優良企業の経営理念には、働く社員を大切にする基本方針と共に、社会に貢献するビジョンが描かれています。

優良企業と言われる会社の理念は、社員である「個人」と共に、人々の生活の場である「社会」の両方の幸せと発展を経営目標としています。

経営理念が、利益だけを追求する企業は優良企業とは言えません。

優良企業とは、働く社員にとっても社会にとっても貢献度の高い取り組みをしている企業を指します。

優良企業と評価されるためには、次の2つの観点を実現出来ていなければなりません。

1つ目は、社員の立場から観た観点です。

企業で働く社員の満足度が高いことです。

社員が抱く職場への満足度は、企業の規模や知名度だけでは高くなりません。

2つ目は、社会から企業を評価する観点です。

企業が社会の発展に向けて、どれだけ貢献しているかが大切です。

企業の社会的責任(CSR:CorporateSocialResponsibility)がどれだけ果たせているかで評価されます。

企業の社会貢献活動が社会の発展に大きく寄与できていることが大切です。

ですから、社員の満足度と社会的責任の貢献度が共に高い企業が、優良企業と言えるのです。

優良企業として日々の経営活動に取り組むことで、企業の存在価値が社会から高く評価されていくのです。

また、優良企業に入るためには、自分の事だけを考えるのではなく、社会に目を向けて、企業の社会的責任を果たすために行動できるようになることです。

自分が企業人として、社会に貢献できることを考える広い観点を持つことです。

優良企業は、社員一人一人が、社会的責任を果たす認識の高い企業です。

また、優良企業は、働く社員に、“生き甲斐”と“安心感”を実感させてくれる企業です。

ですから、大手企業、有名企業が優良企業になるとは限りません。

優良企業と大手企業、有名企業とでは、世間から観た評価の観点が異なります。

大手企業は、会社の規模や社員数などの“外見の数字”により判断されます。

いわゆる、“大企業”と言われる会社です。

また、有名企業とは、世間一般の知名度が高い会社です。

世間に名が知られている度合いの高さで評価されます。

一方、優良企業を評価する観点は、日常の経営活動の優れた実績が社員および社会から認められて、高い評価を受けていることです。

優良企業の多くは、環境保護などの取り組みを通して、社会に大きく貢献しています。

また、社員を大切にする経営理念により、社員研修による“人財”育成や社員の健康管理にチカラを注いでいます。

優良企業で働く社員のために、職場の福利厚生や精神衛生面でのサポートも充実させて、優れた職場環境づくりに努めています。

優良企業が社会に送り出す商品やサービスは、品質が優れているため、一般消費者から高い“顧客満足度”を得るケースが多いです。

優良企業の存在価値が社会から高く評価されることで顧客が増え、経営は“右肩上がり”で発展し続けていくことになります。

就職するなら目指すは優良企業!


就職活動中の人にとっては、優良企業と大手企業、有名企業との違いをシッカリと認識する必要があります。

“大手企業”、“有名企業”と言われている世間の評判に振り回されないようにして、自分の価値観で会社を評価できるように心掛けなければなりません。

自分にとって仕事がし易い職場環境であって、将来に向けた人生設計の明るい見通しが描けるか、という観点で見定めるべきです。

このためには、それぞれの会社の実態を見極める冷静な観察眼と情報収集が必要です。

また、自分のもつ人間性が優良企業から求められる人物像とマッチングしていなければなりません。

このためには、日々の生活の中で、自分の人間性を“成長させる”ことを心掛けなければなりません。

数多くの会社の中から、自分の人生観に合った優良企業を見定める客観的な視点を持つことが大切です。

就職先として将来性があり、働き易い職場環境を探すなら、優良企業を目指す考えがあります。

やっぱり大切なのは働く環境

一日の生活の中で多くの時間を過ごす会社の職場環境の状態により、健康面やメンタル面に大きな影響を受けます。

働く環境が自分に合わなければ、精神的な面の疲労がうっ積して、ウツ症状になることもあります。

また、ヤリ甲斐を感じない職場であれば、モチベーションが下がり、持ち前のチカラを発揮する意欲が失せる心理状態になります。

一方、優良企業と言われている会社の職場環境は、“働き易さ”を最優先に取り組んでいますので、職場環境から受ける精神的なプレッシャーが生じないため、ストレスに包まれることはありません。

