ここ数年で増加している「アドレスホッパー」という言葉を知っていますか。

アドレスホッパーとは、「addresshopper」と書きます。

つまり、”家を持たない生活”ということです。

このアドレスホッパーという人たちが増加した背景には、必要なものしか持たないというミニマリストという人たちが登場したことがあります。

必要なものしか持たない…そのためには家をなくすこともできるわけです。

もしかしたら、あなたも「アドレスホッパー」として生きていこうと計画中なのかもしれません。

しかし、アドレスホッパーになろうと計画していたとしても、実際にアドレスホッパーになってからそのメリットやデメリットを知るなんて怖いですよね。

ということで、この記事ではアドレスホッパーについて特集しています。

アドレスホッパーとはどのようなことをいうのかという概念説明はもちろんのこと、アドレスホッパーのメリット・デメリットをご紹介していきます。

また、アドレスホッパーに関する素朴な疑問もまとめています!

アドレスホッパーになった際の住民票等についても触れているため、アドレスホッパー希望者はぜひ参考にしてみてください。

アドレスホッパーとは

あなたは、「アドレスホッパー」という生き方があるのを知っていますか。

冒頭文でも記載しましたが、アドレスホッパーとはAddresshopperと書き、家を持たない暮らしのことをいいます。

「え?家を持たない暮らしといえば、アドレスホッパーなんて言い方じゃなくてホームレスって言うんじゃないの」と思う方もいらっしゃるでしょう。

たしかに、ホームレスという言葉もまた”家を持たないもの”という意味を成していることに間違いはありません。

しかし、アドレスホッパーとは自ら家を持つことをやめて生活している人たちのことを言いますが、一般的にホームレスと呼ばれる人々というのは自らではなく、半ば強制的に家を没収されてしまった状態の方たちをさしています。

“家を持たない暮らし”のこと


アドレスホッパーとは、「家を持たない暮らし」のことをいいます。

あなたは、今も昔も変わらずに家に住み、その家を拠点にして生活しているのではありませんか。

そのため、家がない暮らしとはどのようなものなのかを想像するのが難しいと感じてしまう方もいらっしゃることでしょう。

では、”家を持たない暮らし”とは具体的にどのようなことをいうのかを詳しくご説明していきます。

特定の住所を持っていない

家を持っていないということは、特定の住所を持っていないということになります。

あなたは、当たり前のように”家の住所”を持っているのではありませんか。

だからこそ、何かに契約する際だったり申し込みなどを行う際には、その住所を記載しているはずです。

郵便物のお届けをしてもらうためにも、特定の住所を利用する必要があります。

しかし、アドレスホッパーをするとなると必然的に特定の住所を持たないことになります。

特定の住所を持っていないため、内科に契約する際には少し手順が面倒くさいことにもなりかねますが、それでも家を持たず、さらに住所を特定していないということで安全性(個人の特定がされにくい)という利点がありますね。

移動しながら暮らしている

アドレスホッパーをすると特定の住所がないだけではなく、家がありません。

そのため、どこに住んでいるの?と疑問に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

1日が終われば家に帰宅してお風呂に入って夕飯を食べて、好きなことをしてまったりしてベッドやお布団で眠る…そして翌朝目が覚めて仕事の準備をして…なんて、あなたが当たり前のように送ってきた毎日は、アドレスホッパーにとってはほぼ非日常です。

なぜならば、特定の家を持っていないので彼らは移動しながら暮らしているからなんです。

あなたが、家で行っている入浴も、夕飯の食事もまったりタイムも睡眠もすべて家ではない外部で行っているということになります。

移動しながらといっても歩きながら眠っているということではないですよ!

アドレスホッパーへの疑問をざっくり解説


「アソレスホッパーをやってみたい」「アドレスホッパーという言葉と概念を初めて聞いて、知りたいことがたくさんある」というそこのあなた!

