日本から近い外国の内の一つである台湾。

親日国でも知られ、日本から近い事から観光スポットとしても有名ですよね。

日本では台湾出身の芸能人も多数活躍していますし、日本との交流も盛んです。

そんな台湾人とは一体どのような特徴があるのでしょうか。

今回の記事では気になる台湾人の性格についてまとめてみました。

️台湾人の性格20個!

読者の方は台湾人と聞いてどんなイメージを持っているでしょうか。

以前から日本との交流も多いので、何となく親近感がありますよね。

ここからは台湾人によく見られる性格についてご紹介します。

親切で優しい


台湾人は親切で優しい人が多いと言われています。

日本人旅行者にも現地の台湾の人達は親切に道案内をしてくれたり、カフェでは席を譲ってくれたりといったネットの声も多数見受けられます。

慣れない海外旅行者にはとても助かりますよね。

陽気

台湾人は表情がニコニコしていて明るい性格が多いと言われています。

そんな陽気な性格が南国ののんびりした雰囲気にも合っている感じがしますよね。

フレンドリー


台湾人はスキンシップを好む人が多く、普段から人とのコミュニケーションを取る事が多いと言われています。

日本人歓迎ムードもあるせいか、旅行先のホテルやお店の店員は勿論の事、道行く人でさえフレンドリーに接してくれるのだとか。

おおらか

台湾人の多くは気さくで心がおおらかです。

人間関係においてもギスギスするような事も余りありません。

台湾では宗教に縛りは無く、様々な宗教の人達が共存しており、中でも仏教、道教、キリスト教が主要となっています。

そんなところも台湾の自由な雰囲気となっている理由の一つかも知れませんね。

世話焼き

台湾人の多くは世話好きであるとも言われています。

身近に困っている人がいると、例え仕事中だとしてもその手を止めて構ってくれるような人も居る程です。

場合によっては放っておいて欲しいと思ってしまう時もあるかも知れませんが、そんな台湾人の温かい気持ちに助けられた経験があるという人も多いのではないでしょうか。

家族を大切にする

台湾人は自分の家族を大切にしているというところも特徴の一つです。

気持ちだけなく、実際に家族で過ごすという事が多いのだとか。

また、コミュニケーションを取る事を心掛けていて、離れて暮らしている家族にも電話やメール等で連絡する人も多く見られます。

他人に見られても恥ずかしがらないところは日本人の家族と比べるとちょっとビックリしてしまうかも知れませんね。

細かいことは気にしない

悪く言えば大雑把でいい加減な性格とも言えますが、台湾人はおおらかで陽気なタイプが多いので、余り細かい事は気にしない人も多いようです。

日本人でも同じようなタイプの人は、お互い気にせず良い関係になれるかも知れませんね。

なにごともチャレンジする

台湾人は好奇心旺盛な人が多く、チャレンジ精神が強いとも言われています。

失敗する事を恐れずに、なにごともチャレンジする台湾人の姿勢には是非見習いたいところですよね。

ストレートな物言い

台湾人は自己主張が強く、人間関係においてストレートな物言いな人が多いと言われています。

その為、こちらの言い分が回りくどかったり、ハッキリしない返事だと上手く伝わらない事もあるようです。

台湾人の持つ心が素直だからこそ、思った事や感じた事を率直に伝える性格とも言えるのではないでしょうか。

言い訳する

例えば、道を歩いていて他人とぶつかった時や、仕事でミスを犯してしまった時でも台湾人の多くは言い訳が多く、自分に非があったとしても余程の事が無い限り謝らないと言われています。

