使命とは、自分にしかできない役割を果たすための貴重なチャンスを与えられたことを意味します。

使命を果たすことで、自分にしかできない重要な役割を達成して、周りの期待に応えることができます。

また、使命を果たすことは、自分自身が成長するチャンスを与えられたことに繋がるのです。

使命を与えられることは、自分が職場から期待されている存在であることを意味します。

ですから、使命を果たすことで、職場を発展させることにつながり、自分自身を成長させることも出来るのです。

使命を果たすことは、職場での自分の存在価値を高めるチャンスになるのです。

自分に与えられた使命は、他の人が代わりに取り組む事のできない、オンリーワンなのです。

使命は、貴方や貴女にしか出来ない唯一無二の特別な役割を与えられたことを意味します。

仕事の中で使命を果たす機会を与えられることは、あなたの人生をステージアップさせるための貴重なチャンスと言えます。

貴重なチャンスを活かすために、あなたは自分の持つ能力と人間性を最大限に発揮して取り組みましょう。

あなたが最善を尽くすことで、職場の周りからの信頼感が高まり、あなたの存在価値が一層増していきます。

あなたの将来に向けた人生をステージアップさせたいと考えているなら、上司から与えられた使命を果たすために全力を尽くしましょう。

“使命”は、あなたの人生をステージアップさせてくれる、“成長剤”と言えます。

使命とはどういう意味?