アドレスホッパーのことについて知りたいと考えている方のために、ここではアドレスホッパーに対してよく感じられる疑問と答えをまとめてみました。

ここを読んでおけば、アドレスホッパーがどのようなものなのかだけではなく、あなたがアドレスホッパーに対して感じているアドレスホッパーのあらゆる疑問や気になることを解決できるでしょう。

少しでも疑問点をなくすことでアドレスホッパーの魅力をさらに感じていただけるのではないでしょうか。

アドレスホッパーの疑問を解決していきましょう。

家がなくても生活できるの?

家がなくても生活することはできます。

あなたは、長期旅行に行ったことはありますか。

アドレスホッパーとは、そんな長期旅行のような暮らしを数日間だけではなく、月単位や年単位でしていくものをいいます。

しかし、アドレスホッパーとして生きていくことになると、これまでに「家」に置いていた「荷物」を絶対に必要なものか、それとも不要なものかを選ぶことになります。

常に必要なものは持ち歩くことになるため、生活に必要なものを見極める目も必要になります。

アドレスホッパーはどこに住んでるの?

アドレスホッパーは、さきほどもお伝えしたように常に行動しながら生活しています。

例えば、ネットカフエ・シェアハウス・友人などの家、スーパー銭湯、カラオケや民宿などに宿泊して生活しています。

なかには、シティホテル等に住んでいる方もいるようです。

このような場所を常に転々とすることで、家を持たずに最低限の暮らしをしています。

アドレスホッパーになる理由は?

アドレスホッパーになった人の理由を聞くと、その内容はさまざまです。

例えば、家族と同居していたもののその家族が嫌いでどうしても家を出たかったから…家を借りるほどの収入がなかったためにアドレスホッパーになったという方もいます。

また、家を持つこと事態に嫌悪感を感じるだけではなく、家を感じることの意味を理解できなくなった際にアドレスホッパーになったという方もいます。

どんな人がアドレスホッパーになるの?

アドレスホッパーになる方は、さまざまいらっしゃいます。

大きな会社を経営なさっている社長さん、会社員の方…などなど。

しかし、特にアドレスホッパーとして多く占めているのが20代になります。

理由として一番多かったのは家を借りたくなかった、次に多かったのは家を借りられなかったという人が多いです。

住所や住民票はどうするの?

アドレスホッパーとは家を持たない暮らしをする人なので、多くの方がアドレスホッパーになった際の住所や住民票はどうするのかを気にしています。

もしも郵便物や宅配物を受け取る際には、住所がないため受け取れないように感じますね。

しかし、宅急便の事務所に届くようにしたり、コンビニ受け取りなどで受け取れるように手配することができます。

また、住民票に関してはアドレスホッパーになる以前に住んでいたものから変更していません。

住民票は特定の住所を記載できないと転出届および転入届書類を役所に提出することができないからです。

つまり、アドレスホッパーの方たちは自分の住所を元いた場所のままでも利用している方が多いということにもなります。

銀行口座を作る際など証明書類として住民票の提示を要求されるようなことを行わないという方もいます。

税金の支払いはどうなっているの?

アドレスホッパーになってしまうと、毎年の税金納入用紙を受け取ることができないように感じますね。

所得税や住民税などは勤務する会社経由で支払うか、もしくはアドレスホッパーの方が自ら確定申告を行うことで納付書類が発生します。

また、その書類などはどうしても郵便物として家で預かる必要があります。

家出などの場合には、実家に書類を届くようにして書類が届くころを見計らって帰宅すればいいのですが、実家にさえも帰ることができない人にとっては難しい課題ですよね。

実際にアドレスホッパーの方たちは、通勤している会社の住所宛だったり、シェアオフィスなどの住所を記載して郵便物を受け取っているとのことです。

また、それによって住民税等もしっかり納入するため、犯罪などの悪いものに触れることはありません。

どんな仕事をしているの?

