一人では達成できないことも、仲間と一緒にやれば成功できることってたくさんありますよね。

それで、学校でも仕事場でも同じ目標に向かって協力し合い、物事を成功させるために一致団結して取り組むための”チーム”を作ることがあります。

何人かの別々の個性や感性、能力、視点を持つ人たちが”チーム”として集まり、協力し合うことができれば、一人で取り組むよりもずっとよりレベルの高い成果を生むことも可能です。

でも、チームが調和よく機能するためには各人が努力することが不可欠です。

いろいろな感性や個性、能力を持つ人たちが集まることで、チームとしてお互いを支え高めあうことができる一方で、チームの中がうまくいっていないと、チームとして良い成果が出せないどころか、それぞれが個人としての持っている力も最大限に発揮できずに終わってしまうこともあります。

特にそれが職場であれば、チームワークが悪いと作業効率は下がりますし、職場の雰囲気はとても悪くなって仕事がしにくい環境になってしまいます。

それで、いかにチームとして一致団結し、ひとりひとりのメンバーのパワーを結集することができるか、ということが課題になってくるでしょう。

きっと多くの人が、チームワークのいい職場で仕事をしたい、とも思っているでしょう。

今回は、学校でも職場でも”チーム”で何かを達成したいと思っている人たちに役立つ、チームワークを高めるためにできることをまとめてみました♪

️チームワークを高める27個のこと!

私たちは普段から”チーム”という言葉を普通に使っていますよね。

学校でも、チームを作ってスポーツを楽しんだり、仕事では一つのプロジェクトを成功させるためにチームがつくられたりします。

では、そもそもチームとはどんな定義になるのでしょうか。

それは、集団に属しているメンバーが同じ目標を達成するために行う作業、協力、意識、行動のことです。

それで、チームワークとはチームとして効果的に活動するための協力体制、ということができます。

それで、チームワークが良いということは、単にみんなが仲がいいということだけでなく、チーム一人ひとりの能力や潜在力が引き出され、調和よく協働し、結果相乗効果によって、単なる個人では生み出すことのできない成果を生み出せている状態といえるでしょう。

メンバーそれぞれには、みんな得意なこと、苦手なこと、というものがありますが、それらをお互いにカバーしたり、補いあったりすることで、プラスアルファの価値を生み出すことができるわけです。

でも、そのようにチームが調和よく機能し、力が最大限発揮できるようにするにはどうしたらいいのでしょうか??
チームワークを高めるためにできることを、一つづつチェックしてみましょう!