これは中国の古くから伝わる「非を認める事は死ぬ事と同じ」という歴史的文化からきているものだという説があります。

些細な事でも割とすぐに「すみません」と言ってしまう日本人からすると、文化の違いに驚いてしまう人も多いのではないでしょうか。

自由気まま

自由な雰囲気がそのまま現地の人に表れているように、台湾人は自由気ままな考え方の人が多いと言われています。

比較的に台湾人は計画性が無く、その時の気分で行動する事も多いと言われています。

ある意味気分屋とも言えますが、そんな自由気ままな性格も台湾人の魅力の一つなのかも知れませんね。

時間にはルーズ

台湾人は時間にルーズとも言われています。

友人同士で遊ぶ約束ならまだしも、会社の会議やミーティングの時間も人が集まらず決まった時間に始まらないなんて事もよくあります。

それで成り立っている台湾にも驚きですが、元々台湾では時間に対して余り重要視していない為、こうした事は日常的に見られる光景なのだとか。

こうして考えると日本人は時間には厳格であるイメージがありますよね。

台湾人男性は紳士的

台湾人男性の多くは紳士的と言われています。

レディーファーストを心掛けており、デートの際も送り迎えは当たり前。

セルフサービスの外食時では、ほとんどの男性が席を立って女性の食事や飲み物を取りに行くという姿もよく見られると言われています。

普段相手の男性にして上げるばっかり・・・という日本人女性には羨ましいと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

女性の気が強い

そんな至れり尽くせりな台湾人男性に対して台湾人の女性はと言うと、気が強くてお姫様タイプな人が多いと言われています。

男性にやってもらって当たり前という考え方なので、特にお礼は言いません。

また、プライドが高く男性が聞いたら怒ってしまうような事も平気で口にしてしまう事もあるのだとか。

ちょっと尻に敷かれているようにも見えますが、優しくて紳士的な台湾人男性とは良いバランスになっているようにも思えますよね。

尽くす恋愛

台湾人の恋愛事情は男性が女性に尽くすというパターンが多いと言われています。

自分の彼女にはとことん尽くすタイプの台湾人男性。

台湾人女性はそんな台湾人男性には見た目や学歴、年収等もかなり高めの要求をしてくる人も多いです。

台湾人女性はプライドが高いですが、自分の言いたい事はハッキリと伝えるところや、つい気性が荒くなってしまう点は情熱的であるとも言えます。

ある意味彼氏の事を思っているからこそなのかも知れませんね。

連絡がマメ

台湾人カップルの多くは非常に連絡がマメであると言われています。

特に台湾人男性は彼女への毎日の電話やメールも欠かさない程で、そうする事が一般的と考えている人が多いと言われています。

愛情表現もまさに直球と言ったような言葉であったり、彼女が喜ぶ為にサプライズのプレゼントを贈る事もあります。

女性の立場で考えると、何とも幸せな気分になってしまいますね。

これから台湾人女性と付き合いたいと考えている日本人男性は相当頑張らないといけませんよ。

ギャンブル好き

台湾人の多くはギャンブル好きであると言われています。

主に台湾では麻雀や宝くじ等がメジャーとなっているようです。

勝負事が好きであり、好奇心旺盛と言われる台湾人ですのでギャンブルがさかんというのもうなずけますよね。

友達付き合いが広め

台湾人は大人数で集まる事が大好きです。

どこで何をするにしても大人数となる事を好んでいます。

その為、友達付き合いも必然的に広くなり、一度会った事があるだけでも気が付いたら大人数の内の一人に入っていたという事もしばしばあるようです。

友人だけで出掛けるつもりが、友人の知り合いから家族や親戚まで一緒についてくるなんて事もあるそうですが、ちょっと日本では珍しい光景ですよね。

図々しい

台湾には図々しいと思われるような態度を取る人もいるようですが、台湾人同士ではごくごく普通の事であると言われています。

元々、台湾人はフレンドリーで親しみやすいところがあり、他人に対してもおせっかい焼きな性格の人が多いのです。

そうしたところが日本人からするとちょっと図々しいと思われがちなのかも知れませんね。

接客態度が悪い

台湾ではお店の接客態度が悪いという声をよく聞くという人も多いのではないでしょうか。

実際に台湾観旅行者の中にはレストランやファーストフードの店員が仕事中であるのにも関わらずスマートフォンをいじっていたり、その他にも店員の愛想が無い、店員同士でおしゃべりに夢中なんていうネットの声もあります。

これも台湾というお国柄なのか、日本と比べると接客態度はゆる過ぎると感じてしまうかも知れません。

しかしながら、同じ台湾でも地域やお店の種類によって接客態度に差があり、中には日本と変わらない位丁寧な接客をしてくれるお店も存在している事も事実です。

これから台湾へ行く予定だけど接客態度が気になる・・・という人は予めお店の評判のチェックと心構えをしておいた方が良いかも知れませんね。

️台湾ってどんな国?