アドレスホッパーをしていると自由気ままに好きな場所にフラリといけますよね。

そもそも帰る家がないために、好きな場所で好きなように宿泊できます。

そのため、自由な仕事をしている方が多いのがアドレスホッパーの特徴でもあります。

たとえば、在宅ワーク系・フリーランス・カメラマン・デザイナー・写真家・経営者・IT系などが多い印象があります。

アドレスホッパーといえども、自由に好きな場所に行くような生活をしているだけではなく自分の好きなことを成立させるためにしっかりと仕事を持って稼いでいる方が多い傾向があります。

アドレスホッパーは、生活する場所のほとんどが宿泊スタイルとなるため、家で生活している場合よりも毎月の出費がかさんでしまうことがあるからです。

アドレスホッパーになるメリット

アドレスホッパーになりたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

家を持たない暮らし…これまでにやったことがない人にとっては、とても魅力的だからこそそんな未知の世界にすぐにでも飛び込んでみたいと考えているでしょう。

アドレスホッパーについての疑問を解決した後には、アドレスホッパーになったことによって得ることのできるメリットについてご紹介します。

これは、アドレスホッパーになった人のほとんどの方が得られるメリットですから、ぜひあなたがアドレスホッパーになったところを塑像しながら読み進めてみてくださいね。

固定費を減らすことができる

第一にアドレスホッパーになりたいと考えている方にお伝えしたいのは、アドレスホッパーだと月々の固定支出額を減らすことができるということです。

どんな固定支出額が減額されるのかというと、ずばり毎月の家賃・水道光熱費等になります。

また、食事に関してもアドレスホッパーの方たちはほぼ外食で食事を済ませたり、友人などの家にてご飯をごちそうになることが多いため、無駄な食費を減らすことができます。

このようにかかりすぎになってしまいやすい水道光熱費もまた、アドレスホッパーになれば全額なしにすることができます。

たくさんの人々と出会える

アドレスホッパーは常にさまざまなところを行動しながら生活しています。

その場所を変えていく中において、ひとつの場所を拠点とするような生活では出会えることのなかったような人たちと出会える可能性がとても高いです。

たとえば、家と職場を行ったり来たりする生活をしていれば、その通勤エリアでしか出会うことのできないような人たちとしか出会えません。

しかし、通勤し始める場所(家)を変えることができれば、いつもは通らない道を歩いたり、これまでに乗ったことのないようなバス路線や電車に乗ることができるんですよね。

つまり、その新しい場所でこれまでに出会ったことのないような人々と出会うことができるということです。

人生は一度きりであり、その一生のうちで出会える人数は限られているといわれています。

アドレスホッパーになれば、その生涯出会うことのできる人数を増やすこともできるということです!

自由気ままに生活ができる

家を持って生活をしていると、時には近隣住民への迷惑がかからないように騒音に気を付けたり、行動する時間を気遣ったりすることがあります。

また、毎度のように顔を合わせる近隣住民であるからこそ挨拶をするのですが、そこから相手の長い立ち話が始まってしまうなんてこともあるでしょう。

それって自分の家を持っているのにもかかわらず、どこか借り物の人生を生きているように感じてしまうこともあると思います。

しかし、アドレスホッパーになるとそのように近隣住民の目線を気にして生きる必要がなくなります。

つまり、自由気ままに好きなように好きな場所で生活することができます。

アクティブに行動ができる

アドレスホッパーになるとアクティブに行動できるようになります。

これは、一つ前の項目でお伝えしたものと共通しているのですが、アドレスホッパーになるとそれまでに気にしていた小さなしがらみを解消することができます。

さきほどお伝えしたような近隣住民との付き合い、上下階に住んでいる方たちへ配慮するために夜中に音楽を聞くのをやめていた…などなどあることでしょう。

しかし、アドレスホッパーになればそんなことも気にせずに生きることができるんです。

また、拠点とする場所を探すにしても、その場所に行くにしても自分自身の気持ちを最優先してやりたいように行動できるようになるんです。

それってとても嬉しいことではありませんか!?

生活のリセットができる

アドレスホッパーになると、自然と生活のリセットができます。

どこかに旅行に行った後に家に帰宅すると、なんだかすっきりとした気持ちになった覚えはありませんか。

いつも暮らしている場所とは違う別の土地に一瞬でも向かい、その場所で生活することによって生活のリセットを自然と行うことができるのです。

つまり、たまっていたストレスも発散できますし、新しくやりたいことも見つかるなんていうことも!

