この記事では「備えあれば憂いなし」という言葉についてみていきたいと思います。

この言葉の意味、使い方、類義語や具体例などを紹介していきますので、この機会に確認していきましょう。

「備えあれば憂いなし」の意味や使い方を学ぼう!

「備えあれば憂いなし」という言葉は私たちの日常生活に広く浸透している言葉です。

言葉というよりも「ことわざ」として定着しているでしょう。

この言葉の意味や使い方を徹底的に学んでいきましょう。

ことわざである「備えあれば憂いなし」

「備えあれば憂いなし」は今や日常生活においてことわざとして広く世の中に浸透している言葉です。

本や新聞、テレビ番組、ラジオなどで普通に使われています。

なじみ深い言葉の一つといえますね。

「備えあれば憂いなし」の読み方は?

読み方ですが「そなえあればうれいなし」と読みます。

そんなに難しい読み方ではないと思います。

漢字の意味は別にしてしっかり読み方は記憶しておきましょう。

「備えあれば憂いなし」の意味


それでは「備えあれば憂いなし」の意味について紹介していきたいと思います。

日頃から準備をしておけばいざというときに安心である

「備えあれば憂いなし」の意味として最も多くの人に支持されているものがこの理由となります。

「備え」つまり準備を日頃から怠りなくしっかりやっていれば、「憂い」不意の災害や災いにも最小限の被害で防ぐことができる、という事です。

災害は忘れた頃にやってくる。

これは大昔から人々の生きる術にしてきた教訓です。

台風や地震など天災の類はいつ、やってくるか誰にも予想できませんでした。

ひとたびこのような災害に遭うと、川は氾濫し洪水や土砂崩れなどで大被害を被るのです。

そうした被害を最小限に食いとどめる言い伝えが「備えあれば憂いなし」という言葉なのです。

家が強風で壊されないように屋根や窓を補強したり食料や飲料水を備蓄しておけばしばらくは辛抱することもできます。

平時にいかに準備しておくか。

そういった気構えを説いた言葉になるのです。

準備していればどんなことが起きても心配することはない

つまり「備えあれば憂いなし」の真意は、準備さえ完璧ならば多少の物ごとでじたばたする必要はない。

どんと構えていなさい、ということを言っているのです。

例えば台風によって突如、停電してしまったら大変です。

冷蔵庫の食べ物が台無しになり食料が自給できなくなります。

また灯りもなくなるので暗くなったら身動きも取れません。

そのために日持ちする保存食や懐中電灯、あるいはろうそくといったものを常に用意しておくのです。

このような準備が万全ならばどんなことが起きても心配する必要なく暮らせる、というわけなのです。

いざという時の準備がいかに重要か。

なってからでは遅いということを肝に銘じたいものですね。

戒めや教訓といった意味を持つ言葉

つまるところ、「備えあれば憂いなし」という言葉は、私たちが生きていく上での「戒め」「教訓」という位置づけにもなっているのです。

人間の人生には様々な障壁や予想しえない事態が待ち受けています。

そういった事態が起こってしまったときに慌てふためいてもどしようもありません。

そこで私たちはいざという時の備えや準備をして最悪の事態を切り抜けるようにするわけです。

「戒め」や「教訓」といった言葉は昨日、今日出来上がったものではありません。

人類が何千年も生きてきた糧なのです。

そういった先人たちの生きた証を私たちは軽く見てはいけないということですね。

「備えあれば憂いなし」の使い方


それでは次に「備えあれば憂いなし」の使い方についてみていきましょう。

何か不安なことや心配事があるときに

「備えあれば憂いなし」を使うときの場面で真っ先に思いつくのが何か「不安」や「心配」があるときです。

そのような状況の時にこの言葉を用います。

試験対策が心配な時、明日の天候が不安な時、持ち合わせのお金が不安な時など、人間の心配事は尽きません。

そんな不安や心配を一掃するためにこの言葉を使って実際の準備を進めるわけなのです。

自分の行動の理由を説明するときに

「備えあれば憂いなし」という言葉は自身の生き方や行動の理由を説明するときの根本原理として、使われます。

