大好きなアノ人に「好き」という気持ちを伝えたい・・・。

想いがあふれちゃってもうどうしようもなくなっちゃったら、即刻告白しちゃいますか?
勢いに任せて告白したいところだけど、やっぱり相手の反応が気になって、どうしたらいいかわからなくなっちゃう人が大多数ではないでしょうか。

「当たって砕けろ!」精神も、勇気を出すのには必要だけど、やっぱり「NO」と言われるのは怖いし嫌だし、絶対に「YES」と言われたいですよね!
でも、「自分はモテないし・・・」と勇気と自信を持てないでいる人は多いはず。

だったら、まずは告白を成功させるためのテクニックをきちんと押さえましょう。

勢いで告白するよりも、ちゃんと相手の「イエス」を引き出すための事前準備をしてからのほうが成功率はアップしますよ!

非モテでも成功する、9個の告白テクニックを紹介!

「自分はモテないから、きっと告白しても断られる・・・」
百戦錬磨で恋人がいつも絶えないようなモテ人間でもない限り、こんな風に消極的な気持ちになってしまうのって普通ですよね。

でも、好きになるとその気持ちをやっぱり相手に伝えたいし、相手が自分の気持ちを受け入れてくれることを期待しています。

でも、どうしても自分に自信がなかったり、相手がOKしてくれるかわからない状況だと、尻込みしたり、ちょっと守りの姿勢で告白したりなんかしちゃって、相手に気持ちが伝わらなくてうまくいかなくなることが多いもの。

そうなると、もっと「自分なんかやっぱりダメなんだ」と自信を無くして恋に臆病になってしまうかもしれません。

でも、そんなちょっと自分に自信がない人も”成功する告白方法”を知っていれば大丈夫!
”告白する”って自分のという気持ちを伝えること、ただそれだけの簡単なことなんだけど、それを受けとる側の相手にとっても、ある意味だいぶ負担になるものです。

なぜなら「好き」というデリケートで大切な気持ちをやり取りし、特別な関係になりたいというメッセージを伝えることだから。

だから伝える方としても、慎重に、そして相手が受け入れたくなるような伝え方をする必要があります。

では、どうしたら相手に「OK」の返事をもらいやすい告白ができるでしょうか?
非モテでも成功する、告白テクニックを9個ご紹介していきますよ!

1.イメージトレーニングを何度もしておこう


告白をする、それを考えるとすごく怖くなってしまう、という人は多いのではないでしょうか?
でも、どうして怖くなるのでしょうか??
それは、フラれた時のことを想像してしまうからです。

「うまくいかなかったら・・・」、「相手に拒絶されたら・・・」。

そんなことを考えてしまうと、だれでも怖くなるし、どんどんとネガティブになってしまいますね。

うまくいかない時のことを予想することって簡単ですが、これではどうしてもマイナス思考になってしまい、あなたの魅力も、自信も全部奪ってしまいます。

そんな状態では、せっかく告白してもおどおどした姿に、相手はときめいてくれないかもしれません。

そこで、まずはイメージトレーニングをしましょう!
もちろん、失敗した時のことではなく、うまくいったときのことを想像するのです。

イメージトレーニングというのは、実際に体は動かしませんが、その時の様子をリアルに思い描き、頭の中で成功するための流れを作り上げることになります。

どんなシチュエーションで、どんな雰囲気を作りあげ、どんな言いまわしにするのか・・・その場の空気、音、自分と相手の言動や行動などを全部想像しておくのです。

そのようなイメージトレーニングは、実際にその場になったときに、落ち着いて、そして焦らずしっかりと自分の想いを伝える助けになります。

もちろん、自分の中で最高の瞬間をイメージしますが、それとともに、こんなこともあるかも、という色々な相手の反応を予想し、それに対してどのように反応できるかを事前に頭の中でイメージしておくとよいでしょう。

そうすると、小さなハプニングや、想定外のことがあったとしても、あまり動揺せずに落ち着いていることもできます。

緊張して何も言えず頼りない男にならないように練習をしておこう

このイメージトレーニングをしておかないと、その場でドタバタと、なんだか落ち着かないまま、そしてムードも何もないまま、大事な告白をしてしまう、ということになりかねません。

何も想定しないまま、ただ自分の気持ちを伝える、という決意だけでは、本番になって緊張してしまって、結局自分の気持ちをちゃんと心から伝えられないまま終わってしまうことにになるかもしれませんね。

最悪なことに、何も言えずに終わった・・・そしてせっかくの告白のタイミングを逃してしまった、という経験をしたことのある人も結構いるかも。

さらに、相手だってあなたといい感じになっていると、「告白されるかも♡」という雰囲気を感じ取っていたり、あなたが告白してくれるのをずっと待っているということもあります。