旅行であれば、不定期的にしか生活のリセットができていなかったものの、アドレスホッパーとして活動するようになれば、ほぼ毎日が旅行のようなものなので毎日のように生活のリセットをおこなうことができます。

生活のリセットができると仕事や勉強の能率やモチベーションもアップし、継続したままになるため質の良い仕事や勉強ができるようになります。

モノを持たずスッキリする

アドレスホッパーとは、常に必要最小限のものだけを持って行動している人たちを言います。

学校や職場に移動する際にたくさんの荷物を担ぐとなると、とても重くて気持ちもふさぎこんでしまいますよね。

アドレスホッパーの方たちは、常に”身軽でいること”を目標にし、実際に行動しています。

つまり、必要なものしか持ち歩きません。

持ち歩かないというよりかは、その必要最低限のものしか持っていないのです。

また、新しく何かを購入することになった場合でも、本当に必要なのかを見極めることになります。

家があるときのようにホイホイと好きなものを購入していては、毎日持ち歩く荷物が重くなってしまいます。

そのため、アドレスホッパーになると自然にモノが少なくなります。

刺激的な人生を味わえる

アドレスホッパーは、同じところでとどまりません。

常にこれまでに行ったことのない土地を目指して生活しています。

そのため、家のある人生ではなかなか味わうことのできないような刺激的な人生を味わうことができるんです!

例えば、地域のおばちゃんたちに野菜や果物をおすそわけしてもらったり、すぐに気づかなかったら命を落としていたかもしれない人を見つけたり、通常の生活では見ることのできない幻の野生動物を見たり…などなど、”通常の生活”では求めることのできないものを、アドレスホッパーとしての生き方の中では楽しむことができるんです。

繰り返しになってしまいますが、一度きりの人生だからこそいつもありきたりな光景を見るのではなくて、一瞬一瞬にしか見えないような景色を見るのもまた醍醐味なのです。

アドレスホッパーのデメリット

これまでにアドレスホッパーになることによって得られるメリットについてご紹介してきました!

物事には必ず良い面と悪い面があるので、アドレスホッパーにもデメリットが存在します。

アドレスホッパーにワクワクしながらなったものの、アドレスホッパーのデメリット面を知らなかったために嫌な思いをするのは避けたいですよね。

ということで、ここではアドレスホッパーのデメリットについてみていきましょう。

気軽に買い物をすることができない

さきほども少し触れましたが、アドレスホッパーの方は物を買うにしても多くのものや大きめのものを購入することができません。

これも何度も繰り返していますが、アドレスホッパーの方は家を持っていない生活をしており、それらを実行するために常に必要最低限のものしか持たずに行動しています。

直感的に「これは欲しい」と思うようなものでも、気軽に買い物はできません。

衝動買いしてもいつも持ち歩いているカバンに入らなければ、今後の自由気ままな人生の旅のお供にすることはできないのです。

住所をいちいち変更しなければならない

アドレスホッパーの方は、常にいろいろな場所に出かけています。

一昨日は北海道にいたけど、昨日は青森県にいて、今はすでに福島県まで来ているなんていうこともよくあるものです。

そのように住む場所をかなり広範囲的に見て変えている場合には、この手続きは必要ありません。

しかし、北海道の中をぐるぐる回っているとか、東京都内の中でも特定の地域を行ったり来たりしている場合には、住所を登録する必要があります。

宿がなかなか見つからない場合がある

アドレスホッパーの中には、宿に宿泊することで生活している方も少なくありません。

旅行閑散期であれば好きな場所に好きな時間帯のチェックイン、さらに好きなコースでお部屋を確保できます。

しかし、繁忙期になると簡単に宿が見つからなくなってしまうこともあります。

ネットで検索してもいっぱいになっている、実際にホテルや旅館に出向いて空室があるかどうかを尋ねてみたけど空いてなかったという状況も少なくありません。

じゃあ、宿がなかったときにはどうするの?と不安になりますよね。

アドレスホッパーの方がその際にいる現在地近くに知り合いが住んでいる場合には、泊めてもらえるかを聞いて見たり、頼れる人がいなかった場合には、ラブホ・ネットカフェ・スーパー銭湯などを選んでいる方もいます。