つまり万全の準備を行って事に当たるということです。

相手のことを調べずにベールに包まれた状態では行動しませんよ、という事ですね。

部下や後輩に対し教育を行うときに

「備えあれば憂いなし」は部下や後輩に対して仕事上や生きていく上での術として教育に使うこともできます。

人は何事にも十分、こちらの準備をやってから事に取り掛かった方が成功確率が高くなることをいっているのです。

事前準備が良い結果に繋がったときに

「備えあれば憂いなし」は事前準備が良い結果につながったときに思わず使ってしまう言葉でもあります。

そういった状況こそがまさにこの言葉を端的に言い表していますからね。

文章中ではフレーズのような形で使用

「備えあれば憂いなし」は文章中で使用するときは一種のフレーズのような形で使います。

つまり「句」といった感じで使います。

俗にいう「キャッチフレーズ」のようなものでしょうか。

この言葉を使うことによって見事に「備えあれば憂いなし」状況を言い表している状態をいうときがベストなタイミングとなります。

「備えあれば憂いなし」の類義語

それではここからは「備えあれば憂いなし」の類義語を見ていきましょう。

用心に怪我無し

この言葉の意味は「十分に用心していれば転んでケガをしたり大失敗をすることもない」となります。

まさしく「備えあれば憂いなし」とほぼ同じ意味合いになります。

用心も準備も心の置き所の問題です。

目の前の見えない危機から自身を守る上でも、こういった考え方は重要でしょう。

転ばぬ先の杖

「転ばぬ先の杖」もよく聞く言葉ですね。

意味は、「失敗しないように、万が一に備えてあらかじめ十分な準備をしておくこと」となります。

この言葉も「備えあれば憂いなし」と同意味になります。

準備がいかに大切であるか、ということを説いているのです。

濡れぬ先の傘

「濡れぬ先の傘」の意味は「失敗しないように前もって準備しておく」ということになります。

この言葉も「備えあれば憂いなし」と同じ意味の言葉となります。

出かけるときはいくら雨が降っていなくても、世の中どういうことが起きるのか誰も予想できないから用心に越したことはない、という戒めの言葉となるのです。

後悔先に立たず

「後悔先に立たず」とは、「やってしまったことは後になってからくやんでも取り返しがつかない」という意味になります。

すなわち、失敗してから後悔するくらいなら入念な準備を行って失敗しないようにやりなさい、という意味が込められているのです。

この言葉も人が上手に生きていくための教訓の言葉といえるでしょう。

石橋を叩いて渡る

「石橋を叩いて渡る」とは、「用心の上にも用心を重ねて物事を行う例え」になります。

つまりは十分すぎるくらいの準備を行って物事に当たりなさい、という事になりますね。

すなわち、「備えあれば憂いなし」とほぼ同じ意味を成す言葉ということになるのです。

遠慮なければ近憂あり

「遠慮なければ近憂あり」とは、遠い将来のことを考えずに行動していたら必ず目前に心配事が起こる」という意味になります。

つまり行きあたりばったりに行動したら必ずや失敗する。

だから事前準備をしっかりやってから行動しなさい、という戒めを込めた言葉になっているのです。

念には念を入れよ

「念には念を入れよ」とは、「用心の上にさらに用心を重ねる」という意味になります。

つまり「備え」を幾重にも張り巡らすようなさまをいうのです。

まさに「備えあれば憂いなし」と同じ意味をもつ言葉なのです。

人間の行いには必ずや盲点があります。

本人がいくら用心していてもどこかに落とし穴があるものです。

もうこれ以上考えても考えようがないくらい、用心せよ、という意味合いになるでしょう。

予防は治療に勝る

「予防は治療に勝る」とは、「問題が起こってから処理するよりも問題が生じないようにすることの方が大事だ」という意味になります。

つまり手を尽くして最善の注意を払って問題が起こらないようにする、ということです。

これも「備えあれば憂いなし」と同じ意味に解釈できます。

どちらの言葉も「防衛」という側面を強調しています。