使命とは、あなたの実力を最大限に発揮して向き合うべき、貴重な“チャンス”と言えます。

使命には、「与えられた任務をやりとげようとする責任感」という意味があります。

また、与えられた使命を果たすために取り組むことで、“自分を成長させる糧”となります。

長い人生の中で、使命と言えるほどの重要な仕事と向き合う機会を持つことは、多くありません。

仕事の中で使命を与えられることは、貴重なチャンスを与えられたと受け止めるべきです。

仕事で自分の使命を果たすためには、日常の仕事を通して自分自身の知識と技術力を高めていく心掛けが大切です。

自分自身をアピールできる“仕事力”を身に付けることで、使命を達成できる“人財”となっていくのです。

使者として受けた命令や務め

使命を課せられるケースには、自社の命運を左右するほどの重要な責任を負わされることがあります。

あなたが職場の上司から使者として命令を受けたなら、職場の今後の命運を分ける重要な責務を担ったことになります。

上司にとっては、どの社員に使命を託するかを決める際には、重要な判断を迫られます。

職場にとって使命を託することの出来る社員は、秀でた能力を持った社員に限られます。

あなたが、使者として受けた命令や務めを果たす立場に抜擢されたなら、実力を発揮する貴重なチャンスを与えられたと受け止めるべきです。

あなたは、職場の将来を左右する重要な責務を果たすべき、貴重な機会を与えられたと言えます。

重要な使命を担うことで、あなた自身が成長し、ステップアップするチャンスでもあるのです。

責任を持って果たさなければならない任務

使命を負うことは、重要な責務を果たさなければならない立場に立たされたことを意味します。

あなたに与えられた使命は、誰もが出来る仕事ではありません。

あなたにしか出来ない特別な責務が“使命”なのです。

あなたが責任を持って果たさなければならない任務を与えられたことは、あなたの存在を職場の皆に再認識してもらうチャンスを与えられたとして受け止めましょう。

上司は、あなたに期待をして、任務を与えるのです。

あなたが上司の期待に応えることは、職場の皆の期待に応えることでもあります。

あなたが責任を持って果たさなければならない任務は、自分自身を成長させる大切な機会でもあるのです。

与えられた重大な任務、天職

職場の上司にとって、自社の命運を左右する重大な状況に直面したとき、打開策として、期待できる優秀な社員に任務を負わせることがあります。

職場にとって失敗が許されない厳しい状況に追い込まれたとき、解決策の1つとして、選ばれた社員に命運を託するケースがあります。

上司にとって、重大な任務を託する社員を選ぶことは、自社の将来に影響する難しい場面でもあります。

あなたが上司から使命を負わされたなら、与えられた重大な任務を果たすべく、天職を与えられたとして受け止めるべきです。

あなたにとって、重大な任務を果たすことが、天職を全うすることになるのです。

天職を全うするためには、あなた自身の人生を賭ける意気込みで任務と向き合うべきです。

あなたが任務を果たすことが出来たなら、天職を全うし、職場にとって貴重な存在になっていきます。

仕事において使命を意識するメリット

職場の中で社員一人一人が担っている役割は、自社の経営を進めていくために欠かせない重要な責務なのです。

それぞれの社員が自身の責務を果たすための責任感を持つことで、自社の発展に大きく貢献できます。

社員が仕事において使命を意識することで、職場全体のモチベーションが高まり、業績が向上していくメリットが期待できます。

また、社員一人一人が仕事において使命を意識することで、社員自身のスキルアップへと繋がっていくメリットもあります。

責任感を持つことができる

責任感を持つことは、仕事を期待通りに達成させるためのエネルギーとなります。

職場の社員が強い責任感を持って仕事に取り組むことで、大きな業績を上げることが出来ます。

社員一人一人が責任を持って自分に与えられた役割を果たすことで、会社が大きく発展するための原動力となっていきます。

社員が強い責任感を持って仕事に取り組むことは、職場にとっても、社員自身にとっても将来に向けた発展へとつながっていきます。

このため、社員が自身に課せられた使命を果たすためには、日々の仕事を進めていく中で、責任感をもった意識を心掛けることが大切です。

自分なりのスキルが活かせる

職場の社員一人一人が今までの経験で培ってきた経験知には、様々なケースがあります。

それぞれの社員の経験知により築かれてきた専門分野のスキルは、広範囲に及ぶことがあります。

それぞれの社員が積み重ねてきた、自分なりのスキルは、与えられた使命を果たす場面で大いに活かせるのです。

また、使命を意識しながら仕事に取り組むことで、自分に特化したスキルを活かした仕事の進め方が出来るようになります。

課せられた使命感を抱いて仕事と向き合うことで、自分が得意とするスキルを活かせるようになり、仕事の精度や品質、効果が高まります。

社員一人一人のスキルを活かすことで、職場全体のマンパワーが向上することが期待できます。

やることに本気で取り組める

社員は上司から使命を課せられると、「自分は期待されている」と受け止めて、モチベーションが上がります。

モチベーションが上がることで、社員の持つ知識や技術力が最大限に発揮されるようになります。

社員一人一人のモチベーションが上がることは、責任感が高まることにつながっていきます。

責任感が高まると、今まで以上に本気で取り組む使命感が育まれてきます。

使命感を持って仕事と向き合うことで、社員自身のスキルが益々向上していくことが期待できます。

向上心を持つことができる