以前から日本とは深い関係を持つ台湾。

現在は日本から台湾へ飛行機で約3時間半ほどで行くことができるようになりました。

時差も日本が台湾より1時間進んでいるだけで、日本と比べるとそれぞれ期間は短めですが四季もあります。

台湾は近年、電子機器の開発技術も進んでおり、パソコンやスマートフォン関連のメーカーとしてもよく知られていますよね。

それでいて、古くからの伝統を大事にしており、台湾には今でも歴史を感じさせられる建造物が数多く残っています。

首都は台北市で人口は約270万人と言われています。

都市化がかなり進んでおり、MRTという電車・地下鉄がしっかりと整備されています。

観光の際も頻繁に利用される交通機関です。

台湾の公用語は中国語。

台湾語も存在しますが、現地ではローカルなのだそうです。

また、日本語を話せる台湾人も多いと言われています。

親日国として有名

台湾は以前から親日国として有名ですよね。

親日国と呼ばれるにはどのような理由があったのでしょうか。

少し歴史を振り返ってみると台湾は1895年から1945年の間、日本統治時代がありました。

それまで台湾という国は治安が悪かったり、作物もろくに育たないような荒れた土地でしたが、日本に統治されてからは改善され次第に発展していくことになったのです。

そのような歴史的背景が受け継がれていき、現在でも台湾では日本に感謝の気持ちを忘れていないと言われています。

以前、日本で起きた東日本大震災では海外から多くの義援金を得ましたが、その中でも台湾が一番多く、その金額は約280億円と言われており、日本国内でも親日国として多くの人に知られるようになったと言われています。

また、台湾では日本で活躍中の歌手やアイドルグループ、アニメ、漫画のキャラクターも人気がある事も有名です。

中には日本人より詳しいと思うような人もいるのだとか。

また、台湾南部の地域になればなるほど日本人歓迎ムードが濃厚で、日本人というだけで感謝される事もあるそうです。

台湾といえば?

台湾といえばどんな事が思い浮かぶでしょうか。

観光スポットや美味しい食べ物等、色々なイメージがありますよね。

ここからは台湾名物と言われるものを幾つかピックアップしましたのでご紹介します。

故宮博物院 

台北市士林区にある故宮博物院。

アメリカのメトロポリタン美術館、ロシアのエルミタージュ美術館、ルーブル美術館と並ぶ世界4大博物館の1つとして数えられています。

この故宮博物院にはかの中国歴代皇帝が集めた秘宝が展示されています。

元々は1925年に崩壊した清朝が紫禁城に残っていた品々を保管する為に北京に建てられた故宮博物院で一般公開されたのが始まりと言われています。

その後も数々の戦火を乗り越えて、1965年には現在の台北に故宮博物院が誕生しました。

展示物の中でも翡翠白菜が特に有名ですが、とにかく展示物が豊富で、その数は約2万点とも言われています。

展示品の中には一定の期間で入れ替わるものもあります。

尚、展示室は1階から3階まであり、ただ見て回るだけでも3時間ほどかかってしまうほどです。

広大な敷地面積となっていますので心の準備をしておきましょう。

また、展示室の他にもカフェやレストランもあるのでゆっくりと中国の歴史を堪能したいという人にはおすすめの観光スポットです。

夜市

台湾と言えば夜市も有名ですが、台湾に行った事が無い人には少々聞き慣れないかも知れません。

夜市とは夜に開かれる市場で、夕方6時位にはお店が開店して深夜まで営業しています。

台湾には幾つか夜市が開かれる地域がありますが、その中でも特に士林夜市が規模が大きくて有名です。

士林夜市の数あるB級グルメの中では特大サイズのフライドチキンやソーセージ、ちょっと匂いが強いけれどクセになりそうな臭豆腐、とろとろの卵に包まれた牡蠣入りオムレツ、練乳入りの甘くてふわふわのかき氷等が人気と言われています。