また、社員一人一人が得意とする知識や技術力を発揮し易い環境の中で、働き甲斐を感じながら仕事に集中できます。

人生の多くの時間を過ごす会社を選択するには、やっぱり大切なのは働く環境と言えます。

ホワイト企業とブラック企業

物事には、言葉から受けるイメージにより印象付けられるケースがあります。

「ホワイト」は「良い」、「ブラック」は「良くない」というイメージがあります。

世間で企業を評価する際に、特に敬遠する必要のある企業を“ブラック企業”と言います。

“ブラック企業”というコトバは、ネット上の口コミなどでよく見られます。

“ブラック企業”という評判の立つ理由には、職場の労働条件の厳しさや給与の安さなどが挙げられます。

一方、“ホワイト企業”と言われる理由には、仕事のし易い労働条件、給与などの待遇面が社員にとって満足できる職場環境になっていることなどが挙げられます。

就職活動を進めていく中では、世間一般で言われている、“ホワイト企業”、“ブラック企業”というレッテルには惑わされずに、多くの情報を集めて自分自身の価値観で判断することを心掛けましょう。

就職活動の中で自分に合う企業を探すためには、世間一般の風潮に流されて安易な考えで判断しないことが大切です。

あなたにとっての良い会社とは?


日本人は海外からは、「働き過ぎ」であって、「仕事の効率が良くない」と観られています。

日本人は、日々の生活の中で家族と共に過ごすプライベートの時間が海外と比べて少ないと言われています。

つまり、家族と過ごす時間を犠牲にしてまで、会社の仕事のために時間を費やしていて、「家庭を犠牲にしている」と言われています。

このことは、働く社員や従業員にとっては、プライベートの時間を割いてまで、長時間仕事に打ち込んでも、上司から認められないケースが多いことを物語っています。

仕事に一生懸命に打ち込んでも認めてもらえず、働き甲斐を感じない人が、日本には多いと言われています。

つまり、働く人を大切にしない会社が多いことを表しています。

就職活動中の人にとっては、“良い会社”として判断する際のポイントは、価値観や人生観によって異なります。

ある人は、給与などの待遇面で判断するケースがあります。

また、福利厚生や社員の育成にどれだけ重きを置いているかを観て判断する人もいます。

“良い会社”の判断基準は、それぞれ異なりますが、共通する点は、「働き甲斐」を実感できるかどうかが重要なポイントと言えます。

就職活動中の大学生のあなたに

就職活動中の大学生のあなたにとって、これから社会人としてスタートする出発点が就職です。

社会人の仲間入りをする際に、優良企業の社員としてスタートするか、若しくは、優良とは言えない、特に優れた特徴をもたない企業の社員としてスタートするかで、今後の人生に大きな影響を及ぼすことがあります。

優良企業の社員として、仕事への働き甲斐を感じて、尚かつ給与などの待遇面も満足できることで、日々の生活が充実してきます。

一方、日々の仕事に働き甲斐を感じることが出来ずに、しかも待遇面でも不満を感じる生活を送る人もいます。

充実した日々の生活を送ることが出来るか、または不満を抱いた生活を余儀なくされるかで、将来に向けた人生の可能性が大きく違ってきます。

社会人としてスタートするときに、優良企業の社員としてスタートすることで、自分自身の可能性が大きく拡がります。

転職活動中の社会人のあなたに

転職活動中の社会人のあなたにとっては、転職により、今まで就いていた仕事からのステージアップを目指していることでしょう。

今まで勤めてきた会社よりも待遇面で、ヨリ条件の良い企業を選択するための転職活動になっていることでしょう。

自分の将来に向けた人生のステージアップを目指すなら、優良企業への応募を積極的に進めてみましょう。

今まで務めていた職場よりも待遇面で良い条件の優良企業を目指すことで、人生の可能性が広がっていきます。

そもそも優良企業とは?