人は周りから期待されると、モチベーションが上がり最大限の努力をするようになります。

社員は、職場の上司から果たすべき使命を与えられると、使命を達成させるために、自分の持つ能力を最大限に発揮するようになります。

上司から期待されることで、社員は「期待に応えよう!」という強い責任感が芽生えてきます。

期待に応えるための強い責任感を持って仕事と向き合っていくことで、自分自身のスキルを更にアップさせようとする意欲がわき上がってきます。

仕事を達成させようとする使命感を持つことで、責任感が芽生えて、向上心を持つことができるようになるのです。

使命を課せられることは、社員が向上心を持つことのキッカケとなります。

やる気やモチベーションが上がる

人は、身近な人や周りから期待されることで、仕事に取り組む意欲が湧いてきます。

意欲が湧くことで目の前の物事に積極的に向き合うモチベーションが芽生えてきます。

また、職場の上司から使命を与えられることで、やる気やモチベーションが上がります。

使命を与えられることは、“自分にしか出来ない”仕事のチャンスを与えられたことを意味します。

上司から使命を課せられることは、自分自身が積み上げてきた経験知を活かすチャンスなのです。

自分に課せられた使命を消極的な気持ちで受け止めると、スムーズに達成できないことが多々あります。

ですから、与えられた使命を前向きに受け止めて、積極的に取り組むことで、期待に応えることが出来ます。

期待に応える結果を出すことで、職場での自分自身の存在価値が高まります。

あなたが上司から使命を与えられたなら、前向きな気持ちで向き合うことで、やる気やモチベーションが上がってきます。

やる気やモチベーションが上がっていくことで、使命を果たせる可能性が高まります。

使命を果たせた実績を積むことで、大きな自信につながっていきます。

人から信用を得ることができる

上司から課せられた使命を果たすことは、容易ではありません。

上司は、使命を課す社員を絞り込む際には、期待できる社員に使命を与えようとします。

「使命」と言われる仕事は、誰もが出来ることではありません。

特別なスキルを持つ社員でなければ達成できないという難しい面を持っています。

ですから、上司から使命を与えられたときには、自分の実力を発揮する「チャンスを与えられた」と考えましょう。

与えられた使命を無事に達成できた際には、職場の皆から“期待される存在”になっていきます。

職場の人からの期待感が高まることで、あなたの将来展望は今まで以上に開けていきます。

経験や実績を積み重ねられる

それぞれの職場には多種多様な専門分野の仕事があります。

また、仕事の難易度も様々です。

特に、“使命”として扱われる仕事は、職場の命運を左右するほどの重要な内容を持つケースが多いです。

あなたが上司から使命を課せられたなら、あなたは上司から“期待されている立場にある”と受け止めて、達成のために最大限の努力をすべきです。

あなたが今までの仕事の経験から積み上げてきた知識と技術力を発揮して取り組む姿勢が大切です。

あなたが最大限の努力を持って仕事と向き合い、期待以上の結果を出すことで、今まで以上の経験や実績を積み重ねることになるのです。

自分に価値を与えることができる

職場の上司から使命を課せられることで、“会社の発展のために”という、強い責任感が湧いてくる社員は、期待される人材像と言えます。

社員の中には、使命を課せられることで自信を無くして、最後までやり遂げることが出来ないケースもあります。

上司から使命を課せられたときは、“自分は期待されている”と受け止めて、積極的に取り組む姿勢を貫くことが大切です。

今までの経験で積み上げてきたチカラを発揮することで、仕事に取り組む自信が育まれてきます。

上司の期待に応えることで、周りからの評価が高まると共に、自分に価値を与えることができるようになります。

自分に価値を与えることは、今まで以上の自信を身に付けることができる効果があります。

周りから評価されやすくなる


職場は、様々な立場の社員が自身の役割を果たすことで、発展していきます。

仕事の中には、難解な課題を解決しなければならないケースもあります。

難しい課題の中には、特別な知識と技術力を駆使しなければ解決できない仕事もあります。

上司は、職場にとって難しい課題を解決するために、期待できる社員に向かって、使命を課すことがあります。

使命を課せられた社員は、期待に応えるために、全力を尽くします。

全力を尽くして、難しい課題を解決することで、周りから評価されやすくなります。

与えられた使命を果たすことは、自分自身に向けられる評価を高めるチャンスと言えます。

頑張って乗り切ることができる

社員は仕事に取り組む中で上司から使命を課せられると、「自分の持つチカラを発揮するチャンス」と受け止めてやる気が湧いてくるものです。

やる気が湧いてくることで、難しい課題であっても、頑張って乗り切ることができます。

自分に課せられた使命は、“誰でも出来る”事ではありません。

上司は、あなたが身に付けてきた知識や技術力を活かして、使命を達成することに期待をかけているのです。

あなたは、上司からの期待に応えなければなりません。

職場の多くの仕事の中にあって、“使命”として扱われる仕事は特に重要なケースが多いです。

使命と言われる仕事は、時には取引先やお客様との信頼関係に影響を及ぼす重大な内容を持っていることがあります。

あなたに託された使命を果たすためには、今までの人生で積み上げて来た経験知を最大限に発揮しましょう。

託された使命を“貴重なチャンス”として受け止めることで、頑張って乗り切る意欲が湧いてきます。