士林夜市では食事の他にも洋服やお土産を置いているお店も沢山あります。

こちらも広くて全部回るのは大変ですが、台湾観光の際に一度は行ってみたい観光スポットです。

九份

九份(キュウフン)は台湾の北部に位置する台北県瑞芳鎮というところにあります。

元々小さな村でしたが、19世紀末から始まった金の採掘で徐々に発展。

日本統治時代にはまさにゴールドラッシュを迎えました。

その後、時代が移り変わり1971年には金鉱が閉山となってからは町も衰退していきました。

九份が日本で観光スポットとして知られるようになったのは2001年に放映された映画「千と千尋の神隠し」で九份の建物とそっくりなシーンがあったからではないかと言われています。

実際に、九份ではまるで映画の世界に入り込んだ気分になる程で、現在では日本人観光客でも人気のスポットとなっています。

九份の街中には茶屋や食事、おみやげやデザート等、色々なお店が立ち並んでいます。

お店の提灯が印象的で、レトロな雰囲気を味わう事が出来たり、周囲には海も見えるので天気の良い日は綺麗な夜景を見る事ができる人気のスポットでもあります。

日本人だけでなく、九份は世界各国からも人気の観光スポットです。

台北101

台湾のランドマークとして有名な台北101。

地上101階と地下5階という造りから101というビルの名前の由来になっています。

ビルの施工を担当したのは日本の熊谷組という建設会社を中心とした共同団体です。

こんなに大きな高層ビルを日本の建設会社が海外で施工したなんて鼻が高いですよね。

因みにビルの高さはなんと地上から509.2mもあり、2007年にドバイのブルジュ・ハリーファという超高層ビルが建てられるまでは世界1位の高さを誇っていました。

それでも現在では世界で2番目に高いビルと言われています。

台北101のおすすめと言えばまず、超高層階から辺りを見渡す事ができる展望台があるというところです。

89階まで上がればそこは一面ガラス張りの展望フロア。

とてつもない解放感を味わいながら台湾の街並みを見下ろす事が出来ます。

尚、展望フロアには音声ガイド機の貸し出しサービスがあり、日本語で周辺の建物の説明を聞きながら楽しむ事ができますので慣れない日本人観光客にも安心ですね。

台北101では展望台の他にショッピングモールとしても大変人気で多くの観光客で賑わっており、世界の有名ブランドが立ち並んでいます。

日本料理もあるフードコートやレストランで食事をする事もできます。

フロア数が多くてみて回るのが大変ですが、移動の際に利用するエレベーターがとにかく高速で、地上1階から展望台のある89までなんと39秒で到達できてしまう程。

現在世界で1番速いエレベーターとしてギネス認定されているのも納得できるのではないでしょうか。

そんな魅力が満載の台北101。

台湾でショッピングを楽しみたいなら是非行ってみたい観光スポットです。

猫空ロープウェイ

いかにも楽し気な名前の猫空ロープウェイは台北市の中心部から少し離れたところにあります。

そこには山の斜面一帯に茶畑が広がる地域。

その茶畑の事を猫空(マオコン)と呼ぶそうです。

猫空は鉄観音茶の産地として有名で、敷地内にある茶芸館で注文する事ができますし、茶畑を散歩する事もできます。

また、夜になると夜景が綺麗で天気の良い日は台北市を一望できます。

ロープウェイは全長4kmほどで、20分程度の乗車時間になります。

動物園駅から猫空駅の間に2駅を通過しますが、この2つの駅は方向転換するだけで乗り降りはありません。

通常、ロープウェイと聞くと一直線をイメージするかと思いますが、猫空ロープウェイでは途中で進行ルートが約90°に曲がるのです。

また、ロープウェイには種類があり、床が透明になっているものが特に人気で順番待ちになるほどと言われています。

スリルを味わいたい人にはもってこいですが、高所恐怖症の人はやめておきましょうね。

動物園駅には、その名の通り近くには台北市立動物園があります。

ジャイアントパンダも見たいという人はロープウェイと合わせて楽しめるのではないでしょうか。