それなのに、その期待を裏切るかのように、あなたがイメトレがちゃんとできていないせいで、大事な一言が出ず、何も言わない、何もしないで終わるということがあると、結局”頼りない男”と認定されて、愛想をつかされてしまう、ということがあるかもしれません。

具体的な流れ、成功するイメージが掴めていないなら、どうしても苦手意識が大きくなって、ちゃんと告白できなくなってしまうのです。

告白に慣れている人はイメトレなんてもうとっくにできているから、今更必要ないのかもしれませんが、まだ告白に慣れていない人は、ちゃんとイメトレをして、自分の心の準備を整えてから本番に望むほうが、男らしく、落ち着いて堂々と告白できるでしょう。

2.タイミングを大切にする

「恋はタイミング!」ってよく言いますけど、告白の成功もこの”タイミング”に大きくかかっている、と言っても過言ではないようです。

タイミングを逃すと、ほとんどの場合”次”はありません。

告白のチャンスを逃してはいけないのです。

いくら、相手をときめかせるフレーズを用意したところで、タイミングを逃しているなら、成功率は下がってしまうでしょう。

でも、じゃあそのタイミングを見極めるにはどうしたらいいの?となります。

それは、女性の側があなたを男としての魅力のある人として認定したときです。

「好きと言われて好きになった」というケースがよくありますが、これって、その時に初めて男として相手を意識した、というわけでもありません。

確かに、「好き」とは思っていなかったとしても「男としてアリ」とすでに思っていたのです。

そんな風に思っていなければ、いくら「好きです」と言われても、「あ、無理」って言われてしまうわけです。

あなたとの交際を考えてもくれません。

なので、相手が「男としてアリ」とちょっとでも思った瞬間がチャンスなのです。

出会って3ヶ月目がチャンス!

女性が「この人、男としてアリだわ」と感じる瞬間っていつなのでしょうか。

たまに、出会ってすぐに付き合ったり、結婚するカップルがいますが、その人たちは一目見た時から相手を異性として「アリ」と思えたわけです。

でも、一目でそのように感じることはなくても、相手をちょっと知る機会があって、「この人いい人だな」「この人と一緒にいると楽しいな」と感じるくらいに、「男としてアリ」という判定が下されていくことは多いものです。

そのタイミングは、よく言われるは出会って3か月くらい。

告白までの期間と成功率についての統計では、なんと出会って3か月以内に告白した人の成功率は81%と最も高く、6か月~12か月の間で告白した人の成功率は46%とぐんと低くなっていました。

なんで3か月を過ぎるとこんなにも成功率がぐんと下がってしまうのかと不思議に思うかもしれません。

3か月という期間ですが、きっと忙しい生活をしているとしても3か月の間にきっと何度か会う機会があることでしょう。

月に1度会うということにして、3回ぐらいまでは、相手もあなたがどんな人なのかを吟味している段階です。

なので、その間に告白すると相手は「まだあなたのことをよく知らないから・・・」と断る姿勢や理由を持っているかもしれません。

しかし、3回くらい会うと相手も、自分が相手を本当に好きなのか、もっと知り合いたいと思うか、ということがはっきりしてきます。

その時が一番の告白のタイミングなのです!
そのタイミングを逃すとどうなるでしょうか?
相手はあなたのことを「友達」として認定し始めます。

一度「気の合う友達」として認定されると、そこから恋人候補になるのは難しく、仲間意識や友情が先に来てしまうと、「OK」の前にいろいろと考える要素が増えて、断られる可能性が高くなるのです。

それで、「ただの友達」認定される前に、でも「男としてアリ」と判断したあとに、告白するとうまくいきやすい、ということですね。

3.時間帯は夜を狙う

さらに、告白の成功率が高くなる時間帯というものもあるんです!
告白の時間帯と成功率のある統計では、最も成功しやし時間帯が18~23時と判明しました。

逆とに最も失敗しやすい時間帯あ、12~17時となっています。

別の統計では、ちょっと違った結果が出ていますが、最も成功率が高かったのが0~5時で、最も低かったのが12~17時でした。

つまり、昼から夕方にかけては告白の成功率が下がってしまうということ。

そして、夜から夜中にかけてが一番の成功する時間帯ということになります。

でも、同じ人から同じ告白を受けるとして、どうして夜のほうが「OK」と言いやすいのでしょうか??

人間は夜の方が情熱的になる

それは、人間の体のメカニズムと関係があるようです。

人は夜から深夜にかけて副交感神経が優位になります。

副交感神経が優位になると、人はリラックスしたり、安心した気持ちになります。