何か大事が起こる前に打つべく手を打っておきましょう、ということですね。

浅い川も深く渡れ

「浅い川も深く渡れ」とは、些細と思うようなことに対しても用心して当たること、という意味になります。

ライオンは自分よりはるかに小さいネズミを捕らえるときも全力をもってこれを捕らえるといいます。

何事も油断してかかると思わぬ落とし穴が待っているということなのです。

大事に至らせないように事前の準備をしっかり行いましょう、という意味ですね。

事を事とすればすなわちそれ備えあり

「事を事とすればすなわちそれ備えあり」は、ほぼ「備えあれば憂いなし」と同じ意味の類語扱いでよいと思います。

何かを行いたいならそれ相応の準備を行ってから当たりましょう、という意味合いですね。

十分な準備なしで行ったら必ずや失敗してしまいますよ、という意味になるのです。

用意周到

「用意周到」とは、心遣いが隅々にまで行き届いていて、準備に全く手抜かりがないさまをいいます。

まさに言い方を変えた「備えあれば憂いなし」と同じ意味になる言葉です。

失敗を最小限に食い止める最善の方法といえるでしょうね。

「備えあれば憂いなし」の具体例

それではここからは「備えあれば憂いなし」の実際の具体例について見ていきましょう。

想定される質問に対して回答を準備する

何かの質問に対して、それが想定されるようなものであればあらかじめその回答を頭の中に用意してこれからのことに準備をするというものです。

例えば会社説明会のような場での質疑応答。

ベテランになればなるほど、どのような質問が飛んでくるかあらかじめ分かるようになります。

それらを用意して準備しておけばスムーズな進行が行われるでしょう。

病気にならないよう日頃からマスクをする

マスクは風邪予防にはうってつけの道具です。

また今流行している新型コロナに対しても予防対策として手放せません。

まさに備えあれば患いなし。

マスクをしておけば想定外の感染は防げるでしょう。

天気が悪くなりそうだから洗濯物を取り込む

天気予報を頭の中に入れておいたら、急に雨が降ってきても慌てずに済みます。

せっかく乾いた洗濯物を雨で濡らしてしまっては意味がありませんよね。

事前に情報収集しておくことは二度手間を防ぐ賢い生き方といえるのです。

災害グッズをバッグにまとめて置いておく

これこそ「備えあれば憂いなし」の実行版でしょう。

災害というものはいつやってくるか分かりません。

その時のために必要な災害グッズをバッグにまとめて置いておくのは非常に懸命な方法です。

是非とも多くの方々が真似していただきたい行為です。

海外旅行に行く前に保険に入っておく

この行為も大いに「備えあれば憂いなし」を地でおこなっている行動です。

海外旅行にはどのようなリスクが潜んでいるかわかりません。

もし、現地で盗難に遭ったら最悪です。

そんな時のために保険に加入しておけば心強いでしょう。

コンタクトをしていても眼鏡を携帯する

視力のよくない人にとったら眼鏡やコンタクトは必需品です。

そのうちのコンタクトはもしかしたら外れてしまう可能性もあります。

そうなってしまったら一大事ですね。

でもそんな時に予備で眼鏡を持っていたら最悪の事態は防げます。

とにかく視界を確保するためには贅沢はいえません。

こういった事態を「備えあれば憂いなし」ということになります。

もしフラれたらと友人に慰めを頼んでおく

好きな異性に告白してフラれてしまったらもう最悪です。

ショックで落ち込んで立ち直れないかもわかりません。

その時のために友人に前もって頼んでおいて慰め役を買って出てもらうというわけです。

とにかくフラれた時の悲しさ、辛さはフラれた本人でないと分かりません。

一人ではとても耐えられないでしょう。

側に慰めてくれる人がいたら大助かりのはずです。

持つべきものはやはり友でしょう。

「備えあれば憂いなし」を正しく使いこなそう!

今回は「備えあれば憂いなし」について紹介してきました。

言葉の意味を正しく理解して使える場面ではどんどん使っていきましょう。

またこの言葉は類義語も非常に多いので、それらも一緒に覚えておくといいでしょう。