目標を決める

まず、チームとして明確な目標を持つ必要があります。

チームは、同じ目標に向かって協力するための集団なので、明確な目標がなければ、それぞれがどの方向に力を発揮すればいいのか、まったくわかりません。

そして、チーム内の人が同じ”意識”を持つことによって、一致団結し、同じ目的のもと協力できるわけです。

それで、目標設定はまず第一に大切なことになるでしょう。

この目標設定は、抽象的なものよりも、具体的で達成までの道のりがしっかりと描けるようなものがよいでしょう。

抽象的な目標だと、目標達成までの過程でどのくらいそれが達成されているのか、ということが把握しにくくなります。

それに、達成するイメージも描きにくくなるので、メンバーのモチベーションの維持も難しくなるでしょう。

それで、例えば”目標数値”など、メンバーがみんなイメージしやすく、達成までの道のりを描きやすいような具体的なものが望ましいといえます。

数値など基準が一目で分かるものなら、途中経過でも自分たちがどのくらいのレベルにいるのか、ということが把握しやすいでしょう。

そして、目標は実現可能なものであるべきです。

あまりにも大きな目標を掲げて、現実味が感じられないととモチベーションを保つのは難しいでしょう。

さらに、メンバーがワクワクできるような理想を掲げることも大事です。

ワクワクするような、「やってみたい」と思えるような目標があれば、メンバーの士気も高まります。

モチベーションを保つ

どんなに立派な目標を掲げたとしても、メンバーのモチベーションが下がってしまったら達成にまで行きつくのは難しくなってしまいます。

このモチベーションを保つ、というのは目標達成までの道のりの中で大きな課題になることがしばしばです。

モチベーションが下がればチームはバラバラになるし、モチベーションが上がればチームは団結力を強化できます。

モチベーションを上げるためには、目標達成の中にある”価値”というものも具体的に描けるようにする必要もあるでしょう。

努力の必要なことも、それを達成したときに”得られるもの”がちゃんと描けていると、努力することへの魅力を感じることができるからです。

そして、一人ひとりがチームの中で役立っている、貢献できている、ということが実感できているとモチベーションは上がります。

そして、言われてやるというよりも、一人ひとりが自主性をもって活動できる場を作ることもいいでしょう。

だれでも、言われていることをただ「はい」といって、やっているよりも、自分で考え、自分の意見や考えが取り入れられて作られていくプロジェクトのほうが楽しいのではないでしょうか。

ですから、みんなが参加し、みんなが主体性を持ち、自分が目標に向かって努力する”理由”をはっきりと持っていることが大事です。

環境づくり

メンバーの一人ひとりが主体性をもって、自分のこのチームに貢献できる、と思えるような環境を作ることはとても大事です。

ですから、一人ひとりに役割を与えることや、情報を自由にやり取りできるような、オープンな関係を築いておく必要があるでしょう。

チームには、いろいろな個性と能力を持つ人たちがいて、それぞれが自分の考えを持っています。

そのような人間の集団の中で、お互いへの理解や信頼関係がなければ、良いチームとして機能することはできません。

それで、お互いが自由に率直にコミュニケーションを図り、お互いをよく知り合えるように、交流しやすい仕事場をつくることもできます。

大勢の人間が集まれば、お互いに対する愚痴や意見の相違というものが必ずあることでしょう。

それが、大きな溝になることを防がないと、チームはどんどんとバラバラになってしまうこともあります。

それで、一方的に話したり、指導したりするのではなく、相手の考えや意見をくみ取りながら進めていく、というスタイルを最初の段階から確率しているなら、みんなが意見を言い合ったり、オープンに接することのできる風通しのいい環境になるかもしれません。

思いやり

人間関係の基礎ともいえるチームワークの強化ですが、そこには思いやりが不可欠です。

”思いやり”とは、つまり相手の立場になって考えられることです。

自分のことばかり、自分の視点でだけ物事を考え、それで終わってしまっている人よりも、相手の立場に立って考えられる人のほうが断然いい人間関係を築いていくことができます。

思いやりは、相手を尊重していることの証しでもあります。

相手をちゃんと尊重し、相手の立場や意見を大事にしていることで、全体を把握した進め方ができるでしょう。

そうするなら、メンバー一人ひとりが自分がチームにとって大切な存在であることを実感でき、自分の能力をもっと発揮し、チームに貢献したいと思えるようになります。

さらに、物事を進めていくなかで必ずミスというものがあります。

一人がミスをしたり、苦手な分野があったとき、思いやりのあるチームはその人を支えることができます。

みんなお互いに支えあう心がけがあるチームは、チームとしての力を底上げすることができるようになります。

自分さえよければいい、という考えではなく、仲間と一緒に成功させるため、仲間のために”自分が何ができるか”、ということに目を向けられるようになった時にチームは個人の能力を超えた力を発揮することができるようになります。

声かけ

チームワークを高めるためのきっかけとなること、それが”声かけ”です。

声かけとは、毎日の挨拶から始まり、活動の報告、連絡を怠らないこと、そして何かあったときにお互いに相談することなどです。

声かけをすることによって、チームは仲間意識を高めます。

そして、オープンなコミュニケーションの道をいつも開いておくことができます。

チームなのに、お互いに挨拶もしないし、お互いにどんな活動をしていてどこまで進展しているのかわからなかったら、協力なんてできませんよね。

信頼関係だって築くこともできませんし、お互いをサポートするために動くこともできません。

チームワークが良いところは、些細な事と思えることでも、しっかりとお互いの声かけができているのです。

自分の責任をしっかりと果すとともに、お互いがちゃんとお互いを把握して、気遣い、ほかのメンバーにも関心を払えるような状態が、チームとしての協力体制を整えてくれます。

全員で集まる