世間には数多くの企業がありますが、“優良企業”と言われる企業は多くありません。

世間では、企業を評価するコトバには色々あります。

大手企業、有名企業、優良企業など、それぞれの呼び名が示す通り特徴があります。

大手企業という呼び名は、社員数や支社数、支店数など、外見の規模の数字を見た表現です。

また、有名企業は、世間に知れ渡る知名度を見た表現です。

いずれも、その企業で働く社員から観た感想や社会的責任(CSR)の貢献度は含まれていません。

一方、「優良企業」と言われる企業は、そこで働く社員の満足度が高く、尚かつ社会へ向けた貢献度も高いです。

世間から、名実ともに高く評価される企業が、“優良企業”です。

労働者を大切にする

会社などの組織に雇用されて働く社員や従業員、パートなどを総称して、「労働者」と言います。

会社の経営を進めるためには、経営資源が必要です。

経営資源の中では、“人”が最も重要です。

会社経営にとって、“労働者”が居なければ経営が成り立ちません。

また、経営のために最重要な労働者を大切にする会社は、働く社員や従業員の満足度が高いです。

労働者を大切にする会社は、社会から高く評価されますので、将来に向けて大きく発展していきます。

優良企業で働く労働者にとっては、自分たちの努力に応じて高く評価されますので、“働き甲斐のある会社”と言えます。

離職率が低い

離職率は、職場で働く社員や従業員の満足度の度合いを如実に表します。

離職率は企業の労働条件の1つである、“働き易さ”を表すバロメーターになります。

世間一般的には、“社員を大切にする”会社の離職率が低くなります。

“社員を大切にする”職場環境として、福利厚生が充実している、育児休暇が取得し易い、サービス残業が皆無などの労働条件が挙げられます。

福利厚生は、会社の経営状態が良好であり、社員の待遇向上のための予算を確保できる優良企業だから実現できることです。

しかし、経営状態が厳しい会社では、社員のための福利厚生を考える余裕はありません。

また、育児休暇を考慮した仕事の体制を整えている会社は、働く女性の立場を大切に考えていることを表しています。

ですから、女性にとっては、「働き易い職場」と言えます。

また、経営状態が厳しい会社では、社員や従業員にサービス残業を強いるケースがあります。

サービス残業が繰り返されることで、働く社員や従業員の健康を害する状態を招くこともあります。

サービス残業を強制する会社は、働く立場の人を大切にする考えはありません。

一方、優良企業は、社員や従業員の待遇向上にチカラを入れています。

ですから、働く人は日々の仕事に快く取り組むことができますので、自ずと離職率は低くなります。

経済的な安定

優良企業で働く社員は、満足度が高いため、日々の仕事の中でストレスを抱えることが殆どありません。

このため、社員一人一人が自分のもつスキルを最大限発揮できる職場環境にあります。

社員一人一人のチカラを大いに発揮できるため、職場全体の仕事の効率が向上して、結果的に会社全体の収益増につながっていきます。

優良企業の経営者は、社員一人一人の努力の賜物が“会社を支えている”ことを強く認識しています。

ですから、企業の収益が向上したときには、社員の給与などの待遇面に反映させることを経営者は考えています。

この結果、給与が増額されて社員の生活に経済的な安定をもたらします。

優良企業では、会社の収益増が給与に還元される仕組みが確立されているため、社員の経済的な安定が実現されていくのです。

優良企業に勤める社員にとっては努力することで、結果として自分たちの年収に還元されていくことになります。

ですから、満足度が一層高まると共に仕事へのモチベーションも更に高まっていくのです。

成長性や将来性

世の中の数多くの会社にとって、時代の変化に対応しながら会社を存続させていくためには、時代の流れを“先読み”できる経営者の存在が鍵を握ります。

社会から優良企業として評価されている会社の経営者には、成長性や将来性を見据えた“先見の明”をもっているケースが多いです。

経営者の“先見の明”が、会社の成長性や将来性を実現させていくのです。

経営者の“先見の明”を支えているのが、高い満足度をもって仕事に取り組む社員の存在です。

優良企業の経営を支える、“経営の両輪”は、優れた経営者の存在と優れた仕事の結果を出す社員の存在です。

“経営の両輪”が相乗効果を発揮している点が優良企業の特徴と言えます。