内結婚を歓迎している会社もあるんです。

そして社内恋愛から結婚すると、その社員2人に社内結婚手当が支給されるようになります。

1人で暮らすのはとても身軽で生きやすい生き方ではありますが、誰かとともに人生を歩み、そしてお互いに助け合い永田生きるとさらに人生の質が上がります。

それに伴い、仕事の質もあがっていくのです。

自分のために頑張るのではなく、誰かのために頑張るという気持ちが出てくるからですね。

また、社内で結婚しないいわゆる独身貴族が多いような会社でも使われることがあります。

5.禁煙手当


ここ数年で社会では紙たばこよりも電子たばこが使われる機会が増えてきました。

あなたが喫煙者である場合には、どのようなタバコを吸っているでしょうか。

とはいえ、タバコは体にはよくないものとされています。

そのため、会社全体で禁煙を推奨している企業もあるんです。

1人で禁煙をするよりもみんなで我慢して禁煙したほうがやりやすく、そして禁煙を達成することができると思いませんか。

仕事もともに頑張りあい、そして健康管理をも徹底するために禁煙手当を実施しているのです。

これは自己申告制および、周りの社員たちのチェックにより支給されるかどうかが判断されます。

また、禁煙すれば毎日のように費用がかかっていたタバコ代金が減るだけではなく、禁煙手当としてお金ももらえるのです。

こんなにうまい話はないですよね!

6.不快手当

仕事をしていれば、自然なタイミングで仕事仲間や取引先などに対して「不快」な気持ちを感じることになりますよね。

不快な気持ちを感じれば感じるほど、その思いを誰にも伝えることができず気持ちを抱え込むことになってしまうと精神的に病んでしまうこともあります。

あなたは、仕事上における不快な気持ちをそのままにしていませんか。

不快手当とは、誰もが不快だと思われるようなことを率先して行なったり、不快な思いをした回数やその内容によって手当がもらえるものです。

そうすれば互いに協力する機会も増え、会社内の環境改善にもつながりますね。

7.イタズラ手当

大阪府にあるとある企業では、イタズラ手当というのを実施しています。

どのような手当かというと、従業員同士でいたずらをすればするほどに手当が増え、給料に上乗せしてもらえるものをいいます。

あなたは、この数年間の間でだれにいたずらをしましたか。

もしかしたらこの数年間の間にいたずらをしたことがないかもしれないですね。

しかし、いたずらができる関係というのは、心が打ち解けていることになります。

関係が打ち解けているということは、お互いに頼りたいときに頼れる関係のことをいいます。

つまり、会社内の環境がよく、仕事がしやすい状況を言うんですよね。

そのような環境を作るためにも、お互いに笑いながら楽しみつつ仕事ができるようにいたずら手当を実施しているんです。

もしもあなたの職場がいたずらする人ばかりになったら、少し秩序が乱れるように感じるかもしれませんがイタズラをされたりすることによって楽しく笑いながら仕事ができるような気がしませんか。

8.キラキラ営業女子手当

Wizという企業では、キラキラ営業女子手当があります。

これは、女性社員でも会社の中でスキルアップと昇進を目指してほしいとの願いから作られた福利厚生になります。

女性社員でも昇進を目指している方も多いかと思いますが、なかなか会社の雰囲気が許してくれていないような気がするとか、昇進試験を受けても女性が理由で落とされているなんてこともあるでしょう。

しかし、この手当ではキラキラと輝くような営業をする女性になってほしいとの願いもこめられているため、毎日元気に仕事をこなすことを自己申告および周りの社員たちの申告によって支給されるかどうかが決められています。

やればやるほど自分の能力が認められ、さらに「見てくれている」という自己肯定にもつながるので女性にはうれしい手当になります。

9.スマイル手当

会社に行くとたいていの方が、しかめっつらをして仕事をしている風景を目の当たりにするのではないでしょうか。

それだと誰かに仕事を頼みたくてもなかなか頼むことができません。

それになんだか職場全体がギスギスしたような雰囲気に包まれているように感じるため、本来持っている能力に匹敵するような仕事ができなくなってしまう方もいます。

仕事の成果というのは、その人自身の能力が理由となることもありますがその他の原因として”職場の雰囲気や人間関係”があげられるのです。

しかし、このスマイル手当を利用するようになると社員たちにスマイルするだけで手当(お給料が増額)になるため、社員が一斉となって笑うようになるんですよね。

最初はお金のためと思ってはじめていたことであっても、誰かが笑顔になるだけで職場の雰囲気がよくなることが実感できるようになります。

誰にスマイルしたのか、誰からスマイルしてもらったのかを自己申告しそのポイントによって手当額が変わります。

10.餅つき手当

とある地域では、そのご当地ヒーローたちと一緒に餅つき体験をするだけで1,000円がもらえるような餅つき手当というものがあります。

小学校や中学校では、餅つき体験を行う機会があったことでしょう。

しかし、大人になると餅つきする機会もなくなるものです。

そのせいで餅つきという日本伝統が途切れてしまわないように、手当をつけることで餅つき大会に参加してもらおうとする企業や地域もあるんです。

餅つきして、さらにおいしいおもちが食べられるだけでお金がもらえたら参加しちゃいますよね!

11.ランチ手当

社内の従業員同士でのコミュニケーションをとってほしいという願いから、ランチ手当というものを実施している企業もあります。

ランチ手当とは、その文字のごとく「毎日のランチ代金を補助する」というものです。

会社によっては1日500円のランチ代金を補助してくれることもあるのです。

毎月の給料が少ないとどうしても節約をすることになり、周りの社員たちが誘ってくれているのを断らざるを得ないこともあるでしょう。

そのような社員同士の仲間割れが起きないようにし、さらに仕事の質を高めるために交流を持ってもらうことが目的となっています。

12.女子会手当

女子会手当とは、女子会をする場合にはその費用を負担するという手当です。

ただ楽しく盛り上がればいいということではなく、女子会手当を行っている企業の仕事に役立つようなおしゃれなお店を探し出すこと、そして実際にそのお店を利用してみてどのような雰囲気だったか、店員の対応はどうだったのかをチェックすることが目的となっています。

とはいえ、その女子会会費をもってもらうことがわかれば、社員同士でのプライベートでのつながりも強化されます。

その結果、仕事の成果や質があがることも期待できるのです。