都心からは少し離れたところでのんびりと茶畑や動物に癒されたいという人にはおすすめの観光スポットです。

北投温泉

海外で温泉に入れるなんて嬉しいですよね。

実は台湾にも温泉があるのです。

台北市北投区にある北投温泉(ペイトウオンセン)は台北都心からそれほど遠くなく、日本人観光客にも人気があります。

最寄り駅の新北投駅から温泉街となっており、近くには旅館やホテルが立ち並んでいます。

気になる温泉の成分というと天然のラジウム泉で、中には硫黄も多い温泉もあるのだとか。

また、北投温泉では珍しく3種類の異なるお湯、鉄硫温泉・白硫温泉・青硫温泉が楽しめるところも有名です。

温泉だけでなく、近くには台北市立図書館や北投温泉博物館も北投温泉親水公園で自然を味わう事もできます。

温泉好きな日本人にはたまらない観光スポットの一つです。

龍山寺

 龍山寺(ロンシャンスー)は清時代の1738年に建てられた、台北市内では最も古い寺院で今や台湾では人気の観光スポットとして有名になっています。

人気の理由はなんといっても商売繁盛や縁結びのご利益がある神様が祀られているから。

龍山寺ではそんな複数の神様が祀られている寺院でその神仏の数はなんと165体にも及んでいます。

三国志で有名な関羽にも会えますよ。

こんなに沢山の神様がいる場所ならきっと良い事がありそうですよね。

パワースポットと呼ばれるのも納得できます。

尚、龍山寺は毎日礼拝が行われており、拝観料は無料です。

お祭りも定期的に行われていて、特に旧暦の1日と15日に開かれる事が多いそうですので、可能であれば日にちを合わせて訪ねてみてはいかがでしょうか。

中正紀念堂

中正紀念堂は台湾で代表的な観光スポットの一つです。

中正とは中国初代総統の蔣介石の本名を表しています。

毛沢東との国内戦争でも有名な軍人ですよね。

中正紀念堂では
そんな蒋介石を追悼する場として建てられ、1980年に一般公開されるようになりました。

中正紀念堂入口へ進み、階段を上って2階に上がるとすぐに蒋介石の像があるフロアに到着します。

因みに、この階段は89段になっていて蒋介石の亡くなった年齢と同じなのだそうで、蒋介石像は高さ6m程もあってかなり迫力があります。

元々、この中正紀念堂は日本統治時代に使われていた軍用施設の跡地であり、その敷地面積はなんと25万平方mもあります。

敷地内には広場や庭園等もあり、現在では地元の人たちの憩いの場にもなっています。

また、中正紀念堂では正時(0分)に一度、衛兵交代式が行われているところが観光客の間でも人気となっています。

蒋介石像の前で衛兵が実際に交代する儀式は一見の価値ありなので、中正紀念堂を訪れた際は是非押さえておきたいポイントです。

とにかく広い中正紀念堂。

中国の歴史に触れながら、敷地内の公園で一休み。

緑や綺麗な景色の中で自然を味わってみるのも良いのではないでしょうか。

ICE MONSTER

台湾の美味しいデザートと言えばかき氷を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

以前マンゴーかき氷で有名になった台湾の永康15というお店が閉店後に店名を変えてリニューアルしました。

それがICE MONSTERです。

日本でも東京や大阪等の都心部に店舗が幾つかあるので知っている人も多いのではないかと思います。

ICE MONSTERのかき氷を初めて見る人はまず、その山盛りサイズに驚かれるのではないでしょうか。

一見食べきれないよう思えますが、ICE MONSTERのかき氷はふわふわしていて口の中でとろけるような食感になっています。

また、かき氷にも味付けされているというのもICE MONSTERの特徴です。

看板メニューのマンゴーかき氷の他にもタピオカや杏仁等、色々なメニューがあります。

店内は広く、おしゃれなカフェを思わせるような雰囲気なのでデートにも良いかも知れませんね。

夏場でも店内は涼しいので安心ですし、テイクアウトも可能です。

まだ一度も食べた事が無いという人は、是非試してみてはいかがでしょうか。

小籠包

台湾で美味しい料理と言えば小籠包と思う人も多いのではないでしょうか。