その最終手段さえも埋まっている場合には、公園などで野宿することもあります。

普通より体調管理が必要になってくる

アドレスホッパーの方は、常に体調管理を気にしています。

なぜならば、一回でも高熱を出したものならば移動しながら暮らすことができなくなるからです。

また、翌日には出るはずだった宿に高額な延長料金を支払うことになる可能性もあります。

特に感染症が蔓延している状況では、毎回のように検温をされることが通常であるため、熱が出ると大変な事態に巻き込まれてしまうことも…。

また、アドレスホッパーの方だけではなく周りの人たち、さらに同じ宿舎に宿泊している方やその従業員の方たちに多大なる迷惑をかけることになってしまうんです。

何かしらにリスクをともなうアドレスホッパーという生活だからこそ、しっかりと食事を食べて運動をし、さらに睡眠をとっているものです。

自分の求める設備がないかもしれない

アドレスホッパーは、自由にいろいろな場所に行けるためにさまざまな設備を見て生きています。

また、逆にまだ見たことがないためにこれから先に見てみたい設備を用意している方もいらっしゃいます。

しかし、希望する設備がないということもよくあることです。

例えば、浴室とトイレが別の部屋を予約したはずなのに実際にチェックインした部屋は、トイレと浴室が一緒だったなんてこともあります。

その際には求める設備がなくても、少し窓を眺めていつもは見ないような景色を見れば、少しでも心が優しくなりますよ。

社会的な信用が得られにくくなる

社会人としてとても悲しいのは、社会的信用がないということなります。

社会的信用とは、例えば今後アドレスホッパーをやめて家を借りようとしている際に家を借りられないという事態が起こってしまう、クレジットカードが作れない、その他割賦料金にて購入できるはずのものが一括でしか購入できない…このように、生活をするにあたって何かと不便に感じやすくなってしまいます。

貯金額を見せることで解決することもありますが、一度失ったものを取り返すのは本当にとても時間がかかってしまいます。

今後いわゆるブラックリストのような扱いを受けてもいいというのであれば、アドレスホッパーになることをおすすめいたします。

家族や大切な人に心配をかけてしまう

あなたは、独身ですか?家族と住んでいますか?また恋人はいますか?アドレスホッパーとは、常に移動しながら生活するため、多くの人に心配をかけてしまうことが多いです。

たとえば、家族や恋人、さらに務めている会社関連の人たちまで心配させてしまうこともあります。

アドレスホッパーになった際に、周りの人たちのことを心配させないためには定期的になにかしらの連絡を入れることが重要です。

近況報告とともにあなたの写真を一緒にメール送信などすれば、相手は「〇〇にいるのか」と安心してくれるでしょう。

アドレスホッパーという新しい生活様式、どう思う?

今回は、日本だけではなく海外にも普及し始めているアドレスホッパーという生き方についてお伝えしてきました。

あなたは、この記事をお読みになってどのように感じられましたか。

家を持つことこそがステータスだと感じている方にとっては、アドレスホッパーという新しい生活様式を受け入れることができなかったかもしれないですね。

しかし、反対に家を持つことに対して少し違和感を感じていたり、毎月支出することになる家賃代金や住宅ローン代金を考えた場合に家を持たない暮らしを良かれと思う方もいたことでしょう。

それぞれの立場によって、アドレスホッパーへの意見が異なるものです。

しかし、すでに日本でもアドレスホッパーな生き方をしている方たちが増えているのは事実です。

アドレスホッパーをすることによって得られるメリット・デメリットを踏まえたうえで、どのように行動するのか…それがこれから先のアドレスホッパーたちに確実に求められているものといってもいいでしょう。