皮からジュワーっと滲み出てくるあの肉汁がなんともたまらない料理ですよね。

実際に台湾では小籠包を味わえるお店が沢山あります。

中でも台北市にある鼎奉豊(本店)という中華料理店の小籠包が有名で日本人観光客の間でも美味しいと評判で看板メニューになっています。

他にも小籠包に種類があったり、色々な中華料理のメニューもあります。

鼎奉豊は台湾だけではなく海外へチェーン展開しているお店です。

日本国内でも鼎奉豊の店舗がありますので、気になる方は是非チェックしてみて下さいね。

また、鼎奉豊は先にご紹介した台北101にも店舗がありますのでこちらでも小籠包を味わう事ができます。

但し、他の観光客で混雑しているので注意が必要です。

その他にも比較的リーズナブルな価格で小籠包を味わえる杭州小籠湯包も人気のお店で、地元客でも賑わっています。

お店の場所は観光スポットとして有名な中正紀念堂のすぐ近くなのでついでに杭州小籠湯包で小籠包を食べて行く観光客も多いとか。

ちょっと変わった小籠包を食べてみたいという人は京鼎楼というお店もおすすめです。

このお店の看板メニューは皮がグリーンな烏龍茶小籠包で、その秘密は皮に粉末状の烏龍茶葉を混ぜて作っているからなのだそうです。

お茶の風味が爽やかで美味しいそうですよね。

因みに、お店のオーナーは元々、鼎奉豊で修行した後に独立して京鼎楼をオープンしたそうです。

ここでご紹介したお店の他にも台湾には美味しい小籠包が味わえるお店が沢山ありますので、観光等で台湾を訪れた際はご自身で食べ比べをしてみても面白いかも知れませんね。

女子旅で人気の台湾!

海外旅行も以前と比べて時間をかけずアクセスできるようになりましたよね。

最近では女性だけで旅行を楽しむ女子旅が流行していますが、その中でも台湾への女子旅が人気と言われています。

女子にとっては綺麗な夜景や美味しい料理、ショッピングやコスメは欠かせませんよね。

台湾にはそんな女子達が楽しめるところが沢山あるというところが人気の秘密となっているようです。

それに何と言っても日本から近く、旅行費用もそれほど高くないですし、物価や交通費も日本と比べて安いという点も人気の理由の一つなのではないでしょうか。

台湾では上でご紹介した観光スポットの他にも、女子が楽しめるところが沢山あります。

旅行会社の中には台湾女子旅のおすすめコースプランもありますので、これから台湾旅行を考えている人は是非チェックしてみて下さいね。

️観光人慣れしている地域は冷たさを感じることも!

親日国として知られている台湾ですが、地域によっては観光人慣れしていて冷たいと感じるような事があるかも知れません。

特に、台湾北部の首都である台北市では以前から日本人観光客が何度も訪れているせいか、余り日本人歓迎ムードではない雰囲気のようです。

台湾は親日と聞いていたのにガッカリ・・・なんて気持ちにならないよう日本人にはみんな優しく接してくれる!という強い期待は持ち過ぎない方が良いかも知れませんね。

️台湾人は基本的に心優しい人ばかり!

これまで台湾人についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

台湾人は時として私たち日本人には信じられないような言動が見られるかも知れませんが、これには台湾という国民性や日本との文化の違いが大きな影響を与えているのも事実です。

台湾人は基本的には面倒見がよく、心優しい人ばかりです。

そんな台湾に魅力を感じて移住した日本人も多数存在しています。

また、上でご紹介した通り、過去に台湾は日本に統治されていた時代がありました。

今の台湾があるのは日本のおかげであると感謝の気持ちを忘れていません。

そんな優しい心を持った台湾人ですが、何より家族を大切にする人たちです。

今でも日本人をまるで家族のように温かく接してくれるのは、日本統治時代に生きた方達から先祖代々受け継がれている証拠ではないでしょうか。

こうして考えると私たち日本人も台湾とその先祖の方達に感謝をしたいですね。

今回の記事で意外な特徴や性格があったり、知らなかった観光スポット等少しでも興味を持って頂けたら幸いです。